群馬県みなかみ町で09年2月、送電線の巡視をしていた新日本ヘリコプター(東京都中央区)のヘリコプター(ベル式206-3型)が送電線に接触して畑に墜落、乗っていた機長と巡視員が重傷を負った事故で、国土交通省の運輸安全委員会は29日、2人のコミュニケーションが不十分で、機長が正確な現在地を把握していなかったことが原因とする調査報告書を発表した。

 報告書によると、ヘリは2月10日午前9時40分ごろ、同県沼田市の離着陸場を離陸。送電線の巡視中に、この送電線と交差している別の送電線に気づくのが遅れ、接触した。同社の運航規定では、「障害物の回避操作は発唱によりお互い確認する」などとしているが、機長は巡視員に現在地についての問いかけをせず、巡視員もメモを取るなどしていたため、発見が遅れたという。【平井桂月】

【関連ニュース】
海自ヘリ事故:防衛省に再発防止求める…長崎県大村市長
銃撃事件:米バージニア州で8人死亡
日航:御巣鷹遺族らが要望書 合理化で事故再発不安
エチオピア航空機:90人乗り、ベイルート沖で墜落
日本航空:整備は、サービスは…利用者は不安と激励

【中医協】新型インフル流行時の療養病棟入院、出来高可能に(医療介護CBニュース)
総務政務官「検察捜査は検証に値する」(産経新聞)
3年ぶり2000億円超え=09年映画興行収入-映連(時事通信)
市局長補佐が募金19万円着服、フィリピン人妻の実家に送金(産経新聞)
<鳩山首相>普天間継続使用を否定(毎日新聞)
AD