鳩山由紀夫首相は7日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題への理解を求めるため今月15日に計画していた2度目の沖縄訪問を延期する意向を固めた。複数の政府関係者が明らかにした。

 沖縄が本土復帰した日に当たる15日に再訪問する方向で調整が進められていた。しかし、4日の沖縄訪問で首相が「県内移設」を表明したことを受け、県内の反対運動が活発化していることや、鹿児島県・徳之島の3町長が7日にヘリ部隊の一部移転を拒否したことを踏まえ、15日の再訪問は困難と判断したようだ。

【関連記事】
首相が徳之島3町長と会談「おわびを申し上げたい」
徳之島でレッドカード 自民が内閣退陣迫る
首相「訓練移転だけでも」 徳之島3町長は拒否
福島氏が閣僚懇で県外移設を要望 普天間問題
「辺野古から逃げてまた帰ることはあり得ない」 亀井氏が政府案反対
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

<草競馬>一線を退いた23頭のサラブレッドが疾走…三重(毎日新聞)
<普天間移設>社民・山内議員、官邸前で抗議…くい打ち反対(毎日新聞)
小学館文庫小説賞に永井さん(産経新聞)
警察官けった容疑で市職員逮捕 キャバクラ料金もめ聴取中(産経新聞)
<亀井金融相>郵政改革法案巡り、岡田外相とバトル(毎日新聞)
AD