東京都文京区の椿山荘で8日から行われた第68期名人戦七番勝負の第1局(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛、藤田観光協力)は9日午後8時57分、102手で羽生善治名人(39)が挑戦者の三浦弘行八段(36)を降した。残り時間は三浦1分、羽生4分。第2局は20、21日、岩手県遠野市のあえりあ遠野で行われる。

【特集】将棋のページ

 横歩取り8五飛となった開幕戦。一手一手に膨大な変化が伴うため、双方とも長考を重ねて指し進めた。

 三浦は歩の手筋を駆使し、好位置に馬を作ることに成功した。さらに、と金を作って後手陣を攻める。羽生は6七角成(50手目)と大技を放ち、角を渡した代わりに飛車を奪って反撃した。

 三浦は2枚の角、羽生は2枚の飛車を生かして、互いの玉に迫ろうとする。終盤になっても、どちらが優勢なのか判然としない難しい戦いが続いた。

 だが、最後は羽生が押し切り、3連覇に向けて好スタートを切った。【山村英樹】

【関連ニュース】
【動画で見る】緊張の中、始まった将棋名人戦 三浦八段が第一手
【動画】名人戦 前夜祭 羽生名人と三浦八段が抱負を語った
将棋:羽生3連覇か、三浦初奪取か…8日から名人戦第1局
将棋:王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利
ひと:久保利明さん 王将を獲得、2冠制覇の棋士に

高速無料化は堅持を=参院選マニフェストで-国交相(時事通信)
<トキ>襲撃事故で検証委発足 「天敵対策甘すぎ」初会合で(毎日新聞)
<火災>民家全焼 女性1人死亡 岐阜・各務原(毎日新聞)
女児ら3人はねられ重軽傷 大阪・高槻、飲酒運転の77歳を現行犯逮捕(産経新聞)
<輸血ミス>60代女性死亡 因果関係なしと阪大病院(毎日新聞)
AD