奈良市の薬師寺で8日、解体修理される東塔(国宝)の内陣公開が始まった。これまで毎月8日だけだったが、初めて10月31日までの約7カ月間の長期にわたって一般公開する。朝から多くの参拝客が訪れ、奈良時代の創建当初から残る天井画などに見入った。

 午前11時から、東塔前で開扉法要が営まれ、同寺の僧が読経した。初層の天井板には、空想上の花「宝相華(ほうそうげ)」が描かれており、赤や緑の文様が残る。公開中は天井が映るように鏡を設置して見やすくした。

 東塔は約110年ぶりの解体修理に向けた調査が3月に終わり、覆い屋が取り外された。11月以降は再び覆われ、本格的な解体が始まるため、外観、内陣とも見られなくなる。公開は午前8時半~午後4時半。問い合わせは同寺(0742・33・6001)。【花澤茂人】

【関連ニュース】
<関連写真>日本の世界遺産 姫路城や平等院鳳凰堂など
<関連写真>世界遺産登録への取り組みがある日本の主な産業遺産
花会式:幸せ祈る声明響く 奈良・薬師寺で始まる /奈良
薬師寺:東塔の相輪8.6センチ傾く 長年の風が影響? /奈良

参院選みんなの党から出馬せず 北口・明石市長(産経新聞)
松山市長、首長新党に「個人的エール贈る」 参院選も出馬せず(産経新聞)
医療モール運営、東京の会社が自己破産へ(医療介護CBニュース)
大賞は「ヒッチハイクで春つかむ」=ハッピーニュース2009-新聞協会(時事通信)
駆けつけた警官の前で女性の尻触る 容疑の男逮捕(産経新聞)
AD