テーマ:

【ご質問】

予備校で勉強してきた者で、基本書というものを1度も読んだことがないままロー入試を終えそうです。ロー入学を控えるにあたって、基本書を読み始めた方がよいのでしょうか。 ローでは基本書をベースにして授業が進められ、基本書を読んだことがないのでは予習もままならず、授業についていけないのではないかと思ってしまいます

 

【回答】

私の経験上、予備校べったりでロー入試合格を果たした人が、ロー入学後に基本書ベースの勉強に乗り越えるという場合、不合格の確率はかなり高まります。

私自身、伊藤塾の基礎講座で法律の基礎を学び、ロー合格までの2年間は、伊藤塾の基礎マスターテキスト・シケタイをベースにして、辞書用の基本書(各科目1冊)で理解を補充しながら論証を作成するという勉強方法を繰り返していました。

 
しかし、ロー合格後から、基本書ベースの勉強に乗り換えたため、ロースクールの勉強と並行して全科目の論証を基本書ベースで作り直すことになり、勉強が全然間に合わないという事態に陥りました。

 
ロー入学後も伊藤塾教材をベースにして作った論証ノートをコアなインプット教材として使い、基本書を上手く距離をとることができていれば、一発合格できていたと思います。

 
それくらい、予備校ベースから基本書ベースの勉強方法へ切り替える際の負担・無駄は大きいです。

 
予備校ベースで勉強してきた人は、ロー入学後もインプットのベースは使い慣れた予備校テキストのままにして、あとは必要に応じて基本書を辞書的に用いることで知識・理解を補っていく(基本書で調べたことは予備校テキストに書き込み、情報一元化を図る)という勉強方法がベストであると思います。

 ロー入学後、憲法・行政法については新しく学ぶことが多いですし、要件事実・選択科目の勉強も必要です。新しい勉強だけでも、こんなにあります。これらに加えて、短答・論文の過去問、さらには市販演習本もやることになります。

 
これだけの勉強を、ロースクールの授業と並行して2年間でやらなければならないので、ロー入学後にインプットのベースを切り替える余裕はありません。

 
よく、過剰なまでに予備校本批判をしている人がいますが、使い慣れていない「学術的に100点の基本書」よりも、使い慣れている「学術的に95点の出来の予備校本」をそのまま継続的に使ったほうが堅実です。

 
しかも、足りていない5点分は、ロー在学中に授業内容や基本書等で充分補うことができます。

 
特に今年の出題傾向を前提にすると、予備校テキストだから対応できないということはあまりないと思うので、知識のベースは使い慣れた予備校本、司法試験対策として予備校テキストではカバーしきれていない箇所を基本書等で補充する(その内容を、予備校テキストに書き込む)という勉強方法が最も確実であると思います。

 
あとは、今年の新司法試験の民法・会社法・民訴法・刑法・刑訴法を解いてみて、予備校テキストでどこまで対応できるのか、基本書の必要性の有無・程度を、肌で感じてみましょう。

-------------------------講義のご紹介-------------------------


【司法試験過去問 秒速・完全攻略講座】(来期向け新講座)
 平成29年以降の司法試験対策として、平成18年~平成28年の司法試験論文過去問を対象として、講師作成の解説レジュメ・現実的な超上位模範答案(3000~3500文字程度)を使い、出題された問題点のみならず、科目ごとの知識の問われ方・書き方、事案分析の方法、取捨選択の視点など、私が過去問分析・ゼミ生答案の添削を通じて得たノウハウをすべてお伝えいたします。

※総まくり100は販売が終了(5月31日)し、今年12月に総まくり140としてリニューアルされます。

【労働法1位による〈労働法速修テキスト講義〉】
 完全オリジナルテキスト(約430)により、基本書・判例集を一切要することなく、労働法でトップレベルの実力を身につけることができます。講義・テキストの内容には、徹底した過去問分析に基づき、出題傾向・書き方・司法試験委員会の理解も反映してあります。

【労働法1位による〈判例による過去問完全攻略講座〉】
 平成18年~27年の労働法過去問について、2500文字以内の完全解模範答案・解説レジュメ(約200頁)を使って徹底的に解説します。

【民事訴訟法の判例百選講義】
 事案・判旨・論証等をまとめた解説レジュメ(150頁)付きとなります。

 

----------------------------------------------------------


  ほんブログ村  

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。