関西大は28日、同大学院法務研究科の男性教授(55)が、平成16~21年に担当した院生延べ1423人分の氏名や成績などを記録したUSBメモリー1個を紛失したと発表した。

 関大によると、男性教授は23日朝、USBがなくなっているのに気付き、警察に遺失物届を提出。その後も探し続けたが見つからず、27日になって大学側に報告してきたという。

【関連記事】
東工大で1889人分の個人情報紛失
人権相談者ら97人の情報紛失 広島法務局
学童保育児の情報紛失 児童70人分滋賀県野洲市
エロゲマニア悲鳴! 若い女性も…大量の顧客情報流出
カード番号売買「裏サイト」暗躍 モンベル顧客情報流出
iPadが上陸

生物多様性の日 富士山麓で外来種駆除(毎日新聞)
首相会見、延期(時事通信)
経済危機でも科学に投資を=アカデミー連合声明に賛同―学術会議(時事通信)
学校の弓・矢160点窃盗、大学生ら6人書類送検 兵庫・三田(産経新聞)
神戸地裁前で焼身自殺の男性死亡(産経新聞)
AD