19日午後5時10分ごろ、奈良市佐紀町の世界遺産、平城宮跡で雑草が燃える火災があった。建造物に被害はなく、けが人もいなかった。近くにいた同市立中学1年の男子生徒2人=いずれも(13)=が火遊びをしたと認めたため、県警奈良署は火遊びが火災の原因とみて2人を補導した。
 同署によると、燃えたのは雑草約75平方メートル。約10分後に鎮火した。2人は「ペットボトルにいろいろなものを詰めて、上からトイレットペーパーを巻いて丸くし、火を付けてサッカーをしていた」と話しているという。 

【関連ニュース】
【Off Time】高野山-天空の宗教都市で過ごす時間
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産
〔写真特集〕日本と世界の古文書
〔写真特集〕自由の女神像 展望台からの眺め

【from Editor】いざ! 地方政治へ(産経新聞)
<殺人容疑>父が37歳息子をハンマーで殴殺 愛媛(毎日新聞)
条例改正案知ってますか? 「知っている」75% 関心高く(産経新聞)
高木美帆選手 「努力を忘れない」 町民栄誉賞表彰式(毎日新聞)
将棋 久保新王将、喜び実感…激戦から一夜明け(毎日新聞)
AD