政府は12日午前の閣議で、殺人など死刑に相当する罪の公訴時効を撤廃し、人命を奪うその他の罪の時効を原則2倍に延長することを定めた刑事訴訟法改正案を決定した。今国会で成立させ、6月中の施行を目指す。
 改正案は、殺人や強盗殺人など最高刑が死刑の罪の時効(現行25年)を撤廃。最高刑が無期懲役以下の罪の時効は(1)強姦(ごうかん)致死罪などが30年(同15年)(2)傷害致死罪などが20年(同10年)(3)業務上過失致死罪などが10年(同5年)-に延長される。時効の撤廃・延長は、犯罪被害者や家族らの強い要望を踏まえた措置で、時効が成立していない過去の事件にも適用される。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
可視化法案、今国会で成立を=民主議連
男性不明事件、殺人や監禁で起訴=強盗殺人などで逮捕の5人
「被害感情の過大視」否定=裁判員判決で控訴棄却
取り調べDVD、再生70分=傍聴席は音声のみ

小中教員の国庫負担、4億近く払いすぎ 会計検査院指摘(産経新聞)
【十字路】実物大の大仏半身像難波宮跡公園にお目見え(産経新聞)
凶器はバット、無抵抗か=男数人が車で拉致、聴取-国分寺市路上遺棄の男性・警視庁(時事通信)
忙しすぎる「消費者ダイヤル」3月末で廃止(読売新聞)
首相動静(3月10日)(時事通信)
AD