日本列島は6日も強い冬型の気圧配置が続き、北日本(北海道と東北)と東日本の山沿いを中心に強い雪が降った。気象庁は、7日明け方にかけて大雪や暴風、高波に警戒するよう呼び掛けた。
 JRは羽越本線や上越線、信越本線などで運転見合わせや一部運休、遅れがあった。日本道路交通情報センターによると、上信越道や北陸道の一部区間が通行止め。航空も影響が予想される。
 7日午前6時までの24時間予想降雪量は、多い所で、群馬県が110センチ、北陸が100センチ、東北と長野県が80センチ、岐阜県が60センチ、北海道が50センチ。 

【関連ニュース】
日本海側中心に大雪、警戒を=鉄道や航空に影響
1月前半寒く、後半温暖=降雪量少ない
東京都心で初の積雪=関東甲信越は未明に大雪
日本海側、14日も大雪=引き続き警戒を
日本海側と北海道、大雪続く=交通への影響注意

国産ワクチンも余る!?輸入ワクチンに加え 優先順位付けが裏目(産経新聞)
<航空機座席>安全試験結果改ざん 小糸工業に業務改善勧告(毎日新聞)
まだら模様の冥王星=ハッブル望遠鏡が撮影-NASA(時事通信)
午後にリコール届け出へ=プリウス不具合問題-トヨタ(時事通信)
<国民新・下地氏>亀井金融相の予算案発言を暴露(毎日新聞)
AD