鳩山由紀夫首相は31日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題をめぐり社民党が連立離脱を決めたことについて、「安全保障に関する基本的な考え方が合わず大変残念だ。信念を持って乗り切っていくしかない」と述べた。首相公邸前で記者団に答えた。

[フォト]瀕死のハト襲う 社民離脱

 その上で、首相は「国民のためにしっかりした政治を取り戻していくことで頑張る」とも語り、続投する意向を強調した。

【関連記事】
社民連立離脱 基本政策「抜き」のツケだ
社民、連立離脱しても部分連合と選挙協力を模索
社民、連立離脱固まる 30日に決定
「それはそれ、これはこれ」 社民、連立離脱の一方で民主と選挙協力
民主党独自の世論調査 参院選、最悪で29議席
iPadが上陸

地裁敷地で焼身自殺図る=高齢男性が重傷―神戸(時事通信)
<普天間移設>28日に3党首会談 日米声明に先立ち(毎日新聞)
囲碁 山下勝ち、1勝1敗に 本因坊戦第2局(毎日新聞)
法衣でラジオ出演、仙台で僧侶のDJが人気(読売新聞)
訃報 米俳優のデニス・ホッパーさん死去 74歳(毎日新聞)
AD