高い増殖能力を持ち、身体の多様な細胞を作り出せる人工多能性幹(iPS)細胞を研究する京都大のiPS細胞研究所(京都市左京区)が8日、報道陣に公開された。iPS細胞を世界で初めて作った山中伸弥京都大教授が所長を務める。
 山中教授は、再生医療への応用について「10年後には臨床試験の実施に到達したい」と強調。難病に対する新薬開発についても、臨床試験の実施に意欲を示した。
 研究所は京都大のiPS細胞研究センターを拡充し、今年4月に設立。研究棟は地上5階、地下1階で、研究員や学生ら約130人のスタッフが研究に当たる。
 棟内には仕切りのない「オープンラボ」や、平日なら誰でも訪問できるギャラリーを設けた。基礎から臨床までの研究を一体的にできるよう目指したいという。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
iPS特許、米社にライセンス=海外は初、京大の知財管理会社
培養される「指」=再生医療技術がアートに
iPS細胞の臨床研究可能に=指針を改正、本人使用に限定
カエルのゲノム解読=水から陸へ進化解明に手掛かり

<水質汚濁>基準超す廃液流した疑い、会社社長逮捕 千葉(毎日新聞)
アイスランドの火山灰影響、成田発着2便欠航(読売新聞)
<雑記帳>双子のヤギ「りょうま」と「おとめ」 め~コンビ(毎日新聞)
国債発行44兆円以下に=11年度予算案で-菅財務相(時事通信)
普天間問題 首相「徳之島」固執の根拠 防衛利用で覚書 返還時(産経新聞)
AD