先月22日から28日に全国約5000カ所の医療機関を受診したインフルエンザ患者は1カ所当たり1.36人で、前週の1.76人からさらに減少したことが5日、国立感染症研究所の定点調査で分かった。5週連続の減少で、1週間の全国の患者数は推計約7万人。
 検出されるウイルスのほとんどが新型の状況が続いているが、最近はB型も報告されているという。 

【関連ニュース】
10道府県で流行目安下回る=インフル患者、4週連続減
インフル患者、3週連続減=全都道府県で10下回る
インフル脳症、285人届け出=例年の5~8倍
インフル患者、さらに減少=週推計22万人
インフル患者、再び減少=累計2000万人突破

石井議員、厚労省への口添え否定…郵便不正事件(読売新聞)
受験生「感謝したい人」 先生より母親(産経新聞)
<越前ガニ>水槽内ゆらゆらと…ふ化ピーク 福井(毎日新聞)
1人区勝利に自信=小沢民主幹事長(時事通信)
秋田市などで震度3の地震(読売新聞)
AD