名古屋の天白区にある空手子供教室 総合空手道武禅館

武禅館天白支部では命を守る発想力を育て、どんな状況でも身を守ることができるよう考えながら動ける指導を中心に、
自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力を身に付けることができます。

2014年11月にオープンしました。


毎週土曜日 15:30~16:45まで稽古をしています。




月謝4000円で成人と変わらない質の高い護身術が身に付きます。


難しい技術もわかりやすく指導していますのでご安心ください。




筋力に頼らない、骨、反射、重力を使う身体操作法が身に付くので、力の自信の無いお子様も強くなることができます。





テーマ:
名古屋市天白区の子供空手教室では遊び心を大切にしています。

子供の将来を考えて幼児期から早い教育を受けている子は最近では珍しくないですね。

他の子が漢字や英語ができると、親もあせって習わせたりして、週にいくつも習い事をしている子がたくさんいます。

遊び道具が教材であったりして、遊びを制限されている子も少なくありません。

そういった教育も大事だとは思っていますが、それだけだと思考も制限されてしまいます。

自由に外で遊んだり、ねんどやブロックで自由に何かを作ったり、仲間でルールを作って遊んでみたりと自由に遊ぶこともとても重要だと思っています。

自由に遊ぶことで思考力も高くなります。

思考力が高いと物事を上手く解決したり、作業がとてもスムーズになってきます。

思考力が低いとたくさんミスをしたり、要領が悪くなってしまいます。

つまり勉強のやり方やスポーツなどに大きな支障をきたすことにもなるでしょう。

幼少期の遊びは発想力の基礎をつくる重要な役割も持っています。

発想力とはさまざまなものを思いつくことができる能力です。

これからは大人になっても、この発想力はとても重要になっていきます。

ビジネスの世界で成功を修めた者には、独創的な発想力を持った人物が多いです。

そうした能力は幼少期の脳の使い方が基盤となります。

大人になってから身に付けることはとても困難です。

楽しくする為に遊び方を創造できる子供は発想力が高いです。

遊び方をあまり知らないということは、発想力を育たなくさせ、創造力を妨げてしまうことになります。

この子供の時期に発想力が乏しいと、大人になってからも一つのものにとらわれて思考の固い頭になってしまうことにもなりかねません。

天白の空手子供教室では様々なシチュエーションを作って自由な攻防をさせ、子供たちに遊び心や発想力を育てられるような稽古をしています。




      >>申し込み・お問い合わせはこちらからです<<


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
名古屋市天白区 子供空手教室 総合空手道 武禅館です。

本日は基本稽古の後に移動稽古を行いました。

普段から意識しない歩くという行為。

でも、武術でこれほど重要なことはありません。

移動とは運足とも呼ばれていますが、相手に向かって命を運ぶという危険な行為のことです。

誤った移動は命を落としてしまうということになります。

今回は、初めて子供たちに移動稽古をおこなったので、まずは細かい説明はしないで私を真似るようにさせました。

移動しながらの突きや受けをして転身。

皆、転身の時にバランスをくずしていました。

体軸が作れていないと、回る時にからだが傾いてふらついてしまいます。

普段何気なく歩いたり、振り返る行為。

あえて不自由な姿勢でやる移動の型にはめてしまうことで悪い癖などがたくさん見えてきます。

移動も技であるという意識を持つことで安定した体軸ができ、攻撃や受けに反映させることができるようになるでしょう。

移動稽古はあらゆる武道の要ともいえる技であり、これを自身の組手に活用して生かすことが大切です。

間合いを操作して相手の攻撃をかわす移動の技は、まさに弱者が強者に勝つための多くの要素をもっていると言えましょう。

これからは移動稽古を子供たちには目的の意味などをわかりやすく伝え、空手だけでなく、護身やスポーツにも応用していけるよう指導していきたいと思っております。

>>申し込み・お問い合わせはこちらからです<<
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
名古屋市天白区 子供空手教室 総合空手道 武禅館です。

天白では護身術を教えています。

護身術とは暴漢などから自分や他人の生命・身体を守るための知識や技術、方法など使うスキルのことです。

空手を習っている子供たちは皆、自身を守ることができるのか。

護身術の為に空手を習っているとよく耳にしますが、本来、護身とは誰でも身につけられるもので無ければなりません。

特に子供の場合、空手を習っているからと安心してはいけません。

大人相手に子供が突きや蹴りをしたところで、急所などを当てない限りダメージを与えることはなかなか難しいです。

しかも、暴漢は素手で向かってくることはありません。

ナイフや鉄パイプなど、凶器を持っている場合がほとんどなのです。

空手の攻撃を護身術にするのは子供のうちではなかなか難しいと思います。

しかも子供の年齢や身体的な発達によって、効果的な技がどれなのかも少しずつ変化します。

名古屋の天白の空手教室では逃げる為に様々な知恵や術を教えます。

むやみに相手に向かっていくことはしません。とにかく逃げることを教えています。

すぐに逃げれるのならまず逃げる。

石を投げる、傘で突く、大声を上げる、とにかく身の回りに使えるものがあれば、あらゆるものを使用して逃げる。

それでも捕まってしまった場合、術を使ってバランスを崩して急所への空手の術などで攻撃を与えて逃げる。

天白の空手教室では、そういったことが冷静に判断できるよう武器を使って、様々な状況を想定した臨場感ある稽古を行っています。

3/7の土曜日の稽古は、暴漢2人を相手にした時に、自身が常に動きながらどのポジションが最適か見極めることを行いました。

注意することは、常に二人が視界に入る位置に移動し、背後に回らせないようにすること。

そして、ピントを一人に合わせずぼんやりと見て2人の動きを把握する。

間合いも重要であり、接近されれば攻撃を加えて離れてまた最適な位置に移動し、背後を取られるまで繰り返すという稽古をしました。

実際の戦いの場面は、必ずしも一対一ではありません。

競技とは違って、常に多人数の中でどう動けるかを考え、そのための動きを身に付けなければなりません。

ここで重要なのが転身であり、中心軸がぶれないように極力自然に身体を入れ替えることを強調せずに動けるようにならなければならないです。

子供たちには、なるべく向きを変えるときは足を動かさず足の裏だけで変えるような教え方をしました。

これだけで向きを変えるスピードが格段に上がるのです。

護身術は急所攻撃や武器を使用したり、何でも有りの世界でもあり正当な護身術と呼べるものは存在しません。

単純にスキルとして身に付けるのは危険ですが、攻撃の技としてでは無く、自分の安全を願って教えてくれたスキルと感じて身に付けることで安全に使用できると思っています。

護身術は生きるための生活上のスキルの一部でなければなりません。

病気を予防するのと同じく、いつも犯罪から身を守ることを意識していなくてはいけません。


試合に勝つことより、命を守る空手を身に付けることを優先させませんか。

名古屋の天白 子供空手教室 武禅館は誰でも身に付けられる護身術です。

    >>申し込み・お問い合わせはこちらからです<<
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。