BRBBⅡ

with HEARTLAND!


テーマ:

2017.8.12

合間に少しだけ。。。

明るい時間帯、入水しに行きました。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

午前5時過ぎ、ラ浜。

右手に多数の釣り人。

左手奥に合計5人。

手前に誰もいないので・・・。

 

 

ギルポ投入。

柳龍はティップが折れそうで怖いので、アブのワルモンM。

 

静かな湖面にドッパンドッパンと豪快にギルポ連投。

 

 

・・・

 

 

20分頑張ったが、反応なしorz

とりあえずバスを触っておきたいのでバッター交代(笑)

 

1投目で喰った♪

 

・・・ポロリ。

 

2投目も喰った♪

 

5:22(1)ニーゴー

やっぱり居ますな。

 

 

5:27(2)ニーゴー

 

間にもう2つポロリを挟んで・・・

 

5:36(3)サンゴー

 

サイズアップでバッター交代。

ログとタイトーを代打で送るも凡退。

 

右手の3人が帰って行かれたので、奥へ進む。

狙いのポイントで、ギルポでドッカンとホームラン!

 

となるはずだった。。。orz

 

反応なく小雨もパラパラ。

表層直下をハニーでセーフティバントを試みるも不発。

 

少し離れたところで・・・。

 

7:01(4)ニーマル

前後に2ポロ(笑)

 

小バスの反応(内野安打?)は悪くないのですけどね。

帰りにもう少しギルポの復習をしましたがホームランは打てませんでした。

 

 

8時納竿。

今朝は超?1軍の皆さんしか持って行っておりませんでした。

ま、合間なのでこれくらいで十分でしたね。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2017.7.3

今回はお水さんのお誘いを受けて。

小南悠さんのガイド艇に乗ってきました。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

午前7時50分マリーナを出発。。。

出だしからもう風と波orz

 

 

そこで、マリーナ前で、今回のために用意した「小南ギルポップ」(通称ギルポ)に少々チューンを施してもらう。

浮き姿勢なのか、浮上スピードなのか・・・。

答えは水温にあったようです。

 

さて、そしていよいよ、一発大物狙いにシフト。

東岸が本命らしく、まだ風がマシであろう今のうちに。。。

 

と思って行ってみるものの、到着するとそこそこの風と波。

操作をレクチャーされるもビュービュー風でよく聞こえない(笑)

・・・見よう見まねで何とかトライしていく。。。

 

が、これでは釣りにならないと風裏を探して転々と移動。。。

 

 

長~~~い沈黙が続く。。。

 

 

そしてふと立ち寄ったシャロー側で、ついに。

 

 

アシ際に落としたギルポに静かなバキューム水柱!

 

 

・・・喰った!

 

 

持っていかれたのを十分確認して大きくあわせる!

 

 

ギュンギュギュ~ン♪

 

 

久々の引き感。

 

 

ゴリゴリ巻く。。。

 

 

 

11:25(1)

 

サイズは?

 

50センチ(小南計測)

 

小「10センチは足りませんね~。」

とダメ出し(笑)

 

しかしこちらとしては久々のゴーマル♪

もう、今年の運、使い果たしたな。

 

それにしてもファーストフィッシュでいきなりゴーマル。

ギルポ、やりよる^^;

 

 

だが、続かないのはB湖。

またまたランガンモード。

 

 

行くところ行くところで風と波にやられる。。。

小南ガイドも「もう風裏無いし~orz」と言う(笑)

 

 

小「こうなったら乱れ撃ちですね~。」

b「おおっ?他のルアーでやりますか~?」

小「いや、ダメです。ギルポの乱れ撃ちです!」

b「やっぱりそうですか~(苦笑)」

 

 

とか何とか言いつつ辿って行ったエリア。

 

 

エビ藻の横でアクション。。。

 

 

ジョボッヮッ♪

 

 

13:13(2)

 

49センチ(小南計測)

 

 

流され流されで何度も入り直す。。。

 

 

バショッッ!

 

 

 

 

 

14:08(3)

ヨンマル(未計測)

 

 

 

気づけばそこは風から逃げてきたガイド艇ばかり(笑)

みなさん考えることは同じだということですね。

 

 

頭から波をかぶりつつ、大きくエリア移動。

 

「ここが本命です・・・。」

 

・・・。

 

(移動)

 

「ここで出なかったら知りません・・・。」

 

・・・。

 

(移動)

 

「これが最後です・・・。」

 

・・・。

 

(移動)

 

「ここに賭けましょ・・・。」

 

・・・。

 

 

 

という感じで、いくつかのエリアをしぼり出してもらいましたが、再び水面を割らせることはできませんでした。

 

 

そして17時半過ぎ、納竿。

 

 

こんなにルアー持っていってましたが・・・。(いつものですが^^;)

最後の最後まで、ギルポオンリー!ギルポ完投!!!

 

重たいボックスなんか必要なくて、ギルポのパッケージ1つあればよかったや~んorz

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

2017.6.5

alohaさんにお誘いを受けて。

モギハノンこと舞木さんのガイド艇に乗ってきました。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

 

 

午前7時40分過ぎ、北湖のマリーナを出る。

 

 

 

 

漁礁をキャロライナリグ。

四角い枠の中にワームを落とし、フリーフォールさせた後はシンカーを次の枠に。。。

 

マンメイドストラクチャーにネコリグ。

ミドストほども動かさない釣り。

 

縦ウィードにフリーリグ。

シンカーを外したら、フリーフォール。

 

 

シャローエリアではBOREASのチャターも。

 

 

ワームやフック、シンカーは舞木ガイドさんにお借りしましたし、沈み物の細かい様子を教えていただきました。

 

 

リップラップやアシの絡むエリアではジャークベイトやクランクも巻かせてもらえました。

 

しかし、ワタシには何の反応も得られずorz

 

徐々に荒れ始めたので、少しずつ南下し、ついには南湖へ・・・。

 

 

台地上のウィードエリアでネコリグに反応があったものの、ばらしてしまいましたorz

 

 

16時半過ぎ、納竿。

いろんな初物があった貴重な釣行となりました。

舞木さん、alohaさん、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017.5.22

5月とは思えない暑さが続く。。。

そんな中の釣行。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

午前6時、お水&buyu艇、よりとも&巡査艇に分かれてスタート。

お水さん、よりとも、巡査ともに順調にバスをゲット。

 

 

フナベイトやPマックス、GドッグX、表層を試してみたり、カスカベルやマッペ、ファッペなどディープもたくさん巻きました。

 

 

シャロー好きとしてはついつい目に見えるストラクチャーを撃ちに行ったり、魚探に映る沖目の伸び始めたウィードを狙ってみたり。

 

 

その中でもやはり信頼できたのはログとコンクラミニ。

チェイスは見えていただけでも5~6匹。

バイトがあったのも同じくらい。

 

しかし、喰いが浅いのかフッキングが甘かったのか、どれもこれもワタシの力量不足でしょうね。。。

 

唯一、ポロリすることなく口を掴めたのはこの1匹だけでした(笑)

 

 

17時前納竿。

はぁ~情けないorz

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017.05.05

久々の巻物師艇。

今年3回目の釣行、何とか初日を出したい。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

午前6時13分。

穏やかだがGW後半のにぎわうB湖に出撃。

 

出船前、マリーナ周りの1メートル以浅にはゴーマル、ロクマルの姿。

彼らには場所に固執する気配が伺える。

それから察するに、誰かに釣られたのであろうこの多くのバスたちは、そこですでにネストを張っている。

 

電気ショッカーの影響が色濃い今。。。

 

わざわざそのバスを狙い、ネストを守る親魚を釣り上げるような、自分たちで自分たちの首を絞める、自身の対象魚を失ってしまうような釣りをする必要はないと感じますね。

 

・・・

 

さて、巻物師さんの事前情報では、沖のピンスポットに的を絞った、ライトリグやテキサス、ラバジの釣りが大半を占めるよう。

だが、我々にはそれをするつもりはない。

というかできない(笑)

ひたすら巻くのみ!

 

まず2メートルラインの底にちらちらウィードの生えてきたエリアを狙いに行く。

 

ジャークベイトをゆっくり巻いたり、ジャークさせてみたり、サスペンドさせたり色々仕掛けてみるものの全く反応がないorz

 

エビ藻、コカナダ藻・・・。

少しはあるがまだ魚をストックするほどでもないのだろうか。

7時を回ると太陽がジリジリ。

ウィンドブレーカー代わりに着ていたレインウェアを脱ぐ。。。

 

続いてオカッパリも射程距離に入る、ドシャローエリアを見に行く。

岸際にもウィードはほとんどないが、かろうじて届くリップラップを撃っていく。。。

 

 

すると・・・。

 

 

プンッ!

 

 

7:52(1)

1時間以上を費やし、ようやく今年の初日が出ました!

何と初バスはニーマル(笑)

ベイトやらギルっぽいのがチラホラ見えたところでした。

 

 

それから延々とノーバイトが続き、ボートもエリアを転々とする。。。

しかし、何といってもやはりウィードがない!

行けども行けども魚探に映るボトムはただのフラット。

ベイトがいるところもあるが、バスからの反応は無し。

 

気分転換にエリアを北に変更!

長距離クルージング。

たっぷり時間をかけてたどり着いたところは・・・。

 

お水さんやマスターたちと何度も何度もオカから狙った赤塔浜。

オカの頃から狙いの選択肢が、間違っていなかったことに変に満足(笑)

 

 

岸際にミノーやジャークベイト。

かけあがりからロックエリア。

その後の砂地からディープへクランク、ロングビルミノー。

 

そんな中、何やらログにバイト。

しかし乗らずorz

 

少し深いロックエリアに斬風D。

 

ん?

何か触った?

 

12:42

濁点なし(笑)

 

北ならではの綺麗な水と綺麗な魚体。

さっきのバイトもこいつか???

がっつりフロントが掛かってましたが、弱る前に帰してあげました。。。

 

しばらく思い出の北の景色とポイント巡り、ビッグベイトを流しましたが、デカバスは反応してくれませんでした。

 

 

南に戻り、巻物師さんお気に入りエリアで、巻物師さんがガッツリバイトを獲るもあえなくフックオフorz

 

3~4メートルラインをしばらく流す。

ウィードもチョロチョロ伸びており、良さげだったのですが、バスからの回答はありませんでした。

 

風の影響を鑑み、西に東に、岸に沖にと場所を移動。

しかしながら、バスからの反応はなし。

だが、太陽はいつもジリジリorz

寒いよりよっぽどいいのですが、たっぷり日焼けしました。

 

最後のタイミングにと朝一のエリアに戻り、クランクを撃つも反応なし。

 

2メートルラインでウィードがそれほどないものの、きっと水温も上がり、バスも水面近くまで喰いに来てくれると信じ、ひたすらログを撃ち続ける。。。

 

 

すると・・・

 

 

ドゥルンッ!

 

 

強烈なひったくりバイト!

 

 

柳龍が激しく弧を描く。。。

 

 

・・・が、ティップの細いMLですから~(汗)

 

その曲がり具合にデカいと思い込んだ巻物師さんに拍子抜けしながらネットインしてもらいました(笑)

 

16:45(2)

 

でも気持ちよかった~(嬉)

 

40センチ

 

下から浮き上がって来てくれました。


その後もひたすら同じようなバスが現れないかと巻き続けましたが、反応は得られませんでした。

 

 

そして17:39納竿。

巻物師さんは車中泊で翌日も居残り釣行(驚)

タフですな~(汗)

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017.4.10

春の陽気が続いた前週から一転。

フリースとパーカーとマイクロダウンとレインウェアでも寒いやん。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

持ってきててよかった手の甲用手袋。

雨は降ってないけど、こんなに寒いとは。。。

 

6:44

すーさま&りょう

よりとも&buyuの2艇体制。

マリーナ情報でひとまず南下。

魚探に映るのはひたすらウィードの無いフラット。。。。

ディープクランクを撃ちまくるも何も掛かってこない。。。

・・・藻刈りの影響がこんなにあるとはorz

 

 

フラットから一段上がるエリアを見に行く。。。

2メートル前後の水深だが、ここも見事にウィードなしorz

ならばと地形変化を探すのだが、玉砕。

ただマンメイドストラクチャー付近にクランクを撃った時にショートバイトだったのか、鯉か何かに触れたのかの反応があった。。。

 

ドシャローは・・・

クリアで魚っ気ゼロ。

 

だめだこりゃ。。。

 

 

湖面が荒れてきたので、風裏を探して移動。

しかし、行くとこ行くとウィードが生えてない。。。

 

 

暖かかった2年前の今頃かな?

ジャークベイトで反応のあったエリアを見に行く。。。

 

 

ガイドさんもいたので、悪くないところなんだろうけど、反応が得られなかった。

 

 

午後から夕方にかけてはかなりの風とうねりで思うようにエリアが回れなかった。。。

 

 

で、16:45

ノーフィッシュで納竿。

初バスはまだまだお預けですorz

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017.3.12

ようやく今年の初釣り。。。

これだけ行けないのも辛い。。。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

午前5時半。

久しぶりのトンボ浜に到着。

様子が全く分からないので、明るくなるころを目指した。。。

準備しているとほぼライトのいらない感じになってきた。

すると・・・いるいる。。。たくさんの釣り人たち。

 

だが誰も釣れている様子はないorz

 

ひとまずファッペ。

 

グリグリ~♪

 

・・・反応なし。

ま、そんなもんでしょう。

 

ルドラ。

 

グリュグリュ~♪

 

・・・やはり反応なし。

そうやろね。。。

 

バリソン、ブリッツ、ハニー改・・・。

 

しばらくすると、マナーの悪そうな人たちが登場。

大人としては余計なトラブルを避けるため、少々先のほうの様子を見に行くこととする。

 

「おりゃぁ、ど○Σ×Kw・・・」

「なんやとぉ~、おまえ・・・#%$&’」

 

遠くのほうで怒鳴り声がorz

やっぱりモメたらしいorz

 

そうこうするうちに根ガカリ。

と思ったら、ライトリグのラインが絡まってました。

そのラインを切ろうとラインカッターを取り出して、切る。

元に戻そうとして、ポロッ。ポチャッ。。。

 

・・・

 

岩の隙間に落ちて行ったorz

アブガルシアのラインカッター、種類は違えどこれで無くしたのは2度目。

 

やる気をなくして、7時半過ぎ、大きく移動。

春を探す旅に出る。。。

 

 

途中スローダウンして様子を見たN浜は全盛期を思わせるほどの人・人・人・・・。

ほぼ鉄板かバイブだろうが、真正面にしか投げられないでしょ。。。

小ギルが浮いてきているとのことなので、頑張れば釣れるのかもしれないが、こっちとしては敬遠しました。

 

東岸にわたりドシャロー狙い。

・・・しかし、同じ思いの人たちがいっぱい(汗)

 

少し歩いて空いているところに入ってみる。

 

 

ジャークベイト、クランクを流してみるも反応なし。

いい感じの濁りは入っているのだが、この時間帯には差していないのか。。。

 

中移動。

 

 

春の定番スポット。

ボートやフローター、ウェーディングもしている。

こりゃ厳しいな。。。

 

しかし、風も穏やかで、ポロッと釣れるんじゃね???

・・・的に頑張ったのですが、そんなに甘くはありませんでした。

 

大橋を渡って帰ろうとして、回数券を取り出す・・・。

ん?50円安くなってる???

 

「すみません、もうこれ使えませんねん」

「え~!」

「まだ何枚も持ってるねんけど?」

「いやぁ~払い戻し期間もとっくに終わってまして・・・」

「・・・仕方ないですね(涙)」

 

 

10時納竿。

釣れない上に、使えない回数券。。。

悲しい初釣りでした(笑)

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

2017.1.23~25

ベトナム、ホーチミン。

6年前にも訪れた地。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

今回はずいぶんとネットが発達しているので、いろいろ事前にサーチ。

ホーチミン中央部のホテルから車で西へ1時間程度の距離に、Ho Cau Vinh Locという管釣り場を発見。

グーグルマップで見るとメコンONZはもちろん、雷魚やフィッシュイーターらしき大口の魚体に7つの丸印のある魚がたくさん写っていた。

これなら大丈夫だろうとフロッグやらなんやらを準備していた。

 

釣りに行けるのは最終日25日の朝から15時ごろまで。

当初タクシーで行って、適当に戻ってくるつもりだったが、現地ガイドさんが「それなら貸し切りタクシーを手配してあげるよ!」と言ってくれたので、それに乗っかることにする。

 

朝7時に迎えに来てくれたのは予想通り普通のタクシーではなく、いわゆる白タク。

 

 

しかし、話をしてみるとそのドライバー兼ガイド自身も釣り人らしく、1.5メートルほどのメコンONZを釣った写真を見せてくれた。

こりゃいいや~。が、それを釣ったのは我々が思っていた方向の真逆、ドンナイ湖であった。

事前に見ていたネットの情報では、そこは琵琶湖級にデカい湖でポイントが絞れないのと、何やら釣りに際してゴニョゴニョありそうな感じがしていたところ。

ま、とにかく雷魚が釣れれば万々歳なので、前日メコン川クルーズに行ったときにレストランで撮った雷魚の写真を見せて、ビンロクへ行ってくれとお願いする。

 

 

渋滞バイク天国&ガタガタ道という、典型的な東南アジアのローカルエリアを1時間半ほど進み、グーグルで散々見ていた看板を目にして、よりとも&Ryoの3人でテンションアップ♪

 

 

門が半分しまっていたので、ガイドさんが話を聞きに行く。

すると、ここにはメコンONZの1魚種しかいないという。。。

しかし、せっかく来たのだし、話がちゃんと伝わっているとも限らないので、とりあえず準備をしてみる。。。

 

 

 

池は写真のところが一つ。その右手に一つ。前方に大きい池が一つ。手前後ろに小さいのが一つあった。。。

店の人が写真のところでやるようにというので、そこでトップとミノーでサーチ。

一瞬ドゥルンッっと触るのだが、これはラインに魚が触れただけのよう。

それもすぐになくなり、完全に魚が逃げて行っているのがわかる。。。

 

ガイドさんが、ルアーじゃ釣れないという。

それではと、右手の池で釣りをしてみると、そこは釣りしてはダメだといわれた。。。

奥もダメだという。。。

 

そうこうしているとガイドさんが車でどこかへ出かけて行った。。。

戻ってくると、その手にバナナ(笑)

「ナイフ、ナイフ!」というので貸してあげると、ザクザク切り始め、今度は「フック」というので、ジグヘッドを渡すと器用にエサをリグってくれた。

早速それを投げ込んでみるが・・・。

5分経っても釣れない。。。

・・・面白くない。。。

 

ロッドを椅子に放置し、敷地をウロウロ。。。

すると!!!

 

 

ブロックでできた水槽の中に7つの丸印の魚が!

 

 

こっちにはガー!

 

 

こちらにはヒゲがめっちゃあるキモいナマズ!(笑)

そして手前の小さな池には雷魚が数匹浮かんでいた!

 

やっぱりおるやん!

ということで、店の人にそっちで釣りをさせてくれというが、答えは「NO!」

どうやら、写真で見た魚がいるのは確かなようだが、それらは釣りの対象魚ではなく、養殖しているだけのよう。

これでは釣れる要素がないので、ガイドさんに移動を提案。

 

 

時間は残りまだ3時間以上あったのだが、3人で450,000ドンをお支払い。

1人750円程度。ま、いいでしょう。

 

ガイドさんのホーム湖であるドンナイ湖はどうだと聞くと

「ポト!ポト!」

とワタシのポケットを指さす。

「???」

どうやら先ほどの雷魚の写真を見せろという。。。

お互いにほぼ英語のできない者同士(笑)の協議により、ガイドさんが雷魚の管釣りに案内してくれることとなった。

また1時間半ほどのローカルの旅である(汗)

 

いったん東へ戻り、そのあと南方向に進んでいく。。。

どうやらビンフン方向を目指している模様。

 

途中でガイドさんは4~5軒の釣具屋に立ち寄り、フックとエサを探す。

エサは結局なかったので、パン屋さんでパンを購入(笑)

ほんとに雷魚を釣りに行かせてくれる気なのか???と少々疑心暗鬼にもなったが、何がなんでも釣れるようにと考えてくれているに違いないとポジティブシンキング♪

 

 

QL50という大きな道から未舗装の道路に入り、KHU CAU CA GIAI TRI THANH LONGという管釣り場に到着。

 

 

大きな池にテンションアップ!

 

・・・しかし!

人がいない。。。

どういうこと???

 

 

車を停めて聞きに行ってもらう。。。

すると!

 

「ハッピーニューイヤー(涙)」

 

ベトナムはもうすぐ旧正月を迎えるらしく、その休暇に入ってしまったという。。。

日本なら、逆に休暇の人を狙ってこういう場所は開店しているものなのだろうが、ここは異国の地。考え方が違うのです(悲)

 

 

このエリアにはいくつかの管釣り場があるらしく、そのすべて!を回ってもらったものの、残念ながら、すべてが「ハッピーニューイヤー(涙)」

 

 

ガイドさんは、数人の村人にも話を聞いてくれて、釣りができるところをいろいろ探ってくれた。

その中、管釣りではなく野池であるが、釣りをしてもいいところがあった!

 

 

CAU CA GIAI TRI PHUONG NAMと前述のTHANH LONGのあいだ。

池の形からすると昔は管釣りだったのかもしれない。

妙に四角い池が4つほど連なっている。

そこで小さな雷魚を釣ったという釣り人にもビクを見せてもらった。

・・・小さいが確かに雷魚!

 

時間はすでに11時半。

何とか釣りたい!

 

 

岸際から奥のブッシュまで、フロッグ、ポッパー、ミノーを投げるが反応なし。

海外の釣りが甘くはないことはもう十二分に知っているので、これくらいではへこたれません。

早速コンクラミニの出動(笑)

 

 

アシの茂み付近は相当浅いが、そこに確かな生命感もある。

足元には20センチほどの雷魚も現認!

 

1時間ほどたったころ・・・。

 

コンクラミニが足元の岸際に戻ってきた時。。。

 

 

ドゥルゥバシャァ~ン!

 

 

と豪快に白い腹を見せて何かが喰らいついた!

 

 

アワせると同時に魚も水面でバシャバシャ!

・・・雷魚や!

 

フィッシュグリップでつかみあげる。。。

 

 

コンクラミニ丸のみ♪

左エラ付近にフックがかかっていたので、少々血が出て可哀そう。。。

 

 

今年の初フィッシュは雷魚♪

去年に引き続きバスではありません(笑)

 

12:44

 

 

そして今回のために用意したアブガルシア モンスターハンター(WMCC-654M)

ええ仕事してくれました(嬉)

 

雷魚をリリースしようとしていると、ガイドさんが「オレにくれ」という。。。

結構いい食料になるそうだ。

 

 

その後、よりともも雷魚をゲット♪

Ryoもなんとティラピアをゲット♪

 

どこもかしこも閉まっていて、釣りができるのか心配でしたが、3人が3人とも初フィッシュをゲット。

結果オーライのいい釣行となりました。

 

 

そして14時納竿。

3匹ともガイドさんが持って帰ったことは言うまでもありません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

 

 

 

 

ベトナム紀行は前に書いたので、おまけとして。。。

 

メコン川クルーズ。

ホーチミンから70キロほど南下。

 

 

船に乗って奥に見える中洲へ。。。

 

 

どんだけ中洲が遠いねん(笑)

 

 

船用のガソリンスタンドは繁盛中。

 

中州に渡って、少々観光。

 

 

ちょっとヘビを首に巻いてみたり。。。

 

 

手漕ぎ小舟に乗り換えて、マングローブというより、ヤシ林をクルージング。

 

 

名物のエレファントフィッシュの唐揚げを食べました。

 

もうちょっと釣りを楽しみたかったのですが、今回は自由時間が少ない中の弾丸釣行となりました。

しかし、とにもかくにも釣れたことが何より!

 

 

楽しかった!

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016.12.5

年に一度?の管釣り。

年々魚影が薄くなってますね。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

いつものことだが、1匹目が遠い。。。

 

 

今回いつもと違ったのは、ポンポンと続かないことorz

 

何とかTeamESKO7でゲット。

 

 

リズムが狂ったのは、実は最初の1匹はロクマルくらいありそうなヤツだった。

しかし、ゆったりとした首フリ3回であっさりフックアウトorz

そのうえ、直後にそいつをかけたCD7をロスト。

 

 

 

上手くいかないときはそんなものなのかもしれません。。。

 

 

ポッパーもクランクも持ってきていたんですが、定番のフラッシュミノーを入れ忘れてました。

なんか違うなぁ~って時に持ち駒が少ないと辛いですね。

 

 

17時納竿。

そして今年の釣りも終了です。

あぁ~スカッとした釣りがしたい!

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016.11.02

仕事が忙しかった10月は釣行なし。

再び忙しくなる11月、今のうちに何とか。。。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

朝に道で見た温度は8度。

ヒートテックのインナーにフリース、パーカー、上着。

用意をしているとまだ寒かったので、その上にレインウェア。

5枚もの重ね着(笑)

 

マリーナのお兄さんに聞くと、南側に濁りが入っているので、クランクを撃つならそっちだろうとアドバイスをもらう。

で、午前7時前、お水さんと二人釣行開始。

 

まずは3メートルフラットあたりからファッペを撃っていく。。。

水温15.8度。ずいぶん下がってきたんですね。

綺麗なフサモがかかってくるのだが、反応なし。

 

 

1時間ほど費やして移動。

しかしそこは濁りというより生命感のないところだった。(水温13.6度)

少し流すもこちらはないと判断して、また移動。

 

沖を流す。

ガイド船もあり、いいエリアなのかもしれないが、ピンポイントを狙っているのか、あまり動こうとしない様子。(水温15.9度)

こちらも少しずつウィードを探ってクランク、バイブを撃つのだが、反応が得られないorz

 

 

10時半を回り、少々湖面が荒れてきた。

バスボートが風と波にえらく揺さぶられて体がきつい。。。

5週ぶりにやってきて簡単に釣らせてくれるとは思っていないが、釣れないうえにこのザバザバ感は疲労が蓄積されてしまいます。

 

冬にはまだ早いが、越冬場所へ移動することに。。。

 

思った通り、シャロー側は綺麗なフサモ地帯。(水温15.8度)

すぐにお水さんが答えを出す。。。

 

 

エリアは間違っていない。

あとは釣るだけ。。。

 

 

11:41(1)ニーゴー

 

時間がかかりましたが、ようやく1本♪

 

11:48(2)ニーゴー

 

11:52(3)サンマル

 

まとめて3本。

エリア移動正解♪

風が割と穏やかで、水温も上がってきたのでしょう。。。

コンクラミニMRのレンジでも喰いました。

 

場所を休めるためにプチ移動。

 

藻刈りの影響か、本来秋から冬場はカナダ藻どっさりエリアがツンツルテンorz

だが、居着きのバスがいるはずとファッペを流していく。。。

 

 

グゥ~!

 

 

???

 

 

ウィードか???

 

 

半信半疑で合わせてみる。。。

 

 

12:33(4)

 

34センチ。

 

コンディションのいい真っ黒バス。

冬のエリアで冬のバイトの出方でした。

 

居るのだろうが、続けての反応はなかった。。。

しばらくしてまたプチ移動。

 

 

遠い空には飛行船。

雲ひとつない晴れ渡った青空での遊覧飛行はさぞかし気持ちいいでしょうね。

 

ここもガイド船エリアだった。

おそらくクランクかバイブを投げているのだろう。

ロッドを下げ、ハンドルの回転が速い。。。

 

こちらには反応がないので、休ませていた場所へ戻る。。。

 

 

ブリッツMR。

 

 

ブリブリ~♪

 

 

プンッ!

 

 

喰った!

 

 

グゥ~。という引き。

 

 

14:08(5)

リミット達成♪

 

 

 

44センチ。

 

お水さんと「今日は44センチが釣れたら良しでしょう!」と言っていたことが現実に。

欲を言えばキリがない。今の自分には充分です。

 

ガイドエリアに戻り、巻き倒すも反応してくれる魚はいなかった。

最後の30分を先ほどのエリアに託し・・・。

 

15:29(6)サンマル

 

何とか1本追加。

やはり一日中太陽が顔を出し、ずいぶんと水中も暖かくなったのでしょうね。

 

 

15:50納竿。

ひたすら青空の広がる、冷え込んだ秋の釣行。

・・・ボウズやむなし。と思っていたので、結果的に何とか釣れてホッとしました(汗)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。