BRBBⅡ

with HEARTLAND!


テーマ:

2017.3.12

ようやく今年の初釣り。。。

これだけ行けないのも辛い。。。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

午前5時半。

久しぶりのトンボ浜に到着。

様子が全く分からないので、明るくなるころを目指した。。。

準備しているとほぼライトのいらない感じになってきた。

すると・・・いるいる。。。たくさんの釣り人たち。

 

だが誰も釣れている様子はないorz

 

ひとまずファッペ。

 

グリグリ~♪

 

・・・反応なし。

ま、そんなもんでしょう。

 

ルドラ。

 

グリュグリュ~♪

 

・・・やはり反応なし。

そうやろね。。。

 

バリソン、ブリッツ、ハニー改・・・。

 

しばらくすると、マナーの悪そうな人たちが登場。

大人としては余計なトラブルを避けるため、少々先のほうの様子を見に行くこととする。

 

「おりゃぁ、ど○Σ×Kw・・・」

「なんやとぉ~、おまえ・・・#%$&’」

 

遠くのほうで怒鳴り声がorz

やっぱりモメたらしいorz

 

そうこうするうちに根ガカリ。

と思ったら、ライトリグのラインが絡まってました。

そのラインを切ろうとラインカッターを取り出して、切る。

元に戻そうとして、ポロッ。ポチャッ。。。

 

・・・

 

岩の隙間に落ちて行ったorz

アブガルシアのラインカッター、種類は違えどこれで無くしたのは2度目。

 

やる気をなくして、7時半過ぎ、大きく移動。

春を探す旅に出る。。。

 

 

途中スローダウンして様子を見たN浜は全盛期を思わせるほどの人・人・人・・・。

ほぼ鉄板かバイブだろうが、真正面にしか投げられないでしょ。。。

小ギルが浮いてきているとのことなので、頑張れば釣れるのかもしれないが、こっちとしては敬遠しました。

 

東岸にわたりドシャロー狙い。

・・・しかし、同じ思いの人たちがいっぱい(汗)

 

少し歩いて空いているところに入ってみる。

 

 

ジャークベイト、クランクを流してみるも反応なし。

いい感じの濁りは入っているのだが、この時間帯には差していないのか。。。

 

中移動。

 

 

春の定番スポット。

ボートやフローター、ウェーディングもしている。

こりゃ厳しいな。。。

 

しかし、風も穏やかで、ポロッと釣れるんじゃね???

・・・的に頑張ったのですが、そんなに甘くはありませんでした。

 

大橋を渡って帰ろうとして、回数券を取り出す・・・。

ん?50円安くなってる???

 

「すみません、もうこれ使えませんねん」

「え~!」

「まだ何枚も持ってるねんけど?」

「いやぁ~払い戻し期間もとっくに終わってまして・・・」

「・・・仕方ないですね(涙)」

 

 

10時納竿。

釣れない上に、使えない回数券。。。

悲しい初釣りでした(笑)

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

2017.1.23~25

ベトナム、ホーチミン。

6年前にも訪れた地。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

今回はずいぶんとネットが発達しているので、いろいろ事前にサーチ。

ホーチミン中央部のホテルから車で西へ1時間程度の距離に、Ho Cau Vinh Locという管釣り場を発見。

グーグルマップで見るとメコンONZはもちろん、雷魚やフィッシュイーターらしき大口の魚体に7つの丸印のある魚がたくさん写っていた。

これなら大丈夫だろうとフロッグやらなんやらを準備していた。

 

釣りに行けるのは最終日25日の朝から15時ごろまで。

当初タクシーで行って、適当に戻ってくるつもりだったが、現地ガイドさんが「それなら貸し切りタクシーを手配してあげるよ!」と言ってくれたので、それに乗っかることにする。

 

朝7時に迎えに来てくれたのは予想通り普通のタクシーではなく、いわゆる白タク。

 

 

しかし、話をしてみるとそのドライバー兼ガイド自身も釣り人らしく、1.5メートルほどのメコンONZを釣った写真を見せてくれた。

こりゃいいや~。が、それを釣ったのは我々が思っていた方向の真逆、ドンナイ湖であった。

事前に見ていたネットの情報では、そこは琵琶湖級にデカい湖でポイントが絞れないのと、何やら釣りに際してゴニョゴニョありそうな感じがしていたところ。

ま、とにかく雷魚が釣れれば万々歳なので、前日メコン川クルーズに行ったときにレストランで撮った雷魚の写真を見せて、ビンロクへ行ってくれとお願いする。

 

 

渋滞バイク天国&ガタガタ道という、典型的な東南アジアのローカルエリアを1時間半ほど進み、グーグルで散々見ていた看板を目にして、よりとも&Ryoの3人でテンションアップ♪

 

 

門が半分しまっていたので、ガイドさんが話を聞きに行く。

すると、ここにはメコンONZの1魚種しかいないという。。。

しかし、せっかく来たのだし、話がちゃんと伝わっているとも限らないので、とりあえず準備をしてみる。。。

 

 

 

池は写真のところが一つ。その右手に一つ。前方に大きい池が一つ。手前後ろに小さいのが一つあった。。。

店の人が写真のところでやるようにというので、そこでトップとミノーでサーチ。

一瞬ドゥルンッっと触るのだが、これはラインに魚が触れただけのよう。

それもすぐになくなり、完全に魚が逃げて行っているのがわかる。。。

 

ガイドさんが、ルアーじゃ釣れないという。

それではと、右手の池で釣りをしてみると、そこは釣りしてはダメだといわれた。。。

奥もダメだという。。。

 

そうこうしているとガイドさんが車でどこかへ出かけて行った。。。

戻ってくると、その手にバナナ(笑)

「ナイフ、ナイフ!」というので貸してあげると、ザクザク切り始め、今度は「フック」というので、ジグヘッドを渡すと器用にエサをリグってくれた。

早速それを投げ込んでみるが・・・。

5分経っても釣れない。。。

・・・面白くない。。。

 

ロッドを椅子に放置し、敷地をウロウロ。。。

すると!!!

 

 

ブロックでできた水槽の中に7つの丸印の魚が!

 

 

こっちにはガー!

 

 

こちらにはヒゲがめっちゃあるキモいナマズ!(笑)

そして手前の小さな池には雷魚が数匹浮かんでいた!

 

やっぱりおるやん!

ということで、店の人にそっちで釣りをさせてくれというが、答えは「NO!」

どうやら、写真で見た魚がいるのは確かなようだが、それらは釣りの対象魚ではなく、養殖しているだけのよう。

これでは釣れる要素がないので、ガイドさんに移動を提案。

 

 

時間は残りまだ3時間以上あったのだが、3人で450,000ドンをお支払い。

1人750円程度。ま、いいでしょう。

 

ガイドさんのホーム湖であるドンナイ湖はどうだと聞くと

「ポト!ポト!」

とワタシのポケットを指さす。

「???」

どうやら先ほどの雷魚の写真を見せろという。。。

お互いにほぼ英語のできない者同士(笑)の協議により、ガイドさんが雷魚の管釣りに案内してくれることとなった。

また1時間半ほどのローカルの旅である(汗)

 

いったん東へ戻り、そのあと南方向に進んでいく。。。

どうやらビンフン方向を目指している模様。

 

途中でガイドさんは4~5軒の釣具屋に立ち寄り、フックとエサを探す。

エサは結局なかったので、パン屋さんでパンを購入(笑)

ほんとに雷魚を釣りに行かせてくれる気なのか???と少々疑心暗鬼にもなったが、何がなんでも釣れるようにと考えてくれているに違いないとポジティブシンキング♪

 

 

QL50という大きな道から未舗装の道路に入り、KHU CAU CA GIAI TRI THANH LONGという管釣り場に到着。

 

 

大きな池にテンションアップ!

 

・・・しかし!

人がいない。。。

どういうこと???

 

 

車を停めて聞きに行ってもらう。。。

すると!

 

「ハッピーニューイヤー(涙)」

 

ベトナムはもうすぐ旧正月を迎えるらしく、その休暇に入ってしまったという。。。

日本なら、逆に休暇の人を狙ってこういう場所は開店しているものなのだろうが、ここは異国の地。考え方が違うのです(悲)

 

 

このエリアにはいくつかの管釣り場があるらしく、そのすべて!を回ってもらったものの、残念ながら、すべてが「ハッピーニューイヤー(涙)」

 

 

ガイドさんは、数人の村人にも話を聞いてくれて、釣りができるところをいろいろ探ってくれた。

その中、管釣りではなく野池であるが、釣りをしてもいいところがあった!

 

 

CAU CA GIAI TRI PHUONG NAMと前述のTHANH LONGのあいだ。

池の形からすると昔は管釣りだったのかもしれない。

妙に四角い池が4つほど連なっている。

そこで小さな雷魚を釣ったという釣り人にもビクを見せてもらった。

・・・小さいが確かに雷魚!

 

時間はすでに11時半。

何とか釣りたい!

 

 

岸際から奥のブッシュまで、フロッグ、ポッパー、ミノーを投げるが反応なし。

海外の釣りが甘くはないことはもう十二分に知っているので、これくらいではへこたれません。

早速コンクラミニの出動(笑)

 

 

アシの茂み付近は相当浅いが、そこに確かな生命感もある。

足元には20センチほどの雷魚も現認!

 

1時間ほどたったころ・・・。

 

コンクラミニが足元の岸際に戻ってきた時。。。

 

 

ドゥルゥバシャァ~ン!

 

 

と豪快に白い腹を見せて何かが喰らいついた!

 

 

アワせると同時に魚も水面でバシャバシャ!

・・・雷魚や!

 

フィッシュグリップでつかみあげる。。。

 

 

コンクラミニ丸のみ♪

左エラ付近にフックがかかっていたので、少々血が出て可哀そう。。。

 

 

今年の初フィッシュは雷魚♪

去年に引き続きバスではありません(笑)

 

12:44

 

 

そして今回のために用意したアブガルシア モンスターハンター(WMCC-654M)

ええ仕事してくれました(嬉)

 

雷魚をリリースしようとしていると、ガイドさんが「オレにくれ」という。。。

結構いい食料になるそうだ。

 

 

その後、よりともも雷魚をゲット♪

Ryoもなんとティラピアをゲット♪

 

どこもかしこも閉まっていて、釣りができるのか心配でしたが、3人が3人とも初フィッシュをゲット。

結果オーライのいい釣行となりました。

 

 

そして14時納竿。

3匹ともガイドさんが持って帰ったことは言うまでもありません(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲

 

 

 

 

 

ベトナム紀行は前に書いたので、おまけとして。。。

 

メコン川クルーズ。

ホーチミンから70キロほど南下。

 

 

船に乗って奥に見える中洲へ。。。

 

 

どんだけ中洲が遠いねん(笑)

 

 

船用のガソリンスタンドは繁盛中。

 

中州に渡って、少々観光。

 

 

ちょっとヘビを首に巻いてみたり。。。

 

 

手漕ぎ小舟に乗り換えて、マングローブというより、ヤシ林をクルージング。

 

 

名物のエレファントフィッシュの唐揚げを食べました。

 

もうちょっと釣りを楽しみたかったのですが、今回は自由時間が少ない中の弾丸釣行となりました。

しかし、とにもかくにも釣れたことが何より!

 

 

楽しかった!

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016.12.5

年に一度?の管釣り。

年々魚影が薄くなってますね。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

いつものことだが、1匹目が遠い。。。

 

 

今回いつもと違ったのは、ポンポンと続かないことorz

 

何とかTeamESKO7でゲット。

 

 

リズムが狂ったのは、実は最初の1匹はロクマルくらいありそうなヤツだった。

しかし、ゆったりとした首フリ3回であっさりフックアウトorz

そのうえ、直後にそいつをかけたCD7をロスト。

 

 

 

上手くいかないときはそんなものなのかもしれません。。。

 

 

ポッパーもクランクも持ってきていたんですが、定番のフラッシュミノーを入れ忘れてました。

なんか違うなぁ~って時に持ち駒が少ないと辛いですね。

 

 

17時納竿。

そして今年の釣りも終了です。

あぁ~スカッとした釣りがしたい!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016.11.02

仕事が忙しかった10月は釣行なし。

再び忙しくなる11月、今のうちに何とか。。。

 

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

朝に道で見た温度は8度。

ヒートテックのインナーにフリース、パーカー、上着。

用意をしているとまだ寒かったので、その上にレインウェア。

5枚もの重ね着(笑)

 

マリーナのお兄さんに聞くと、南側に濁りが入っているので、クランクを撃つならそっちだろうとアドバイスをもらう。

で、午前7時前、お水さんと二人釣行開始。

 

まずは3メートルフラットあたりからファッペを撃っていく。。。

水温15.8度。ずいぶん下がってきたんですね。

綺麗なフサモがかかってくるのだが、反応なし。

 

 

1時間ほど費やして移動。

しかしそこは濁りというより生命感のないところだった。(水温13.6度)

少し流すもこちらはないと判断して、また移動。

 

沖を流す。

ガイド船もあり、いいエリアなのかもしれないが、ピンポイントを狙っているのか、あまり動こうとしない様子。(水温15.9度)

こちらも少しずつウィードを探ってクランク、バイブを撃つのだが、反応が得られないorz

 

 

10時半を回り、少々湖面が荒れてきた。

バスボートが風と波にえらく揺さぶられて体がきつい。。。

5週ぶりにやってきて簡単に釣らせてくれるとは思っていないが、釣れないうえにこのザバザバ感は疲労が蓄積されてしまいます。

 

冬にはまだ早いが、越冬場所へ移動することに。。。

 

思った通り、シャロー側は綺麗なフサモ地帯。(水温15.8度)

すぐにお水さんが答えを出す。。。

 

 

エリアは間違っていない。

あとは釣るだけ。。。

 

 

11:41(1)ニーゴー

 

時間がかかりましたが、ようやく1本♪

 

11:48(2)ニーゴー

 

11:52(3)サンマル

 

まとめて3本。

エリア移動正解♪

風が割と穏やかで、水温も上がってきたのでしょう。。。

コンクラミニMRのレンジでも喰いました。

 

場所を休めるためにプチ移動。

 

藻刈りの影響か、本来秋から冬場はカナダ藻どっさりエリアがツンツルテンorz

だが、居着きのバスがいるはずとファッペを流していく。。。

 

 

グゥ~!

 

 

???

 

 

ウィードか???

 

 

半信半疑で合わせてみる。。。

 

 

12:33(4)

 

34センチ。

 

コンディションのいい真っ黒バス。

冬のエリアで冬のバイトの出方でした。

 

居るのだろうが、続けての反応はなかった。。。

しばらくしてまたプチ移動。

 

 

遠い空には飛行船。

雲ひとつない晴れ渡った青空での遊覧飛行はさぞかし気持ちいいでしょうね。

 

ここもガイド船エリアだった。

おそらくクランクかバイブを投げているのだろう。

ロッドを下げ、ハンドルの回転が速い。。。

 

こちらには反応がないので、休ませていた場所へ戻る。。。

 

 

ブリッツMR。

 

 

ブリブリ~♪

 

 

プンッ!

 

 

喰った!

 

 

グゥ~。という引き。

 

 

14:08(5)

リミット達成♪

 

 

 

44センチ。

 

お水さんと「今日は44センチが釣れたら良しでしょう!」と言っていたことが現実に。

欲を言えばキリがない。今の自分には充分です。

 

ガイドエリアに戻り、巻き倒すも反応してくれる魚はいなかった。

最後の30分を先ほどのエリアに託し・・・。

 

15:29(6)サンマル

 

何とか1本追加。

やはり一日中太陽が顔を出し、ずいぶんと水中も暖かくなったのでしょうね。

 

 

15:50納竿。

ひたすら青空の広がる、冷え込んだ秋の釣行。

・・・ボウズやむなし。と思っていたので、結果的に何とか釣れてホッとしました(汗)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016.9.26

久しぶりの双胴船。

すーさまとお水さんの3人釣行。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

午前6時前、夜降っていた雨も少し小康状態。

曇っているうちに獲っておきたい。。。

 

すぐそば岬周りをチェックするも反応なく、マンメイド付近のウィードが水面直下まで残っているエリアをログでサーチ。

 

 

6:42(1)ニーゴー/ログ

 

6:46(2)ニーゴー/ログ

 

写真のとおり湖面は穏やか。

着水後、波紋が消えてからトゥイッチ&ジャーク。

 

サイズが伸びないのでラトリンログへチェンジ。

 

 

7:09(3)サンゴー/ラトリンログ

 

 

浮きウィードの際にキャスト。

着水と同時に・・・

 

バシャッ!!!

 

気持ちのいいバイト。

 

 

 

7:25(4)40センチ/ラトリンログ

こいつはラトルの有無に関係なかったですね(笑)

 

チェイスもあるし、雨も降ってこないので疲れない。

 

 

7:50(5)サンゴー/ログ

 

トップへのさらなる反応を求めて移動。

 

 

沖の浮きウィードでトップ三昧。

タイトーなどで5本ほど出たが全てのらずorz

 

 

移動しては様子をうかがい、移動しては様子をうかがいを繰り返す。

しかし、イメージほどの反応はなく、水質もあまり良くないところが多い。

 

 

とあるエリアでは大規模な藻刈りが行われていた模様。

いつもなら侵入できないほどのマット天国のエリア。

だが、魚探に映る湖底はツンツルテンorz

直後には、刈ったウィードの重みでバウが沈んだ漁船とすれ違うし、その岸にはウィードを岸に揚げる重機の姿。

滋賀県さん、本気モードです。。。

 

少し沖目のウィードエリアで。

 

 

 

12:04(6)ニーゴー/ウェイクプロップ

 

実に4時間ぶりにバスをキャッチ(汗)

B湖のコンディションがつかみづらい。。。

 

全開放水ではなくなったとのことだが、250t/sならあまり変わらない。

ボディウォーターにほど近いシャローエリアを見に行く。

 

 

 

13:39(7)サンマル/ラトリンログ

 

しかし、ここもガンガン釣れる感じではなく、単発の感。

 

沖でディープクランクも巻いたし、シャローでコンクラミニも撃ちまくりましたが、結局バスがキャッチできたのはほぼログ(悪童)。

細身のシルエットに反応するっていうのはやはり小鮎パターンになっているということなのでしょうか。

 

 

少し雨も降りましたが、薄日が差すことも。

天気予報ではほぼ雨だったはずなんですが???

時折は夕方に思えるほどの曇天となる。

 

15時前にはついに風も出始め、釣りもしにくく、反応薄。

最後の1時間を朝一のエリアにかけるも、状況は全く違ってしまっていた。。。

 

ログかコンクラミニか。。。

最後の最後にチョイスしたのは。。。

 

 

 

16:48(8)ニーマル/コンクラミニ

 

納竿するころにはこんな青空に!

 

 

すっかり秋の空になっていましたね。

17時前、納竿。

なにはともあれ久しぶりの釣りは3人全員安打!

よかったよかった。

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016.8.12

少しだけB湖出撃。

それも10年ぶりくらい???のフローター(笑)

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

場所も久々のM-1。

駐車場は使えるのか、現場は釣れてるのか・・・前情報一切なし。

準備の都合上、明るいほうがいいので、午前5時現場着。

ありがたいことに駐車場は半分ほど空いていた。

この時間に戻ってくる人もいたので釣りはできているようである。

早速フローターをバッグから出してまずは点検。

損傷もカビもないので、膨らませる。。。

しばらく放置しても空気が漏れている様子はないので、準備を続ける。

時々、これはどうするんだったっけ???と少々戸惑う(笑)

 

そして久しぶりに入水。

浅瀬で様子を見る。

うん、とりあえず浮くので大丈夫!

 

バタ足を始めるとすぐにカナダ藻絨毯が続く。フィンが当たるので、水面下50センチといったところ。

クリアで風もなくいい感じ…といいたいところだが、すぐにビワコ虫の襲撃に会うorz

 

 

まずはタイトー。

 

チュピッ♪チュバッ♪

 

ビワコ虫がいっぱい顔にまとわりつく。

しかしこれはギルが浮いてくる要素にもなる・・・はず。

とポジティブシンキング。

が、頑張って流すも反応なし。

 

ハニー、Pマックスも反応なしorz

 

・・・

 

バジンクランク。

 

ドゥルンッ!

 

ノらずorz

 

明るくなってきたからなのか、反応が出た。

ちょっと楽しい♪

少し沖目に出るとコンクラミニのレンジに。

 

・・・すかさず。

 

6:27(1)ニーゴー

 

タイトーで誘っていると。。。

 

ボワシュッッ!

 

うわっ(驚)

近すぎて超ビックリ(笑)

一瞬ノったのだが、藻化けorz

 

周りにボートも多い。

ほぼ穴撃ちしてる感じ。

こちらはウィードのエッジを探そうと少しバタバタ。。。

進んでも進んでも絨毯。

 

あまりワンド側沖に進むと、ボートの航行域なので、怖い。

前も後ろも平気で通過されちゃう(汗)

最近ボートに乗ってばっかりだったけど、引き波はこんなにフローターに影響させるんですね。

危ない危ない。

 

シャロー側からワンドに侵入するも、なんだこれ???という抹茶カラーの水。

これ釣れるか???

フラッシュミノーのラトルで誘ってみる。

 

 

7:02(2)ニーゴー

 

・・・釣れた(笑)

 

 

 

沖はボートがいっぱい。

釣れてるのだろうか。

しばらくトップを流すも反応なく、コンクラミニに。

 

7:30(3)ニーゴー

 

またトップ縛りで頑張るもダメダメ。

8時をまわり、直射日光の暑さにへばってきた。。。

頑張って、クリアウォーターのほうへもどるか、休憩するか。。。

と、思ったその時!

 

シューーー!

 

ん?

 

んん?

 

シューーーーー!

 

え?漏れてる???

あわてて空気弁を確認するも弁自体ではなさそう。

 

どこ?どこ?

 

弁付近から音がし、空気が漏れているのは間違いない。

弁をあっちへこっちへとねじ曲げるとちょっと音がマシに。

それだけ確認したら、大急ぎでルアーを回収し、左手で弁を抑え込む。

・・・きっとシールされてるあたりに亀裂ができたんでしょうね。。。

 

で、必死でバタ足(笑)

オリンピック水泳の星奈津美選手ばりに「足も蹴れなくなるまで」・・・

沈(チン)しないよう頑張りました(爆)

 

そしてなんとか、20%ほどの空気漏れで上陸。

 

 

 

危なかった~^^;

溺れることはないだろうけど、いくらなんでもこの歳で全身ずぶ濡れはカッコ悪いしね(笑)

 

あずまやで、フローターを置き、溜まった水を捨て、ウェーダーを脱ぎ捨て、しばし呆然自失。

疲れで後片付けに時間がかかるのなんのって。。。

いやいや、危ない危ない。

とんだ冷汗釣行でした。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:


2016.7.17

梅雨明け前日。。。

巻物師劇場!



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





06:20

約2か月ぶりの釣り。

午前6時半前出撃。


降水確率60%の雨予報。

降り出す前に釣っておきたいところ。

まずは巻物師さんが自信をもってお勧めするエリアに直行。


で、巻物師劇場開幕。


キモは言えませんが、巻物師さんとワタシとのリズムの差が歴然。



07:08

7:08(1)ハニーバド(ハニー改)


07:08-2

45センチ


なんとか1本絞り出しました。


使用しているルアーも違いますが、リズムが違う。

毎週釣りに出てバスの動きを読んでいる人とマスターのような天才。

やはりワタシのような凡人とは住んでいるステージがまったく違いますね(汗)


07:50
7:50(2)ニーゴー


08:05

8:05(3)ニーマル



08:26


そして懸念していた雨が降り始める。。。

カッパを着て釣りを…と思ったものの意外に本降りになり橋下に避難。



08:32

8:32(4)ニーマル



09:00


午前9時、ダラダラと雨が続く。



09:07


小降りになったタイミングで、移動。


少し沖側で頑張るもリズムが合わずorz


10:15

10:15(5)ニーゴー

バイト自身はまぁまぁ出るのだが、すぐにフックオフしたり、バイトミスしたり。。。

要は小さいのとしかリズムが合ってません。



11:00

11:00(6)ニーゴー


雨が上がってくれたのはいいが、蒸し風呂状態。

若干頭痛が出始め、プチ熱中症。

水分と食料を補給し、何とか頑張るも・・・。


11:55


まさかの太陽が出る始末。

巻物師さんのエリア選択は間違っていないのだが、どうも合わない。。。

何だかなぁ。。。


13:41


午後からも予報に反し、風も出始めた。。。

風がなければトップで頑張りたいのだが、そうはいかず。



14:10

14:10(7)ニーマル



14:19
14:19(8)ニーゴー



15:03

15:03(9)サンゴー



15:35


太陽が出てスネと腕がヒリヒリ。

天気予報大外れ(汗)



16:15


16時を回り、マリーナ近くで釣りをすることにする。

先ほどまでの波が嘘のようになく、穏やか。


17:07

17:07(10)ニーマル



17:42


17時40分過ぎ納竿。

今日はB湖と巻物師さんに白旗です(疲)




























■□■□■□■□■□


おまけ。



マリーナ近くで釣りしているときにテンションアップな出来事が。



おまけ1


うぉ~!

はるばる関東から、B湖にお越しですね♪

でっかい座敷船はマリーナで見てましたが、ギャンブラーはお初でした。


そして、まさかその横で遊んでいた親子が・・・とは。


生ソリに超興奮♪

遠めでしたがメチャクチャカッコよかったです!!!

大胸筋がすごくて、ワタシも鍛えないといけないなぁ~と猛省しました。



いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016.5.30

来る途中パラパラ、土砂降りあり。

そんな中、和船での出撃。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

午前5時過ぎ、すーさま&よりとも、お水さん&buyuの2艘で出船。

まずは毎年この時期にお水さんが好反応を得ているというエリアからスタート。

 

・・・が、ウィードが伸びていないorz

 

すぐさま移動。

先日のオカッパリでも思ったが、ウィードがイマイチ。

GW以降ずいぶん暖かい日が続いたので、もっと伸びていることを想像していただけに拍子抜け。

 

それでもお水さんはいいサイズをゲット♪

 

まぁそのうち釣れるだろうからのんびりフィッシング。

はじめはコンクラミニを封印しておく(笑)

 

それにしても腰痛がハンパないorz

和船で底が平らなので波に乗り上げた時の衝撃が激しすぎる。

元々学生時代に痛めているので仕方ないのだが、臀部を浮かせていても脳天まで激痛が走る。

当初より風があったので覚悟はしていたが最近はバスボートで楽をさせてもらっていただけに和船が跳ねるたびにこれではモチベーションも下がってしまいます。

それでも大波の中大移動。

 

8:49(1)ニーマル

3時間以上ノーバイトだったのでコンクラミニでとりあえずの1本を獲る。

 

9:00(2)ニーマル

 

9:01(3)ニーマル

 

いくつかシャローを見てまわりようやく反応のあるエリアにたどり着く。

何せ濁りが酷く、魚っ気が感じられなかった。

近辺を流していくもいいところはそれほど多く無いようです。

 

 

 

沖に行くと立っているのがつらそうなので、風の当たらないところでのんびりする方が良さそうである。

少しエリアを変えてみると水の状況が随分と変わってきた。。。

 

 

船が跳ねると辛いので、ゆっくり走らせてもらい、いろいろ回っていく。。。

午後を過ぎるとごくまれに太陽が顔をのぞかせる。

そういや、首すじと目の下が少し火照っており、焼けているようだ。

 

ウィードと水質がうまく絡んでいるとジャークベイトをチェイスする姿が見られる。

どうすれば追いつくのか。飛び出してくるのか。。。

試行錯誤を繰り返す。

 

 

13:00(4)サンマル

 

13:04(5)ニーゴー

 

13:08(6)ニーマルあるのか?

 

サイズは全くないがコンクラミニで3本、ログで3本獲れたのである意味達成した感じ。

このエリアならコイツでも釣れるんじゃないかと期待して。。。

 

13:31(7)ニーマル

 

ニーマルだけど、ハニーで釣ったのは久しぶり。

太陽が隠れている今だからというのはあるでしょうが、夜に強いイメージのハニーで釣れて大満足。

 

 

その後いろいろ見て回り、とあるワンド内。

小さなギルとバスがトップに好反応。

 

クランクを巻くとヒシモに絡まるので、タイトー。

 

 

チュピッ♪チュピッ♪

 

 

と誘っていると。。。

 

 

チュポッ!

 

 

と吸い込みバイト!

 

ガシッとあわせる。。。

 

 

浮いて来たのはナイスサイズ。

 

 

・・・アカン、そっち行ったら。。。

ブイから垂れているロープ。

そこを躱そうと…。

 

 

ギュギュ~ン。

 

 

・・・orz

 

 

よくあるパターン(笑)

 

 

沖に出ると風が吹いて、風裏に入ると反応が在ったり無かったり。

難しいけど面白い。

 

 

で17時前、納竿。

トップや表層で楽しめる季節になってきましたね。

 

・・・それにしても腰が痛い!

・・・もう和船は嫌だ(笑)

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016.5.5

GWのひと時、少しだけ釣行。

初ウェーディングをしに行きました。。。

 

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

 

 

午前5時前現場着。

現地のことがよくわからず、あまり暗いうちから出る気にもならなかったので、ちょうどライトが不要になった頃合を見計らって入水する。

 

実は事前情報で、どうもこのエリアが釣り禁になっているとかいないとか。。。

ボーターさんは自粛しているとかいないとか。。。

フローターは入れるがウェーディング不可とか何とか。。。

 

いざ現場に行くと情報通りなのか、目標のエリアには釣り人がゼロ。

その反対側には、流行ってるのか???というほどの釣り人。

ウェーディングのみならず、岸釣り派の皆さんもたくさんいる。。。

 

なんでこっちにはいないの???

どこまで進んでいいのやら全くわからない。

・・・困った。。。

 

とりあえず人のいる一番端っこで様子を見る。

コンクラ120やイヴォークでは腐トロロを引っ掛けてくるので、コンクラミニにチェンジ(爆)

周りで巻いている人はいない。。。

 

すこ~し、離れてみる(笑)

誰も咎めない。。。

ん?いいのか???

 

しばらくしてもう少し離れてみる。。。

・・・誰か怒りに来るのか???

 

そんなこんなのときラインが走った!

 

慌てず騒がず寄せてくる。。。

・・・サンマルくらい。

あ、フック1本や。。。

 

・・・バシャバシャ!

 

・・・ポロリorz

 

でも釣れるやん♪

でもここで釣りしてエエのか???

ずっと抱き続ける疑問と戸惑い、そして不安。

 

結局あまり目標エリアに近づくことなくそのあたりで何とか釣りを続けることに。。。

 

そして・・・

 

 

5:38(1)

 

ヨンマルゲット。

 

周りの人に情報収集をしようにも周りに人が来ない(汗)

普段なら人の後ろを平気でジャバジャバ来たり、幅寄せして来たりするのに(笑)

・・・何故?

やっぱり禁止エリアになったの???

わからない。。。

こちらも自信がないので、大きくエリア移動できないorz

 

でも。。。

 

6:14(2)ニーゴー追加(笑)

 

時折Pマックスやタイトーでトップを探り、バリソンとログで表層付近を探るのだが、反応がない。

1時間ほど粘って、意を決し、少々移動。

 

・・・誰もついて来ないけど?

あかん、疑心暗鬼のままやから全然釣りに集中でけへん(汗)

 

 

風が吹いたらスピナーベイトも試したが、反応なし。

 

もう帰ろうと思い始めた8時ごろ、ようやく一人近付いてきた(嬉)

やっぱり思い過ごしなのかな。。。

 

それにしてもこのエリア、ウィードがあまり伸びてきてませんね。

 

 

家の金魚のために少しだけ良さげなのを持って帰ろうワザとルアーを引っ掛ける(笑)

ビニール袋に集めてウロウロして8時半納竿。

 

 

結局釣り禁情報はわからずじまい。

そんな状態ではやはり釣りに意識を集中できませんね。

釣れはしましたが、何だか消化不良の釣行となりました。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016.4.24

去年の11月以来。

巻物師さんとの釣行。。。



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




ちなみに11月は見事玉砕orz

今日はそのリベンジと今季初バスを目指す!


午前7時すぎ出港。

朝一はシャローエリアを目指す。


穏やかな湖面、曇り空、ちょうどいい気温。

いきなりだが(笑)コンクラミニで流していく。。。


後ろにキャストし、浮きウィードの際から逃げるように…

・・・コンッ!



7:46(1)38センチ


今年3回目の釣行にしてようやく初バスゲット!

しかも早い時間♪


しばらくこのエリアにとどまるも続かずorz

やはりB湖は甘くないやん。。。

沖へ移動。




さすがのプレッシャーがかかる沖。
しばらくディープクランクを巻くも反応なし。

周りも釣れてはいないが、これだけボートがいるということは釣れている情報が挙がっているに違いない。


粘れば釣れるのかもしれないが、やはりシャローが撃ちたいということになり、転々と回ってみる。

ミドルレンジのクランクや、スピナベ・・・。

巻物師艇に乗せていただいた初期に、いいのをかけてバラした(笑)バリソンミノーなど、往時の思い出話をしながらいろいろ巻いてみる。




時折晴れ間が出るとずいぶんと暖かい。

寒いことに比べればたまらなく嬉しい。


そんなこんなの3か所目のシャローエリア。


11:56(2)


36センチ


またコンクラミニでヒット。

その後。


底の見えてる葦際から流すと。。。


モソッ!


・・・ツツツゥ~。


喰った!



12:16(3)




47センチ

一度産卵した魚体のようです。



12:28(4)



48センチ

テールが巻き上がってるのでちょっと長そうに写ってます(笑)



12:34(5)ニーゴー



12:46(6)ニーマル




13:02(7)ニーマル


これでちょっと移動。


少し違う選択肢も出してみたのだが、反応せず。


そのとき偶然出会った巻物師さんのツアーパートナーさんに湖上でごあいさつ。

・・・超ナイスミドルでいらっしゃいました♪

やはり1,000万円を超えるバスボートの所有者ともなるとワタシのような低所得者とは全く違うオーラが出ておられますね(汗)


少し水深が出たのでMRで。



14:04(8)サンゴー

14:08(9)ニーマル



14:12(10)イチゴー




14:30(11)


40センチ



14:40(12)サンマル



14:44(13)ニーゴー



ずいぶんと下ってきたので再度北上。

3か所目のシャローエリアに戻って。。。



15:17(14)サンマル



15:43(15)サンゴー



15:45(16)ニーゴー


最後の一時間を最初のシャローにかけてみる。。。


・・・が。

コンクラミニはもちろん、そのほかのクランクも巻いたのだが反応は得られなかった。



17時過ぎ納竿。


大きさは全く選べませんが(笑)とにかく圧倒的な釣果を叩き出したコンクラミニ。

釣れるのはもちろんわかってますが、他のクランクとの違いがこれほどまでに出るとはね(汗)





いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。