裏のお話。

テーマ:
先日、ある取材で光熱費は月平均いくらくらいですか?
という話がありまして、改めて通帳を確認していたところ・・・。
うちは水道代だけはコンビニ払いだったんですね。
2ヶ月に1度しか請求もないし、市役所での引き落とし手続きをずっとしていなかったので。


昨日、夕飯をつくっているとき何だか水の出る量が少ない!
いつもみたいに勢いがない!

・・・ま、まさか!水道代払い忘れていて水道が止められそうなのでは?!


私:どうしよう、水が止められるかも!

主人:違います。それは僕がお風呂のお湯を入れているから一時的に水の出が悪くなっているだけさ!


本当に安心しました。
みなさんも、水の勢いが少なくても慌てないでくださいね♪




そんな、主婦あるあるの話はさておき。

海外の裏事情を知ることができたのでシェアさせてください。



海外のブランドショップの中には、日本のようにお客様第一ではなく
買いたいなら買っていいわよ、みたいなショップ従業員のほうが強いところがあります。

もちろん、全てのブランドで言えるわけでもないですし、同じブランドでも店舗によって
まったく接客も変わりますので従業員の性格?なところもありますかね。

そこで、起きたことですが。

わたしは同じ国、州に2人の買い付けスタッフさんがいます。

1人のベテラン買い付けさんに、あるお品の買い付けを頼んだところ



・電話で在庫確認したときはあるとのことだったのですが、店舗にいったらないと言われました。
こういうことは良くあることで、従業員が商品を間違えて在庫あると答えたようです。



オーマイガー!型番も伝えて、価格も合ってるし、そんなことあるんだー!
ととても残念でしたが、ダメ元でもう一人の買い付けスタッフさんにもお願いしました。



・在庫ありましたー!取り置きしてありますのでお振込お待ちしてます♪



え?えええ?!

なんでこんなにあっさりと見つけられたんでしょうか?


そこにはこんな裏話があると聞きました。


・態度が悪いお客には売らないんですよ!商品があっても、ないっていうんですよね。

・あとは観光客慣れしている店舗に行くことです。



ということでした。

今回の買い付けで実際に買い付けできなかったスタッフさんが態度が悪かったということではなく
海外ではこういう事例が多々あるようです。

買い付けスタッフさんのお店での態度で、商品が見つかることもあれば、ないとも言われる。

まさに、笑う門には福来る♪

今日も福を呼び込むべく、ニコニコ笑顔で口角上げていきましょう。




PS

もうすでにほとんどの読者様が登録済みのこちら。
本日の23:59で見れなくなりますのでお早めに!

→http://gakeppuchijunko.com/mzlw


では、本日もファイティン♪
AD

コメント(1)