6/26パリなう。

テーマ:

*写真は、ジョンガリアーノ2010春夏パリコレクション






*写真は、クリスヴァンアッシュのパリコレ2010春夏会場


TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスヴァンアッシュ2010SS
TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスヴァンアッシュ2010SS TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスヴァンアッシュ2010SS TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスヴァンアッシュ2010SS TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-クリスヴァンアッシュ2010SS



*写真はドリスヴァンノッテンの春夏2010パリコレ


TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ドリスヴァンノッテン2010SS TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ドリスヴァンノッテン2010SS TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ドリスヴァンノッテン2010SS TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ドリスヴァンノッテン2010SS TIURF(チューフ)のバイヤーブログ「番頭日記」通販・正規取扱店/fashion-ドリスヴァンノッテン2010SS



パリ3日目。

実は今週から、ヨーロッパ最大のゲイ&レズビアンパレードがあるのですが、
その中心街、PARISは HOTEL DE VILLEのマクドナルド店内よりお届けです。

ちょっと周りが、スカートをはいてピアスだらけの怖そうなお兄さんとイケメンマッチョさんやらばかりで、
ちょっぴり怖い気もします。

さてさて、、。






コレクションも始まって、展示会も始まって、そろそろエンジン全開モード!!

いま、パリにおりますが、

携帯からブログを更新していたら、4日間で請求が携帯代の5万円も来てしまったホリゴメです。

いやーー、今回の、パリは、いい”!!!


おそらく、パリに来ているいろんな業界人さんやブロガーさんから、そのうち情報が明らかになると思いますが、

ここ10年で、一番すごいんじゃないでしょうかね。

いやホントすごいですよ。

メールやお電話でのお問い合わせも、今季は多いですね。



前回2009秋冬は、 Modesty、

つまり、慎み深さがなんとなく底辺にあった2009秋冬でしたが、

悲しみも、喜びも超えて、


つまり、 Overjoyed。


とびっきりのガチンコのシーズンになりました。



なんというか、雑多な感想で申し訳ないのだけれども、

経済危機があって、いろんな人が経済の影響を受けましたよね。
いちばん影響を受けたのは日本とアメリカだと思いますが、
とにかく、株価は下がるし、ファンドは倒産するしで、たいへんでしたよね、

そんな中で、「これ見よがし」な贅沢ファッションをするいことが、「なんだかかっこわるい、」という感じになったのです。
派手なダメージや、派手な加工や、はでなロゴなど、
それ着て誰に誇るの?みたなやつが、かっこわるい、

もうちょっと、自然体でイーじゃん、

みたいなノリのなかで、モデスティ、"MODESTEY"つまり慎み深さが必要だったのです。


で、

いま僕が見ている-パリコレですが、

もう、なんというか、

無駄をどんどん省いたショーではあるんです。
だから、単純に「魅せる」だけの、興行、ショー的な要素はどんどん省く。

だけど、

「合理化は”祭り”を無くす」

ということがばありますが、どんどんただ単純に合理化をさせると、どんどんファッションとしてはつまらなくなってしまう。

それこそ、H&MやKITSONなどのファーストファッションさえあれば、いいじゃん、
コレクションブランド、いらねーじゃん、
コレクションブランドのコピーだけあればいいじゃん、

みたいなノリになってしまう危険性もあった。

正直、今季のコレクションブランドは、どういう風にファッション業界が進んでいくのか、
すごく不安な中で見始めたんですね。

それこそ、

「洋服や辞めて、飲食業の方が将来的にはいいのか?」すらちらっと想像してしまったくらい。


で、結果として、何をデザイナーが何をやっているかというと、

それこそ、ガチンコのファッション対決。

自分が”もっとも”得意なジャンルで、みんなが挑んできている。


ファッションにも挑んでいる。
経済にも挑んでいる。
流行やファーストファッションにも挑んでいる。


素人とか業界人とか関係なく、

見た者全てが
「すげーーー!これは実にすばらしい!!!」と思ってしまうような、
すごい物を作ってきている。



ドリスだったら、
もう、色と素材がはんぱじゃねーですし、

クリスのレイヤードもすごかった。

ガリアーノだって、今回は気合いで勝負してきている。

ラフシモンズもdamir domaもみんなすごい。


いままでは、取り扱いブランドにひいき目に文章を書いてきたこともあるけど、
今回ばかりは、マジですごいです。



OVERJOYED。

喜びを超えて、 作ってきている。

もう"達観"している感じすらします。


ではまた次回。

AD