前原誠司国土交通相は29日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題をめぐり、福島瑞穂社民党党首が連立政権からの離脱は避けられないとの認識を示したのに関連して、同党の辻元清美国土交通副大臣の処遇について「続けていただきたいと思うのが率直な気持ちだ」と述べ、続投を求めた。東京湾で行われた海上保安庁の観閲式終了後、記者団に語った。
 同相は28日の臨時閣議後、公務で海外に出張中の辻元副大臣に電話で状況を報告し、続投を要請。これに対し、辻元氏は「(副大臣を続けられるかは)よく分からない」と述べたという。
 一方、同相は、普天間移設問題に関する政府方針への署名を拒否した福島消費者・少子化担当相を、鳩山由紀夫首相が罷免したことについては「首相を全面的に支持したい。やはり毅然(きぜん)とした対応を取ることが求められている」と理解を示した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~小沢氏、再び不起訴=検察審が再審査へ~

エモやん「私は即戦力」“政界巨人阪神戦”に自信(スポーツ報知)
就職安定融資をだまし取る 詐欺容疑で建設会社社長ら12人逮捕 大阪府警(産経新聞)
<普天間>辺野古移設へ 日米が共同文書発表(毎日新聞)
連立解消を、閣外協力も×…社民沖縄県連(読売新聞)
<「猫に餌やり」訴訟>加藤元名人、控訴を断念(毎日新聞)
AD