9月のライブ告知

テーマ:
宮内タカユキ 洋楽カヴァーライブ

2015年9月10日(木)

場所:ESPホール(S-100ホール)

オープン18:30
スタート:19:00

料金:¥1,000(会場2Fにて受付)
お支払いは会場受付にて当日受付致します。


今年もやります洋楽ライブ!
オールディーズな曲を中心に演奏します。
事前予約無しで当日来てOKなのでお気軽にお越しくださいませ。



宮内タカユキ 絆ライブ札幌編

2015年9月12日(土)

場所:ESPホール(S-100ホール)

オープン18:30
スタート:19:00

こちらのライブはチケット予約制となっております。
お問い合わせは http://blog.excite.co.jp/t-miyauchi/ まで。


札幌ライブは今年で最後とのこと。
5年間サポートさせて頂いたんですね~。
きっとまた機会があると信じて今年もやりきります!




アニソン定期ライブ Vol.2 稲妻、札幌に来るってよ

2015年9月21日(月祝日)

act,
イナズマドップ零式(東京)
NASA熊
R-GRAY
しびれごな撒き散らし隊
機動戦士YARANAIKA
Tone Knot Gear
ROCK GO GUTS

O.A group_mitei

開場;16:50
開演:17:30

会場/Crazy monkey
札幌市中央区南6西4丁目 ライトビルB1F

前売り:¥1000
当日:¥1500

ワンドリンク別¥500


こちらはアニソンカバーバンドのROCK GO GUTSで出演します。
もしかすると年内は最後になるかも?
噂では12月もあるようだけど、2月や3月も声かかりそうだからどうかな~?



決まっているライブはひとまずここまで!
AD

リリース情報!

テーマ:

こだ隊長の「ホントキ (Re_REC)」のギター担当しました~!

Japanese Hope Compilation vol.02
というコンピレーションアルバムの1曲目です。


itunesストアで試聴できるのでまずは聴いてみてください!

https://itunes.apple.com/jp/album/japanese-hope-compilation/id1000414453

↑こちらより購入できます。




機材の話はtumblrの方に書いています~。


http://hamubull.tumblr.com/post/120442541218

AD

自転車の旅

テーマ:
tumblrの方は音楽、機材話、こちらは何気ない話をするように使いわけようと思います~。
http://hamubull.tumblr.com/


というわけで自転車で旅でございます。
札幌市中央区から小樽運河まで。



片道分だけ記録しました。
午前2時にスタートして終了したのが小樽運河。
実は一度間違って琴似に出てしまったのでやや遠回りしてしまったのですが、4時間もあれば余裕で着くってことですね。

ちなみに自分の自転車はロードバイクでもなければ変速すら付いていないノーマルタイヤ、ノーマルハンドルの最安自転車です。誰でも行けるね!


行きの道は夜明け前の暗さもあって写真は少なめ。



第一チェックポイントは白い恋人パークです。観光でおなじみのあそこ。
ここまで来てしまえばあとは国道5号線に出て一本道です。



これはどの辺だったか。まだ札幌市内だったかな。



道中ほぼ山なのでこのくらいしか撮るものがありません。



これは張碓峠を登りきったあたりでしょうか。
峠までは緩やかに登りが多く、地味に体力を持っていかれます。

そして峠周辺めちゃくちゃ寒いです。山ナメてると本当にやばい。


札樽自転車旅の山場は張碓峠ですね。
自分は登りきれないので素直に自転車押して歩いて登りました。
時間は掛かるけどこれが正解で。
ペダルを漕ぐ筋肉と歩く時に使う筋肉は別物のようで、坂道は無理せず歩くようにすると疲れが分散してバテずに済むのです。
このやり方は帰り道で特に重要です。帰り道で重要です。大事なことです。


峠を越えるとほとんど下り。
そりゃ山を越えたんだからそうでしょうなぁ。
この下りがまぁ長くって気持ちが良い。ちょっとの登りは下り分のスピードで登れるし回復ポイントですよ!

そんで朝里まで出ますと。



みんな大好き山岡家。癒しだ。

写真撮った時点で午前5時。小樽市内らしいところに来るだけならば案外こんなもんで着けるんですね。
ここで目的は達成したわけですが、引き返すのはちょっと考えれれなくなりますw

だってまた山道だもん。もうちょっと色々見てから帰りたい。
ってことでしばらく小樽を行くことに。

道に沿って進むと築港に出ます。
ウイングベイ小樽という大型商業施設が見えてくる。
映画館やら何から何までだいたい全部入っている小樽で唯一の派手な場所だ。

石原裕次郎記念館を通り過ぎてさらにまっすぐ行くといよいよ観光地っぽい建物が見えてくる!
道を一本隣に行くと、



テレビで見たことあるとこだ!これが運河だ!
山岡家からゆっくり行って30分くらい。
ここで一旦休憩。帰りの現実を感じ始める。



なぜか振り返って撮った。
引き返す覚悟が決まっていないんだな。

せっかくなので駅まで向かってみることに。



ここはなんか、アレですよ…昔鉄道が通っていた線路の跡地みたいな感じのそういう…うん。



駅が見えました。上野駅とデザインした人が同じだとかで近い形をしていますね。
以前ロッテリアだったところはバーガーキングになっていました。

小樽は雰囲気のあるいい街なんですが、午前2時から自転車ぶっ飛ばしてここまで来ると楽しめないものですねw
時間帯を間違えてるせいで眠いんですよw


んで帰るかと思ったけどやっぱやめて山の方へ。



いい名前ですよね。
ここは商科大学の前の通りでして、「最終兵器彼女」のモデルになった場所でもあります。
この看板も劇中に登場します。(もっと坂の上にある方のだけど)

10%の急勾配なので冬場はマジで地獄坂。吹雪は本気の死を感じる。


旭展望台への道は坂の途中にあるんだけど、あれって本当に山の中を行く感じだから劇中みたいに行ける場所じゃないと思った方がいいよ。
あと思ったほどの景色は見れないぞ!行くならあくまで車でついでに寄る場所だと思っていこう!


自分は以前その坂の途中に住んでいたので色々分かるんだ。
毎朝6時になると寺の人が太鼓叩き始めたり、朝方エサをばら撒いてカラス集める老人が現れたり結構な場所でしたわ。
ただ空気感は好きで今でも近い感覚の場所は安心しますね。札幌だと旭ヶ丘あたりとか。




次の坂はこちら(笑
登っていくと市民会館が見えます。
中身はしっかりしているのだけど、パッと見た感じは廃墟感が漂う建物である。

そこから下っていくと



名所だと思うんだよな~。
安くてデカくて美味い。観光で行くにはやや微妙な場所ではあるけど、車で行ける人にはオススメです。



小樽は本当に坂道だらけだからそれだけは注意だねぇ。

ここをまっすぐ行くと商店街に出ます。



なぜ馬なのか。なぜ3つなのか。ずっと疑問。

駅から回ってきたのでそろそろ帰路。


住んでた頃は近寄りもしなかったな~。
わざわざ観光しに行くなんてこと無いしさ。かまぼことか普通に買えるしさ(笑



帰り道ウイングベイ。



カップルで乗ると別れると噂の観覧車。



反対側はヨットがいっぱい。
すぐ近くには石原裕次郎記念館がある。

この公園で一休み。だいたい午前7時くらい。



コンビニで買ったパンとレモンティーで帰りを頑張る。

当然だけどみんな行くとしたら昼目指していこうな!
朝とか行っちゃうとマジ店何も無いから!
ちょっと美味いラーメンでも……開いてねぇから!!

40キロ以上走ってきてコンビニのパンってのはさすがにちょっと寂しさ感じたよ。
知ってる土地だからいいんだけどさ~せっかくならね~?

ってことでここから帰り道です。特に写真はありません。
なぜかって辛かったからよ!
行きの時点で下りが長くて楽ってことは、だよ…。。。

峠のてっぺんまでほとんど自転車押して登ったわ。
1時間はかかって無いけど45分は掛かったはず。歩いてる時ずっとラジオ聴いてたから。。

でも行きでは気づかなかったものは見つけたよ!



橋の名前がやたらかっこいい。なんかザ・北海道!って感じだ!






多いんだよ…橋…。

トンネル抜けたあたりからはずっと自転車乗れたので以降撮ってないのだけど、結構な数の橋ありましたわ。
帰り道で撮った写真はこれが最後のようです。
あとは帰るだけ!行きで苦しんだ坂は帰りは楽々!

でもここからが地獄の始まりなんですけどね。

手稲あたりは辛さのピーク。
眠さもあったけどあそこらへんはマジでループ感がある。
コンビニとバイク関係の店の絶妙な配置が自分の現在位置を分からなくさせる。
しかも長いんだ!変化の無い景色が一番ツラい!!

だからといって知ってる建物が見えてくるのもつらい!
知ってる道走ると景色が!つまらない!!!計算外!!!

帰り道はそんな感じでした。景色、辛いですよ。

もっとカラッと晴れる日を目指していけば気持ち良く帰れたのかなぁ?

---------------

そういえば書いてなかったけど、自分が小樽まで行ったのはなんとなくです。
乗り慣れてきたから行けるんじゃ無いかと思って行ったら行けたってだけです。目的が無かった。

そんな突発的札樽自転車旅行。体力的には割と余裕がありました。
筋肉痛も無いです。ただ、ひたすら走るので鼻の奥が若干風邪ひいた時のようにヒリヒリする感じにはなる。

坂道で無理をしない。押して歩く選択は積極的に。
水分と糖分はガンガン補給。寂しくなったら歌う。

この辺覚えておけば誰でも行けるぜ!
でも帰りが絶望的につまらないからオススメはしないぜ!

行きはいいのさ!景色楽しめるし、やっと来た下り坂に喜べるし。気持ちの良い運動にはなるでしょう。
着いたら食事して、軽く街の中を見て、自転車売って電車で帰るのがベストな選択だと思うよ!

売って帰ろう。それが良い。楽しみを噛み締めて帰る方が良いよ。。
ロードバイクとかなら良いかもしれないけどさ。孤独だよ。。
AD