Dramatic Escape

主に旅写真ブログです^^
最近仕事が休めなくて、旅に出られないのが悩みです(T_T)


テーマ:
さらにイムディーナをぶらぶら。



ちなみに、前のエントリの写真代10ユーロ、
払ってません・・・
だって、ありえない。。。



通りの右側にある建物・・・



窓に厳つい鉄格子が入っているので、
なんだろうと思っていたら、
女子修道院とのこと。



ぶらっと中に入ってみたら、こんな感じでした。



イムディーナの中心にある教会。
立ち寄ろうかと思ったのですが、
「有料」だったので、やめました・・・



てくてく歩くうちに、
イムディーナのメインゲートに着きました。

この門、見たことある?

と思ったあなたは、
米ドラマ、ゲームオブスローンズのファンですね?

ここ、キングズランディングの門として、
撮影に使われたところです。



中世そのものですもんね、この景色。



元々は、壁に四角く痕跡がありますが、
あそこが門だったのを、
移動したんだそうです。



この正門を入ってすぐ右手にあるのが、博物館。

隣にはイムディーナダンジョンなんてのもありますす。
中世の地下牢を利用した拷問博物館です。
好きな人は好きだろうな。

さて、このツアーには夕ご飯が付いていたので、
夕食会場となっているホテルに向かいました。



それがこちら~。
暖かかったので、外でいただきました。



ちょっとスパイシーなカボチャのポタージュ。



メインはチキン。
これ、美味しかった!



メインにはローストポテトがたっぷり。
こんなに食べられません・・・

このあと、デザートも付くコースだったんですが、
私はメインも残してギブアップしました。

マルタ料理は量が多きと聞いていましたが、
ほんとでしたあせる
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
マルタ旅行1日目、
最後の観光は古都イムディーナへ。

バスでも行けますが、
私は食事とセットになった現地ツアーに参加しました。

セントジュリアンから車で30分くらいだったかな。

イムディーナはヴァレッタ以前のマルタの首都でしたが、
今は人口300人くらいの小さな町になってしまいました。



マルタってところは、
日本よりも資源がないくらいで、
とれるのはこのライム色の石くらいなんですって。
そのおかげで、町の雰囲気が統一されているんでしょうけども。



イルカのドアノブ。
他にもいろんな意匠がありました。



「観光客はみんなここで写真とってるよ」
というのでパチリとしてみたベンチ。



この家も綺麗だなぁと思って写真を撮っていたら、
「1枚10ユーロ」とか、家の住人に言われましたわ・・・



町の東の広場に出ました。
ここからは、麓の景色が一望出来ます。







マルタ島に来るまでは、
もっと緑の島を想像していたのですが、
枯れた風景ですね~。

ここには、夜、日が落ちてからまた訪れました。

続く・・・
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
騎士団長の宮殿を見学した後は、
武器庫にも行ったんだけど、
つまらないので割愛します・・・

次に目指したのはアッパーバラッカ-ガーデン。
地中海随一といわれる良港
グランドハーバーを見下す展望デッキがある公園です。



バレッタの街歩き。
3方を海に囲まれているので、
こんな景色が見られます。



ものの数分歩くと海。



この景色を左手に見ながら歩きます。



“アッパー”というだけあって、
上の方にあるんですよね。

私の前を歩く親子連れもばて気味でした。



着きました!



公園の一角にこのようなところがありまして。



このアーチの向こうには。





こんな絶景が広がっていました!

何時間見ても飽きない風景とはこのこと。



視線を落とすと、このような大砲が。
これ、現役で、
毎日12時に時報代わりにどかんとなるんだとか。





絶景を堪能したあとは、
ヴァレッタの入り口までもどりまして。



バスにてセントジュリアンまで帰りました。
バス代は2ユーロ。

マルタのバスは結構簡単に乗りこなせるので、
貧乏旅行人には最適ですね。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。