うしくしく。

テーマ:
photo:01


photo:02


今日は、茨城県牛久市で、カラーの仕事。
ついてなくて、疲れて、
いまはもう自宅ソファでトド状態。

幸いに、今夜は夕飯作ってくれるー。
AD

古民家でのイベント終了しました〜〜

テーマ:
今週の土日はつくばの古民家にて、カラーのコーナーを担当させて頂いておりました。
1日目はなかなか客足が鈍かったので、
山に囲まれた場所では「セラピー」というものは必要とないのかな?と思っていました。

$豚鼻日記。 $豚鼻日記。
が、2日目はたくさんの人と色を通したお話を出来、満員御礼という具合になったので、
やはり場所は田舎だろうが、都会だろうが、
現代人はそういうものに少なからず惹かれてしまうタイミングがくるのだということを実感。
今日も3歳児から70歳のおばあさままで、たくさんの人とお話をしました。
$豚鼻日記。 $豚鼻日記。 $豚鼻日記。

新たな仕事の話も頂きました!

たとえば都会は抽象的な言葉に惹かれる傾向が強いような気がしていますが
(たとえば、「縁」とか「欲」とか「道」とか)、
でも今日のような場所ではきっともっと具体的で現実的なものの方が伝わると思い、
色のほとんどを体の一部として置き換えてお話をしました。

紫色ばっかり選んでいたおばあさんは、
「頭痛がしていて、どうしても色を見たかったのよ」とおっしゃってました。
で、紫が頭痛に関係あるということをお話すると、
「頭痛が軽くなったわ!」なんておっしゃってました(笑)。

同じことをやるにしても、
やり方や言い回しを変えると、
人が断然群がって行くということ体感した今日でした。

応用力、重要。
あらためて。

$豚鼻日記。

で、こういうことをやっていると、
「どうして早稲田まで出てこんなことやってるの?」とよく言われる。
今日も知り合いになったおじさんに言われたなぁー。

でも、ひとつ思う。
サラリーマンの中のどれくらいの人が、
自分で動いて何かをやっているのだろうか、と。
わたしは、昔より、自分本位で動いているので、
今は今でとても納得しているのです。

でも、少し傷つくよね。
でも最近は、そういうことを言われても、さらりとかわしてるんだけど。
自分次第だな。
そして、人はいかに無責任なことばを吐き続けるかということを実感します。
人のことはその人にしかきっと分からない。
最近はそういうピリッと自分に痛い言葉を言われたときに、
「あ!きた!」と思うようになりました。
そのときに、笑って冗談で返せるようになったかどうか、
自分で試していたりします。
笑ってネタにしているときは、
あ、越えたな、って思う。


人にこんなにも密着することを好き好んでやっているということに、
我が性質を鑑みると、笑えるほどに矛盾アリアリですが、
人というものが根本的にあまり好きじゃないからこそ、
たくさんの側面が見える気がしてます。
結局人がさほど嫌いじゃないのかもしれませんな。

人が大好き、癒し系です。
なんて言ってる人って、それほど胡散くさいものはないよね。

今日言ってもらって嬉しかったことは、
あなただから こうやって人がくるんですよ、
と言われたことだったー。

そうやって、あなたがあなただから、
と人に素直に言える人って素敵だなと思った。

いろんな素敵な言葉とか、良い気分をたくさんチャージしてきました。
また、がんばろ。
高学歴だったら、こういうことしたらあかんのかい。
ま、結構どうでもいいわーーー。
キャリアが欲しいときは、またそのときに方向性を考えることにする!
今、やれることを、
等身大でやるのみ!





っと、
自分大好きな感じの文章になってしまいました。恥。
でも、今日はなんだか疲れていて、
つくばまで迎えにきてくれた友人とラーメン店で2時間ダベるという学生みたいなことまでやってしまいました!

楽しいからOK!

アホにならんようにしよ。
「楽しいからOK」とか本気で言うようになったら、
自分は終わってしまう気がするーーーー(笑)!
でも、ひとまず、「OK」って言って、
あほみたいに寝ることにする!



最近、Facebookに偏っているからか、
魅力的な文を書けていないのか、
豚鼻日記のコメントがめっきり減って悲しいので、
たまにはレスを希望しているわたしです。
なんかここを読んでくれている人って、
シャイなのか何なのか、わざわざ携帯にメールしてくれたりするのですが、
WEB制作とかやってる人なくせに、自分のアクセス解析とかしないので、
誰がどれだけ読んでくれているのかも不明!
知らん!


とりあえず、寝ませんか?

AD

つくばの古民家にて

テーマ:
$豚鼻日記。

10月末、つくばの古民家にて COLOR的出店をします。
秋にぴったり。
↑写真は去年のものだけど。
秋は、JAPANに触れる季節にしたいものです。
AD

アート&農業イベント@南房総

テーマ:
6月15日。
南房総にて、農業&アートのイベントに、カラー的参加をしました!
ゴールデンウィークに同じく南房総でイベントに出店したときに、紹介して頂いたのです。
photo:01


この日は千葉県民の日で、学校などが休みになるようで、こどもがたくさん。
photo:02


途中から、「親子で」をテーマに、親子でカラーを楽しんで頂きました!
photo:03


色を通して、
親が子を、
それ以上に、子が親をみつめる。
素敵な経験になりました。
あるママが、子供の前で涙を浮かべました。きっといつも絶対泣かないママ。
わたしは、素敵なことをし始めたんだと思いました。

photo:04


隣でイベントをしてる方に、枇杷ソフトクリームを頂いたり、
イベント主催者の奥様と個人的に近づいたり、ドライフルーツの卸をしてる方においしい手作りパンを頂いたり。
photo:05


人との出会いがあたたかかった。

そして、夜は、植物園を貸し切り状態。バナナの木の下で、なんか変な気分になり、コロナを飲む。
photo:06


ホロ酔いだが、快調!

楽しかった~~。

夜は、南房総のペンションに泊まり、今日東京に戻ってきた。

まるでエニシもユカリもなかった南房総。海と緑が共生してる街です。
移住したくなるくらい。

また、行くけどね。

photo:07


TOKYOは、
好きだけど、
でも永住はしたくないさ。

photo:08


最後に。
カラーセラピーは、まだまだ「占い」だと思われてます。
ただ、そうではありません。
なぜなら、わたしは他人の人生どころか自分の明日のことだって分からないから。

固執しない。
いつでも、好きなように方向転換する自由があるから。

影響されない。
影響されるくらい自信がないなら、もっと強くなればいいから。

photo:09


ま、やりたいことをやりたいだけやれればいいよね。

塗り絵レッスン。

テーマ:
photo:02


雨の講談社。

今日は、護国寺へ。
マンダラ塗り絵のレッスンを受けてきました。
個人レッスンでした。

photo:03


イベントでカラーをやる、
しかも企業向けにやる、
というときに、オーラソーマよりもっととっつきやすく、クライアント参加型のものを探しています。

で、たまたま本屋さんで気になってて、その本を執筆された方が東京にいらっしゃったので、
一週間くらい前に急にその方にコンタクトを取りました。
もともと、これに関して、インストラクター養成講座などはなかったのですが、個人レッスンという形で教わることに!

photo:04


塗ろうとする曼荼羅の形状や、
最初に塗る色、
目立つ色、
塗り方、
などで、見事に、分析されます。
感動。オーラソーマとも合体させてみたりして。

そして、塗る行為によるセラピー効果は、かなりあると体感しました。

近々、知ってる人に向け、
講座チックなものをやってみようと思っています。



で、今から、
昨日までのWebデザイン稼業からのノイローゼ気味の頭を切り替え(まだまだ終わらぬが)、
色的勉強の頭を切り替え、

photo:01


スタバにきました。
今日は、西村賢太さんの小説を読み、活字脳にしといて、
五月末までの執筆締切に追われるとします……。

あ、でも、
今夜、やっと夫が出張から帰ってくる。

さ、がんばろう!
色々、忙しい感じになってしまったけど。

初アートフリマin南房総

テーマ:
アートフリーマーケットに出店してきましたー。
南房総市の道の駅:潮風王国にて。
photo:02



カラー&フォト。
風が強く、昼過ぎに雨だったので、15時には撤収になってしまいましたが…。
photo:01



やはり、屋外での、
color & art
が、わたしのテーマです。
photo:03



次々に、やっていきたい。
意欲的です。
場を探すのも、楽しい。
photo:04



帰りはちゃっかり日帰り温泉と、お寿司を食べて帰りました。
下道だったので、ドライブ。
photo:05



まるで光の少ない東京の夜景を窓から眺めながら、
東京という街の健気さを感じざるをえない。被災地の映像より、明かりの消えた都心の方が、なんだか、心に引っかかってしまう。
いま、住んでる街だから。
photo:06


 そうは言うものの野望

テーマ:
$豚鼻日記-りぇrt $豚鼻日記-tyれ

さきほど、なんだかスランプ的(ムーディー勝山的?)書き込みをしましたが、
友人に送ったメールを見ながら、
自分がいまやりたいことを客観的にみてみたりする。
山形に移住し、農業をはじめた友人とのコラボ企画を考えており。

 テーマは「青空」。
 テーマは、「青空の下で大自然とアートとコラボする」的な?(笑)

わたしは、なぜかカラーのことをこれからやっていくにしても、
どこかで「青空カラーケアシステム」だったり、
青空アートセラピー」なのです。
なぜか、なぜか、とても「屋外」にこだわっている。
「癒し」というのは、五感を使って得られるものだと。
ここでの五感とは、風・太陽・土・木・香 かな?

去年、NPO法人の活動で、体育館に模造紙を貼って、子供達が手に直接絵の具をつけて想いのまま絵を描く、というイベントに参加しました。
それこそわたしがやりたい「アートからの学び」でした。

是非、山形でそのようなことを企画したいな、と。

アートセラピーって、
たとえば子供の描いた絵をみて、心理状態を分析するのもそうだけど、
もうひとつ重要な側面があって、
 ・演劇 ・音楽 ・文章 ・粘土 
など、いわゆる「芸術」と呼ばれることを、ただ感情のおもむくまま、
「上手に描く」とか「お手本を見て」とかじゃなく、そのときの自分と向き合いながら
アートをする、という行為自体がセラピーになる、というものです。
わたし自身、写真や文章でそのセラピー効果は体験しまくっているので、よく分かるのですが。
 
 ◇ 山形の無農薬食材を食べて、感じたことをただ模造紙にぶつける
 ◇ カラーケアシステムで選んだ色のものを、山形の食材で食べてみる
 ◇ 屋外でみんなで大声を出して、そのときの気持ちを色で描く
 ◇ 屋外で楽器を演奏しながら、好きな色嫌いな色の2色で絵を描く
 
などなど、妄想をふくらませています。
そんなんして何になるの?
という野暮な質問は控えてくださいね。

※敢えて、カラフルブログにしてみた☆




59383

テーマ:
$豚鼻日記-ertyyu
中学高校時代の友人が東京に来ていたので、
駒沢のカフェでお茶をしました。
彼女は妊婦さんです。
5月に男の子が生まれます。
胎内写真とか見ていると、
いまさらながら生命の神秘を感じます。
2人分生きていると彼女は言ってましたが、
本当に素敵で責任のあることばだと思いました。

そして、カラーの練習をさせてもらいました。
幸いに、ここの喫茶店に事前に、
少し大きめの荷物を広げることを伝えて予約しておりましたので、
とても居心地よく場所を使えました。
大好きなカフェです。

そして、予約札に、普通だったら、
名字で○○様と書きそうなところを、
下の名前で書いてくれる素敵さ(写真参考)。
そして、来店の際も、名字ではなく、
「まゆこさんですか?」と言われる嬉しさ。

特に結婚した女性は、きっと、下の名前で呼ばれる方が心地よいので。
旧姓にも新姓にも違和感のある年頃なので、アタクシ。

彼女は以前に岡山でカラーのコンサルを受けているので、二度目とのことでしたが、選んでいる色も前とは全然違っていました。母になる前と 妊娠した後。
素敵な変化だと思いました。

また会いましょう。
素敵なベイビーにはやくあいたいです。