ふゆがはじまるよ。

テーマ:
photo:01


寒い。

まもなく、豚鼻日記、閉鎖します。
違うとこへ、移行します。
もう、ここは、いい。

そして、世の中のように、
11年11月11日11時11分
とかに、まるで感動を覚えない!

2進法の犬

やる気むんむん。

いまから、お鍋。
キムチ鍋。
photo:02


↑写真は、先日の机上。

さむいーーー。
今日は疲れたーーー。

AD

Facebook

テーマ:
photo:01


SNSって、
幼稚園以降の色々なコミュニティの人とどんどん繋がり、拒否もできないし、する必要もないけど、
所属によってだいぶ出してきた部分が違う気がして、なんかSNS上なのにえらい気を遣うから、変な感じ!
広げないことだな、と思うけど、
Facebookって、広がっていくのね

ババアだから、しんどい!

でも、何かを短く書くという点では、なかなかいいよね!

都度ターゲットを決めて、テーマとテンションを決めて、短文の中で書く。
めちゃ勉強になる!

Facebookとの距離感がイマイチつかめまへん。
が、
わたしとしてはターゲットを決めて、そのターゲットが確実に反応を示すように、その書き方の勉強の場の位置づけ!

ターゲットが見事反応してくると、
勝った!
って思う(笑)

そのターゲット誰かから反応がないと、
何回も文章を見直したりしてしまう。
あるいみ、
自惚れ作業!

ばかにしてるけど、書いてることなんてたいして中身はないけど、
かなりお勉強させてもらっています!


優秀ツール。


そして、わたしは、
ノン優秀ハードディスク。



偉そうになにかを言うつもりはないのだが、
結局、Facebookはよくわからない。
いつみんなが卒業してゆくのか。
AD

上海で語学をどこで学ぼう

テーマ:
$豚鼻日記。 $豚鼻日記。
 
 立冬。
 
 やっと秋らしい気配。
 でも、なんだかせわしない気配。

 上海で語学を学ぶ大学を探しています。
 でもよく分からないので、かなりサボりつつ調べています。
 でも、2月から授業開始というのが多そうで、
 申し込み締め切りも12月中旬とかのようなので、
 焦らなきゃいけないんだけど、
 なんだかせわしない気配。

 来週は、なぜか女子(女性?)だらけのイベントで、
 カラーセラピーをすることになったので、
 準備などをしています。

 「地球の歩き方」の
 「中国」「北京」「上海」やっと揃いました。

 「北京」ばかりを読んでいたので、
 「上海」を読んだときの、都会感ったら!

 来年2月くらいに、飛ぶ予定です。
 クリスマスと年越しは、引越を兼ねて向こうで夫クンと一緒に過ごせるといいな!
 

AD

古民家でのイベント終了しました〜〜

テーマ:
今週の土日はつくばの古民家にて、カラーのコーナーを担当させて頂いておりました。
1日目はなかなか客足が鈍かったので、
山に囲まれた場所では「セラピー」というものは必要とないのかな?と思っていました。

$豚鼻日記。 $豚鼻日記。
が、2日目はたくさんの人と色を通したお話を出来、満員御礼という具合になったので、
やはり場所は田舎だろうが、都会だろうが、
現代人はそういうものに少なからず惹かれてしまうタイミングがくるのだということを実感。
今日も3歳児から70歳のおばあさままで、たくさんの人とお話をしました。
$豚鼻日記。 $豚鼻日記。 $豚鼻日記。

新たな仕事の話も頂きました!

たとえば都会は抽象的な言葉に惹かれる傾向が強いような気がしていますが
(たとえば、「縁」とか「欲」とか「道」とか)、
でも今日のような場所ではきっともっと具体的で現実的なものの方が伝わると思い、
色のほとんどを体の一部として置き換えてお話をしました。

紫色ばっかり選んでいたおばあさんは、
「頭痛がしていて、どうしても色を見たかったのよ」とおっしゃってました。
で、紫が頭痛に関係あるということをお話すると、
「頭痛が軽くなったわ!」なんておっしゃってました(笑)。

同じことをやるにしても、
やり方や言い回しを変えると、
人が断然群がって行くということ体感した今日でした。

応用力、重要。
あらためて。

$豚鼻日記。

で、こういうことをやっていると、
「どうして早稲田まで出てこんなことやってるの?」とよく言われる。
今日も知り合いになったおじさんに言われたなぁー。

でも、ひとつ思う。
サラリーマンの中のどれくらいの人が、
自分で動いて何かをやっているのだろうか、と。
わたしは、昔より、自分本位で動いているので、
今は今でとても納得しているのです。

でも、少し傷つくよね。
でも最近は、そういうことを言われても、さらりとかわしてるんだけど。
自分次第だな。
そして、人はいかに無責任なことばを吐き続けるかということを実感します。
人のことはその人にしかきっと分からない。
最近はそういうピリッと自分に痛い言葉を言われたときに、
「あ!きた!」と思うようになりました。
そのときに、笑って冗談で返せるようになったかどうか、
自分で試していたりします。
笑ってネタにしているときは、
あ、越えたな、って思う。


人にこんなにも密着することを好き好んでやっているということに、
我が性質を鑑みると、笑えるほどに矛盾アリアリですが、
人というものが根本的にあまり好きじゃないからこそ、
たくさんの側面が見える気がしてます。
結局人がさほど嫌いじゃないのかもしれませんな。

人が大好き、癒し系です。
なんて言ってる人って、それほど胡散くさいものはないよね。

今日言ってもらって嬉しかったことは、
あなただから こうやって人がくるんですよ、
と言われたことだったー。

そうやって、あなたがあなただから、
と人に素直に言える人って素敵だなと思った。

いろんな素敵な言葉とか、良い気分をたくさんチャージしてきました。
また、がんばろ。
高学歴だったら、こういうことしたらあかんのかい。
ま、結構どうでもいいわーーー。
キャリアが欲しいときは、またそのときに方向性を考えることにする!
今、やれることを、
等身大でやるのみ!





っと、
自分大好きな感じの文章になってしまいました。恥。
でも、今日はなんだか疲れていて、
つくばまで迎えにきてくれた友人とラーメン店で2時間ダベるという学生みたいなことまでやってしまいました!

楽しいからOK!

アホにならんようにしよ。
「楽しいからOK」とか本気で言うようになったら、
自分は終わってしまう気がするーーーー(笑)!
でも、ひとまず、「OK」って言って、
あほみたいに寝ることにする!



最近、Facebookに偏っているからか、
魅力的な文を書けていないのか、
豚鼻日記のコメントがめっきり減って悲しいので、
たまにはレスを希望しているわたしです。
なんかここを読んでくれている人って、
シャイなのか何なのか、わざわざ携帯にメールしてくれたりするのですが、
WEB制作とかやってる人なくせに、自分のアクセス解析とかしないので、
誰がどれだけ読んでくれているのかも不明!
知らん!


とりあえず、寝ませんか?

秋だから、開いていきましょう

テーマ:
$豚鼻日記。

今日は会社時代の同期と、散歩しました。
(散歩って、いまどき不思議な感じ?)
散歩して、カフェして。

もうしばらく(彼が言うには「一生」?)会えないようで。
でも、「何年後かに、どっかで会おう」という。

秋だから、そんな寂しいような別れも、
でも、アリかもな、って思う。

わたしももうすぐ東京からいなくなるし、
彼はもうすぐ東京からいなくなるし、
昔は毎日顔を合わせていたけれど、そうやっていつしかカンタンには会わないようになる。

そうやってもう何年も会ってない人って、たくさんいるなぁ。
と、しみじみしているわけでございます。


---------------------------------------------

でも、気を取り直して。
週末は、このイベントに参加してきます。

古民家でカラーのイベントです。
http://tsukuba.keizai.biz/headline/281/

久々なので、うまくいくかな?
不安だけれど、行ってきます!

鈍化との戦いというけれど。

テーマ:
鈍化との戦い。
本当にその通りだと思う。
生きて行くと、どんどん鈍化していく。
鈍化のすえに、何があるかもわからないけれど。

帰路、どこかわからない路地裏の、
どこかわからないアパートの、
どこかわからない窓辺で光るハロウィーンのオレンジ色の点滅をボーっと眺めながら、

あのときの自分と、
これからの自分との狭間で、
それは、人間としての自分と
もしかしたら女としての自分と、と言い換えられるかもしれないけれど、
ああ、こんなに鈍化した文章、鈍化した色しかとらえられなくて、
そんな自分がとても鈍くうつって、とても心地よいようで、
とても嫌い。

表現したいことをちゃんと表現することすら面倒になって、
なんとなくこうやってればいいだろう、ってことをやっていて、
これも、鈍化。

腹が立って、
でもどうしようもなく自分で、
もう28歳で、
でもどうしようもなく頭は働くし、
でもどうしようもなく心も働くし、
どうしようどうしよう。

母親になっていく友人と、
仕事人になっていく友人と、
でも同じ28歳。
でも、わたしはその狭間で、何もない28歳。

両方を捨てる、
両方を得る、
それすら鈍化させた28歳。

今夜は、会社時代の友人と飲んでいましたが、
帰宅して、今もわたしはがぶがぶ飲みます。

もう、どうにでもなれ、って思う。
それが激しい衝動じゃなく、
たとえばKEIKOの脳内に起こった衝動のようなものであれ、
水面にメダカが顔を出す微々たる衝動であれ。

何か悲しいわけでもなく。
何か嬉しいわけでもなく。

ただ、生きていくことは鈍化どの戦いなのかと思うと、
反吐が出てしまう次第でございます。

しばらくの間、平日は夫が長期出張で留守にしています。
こうなると自分も、文章を書くしかない。
SNSだ、写真だ、
そんなもの、まるで嘘っぱちなことなの。私にとって。

写真なんて好きじゃない。
SNSで書いたり読んだりする文章も嘘っぱち。

ほんとに思ってること、表現したいこと、
そんなことをしたためる時間があるけれど、
それすら鈍化して、中国語の勉強に時間を費やしたりする。

鈍化の戦いにそなえ、
明日のために本日も祝杯を。

ワインをあけました。

もっと、生きて行こうよ、って、
顔を真っ赤にして叫んでいるのだけれど、
いたって冷静に、ワインをあけるのでしょう。

島から帰ってきて

$豚鼻日記。

$豚鼻日記。

$豚鼻日記。

$豚鼻日記。

$豚鼻日記。


その他の五島列島の写真アルバムは、こちらから↓
http://www.facebook.com/media/set/?set=a.126088857499347.25636.100002947005699&type=1&l=5900c2b0c6

ということで、西の孤島から東京砂漠に帰ってきました。
いやぁー、いい島でした。
もう今からでもまた行きたくなります。

五島列島のそれぞれの島は、まるで観光地化されていなくて、
季節のせいなのか分かりませんが、観光客もまばら。
おかげで、「生の五島」を「生々しく」体感できる一人旅になりました。

何もないけれど、
海と空と人がいる。そんな島。
自分もちゃんとそこにいる。そんな島。

東京にいると、都会にいると、
自分がそこにちゃんといるか分からなくなるから、
今回は前日に飛行機をとるという弾丸スケジュールでしたが、
旅に出てよかったです。

本当に、心が綺麗になります。

中通島〜女ひとり旅、西の孤島

photo:01


photo:02


二日目。
中通島という島に行く。
世界遺産の予備群にされている五島の教会群。
民家の中にポツンと教会があります。木造の教会や、レンガの教会も。
中通島には、ルルドもあります。崖の中にマリア像があります。
写真はまた東京に帰ってUPします!

photo:03


photo:04


五島にて宿泊してる宿のマスターが割烹料理店もやってて、昨夜食事したときに、えらく親しくなって、「オレの仲間集めときますたい‼」と言われてました。
で、夜は、長崎の最果ての西の場末の割烹で、マスター+漁師三人で飲んでました‼ クロダイ5kgに肉厚ヒラメエンガワ(都会の三倍の厚み)、サザエをはじめとする都会で食べるといくらよ?っという量を食べました♡ 美味♡

陸にいるより海水の中にいる方が長いという初対面のREAL漁師三人に囲まれ、七時間近くバカ騒ぎしてました。(笑)
誰やねん。何やねん。どこやねん。ま、喋って歌って飲んで。
あ、もちろん、全部誰かのおごり‼ ♡


今朝も昨日のツブヤキに続き、朝から観光案内のお姉さんによくわからない場所をタダで車に乗せてもらったり、友達になったフェリーの船長には乗船時に缶コーヒーサービスされたり、島でバスに乗ろうものなら女ひとり旅がよほど珍しいのか、わたしが珍しいのかわからないが、どこにいっても何も言わなくてもバスを撮影ポイントで停車してくれる始末。「何分かかっても、ゆっくり撮影してくんさい」と(笑)

漁師たちになぜか「かなちゃん」と呼ばれてました、わたし(マナカナに似てるかららしいが。なぜ、”マナ”じゃなくて“カナ”なのかは不明)。
都会にいると、何もかも、空気さえもくたびれる時があるけど、ここではただ海が、祈りが、人間らしい営みがあります♡

ただ、そんな五島にもわりと鬱病患者が多いらしいし、オカマもいるらしいし、オヤジは建設業界以上にセクハラギリギリ! 一ヶ月前に勉強をはじめた中国語より酒を飲む五島の漁師の方言は分からない。(笑)でも、歌はうまい。「北の漁場にゃよ~、おれの死に場所さ~♪」と鳥羽一郎やさぶちゃんを熱唱するのはいいが、あなた、「北の漁場」じゃないですから‼ 西の漁場ですから‼

かなり漁師モードですが明日、真人間になって、帰京します。


五島は、隠れキリシタンが逃げた場所なので、たくさんの教会があります。
今日は福江島へ。
ひとりでレンタカーも高くつくので、路線バスでまわろうと思ってましたが……

↓かなりいい島だった!



※ここからはほぼFacebookのコピーなので、Facebookなひとたちは読まないでください(笑)
PCがないので、iPhoneで文字を打つのが大変なので、コピーで失礼。

photo:01


路線バス終点にて、「ここからビーチは歩いていけますか?」とバス運転手に訊ねる。運転手「遠いばってん、俺の汚かぁ車でよければ乗せていっちゃるけん」。なぬ!? 。運転手はマイカーに乗り換える。車には「MUGEN(無限)」のステッカー。さっきまでバスでノロノロ運転だったのに、ムゲンに乗る彼は海沿いの道を時速80kmくらいで飛ばす‼ 爽快‼ 高浜ビーチというビーチ(石垣島離島より綺麗‼)に行きたかっただけなに、行けないと諦めてた色んなスポットを回ってくれた。タダで‼ しかも、いまからは、バス運転手に戻った彼のバスに乗るという、ハチャメチャ旅♡ 運転手さん、ありがとう♥

photo:02


バス運転手に別れを告げてある教会を。見終わって次のバス待ってたら、今度は車に乗ったオッチャンが窓を開けて「どこ行くと?どこでも回っちゃるけん‼」と。マジ!?。 ということで最終フェリーの時間まで、二時間近く、福江島のほぼ一周を車で走ってくれた‼ 爽快‼ タダ‼ 途中、缶コーヒーサービスあり‼ 途中、海辺のキビナゴサービスあり‼ ついでに「明日も福江島来るならどこでも回っちゃるけ」と。 明日はこの島には来ませんが、福江島ほぼ全ての観光スポットをバス運転手と みやもっちゃん(オッチャンがこう呼べと、笑)の「逆ヒッチハイク」でまわりました♥ レンタカーいるから…となかなか五島に手が出ないというアナタ、街を可愛らしく歩いてたら、もれなくタダで回れるようですよ!♡ 驚きの福江島の旅でしたー‼ 女でよかった(笑)明日は違う島へ。




旅は続く。
photo:03