初めて彼氏ができたものの、娘の生活は、すべてがバラ色ではなかった。

 

彼氏のいない友達に彼の相談をするのは気が引けて、結局、一人で考え、考えれば考えるほど、付き合うということが辛くなってきた娘。

 

同時にOCD(強迫性障害)の儀式行動も悪化し、娘は「心の休憩」を求めていた。

 

************

 

丁度良いタイミングで、娘と彼は中学を卒業し、夏休みに入った。

 

夏休みに入ってすぐ、娘は学校の旅行でニューヨーク&ワシントンDCへ。

 

彼は、親戚を訪ねてボストンに行き、連絡が取りづらくなった。

 

それでも、夜寝る前の「I love you♡」テキストは、毎日欠かさず送られてきていた。

 

**********

 

その頃の娘と彼の会話は、もっぱら高校のこと。

 

娘の学校は中学と高校が一緒になっていて、娘は中学のあと、同じ学校の高等部に行くことが決まっていた。

 

彼は別の高校に行く可能性が80%で、娘と同じ学校に行く可能性は20%だった。

 

彼が行こうとしていた高校は、彼の小学校の友達の多くが通うことになっていた。

 

その頃から彼は、疎遠になっていた小学校の頃の友達に連絡をとり始めた。

 

その友達グループの中に、ライアンという男の子がいた。

 

ライアンは、小学生の頃からマリファナを吸っていた不良少年。

 

そのライアンと再びを連絡をとり始めるようになって、ジェイの態度に変化が現れた。

 

娘の心の準備ができるまで、ファーストキスを2か月間も娘を待ってくれた彼だったが、ライアンと再び連絡し始めてから、突然、「君、Hなことに興味ない?」と聞いてきた。

 

「14歳で、まだそれは早いでしょう?」と答えた娘。

 

 

 

その数日後、彼から「I love you♡」テキストが来なくなった。

 

 


アメリカ合衆国ランキング

 

どくしゃになってね…

AD