FX業者
2010-01-20 08:07:54

クーリエ・ジャポンのブルー・オーシャン度

テーマ:|-マーケターの発見力
レビュー・プラスさんから献本をいただいたこの本、
クーリエ・ジャポン 2月号
特集は、 次のITライフ
COURRiER Japon (クーリエ ジャポン) 2010年 02月号 [雑誌]/著者不明
¥680
Amazon.co.jp

ボクのとても好きそうなタイトルなんだけど、
中身も結構面白かった。

正直に言って、この雑誌を読むのは初めてで、
クーリエ・ジャポンが海外のニュースを集めた雑誌だっていのも初めて知った。

特集の内容は、WEBのユビキタス化に始まって、
キンドル、iPhone、グーグルとアップルの融合の可能性と、
ボクの好きな話題ばかり。

この雑誌の面白いのは、
海外の雑誌をそのまま翻訳しているところ。
読む人によっては、雑誌としての意見がないとかって言うかもしれないけど、
“読む方”としては、海外の視点を日本にして読めるっていう新しい雑誌なんだと思う。

たとえば、2015年に韓国ではサングラス越しにすべての情報が入手できるようになるとか、
ニューヨークタイムズによれば、キンドルの普及によって紙の出版は減るどころか出版そのものが増加したなど、
この特集に限らず、海外のその国のジャーナリズムが言っているだけでこの雑誌は成り立ってる。

ここまで徹底して海外の記事だけを載せていると、
それだけで、ひとつのポリシーになっていて、
読む側も、海外の論調を取り入れるっていう目で見ることができる。

雑誌出版っていうレッドオーシャンな市場の中で、
海外からコンテンツを持ってきてそれだけで雑誌をまとめ上げるっていうセグメントを創り出すのは、とても立派なブルーオーシャン戦略だと思う。
そもそも、レッドオーシャンの中にこそ、ブルーオーシャンはあるんだけど、それをこの雑誌のやり方で気がついた気がする。

この雑誌に注文をつけるとしたら、
編集ポリシーみたいなものは最低限明らかにしてほしい。

いずれにしても、なかなか読みごたえがあるこの本。
この特集は特にお勧めだと思う。


理央 周(めぐる) の書評ミシュラン ☆3.0(満点☆5)



この記事をReTweetする ⇒  マーケティング エヴァンジェリスト 理央 周のBusinessJIN宣言!!-RTボタン


他の方のレビュー

[雑誌] COURRiER Japon 2010年2月号

Taka@中小企業診断士 さん



マーケティング エヴァンジェリスト(伝道師)
理央 周(めぐる)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ブログランキング 参加中です。
応援お願いします!
 

ダウン

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ     blogram投票ボタン


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

売れる仕組み研究所 所長 理央 周(めぐる)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。