ビジネスブログSEO対策

ビジネスブログの検索エンジン集客。ビジネスブログのSEO対策に応用できるSEO情報を掲載しております。

【ビジネスブログSEO対策】

ビジネスブログで「新規集客」(新規開拓)をお考えの場合は、検索エンジン最適化(SEO)を軸とした「検索エンジン集客」に力を入れると、新しい御客様にビジネスブログ経由で出会えるようになります。
ビジネスブログで記事を執筆する際には、検索エンジン経由での訪問者が見込める「検索需要あるキーワード」に沿って記事を書いて行く必要があります。

検索需要或るキーワードを軸に記事をどんどん執筆して行けば、通常は嫌でも検索エンジン経由のアクセスが増えて行きます。
但し、検索需要あるキーワードで記事を書いていても、文章が短過ぎる場合は検索経由のアクセスは殆ど増えません。
ある程度の文章量は必要になります。

なお、競争相手が多数参戦している商用キーワード(売上に繋がるキーワード)で記事を書いた場合ですが、残念ながら検索経由のアクセスは増えません。
「標的キーワードに沿った記事,文章量も多い」等、内部SEO条件を満たしていても競争相手も同じ条件を満たした記事を書いております。
そのため内部要因では差が付かず貴方・貴社の記事(URL)は上位表示されません。

内部SEO対策だけでは商用キーワードの1位表示に必要なだけのSEOスコアは「獲得できません」ので、上位表示される事もアクセス数が増える事もありません。
商用キーワードで検索エンジン集客を狙う場合はビジネスブログの場合も、外部SEO対策(被リンクSEO)が必須となります。

(599字)

by SEO職人 トンちゃん
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:

>気にしないということが一番のようですね。

「気になる」という事は被リンク対策を施している「URLの数」が少ないという事かと思います。
各URLごとでは無く「URL群全体での集客成果」や「URL群全体の規模」に意識を向ける必要があると思います。

「URL群全体」の規模が小さいならば、各URLへの依存度が上がりますので、順位変動する度に不安になったり安心したりを繰り返す事になります。
逆に「URL群全体」での規模が大きくなってくると、各URLへの依存度が下がりますので、一喜一憂も無くなります。

>例えば、ペンギンアップデート前までは「●●」というキーワードでは、アフィリエイトサイトが上位のほとんどを占めていました。
ただ現在は1位はwikipedia、その他はほとんどが●●を販売している企業のサイトです。
アフィリエイトサイトもわずかには残っていますが、やはり企業サイトの優遇度合いが大きいのではないかと感じます。

「自然リンク」を受けている企業サイトが順位を上げているといった部分が大きいかと思います。
今迄「自然リンク」として認識されてきた被リンクが「人工リンク」認定されアフィリサイトの多くが順位を落としたといったところかと思います。
人工認定されず「自然リンク」として認識されている自然風被リンクを多く受けているアフィリエイトサイトの大半は今現在も順位を落としていないと思います。

弊所が対策を担当したアフィリエイトサイト群の多くは順位を維持しております。
理由は供給している被リンクが「自然リンク」として認識されているからです。

by SEO職人 トンちゃん

テーマ:

>最近のgoogleの傾向として、企業サイトなどの公的なサイトの優遇が大きくなっていると感じているのですが、そのあたりはどうお考えなのでしょうか?

企業サイトは優遇されているとは必ずしもいえませんが、公的サイトは優遇されております。
以前、弊所のメインブログでブラックリストとホワイトリストの話を出しましたが、公的サイトというのは基本的にホワイトリストに入っております。
実際に順位が絶対に下がらないホワイトリスト(具体的な一覧表)が「有る」わけではありませんが、順位を下げてはならない「公的サイト」を意識して検索アルゴリズムに改良を加えているという意味で「ホワイトリスト」は存在しております。

ですので、検索アルゴリズムはウィキペディア等の公的サイトが上位に来るように常に検索結果をチューニングしますので、今後も公的サイトは被リンクが少なくとも上位を維持し続けます。
検索上位は基本的に「公的サイト」を除いた残枠の範囲内で上位争いをする事になります。

企業サイトに関しては、自然リンクが集まりますので基本的には上位に上がってきます。
Google検索が企業サイトを優遇しているからでは無く、自然リンク(一方的被リンク)が集まるがゆえに「順位が上がって来てしまう」といったところかと思います。
なお、企業サイトに関してもメジャーな企業のサイトに関しては「公的サイト」に準ずる扱いになっておりホワイトリスト入りしていると考えて頂ければと思います。

アップルの製品名で検索した時にアップサイトが最上位に表示されなければ検索ユーザーの満足度は確実に下がります。
ですので、そういったキーワードでは被リンクが大変少なくともメジャー企業サイトのURLがトップ表示されたりする事になります。
「Ipad 」「iphone」等の製品名そのもので1位を狙うのは基本的には不可能です。

短期的にアップルサイトより上に表示できたとしても、アップルサイトが1位表示されるように検索アルゴリズムに調整が入ってしまいます。
短期的には1位表示が可能でもアルゴリズムに調整が入る関係で中長期で1位を維持し続ける事は不可能であります。

「ipad+キーワード」のような複合語であれば1位を不動で維持し続ける事は可能ですが、「ipad」等の単一商品名や単一サービス名で1位維持を持続するのは100%不可能です。
必ず検索アルゴリズムに調整が入ります。
調整を入れねば検索ユーザーの満足度が下がりGoogle検索エンジン離れが発生しますので、「必ず調整が入り」ます。

マイナー企業のあまり有名で無いサービス名や製品名であれば単一キーワードで1位を不動で維持する事も可能ですが、メジャーなものに関しては1位維持は不可能です。
メジャーな製商品・サービス名で不動の1位を狙うなら「複合語」をターゲットにする必要があります。
マイナーな製商品・サービス名で不動の1位を狙うなら「単一キーワード」「複合語」のどちらもターゲットにできます。

常時、上位表示されていないと多数派検索ユーザーの満足度ダウンに繋がるサイト群はホワイトリスト入りしているという風にとらえて頂くと、上位を狙うキーワードごとに「単一キーワード」「複合キーワード」のどちらをターゲットに定めるべきかもはっきりしてくるのではないかと思います。

by SEO職人 トンちゃん

 Yahoo検索上位  通販サイト集客  SEOトンちゃん

ゴルフグリップのネット通販ショップ
ゴルフ グリップ
パター グリップ
ゴルフ シャフト
キャディバッグ
ゴルフ ドライバー

テーマ:

6URL全て内部をチェックしました。
コンテンツが有るページと無いページがあるようですが、基本的には各ページに独自のコンテンツを用意しておいたほうが順位は安定します。
「共通部分」だけのURL群や「共通部分+同一コンテンツ」だけのURL群は、Webサイト内のコンテンツの品質を評価するパンダアルゴリズムの標的となりえます。

パンダアルゴリズムを通してGoogle検索に「低品質コンテンツが多いサイト」というレッテルが貼られてしまうと、サイト内の全URLのSEOスコアが下がりますのでご注意ください。
「低品質コンテンツ」の範囲としては「全ページで共通して使われるサイドメニュー等の共通部分だけでオリジナルコンテンツを持たないURL群」「オリジナルコンテンツも共通部分も無い真っ白なページ」「同じコンテンツを使い回しているサイト内のURL群」等が当て嵌まります。

2号サイトも6URL全て内部をチェックしました。
このサイトは各ページごとに大見出し部分が変わるため、大見出しやヘッダー部分を検索エンジンはオリジナル部分と看做します。
トップページURLは、この大見出しやヘッダー等の「オリジナル部分」で「ターゲットキーワード」という言葉が出現するためオリジナル部分に出現するキーワードに重み付けをするGoogle検索では内部SEOスコアが上がり易くはなっております。

しかし、人間目線で見た場合の「コンテンツ部分」には「ターゲットキーワード」という言葉も「ターゲットキーワード」と同時に出現する事が多い関連キーワードも出現しておりせん。
オリジナル部分の上段(大見出しやヘッダー)にはキーワードが出現しますが、オリジナル部分の下段(コンテンツ部分)にはキーワードが出現しません。
というわけでして、オリジナル部分の下段には内部SEO的には「隙有り」と申し上げられます。

変更せずとも順位は上がると判断しておりますが、こういった隙を埋めて行きますと検索アルゴリズム更新でページ内部で重視される部分が変わっても影響を殆ど受けず、常に一定の内部SEOスコアを保つ事ができる強いURLになって行きます。
コンテンツ部分でキーワードを出現させずとも、「ターゲットキーワード」とセットで出現する事が多い言葉を文章中に散りばめて行く事で、キーワードに関連するURLと検索エンジンに看做され内部SEOスコアは上昇させる事も可能です。
但し、ターゲット検索エンジンの言語理解能力によって、その辺は変わります。

検索エンジンは人間と同じように「形態素解析」⇒「構文解析」⇒「意味解析」⇒「文脈解析」の順でテキストを処理して文章を理解しようとします。
右の解析に進むほどアルゴリズムも複雑になりますので、検索エンジンの解析精度は右に進めば進むほど下がります。
現在も検索エンジンの「意味解析」能力は非常に低いのですが、それでも昔と比べれば「意味解析」の能力も上がってはきております。
ターゲットキーワードを文脈上含める事が難しくとも、ターゲットキーワードとセットでよく出現する言葉を文中に含めておく事は検索エンジンの「意味解析」能力が上がってきた時に、有効な内部SEO対策として機能するようになりますので無駄にはなりません。

by SEO職人 トンちゃん

グーグル上位表示 ネット通販集客 トンちゃんSEO対策

池袋の占いサイト
占い 池袋
ヒーリング 料金
占い 未来
ヒーリング講座

コート紙の通販サイト
コート紙
光沢紙
トレーシングペーパー
耐水紙
エプソン ロール紙
A1 ロール紙

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。