Negiccoにとって3枚目のオリジナル・スタジオ・フルアルバム『ティー・フォー・スリー』が発売になりました。



===========



Negicco『ティー・フォー・スリー』

01. ねぇバーディア
[作詞・作曲:池田貴史/編曲:池田貴史、山口寛雄]
02. RELISH
[作詞:岩里祐穂/作曲:connie/編曲:connie、NEGiBAND]
03. マジックみたいなミュージック
[作詞・作曲:connie/編曲:Magic, Drums&Love]
04. 恋のシャナナナ
[作詞・作曲・編曲:connie]
05. Good Night ねぎスープ
[作詞:G.RINA/作曲:connie/編曲:mabanua]
06. 江南宵唄
[作詞:大坪加奈、connie/作曲・編曲:Spangle call Lilli line]
07. カナールの窓辺
[作詞:connie/作曲・編曲:長谷泰宏 (ユメトコスメ)]
08. 虹
[作詞・作曲:平賀さち枝/編曲:Kai Takahashi (LUCKY TAPES)]
09. SNSをぶっとばせ
[作詞:堂島孝平/作曲:オカモトコウキ (OKAMOTO'S)/編曲:OKAMOTO'S]
10. 矛盾、はじめました。
[作詞:土岐麻子/作曲:さかいゆう/編曲:connie、NEGiBAND]
11. 土曜の夜は
[作詞:connie/作曲・編曲:角谷博栄 (ウワノソラ)]
12. おやすみ (Album Ver.)
[作詞:MEG/作曲:connie/編曲:長谷泰宏 (ユメトコスメ)]
13. 私へ
[作詞:坂本真綾/作曲:connie/編曲:connie、真藤敬利]

http://negicco.net/special/teaforthree/

==========




この超豪華な布陣を見ただけでもヤバいですよね。
この超豪華な布陣での制作をインディーズのアーティストが実現しているのが本当に凄い。


私も店着日(「フラゲ日」と言います)に購入しました。





タワーレコード札幌ピヴォ店の店頭展開。
いつもはアイドルコーナーの一枠に展開されていますが、今回はJ-POPコーナーのわりと目立つ場所に単独で展開されていました。
手書きのPOPは力を入れて推している証ですから、嬉しいです。





Negiccoのインタビューが掲載されている『CDジャーナル』と『ミュージック・マガジン』と共に。
裏ジャケットなど、全体的にアートワークも素晴らしいです。


さて、『ティー・フォー・スリー』の感想ですが、一言で言うなら

『ダンスダンスレボリューション』で「Marvelous!!!」や「Great!!」が出まくりな、あの画面が脳内で起こっている感じ

…分かりにくいですね。

聴いていると気持ち良いところが随所にあって、非常に流麗で。
感動の連続なのです。

アルバムについての詳細な感想は、後日落ち着いた頃に「世界一長い『ティー・フォー・スリー』感想文」と題して書こうと思いますが、新曲群を中心にちょろちょろと感想を書きます。

「ねぇバーディア」で華々しく始まった後の2曲目「RELISH」は、イントロから超かっこいいです。
NEGiBANDの演奏が超オシャレで、「ねぇバーディア」のインパクトに全く負けていません。
connieさんのメロディーメイカーぶりはこの曲を聴けばよく分かります。
そしてconnieさんのメロディーを受けての岩里祐穂さんの言葉の選び方は見事。

3曲目「マジックみたいなミュージック」は重たいリズムとホーンが特徴的なファンクチューンです。
Aメロで強めの歌い方のMeguさん、Bメロで力を抜いた歌い方のNao☆さんが非常にハマっています。
ツイッターでも色々な喩えが出ていましたが、私は山下達郎さんっぽさを感じました。

4曲目「恋のシャナナナ」は、Negiccoにとって久々となるconnieさんが打ち込みで制作した4つ打ちダンスナンバー。
オクターブ下の男声ハモりはconnieさんでしょう。
connieさんのハモりや“終わらないトキメキのDancing”というフレーズを聴くと、connieさんはNONA REEVESが好きなんだなぁと感じます。
Dancing↑って上がる感じがまさに西寺郷太さんっぽい。

5曲目「Good Night ねぎスープ」はR&Bっぽいです。
まずBPMが私の大好きな速さ。
G.RINAさんの歌詞は働く世代の、Negiccoと同世代の女性が共感できるんじゃないかと思います。
タイトルから受ける印象とは全然違いますよ。
ボーカルディレクションがmabanuaさんということですが、めちゃくちゃ良いです。
アルバム中で一番好きな歌い方かもしれません。

6曲目「江南宵唄」はSpangle call Lilli lineのプロデュースということで、アルバム中で一番楽しみにしていました。
NegiccoもSCLLも以前から好きでしたが、まさか両者が繋がるなんて思いませんでした。
「江南宵唄」は歌詞も歌い回しもサウンドも、まさにSCLLです。
意味としては掴みにくい、英単語のようにも聴こえる大坪加奈さんの独特の歌詞。
SCLL好きなら分かると思いますが、“減り砂”とか“遠い夏を”の歌い回しがまさに大坪さん節。
それをNegiccoがほとんど違和感無く表現しているのだから驚き。
特にNao☆さんは歌の勘が良いからか、大坪さんのあの感じを上手く表現できています。

8曲目「虹」は明るいディスコ調の曲ですが、割と歌詞は切なくて平賀さち枝さんの持ち味が存分に出ています。
平賀さんのツイートによると、元々はアコースティックでスローな曲だったそうです。
それが高橋海さんによって明るいディスコ調のアレンジになったと。
確かに、スローにしてギター1本で歌ってもしっくりくる曲です。
BPMを上げているから言葉がやや早口な感じになっていて、それもあって「江南宵唄」と並んで挙げられるくらいNegiccoの中で歌うのが難しい曲と言っているのかなと推測します。

9曲目「SNSをぶっとばせ」はモータウン調のロックナンバー。
まず「虹」から曲間ゼロで入るのがかっこいいです。
疾走感のあるOKAMOTO'Sの演奏が見事で、特にハマ・オカモトさんのベースラインは流石です。
そしてなんと言っても堂島孝平さんの歌詞が超最高。
“わ!わ!忘れてたわ!”とか“アイス・ティーがこぼれちゃったじゃないの”とか堂島さんならではの表現がたまらないし、Kaedeさんの“それとタキシード姿のせいだろうけど”やNao☆さんの“ノーノーノー!”もたぶん堂島さんの仮歌から来たものじゃないかと思うんですけど、めっちゃ気持ち良いです。

11曲目の「土曜の夜は」は先行7インチシングルとして発表されたリード曲ですが、その7インチのジャケットを見てもらえばお分かりの通り、シュガーベイブへのオマージュが詰まった曲になっています。



イントロからかっこよくて、リズムの質感、美しいメロディーライン、ドラマチックな構成、どれをとっても最高です。
リード曲だけあって、この1曲だけでとてつもない説得力があります。
今、最も土曜の夜が似合うアイドルですね。

ストリングスが入りスケールアップした「おやすみ (Album Ver.)」からの、ラスト13曲目のバラード「私へ」。
坂本真綾さんの歌詞が、全ての頑張るNegiccoと同世代の女性の背中を優しく押してくれるような素晴らしいもので。
おそらくNegiccoのことを想い、彼女達の姿を重ねて書かれたんだろうなと思うと涙腺が緩みます。



『Melody Palette』『Rice & Snow』といずれも良作でしたが、今作『ティー・フォー・スリー』は想像をはるかに超えてきた作品です。
今までより等身大の女性らしさを、気品の感じられる楽曲達で表現した最上級のJ-POPです。
間違いなくNegicco史上最高の作品だと思います。

それに客観的に見てもこれだけの完成度の作品にはなかなか出会えないし、ひょっとするとこれは2016年のJ-POP界を代表する作品になりそうな、そんな予感がします。
すべての女性に聴いてほしいアルバムですし、男性でもミュージック・ラヴァーであればぜひ聴いてほしいです。



試聴用トレイラーだけでも良いですが、この動画に含まれていない部分に気持ち良いところがたくさんありますので、CDショップで試聴機に入っていたらぜひじっくりと聴いてみてほしいですし、もしお近くに無ければ、iTunesやOTOTOYでも試聴できますので、ぜひチェックしてみてください。


もはや聴かない理由がみつからない極上POPS誕生ーーNegicco、3作目のフル・アルバムをハイレゾ配信
http://ototoy.jp/feature/20160524/
AD
D.W.ニコルズ『スマイル3』リリース記念全国ワンマンツアー「スマイル大大大作戦!」

日時:2016年5月2日(月)19:00~
会場:Sound Lab mole(北海道札幌市)
出演:D.W.ニコルズ




1ヶ月以上ブログを放置してしまいましたが、今日から再開します。
このブログ、表現力・語彙力が無い私の表現力向上トレーニングとして用いている側面もありまして、長くサボっていたため頭のほうがすっかり鈍ってしまいました。
ものぐさはいけませんな。

再開の手始めに、先日開催されたD.W.ニコルズのツアー札幌公演を観に行った感想を書きます。

まずその前に。
岡田梨沙(Dr)さん(以下、りっちゃん)が結婚を機に9月をもってバンドを脱退することになりました。
この4人のグルーヴが好きで、この4人だからこその老若男女が楽しめる温かな雰囲気が好きで。
後ろから優しく寄り添うように演奏するりっちゃんのドラムが好きな私としては、ニコルズはこの4人しか考えられないと思っていたし、ずっと続いていくものだと思っていました。

結婚はおめでたいこと。
嬉しい気持ちもある一方で、脱退によってりっちゃんのドラムが聴けなくなると思うと、正直言って最初はショックのほうが大きかった。
でも、発表とともに添えられたこの写真とわたなべだいすけ(Vo, G)さん(以下、だいちゃん)のコメントに、思いが変わりました。






こんな素敵な脱退の発表の仕方があるだろうか。
私も前を向こうと決めました。
そして残り数ヶ月、りっちゃんのいるニコルズのライブをできるだけ観に行こうと。


ということで、今年初めての札幌ワンマンを観に行きました。
前回は私が体調不良で行けなかったので、ニコルズのライブを観るのは約10ヶ月ぶり。
しかも現体制ではおそらく最後の札幌ワンマンということで、悔いの無いようにと心がけました。

座席形式のライブで、小さなお子様からお年を召した方まで、全体数は多くないながらも幅広い客層。
私は烏滸がましくも最前列で拝見しました。
ライブは「ハッピーラッキーデイ」からスタート。
座席はあっても、皆立って楽しみます。
「ハッピーラッキーデイ」は昨年秋に発表された曲で私はライブで観るのは初めてでしたが、いやはや素敵な曲でした。
次いでライブ鉄板曲の「I like you」。
イントロから上がるなぁ。
「フランスパンのうた」ではだいちゃん主導で“焼きたて!”のコール&レスポンス。
これが楽しいんだ。

新作『スマイル3』の楽曲も織り交ぜつつですが、『スマイル3』の楽曲もライブで聴くとさらに良くて。
「奈良ならいいよ」では千葉真奈美(B)さん(以下、まなん)がピアニカを担当し、代わりにギターの鈴木健太(G)さん(以下、けんちゃん)がベースを弾きます。
けんちゃんはギターに限らずウクレレやバンジョーなどを曲によって持ち替えていて、コーラスも多く、すごく器用だなと思います。
繰り広げられるいつも通りのピースフルなライブ。
ただ違うのは、MCでりっちゃんの脱退に関する話題が出ることくらい。
中盤のアコースティックパートも素晴らしく良かったですし、終盤はとにかく楽しさプラスエモさみたいな、心が熱くなりました。
「春風」ではけんちゃんのギターソロがオリジナルと違うもので、それがすごく格好良かった。
「スマイル」で観客全員で大きな声で“ハイリハイリホー”と歌えば、心が元気になり。
最前列で下手側なので、まなんが超近い。
この日は柵が取っ払われていてかなり前に出てきてくれたので、かなり近い距離でまなんのベースプ例を観ることができました。
「WONDER」は言葉数は少ないけれどパッションが伝わってきて熱くなり。
「エイプリル」は新生活を始めるあらゆる人の味方になりそうな曲で。
本編最後は「グッデイ」で、北海道のライブでお馴染みのグッドサインで一体となりました。

そしてアンコール。
バンドの精神であるだいちゃんの言葉もそうだし、この日のライブではけんちゃんも熱くこれからのニコルズについて語っていたのが印象に残っています。
「波瀾爆笑」はニコルズの中でも屈指の好きな曲で、聴くたびに“好き”が更新するような自分の中で特別な曲になっています。
最後は「夢のような毎日」。
現実に起こっていることだから「夢みたい」と言う。
ライブは夢みたいなことだけど、それは現実に起こっていることだからそれを噛みしめて生きて行く。
ニコルズの音楽はポジティブで、聴く者の気持ちを明るくさせてくれるんだけど、それだけの単純なことじゃなくて、現実に向き合いつつ生きて行けよということを教えてくれる。
アンコールの2曲は特に目頭と心が熱くなって、今後の自分を支えてくれる糧となるんじゃないかと思います。


---- SET LIST ----

M01 ハッピーラッキーデイ
M02 I like you
M03 フランスパンのうた

M04 ちちんぷいぷい
M05 奈良ならいいよ
M06 背中合わせ

M07 世界中の花をあつめて
M08 ありがとう
M09 LIFE
M10 春風

M11 スマイル
M12 レインボウ
M13 WONDER
M14 エイプリル
M15 グッデイ

EN01 波瀾爆笑
EN02 夢のような毎日






終演後の物販で、だいちゃんとりっちゃんと。




D.W.ニコルズとNegiccoが掲載されている俺得な群馬のフリーペーパー『motto』をまさか札幌にいながら入手できるとは思いませんでした。
ニコルズスタッフの皆様、ありがとうございます。


今回のライブは最前列で観られたこともあって、各プレイヤーの演奏をじっくりと、中でもりっちゃんを多めに観つつ楽しみました。
フロントに立つ3人を優しく見ながら、音と感情に寄り添うようなドラミング。
あらためて、りっちゃんのドラムが好きだなぁと思いました。

それから今回会場にいて、ニコルズのライブはオーディエンスまで含めて心地良いのだということに気付きました。
小さなお子様がライブ中にあんなに楽しそうなバンドってなかなかいないんじゃないかと思います。
MCやコール&レスポンスでのユーモアもそうですし、ライブの雰囲気自体が聴く人を限定しない適度な温もりのあるものなのだと思います。
もちろん楽曲の良さ、4人のグルーヴという音楽的な強度があるから、老若男女が楽しめる。
それがニコルズのライブなのです。


りっちゃんが脱退するまでにもう一度何らかの形で北海道に来たいという言葉もありましたので、淡く期待しつつ。
現体制最後のライブとなるのは、9月4日の横浜・大さん橋ホールでのワンマン。
今までPerfumeとNegicco以外では遠征したことが無いのですが、これは観に行きたい。
前向きに検討します。
AD

Nao☆'s 28th Birthday

テーマ:
4月10日は


Negicco Nao☆ さんのお誕生日でした。






おめでとうございます!

Negiccoのリーダーというだけでなく、パフォーマンス面においても精神面においても柱となるメンバー。
誰が欠けても成り立たないNegiccoの中でも、彼女なしには存在し得ない。
それがNao☆さんです。

器用で多才。
イラストやネイルだけでも仕事ができそうなくらい。
トークで咄嗟に駄洒落を思いついたりお笑い芸人のギャグを応用したりするのは頭の回転が速いからであり、人によっては「Nao☆ちゃんが滑ってた」と言うけれど、それは我々よりもNao☆さんがずっと先を行っているからだと私は思っています。
なのでこれからも気ままにその発想力を開放してほしいです。


Negiccoはメンバーそれぞれ素晴らしい声質を持っていますが、歌における中心で芯となっているのはNao☆さんの歌声です。
そのNao☆さんですが、最近歌い方を変えたそうです。
確かにライブを聴いていても良くなったように感じますし、最新曲「矛盾、はじめました。」のNao☆さんは特に素晴らしいです。





それからNao☆さんは生粋の舞台人だなと思います。
Nao☆さんの舞台上での対応力、アドリブを見ていると、それを「天然」ともとれるかもしれませんが、経験だけでは修得し得ないような天性の勘みたいなものがあるのかなと。
私はNao☆さんのそういう部分に惚れ込んでいるし、それこそNao☆さんにとってこの仕事は天職なのではないかと思います。




私はNao☆さんの横顔が大好きなのですが。
年々若々しくなっていますよね。
アイドルは年齢じゃないんです。

とはいえ、どんなハードスケジュールでもピンピンこなしてしまう年齢ではないし、先週のように体調を崩してしまうこともあるので、決して無理はしないでほしいです。
日本武道館でのワンマンライブを目標に掲げていますし、さらなる高みに上ってほしい思いもありますが、やはり健康であることが一番だと。
健康第一に、幸せな一年になりますように願っています。


AD