ブルブルシェンコのブルブリズム

その手を叩こう、Clap Your Hands!

【INFORMATION】

田島貴男(ORIGINAL LOVE)プロデュース!!
 Negicco NEW SINGLE『サンシャイン日本海』
  <初回限定盤A>            <初回限定盤B>
  サンシャイン日本海<初回限定盤A>サンシャイン日本海<初回限定盤B>
  <初回限定盤C>            <通常盤>
  サンシャイン日本海<初回限定盤C>サンシャイン日本海<通常盤>
  <7"シングルレコード>
  サンシャイン日本海<7
 14/8/4付 オリコンシングル週間 11位
 14/7/25付 オリコンシングルデイリー 2位

矢野博康(Ex. Cymbals)プロデュース!!
 Negicco 2014年第1弾SINGLE『トリプル!WONDERLAND』
  <初回限定盤A>            <初回限定盤B>
  トリプル!WONDERLAND<初回限定盤A>トリプル!WONDERLAND<初回限定盤B>
  <初回限定盤C>            <通常盤>
  トリプル!WONDERLAND<初回限定盤C>トリプル!WONDERLAND<通常盤>
  <7"シングルレコード>
  トリプル!WONDERLAND<7
 14/4/28付 オリコンシングル週間 16位
 14/4/20付 オリコンシングルデイリー 5位

『Negicco RADIO』 Ustream放送
 毎週月曜日19:30頃~ 
 http://www.ustream.tv/channel/negicco-radio
 メールは 765@fmkento.com まで。

Negicco LIVE DVD
 『「Melody Palette」~お気に入りのパーティーへ~』

  「Melody Palette」~お気に入りのパーティーへ~

NONA REEVESジェーン・スー参加!!
 Negicco 2013年第3弾SINGLE『ときめきのヘッドライナー』
  <初回限定盤>            <通常盤>
  ときめきのヘッドライナー<初回限定盤>ときめきのヘッドライナー<通常盤>
 13/11/18付 オリコンシングル週間 20位
 13/11/5付 オリコンシングルデイリー 14位

◎豪華アーティスト参加、結成10周年初のオリジナル・フルアルバム!!
 Negicco 1st Full Album『Melody Palette』
  Melody Palette
 TX系『JAPAN COUNTDOWN』13/7/28付アルバムチャート 15位
 全曲試聴はこちら→ http://youtu.be/qzxZ4WMh-vs
NEW !
テーマ:
7月22日にリリースされましたNegicco(ネギッコ)のニューシングル『サンシャイン日本海』。
本人もファンもオリコンウィークリートップ10入りを目指していました。

発売日からの『サンシャイン日本海』のオリコンシングルデイリーランキングの推移は


21(月)  3位
22(火)  21位
23(水)  19位
24(木)  42位
25(金)  2位
26(土)  9位
27(日)  4位


デイリーではトップ10が4回、最高位が2位で稼ぎ時の土日もトップ10。
他のシングルのフラゲ日である22日の21位と24日の42位が気になるとはいえ、土日の結果が良かったので淡い期待を持って発表の日を待ちました。

そして発表された、8月4日付オリコンシングルウィークリーランキング。




11位 でした。


正直言うと、この結果は悔しいです。
トップ10まで指がかかるか…くらいのあともう少しの位置でしたから。
オリコンの結果がマスメディアや一般層の価値観の指標になってしまっている現在、10位と11位では彼らに与える影響は大きく違うのです。
1つしか違わないのに、そのキャッチーさが全然違う。
それにより舞い込んでくる仕事の量も異なってくることでしょう。
皮肉なものです。
それに個人的な思いとしては、「ねぎっこ」をいまだに嘲笑する新潟県民の見る目を変えてほしかった。
オリコントップ10という大きな結果によって…


それだけでなく、Negiccoは自分たちのために素晴らしい楽曲を作ってくださった田島貴男(ORIGINAL LOVE)さんの想いに応えたいという想いがありました。
だから、Negiccoは今回結果がほしかった。
ファンもNegiccoの想いに応えるためにめちゃくちゃ必死になった。
確かにファンがCDを買い占める行為は私もあまり好きではないけど…
怪訝に思った方もきっといるでしょう。
ただ彼らの情熱だけはどうか分かってほしいです。


あと一歩。
トップ10に入るためには何が必要か。
まずは近年でトップ10のボーダーラインといわれる1万枚をクリアすること。
そのためには東京と新潟でのみリリースイベントを行う今回のスケジュールの組み方は改めるべきです。
(これは以前こちらのブログにも書きました)
予約会イベントや2週目以降を含めたリリースイベントを東京と新潟だけでなく大阪や名古屋、あるいは他の地域で行い、その地域の音楽リスナー(特にCDショップに足を運ぶような)に浸透させることが必要です。

もう一つは、より多くの一般のリスナーにNegiccoの、特に音楽性の部分を知ってもらうこと。
手っ取り早いのはテレビの音楽番組で取り上げられること、あるいはラジオでのパワープレイなど、マスメディアで宣伝してもらうことですが、現状ではなかなか厳しい。
そんなNegiccoにできることといえば、ソーシャルメディアを上手に活用することだと思うんです。
YoutubeにT-Palette RecordsではないNegiccoの公式チャンネルを開き、ライブ映像やコメント動画、ネット番組などでNegiccoの魅力を積極的に発信していく。
マスメディアに食いついてもらうような話題作りをするというのも一つの手です。

とにかく、Negiccoはまだまだ知られていません。
一般の新潟県民で言えば「ねぎっこ」を知っている人は多くても、Negiccoの楽曲、現在の活動を知っている人は一握りもいないと思います。
そんな彼らにNegiccoを知ってもらうために、今回学んだことを活かしてチームNegiccoはできるだけの知恵を絞って戦略を立ててほしいと願っています。

それから我々にもできることもあるんですよ。
ソーシャルメディアで一人一人がNegiccoの良さをもっと積極的に発信していくこと。
地元のラジオ局や有線にNegiccoの楽曲をリクエストして流してもらうこと。
私の地元・北海道のラジオ局でも何度かNegiccoの楽曲がリクエストによって流れています。
かくいう私もリクエストをして通ったことがあります。
皆さんもきっと採用されるので、ぜひチャレンジしてみてください。


念願のトップ10は適いませんでしたが、それでも自己最高の推定売上枚数9,376枚。
2週目には累計1万枚を超えるかもしれません。
田島さんがNegiccoのために作ってくださった名曲「サンシャイン日本海」は永く売れ続けるべき素晴らしい作品だと思います。
ですので、リリース週は過ぎましたが、興味を持って聴いてくださるリスナーが少しでも増えてくれることを願って、私は引き続き「サンシャイン日本海」の、Negiccoの魅力を微力ながら伝えていきたいと思っています。







各界の著名なミュージシャンに愛されているNegicco。
それだけ楽曲、歌声の評価が高いのです。
食わず嫌いせず、とりあえず聴いてみませんか?
あなたの世界が変わるかもしれませんよ。

Negicco『サンシャイン日本海』、今一度よろしくお願いします。



ちなみに「Billboard JAPAN Hot Singles Sales」では 7位 で、メインチャートとなる「Billboard JAPAN Hot 100」では 15位 でした。





こちらのランキングのほうが嬉しかったりします。
特に「Billboard JAPAN Hot 100」はセールス、エアプレイ、iTunes、Twitter、CDDBの情報を総合したチャートですので、オリコンよりもこちらで上位に入ったことのほうに意味があるかなと思います。
「Billboard JAPAN Hot 100」で「サンシャイン日本海」がどれだけ粘れるかに今後期待したいです。
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
ニューシングル『サンシャイン日本海』をリリースしたNegicco(ネギッコ)。

あの音楽ニュースサイト「ナタリー」にて、シングルのリリースを記念してNegiccoの特集が組まれました。
Negiccoと田島貴男(ORIGINAL LOVE)さんのスペシャル対談です。
両者のファン、あるいはこの話題のコラボに興味のある方はぜひご覧ください。



Negicco「サンシャイン日本海」リリース記念特集 - 音楽ナタリー Power Push
http://natalie.mu/music/pp/negicco02





ノリノリの田島貴男さん。
すっかりNegiccoのファンになってしまったそうです。
嬉しいなぁ。

ソウルフルな泣けるNegiccoというのもいつか聴いてみたいです(笑)
いいね!した人  |  コメント(3)
PR

テーマ:
Negiccoのニューシングル『サンシャイン日本海』がなんと…





7月25日付オリコンシングルデイリーランキング 2位 です!!

おめでとうございます!!


昨日はタワーレコード新宿店にてリリースイベントを開催したNegiccoさん。
その様子はナタリーのレポートをご覧ください。


Negicco、夜の屋上でハチャメチャスイカ割り - 音楽ナタリー
http://natalie.mu/music/news/122095


本人たちもCDを完売させるとこれまでにない強い意気込みで臨んでいたそうです。
そして見事に宣言通りに完売。
このイベントに合わせて新宿店は近くの店舗の在庫を集結させたそうですが、それもすべて売り切ったわけです。
2位という結果はNegiccoさん、関わるスタッフの皆様、そしてイベントを盛り上げよう、完売させようと頑張ったファンの皆様の力がもたらしたんだと思います。
ファンも含めたチームNegiccoの団結の力は想像をはるかに超えていましたね。
皆様、本当におめでとうございます。

さあ、一頻り喜んでここからは現実的な話。
ここまでのデイリーの推移は

3→21→19→42→2

ウィークリートップ10を目指しているNegicco。
正直どうなるかまったく読めません。
ただ残り2日にかかっていることは確かです。

そこで私からもお願い。
数少ないこのブログを訪れてくれたあなた。
これを運命だと思って、皆さんにも1枚貢献してほしいのです。
Negiccoの悲願、ウィークリートップ10にぜひお力添えをお願いします。







「サンシャイン日本海」「フェスティバルで会いましょう」どちらも色の異なる素晴らしい曲です。
初回限定盤Cのリミックスもこれがまたアーバンな出来で良いんですよ。
現在ここまでハイクオリティーなポップスを継続して生み出している、ハイアベレージヒッターなアイドル、アーティストってなかなか少ないんじゃないかと私は思います。
Negiccoはローカルとかアイドルとか云々は関係なく、一流のポップグループだということをそろそろ分かってほしいです。
(特にマスメディア方面ね)




私も新たに7インチアナログ盤と初回限定盤Aを追加購入しました。
皆様もお手元に1枚いかがですか。
いいね!した人  |  コメント(0)
PR

テーマ:
昨日7月22日、Negiccoのニューシングル『サンシャイン日本海』がリリースされました。

フラゲ日となった21日、Negiccoは「AOMORI ROCK FESTIVAL '14~夏の魔物~」に出演。
私も青森に遠征しまして、物販でCDをフラゲしました。
(「夏の魔物」の感想ブログは後日書きます。いつになるかな…遅筆)




とりあえず3種類ゲット。
帯コメントがめちゃくちゃ豪華で、7インチアナログ盤が小西康陽さん、初回限定盤Aが大槻ケンヂさん、初回限定盤Bが和田唱(TRICERATOPS)さん、初回限定盤Cが南波志帆さん、通常盤がハマ・オカモト(OKAMOTO'S)さんなんです。
すごいでしょ。

もちろん縁の無いところにビジネスライクに依頼したわけではなく、以前からNegiccoを愛してくださっている方々で。
小西康陽さんは「アイドルばかり聴かないで」をプロデュースして、Negiccoの主催イベント「Road of Negiiiiii」にもDJで出演してくださって。
大槻ケンヂさんは昨年の「夏の魔物」でNegiccoと邂逅して、その後自身のコラムに「アイドルばかり聴かないで」について書いてくださって。
和田唱さんはKaedeさんがTRICERATOPSの大ファンでツイッターで親交があり、Kaedeさんが直接帯コメントをお願いしたら快諾してくださったそうで。
南波志帆さんはNegiccoと何度もライブで共演し親交が深く、もはやラブラブの関係で。
ハマ・オカモトさんはNegiccoとツイッターで親交があり、自身のラジオでNegiccoの曲を気に入ってかけてくださったりという間柄です。



そんな著名なアーティストの方々に愛されてるNegicco。
フラゲ日のオリコンが発表されまして…






7月21日付オリコンシングルデイリーランキング 3位 でした!!

Negicco自己最高位&初のトップ3入り!
おめでとう!!

変則的な発売日が奏功したとはいえ、現実的な目標としてウィークリートップ10を目指すNegiccoにとって上々のスタートではないでしょうか。
しかも、Perfumeより上!
発売日が1週違うし1日だけとはいえ、Perfumeより上!(笑)
Perfumeに憧れをもっているNegiccoですから、ついにここまで来たという感じですね。





ホント、美しい曲ですよね。
とくに1サビ終わりから間奏の流れの美しさが私にはたまらんです。
綺麗な三声コーラスも最高。
インストを聴くとコード進行とかでも泣けてきます。
シンプルな作りに見えて、すごく凝っている素晴らしい曲。

こんなに素晴らしい曲なんですから、売れて当然、売れなきゃどーかしてるぜ!
ということで皆様、Negicco『サンシャイン日本海』ぜひゲットしてみてください!
いいね!した人  |  コメント(1)

テーマ:
Road of Negiiiiii ~Negicco One Man Show~

日時:2014年7月11日(金)19:00~
会場:渋谷WWW
出演:Negicco、DJ LEGENDオブ伝説 a.k.a サイプレス上野




今年初のNegiccoのワンマンライブが渋谷のライブハウスWWWにて開催されました。
当日は台風8号の影響も無く、私も遅れることなく無事に北海道から遠征して見に行くことができました。







WWWは何度か来たことがあるのですが、フロアに段差のある作りになっていて見やすく、スクリーンを使った演出にも長けており音響も良いので、東京では指折りの好きな箱でして。
NegiccoもWWWで見たいなと思っていたところにこのワンマンライブが組まれたので、遠征を即決しました。

LEGENDオブ伝説 a.k.a サイプレス上野さんがDJを務める中で開演待ちをするという贅沢な時間の使い方。
ヒップホップやアイドルソングなどを流し、要所では見事な煽りと生のラップでフロアを温めてくれました。


暗転し、ライブがスタート。
いつものNegiccoのライブとは明らかに異なる出囃子に意表をつかれます。
浮遊感のあるストリングスが特徴的な出囃子。
これは長谷泰宏(ユメトコスメ)さんが手がけたものだそうで、確かに言われてみれば納得です。

Negiccoは「サンシャイン日本海」の衣裳で登場。
この衣裳は新しいアー写が解禁されたときから大好きなんですけど、生で見たら最高にかわいいです。
1曲目は「パーティーについて。」。
メロディーラインが複雑でダンスも激しい曲ですが、出だしから丁寧に歌っていて良い感じ。
それからノンストップで最近のライブでのキラーチューンを連発。
“ざんねーん!!”のコールで一際盛り上がる「アイドルばかり聴かないで」が早くも5曲目に登場。

Nao☆さんが自己紹介で名前を言い忘れるハプニングがありつつ。
MC明けは“サマーメドレー”。
メドレーの1曲目「ネギさま!Bravo☆」から音を止めてスイカ割りを始めるという斬新な演出。
学生時代に剣道部だったMeguさんが割る人を担当。
スイカをそそくさと運んだりスイカFKを決める裏方なKaedeさんが面白くて。
ドタバタながらなんとかスイカ割りが成功して“スイカ割りの思い出は♪”と歌うオチをつけるのがNegiccoらしい。

それからの流れも良かったです。
大好きな「あなたとPop With You!」に高まり、「トキメクMERMAID」「Summer Breeze」と最近のライブではレアな曲の連続。
Negiccoの夏ソングは絶品ですからね。
そしてメドレーの締めは「サンシャイン日本海」。
「Summer Breeze」終わりからいきなりイントロが流れて、それがちょっとしたサプライズ的な感じで心が震えました。
ライブで見る「サンシャイン日本海」は良すぎますね。
優しい響きの歌声が素晴らしくて感動しました。


白いショートパンツの爽やかな新衣裳に着替えた後半は「ニュートリノ・ラヴ」「スウィート・ソウル・ネギィー」「アノソラヘ」といった最近のライブでは披露しない名曲の数々を畳み掛ける。
以前にライブで聴いたときよりもゴージャスな響き。
Negiccoの歌声の進化を感じます。
そして「アノソラヘ」のMeguさんは一際輝きますね。
センターで踊るときの自信に満ちたキレッキレのパフォーマンスはスターそのもの。

続いて「圧倒的なスタイル」。
これが以前のワンマンライブから大きく変わった点ですね。
ライブの締めのとっておきではなく、流れの中でさらにライブに熱量を加えるための選択肢の一つになっている。
AメロでKaedeさんとMeguさんがそれぞれ歌っているときにNao☆さんが不思議な動きをしていて、それがかわいかったです。
ラインダンスをするNegiccoの後ろのスクリーンにリアルタイムで観客のラインダンスの映像が映し出されて、素晴らしい眺めでした。

本編の締めは「トリプル!WONDERLAND」。
“せーの!N.E.G.I.C.C.O!Shake it!Do it!Make it!Negi!”
Negiccoと観客が一体となって叫びます。
熱狂という言葉が当てはまる盛り上がりでした。


“アンコール!ネギ!”の掛け声に応え、音源初公開となる「あなたとPop With You! (Avec Avec Remix)」がVJの映像とともに流れます。
続いてconnieさんの顔がスクリーンに登場し、「みんな楽しんでる?」と呼びかける。
connieさんの“P-kiesウィンドウ”(「ポンキッキーズ」で出演者が四角い枠を書いて次のコーナーに渡すやつ)があり、Tシャツ姿のNegiccoが登場。
新曲の「フェスティバルで会いましょう」を初披露しました。
WWWの音響で聴くとキックに迫力がありますね。
大きな会場でも踊れそうな4つ打ちサウンドです。
Negiccoは優れた振付がたくさんありますが、この「フェスティバルで会いましょう」の振付もとてもかわいくて好きですね。
宮田ちゃん先生さすがです。
間奏ではミュージックビデオでアニメーションのNegiccoが踊っている動きを取り入れていて、観客もその動きに合わせて踊ると楽しさ倍増じゃないでしょうか。



(3:00~のカモのような動きのダンス)


最後のMCではお知らせが2つありました。
一つは9月6日の新潟・りゅーとぴあ劇場でのワンマンライブのチケットがソールドアウトしたこと。
二つはりゅーとぴあのワンマンライブではバンド編成で何曲かパフォーマンスをすること。
バンド編成でのNegiccoのライブが見られるということで、めちゃくちゃ楽しみですね。

「さよならMusic」、そして最後は「ときめきのヘッドライナー」。
「ときめきのヘッドライナー」という新たな武器を手に入れたことは大きいですね。
曲中の煽りに観客が全力で応えて、フロアは凄まじい熱量でした。
歌声は最後まで力強く、それでいて丁寧さを損なわずですごく良かったです。

歌い終わったNegiccoはマイクを置いて手をつなぎ、地声で「ありがとうございました!」と挨拶。
深く礼をするも力を出し切ったからか足がフラフラになり床にへたり込む。
起き上がったKaedeさんは髪がぐしゃぐしゃのまま笑顔で、その笑顔から本人にとって充実のライブができたということが伝わってきました。

再び起こる“アンコール!ネギ!”の掛け声に応えて、Negiccoと熊倉マネージャーとconnieさんがステージに登壇します。
おっちゃん的な熊倉マネージャーと、兄ちゃん的なconnieさんも含めて、チームNegiccoからは家族のような絆を感じます。
ファンも皆このチームが好きなんですよね。
一本締めをした後、チームNegiccoは「フェスティバルで会いましょう」の間奏のダンスでステージ上をぐるぐる回って退場。
実にチームNegiccoらしい締め方に笑いが起こり、とても和やかな雰囲気でライブは終了しました。




---- SET LIST ----

M01 パーティーについて。
M02 ネガティヴ・ガールズ!
M03 Negiccoから君へ
M04 イミシン☆かもだけど
M05 アイドルばかり聴かないで

M06 ネギさま!Bravo☆
M07 あなたとPop With You!
M08 トキメクMERMAID
M09 Summer Breeze
M10 サンシャイン日本海

M11 ライフ・イズ・キャンディ・トラベル
M12 ルートセヴンの記憶

M13 相思相愛
M14 ニュートリノ・ラヴ
M15 スウィート・ソウル・ネギィー
M16 アノソラヘ
M17 圧倒的なスタイル
M18 トリプル!WONDERLAND

EN01 フェスティバルで会いましょう
EN02 さよならMusic
EN03 ときめきのヘッドライナー




今回のワンマンライブはNegicco史上一番に充実していたんじゃないでしょうか。
生歌で35曲をやりきった昨年の新宿BLAZEと、初めてのホールで10周年の集大成的なライブだった新潟テルサを経験して。
Kaedeさんが大学を卒業してNegiccoに専念できるようになってからは、ギアが上がったかのようにNegiccoのパフォーマンスが進化していきました。
その積み重ねが今回のワンマンライブのパフォーマンスに繋がったのかなと思います。
全体的に丁寧に歌っていて、パフォーマンスに切れがあり、余裕みたいなものを感じました。
本人達のステージ上での表情にも自信が表れていました。

今のNegiccoはパフォーマンスが軌道に乗っていますね。
このパフォーマンスを継続して進化していけばさらなる高みへ辿り着けるはず。
今夏は国内大型ロックフェスの「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」と「SUMMER SONIC」、世界最大のアイドルフェスの「TOKYO IDOL FESTIVAL」も控えていますし、その大舞台で新たなファンをどれだけ獲得してくれるか楽しみです。



Negicco東京ワンマン大成功で12年目に弾み - 音楽ナタリー
http://natalie.mu/music/news/121115



(T-Palette RecordsのYoutubeチャンネルには“サマーメドレー”が上がっています。
スイカ割りもばっちり見られますよ)



(新グッズではこの「日本海へ連れていっ手ぬぐい」を購入。これは傑作だと思います)



田村歩美さんがNegiccoのライブを見に来ていたことが今回の最大の驚き。
どういった縁で見に来てくれたのだろう。
いいね!した人  |  コメント(3)

[PR]気になるキーワード