釣り好きオヤジの気まぐれ日記 ~徒然なるままに~

  趣味や子供との遊びなど気ままに書いてます


テーマ:
急遽ボートアマダイに出撃してきました。

場所は真鶴福浦、約3年ぶりの来訪です。

小田原へ前のリして始発電車で到着、真鶴駅はまだ真暗でした。
連絡して迎えの車に来てもらいます。


心臓破りの坂道を下ると到着。
エトウのオヤジさんの笑顔変わってなかった〜(^^♪

オヤジさん腕を怪我したようで腫れた手で痛々しく作業していました。
お昼に病院に行くので11時までに着岸してほしいと。

風も微風一日手袋不要な暖かさ、冬にしては最高のコンディションでした。

まだ薄暗い時間ですが離岸します。
港前で準備していると徐々に明るくなってきました。




真鶴半島の突端、名勝三ッ石を望む


最高の景観これだけでもきたかいありました。

今回はバッテリーケースがまだ治っていないので魚探はなし。
過去の釣行では魚探のGPSが活躍しているので若干心配です。

過去に実績があった石切場前、90mラインから始めました。

最初は雑魚の活性もよくありませんでした。
もちろん本命の反応ナッシング。

可哀想なくらい小さいのがきました(^^)


逃しても深場から上がったアマダイはダメなので頂いて供養します。

レンコダイと相変わらずトラギスの活性が高かったです。


胴付き仕掛けに良型のホウボウ


食べて美味しいヒメコダイきたー!
懐かしさを感じます。


トラギスのラッシュがありアマダイの釣り方を忘れていました。

徐々に思いだしながら待望のアマダイに出会えました。

型には恵まれませんでしたが次回の課題とします。

また来まーす(^^)/

【釣果】

アマダイ 9

ヒメコダイ 1

ホウボウ 2

レンコダイ リリース

トラギス リリース



 

【釣行記録】

日時:2018年1月21
場所:福浦
船宿:エトウボート
天気:晴れのち曇り
風:微風

波:凪

ポイント:石切場前
潮汐:中潮 満潮8:09 干潮13:52
潮:澄み潮
水温:-
同行者:なし


【タックル】

①ロッド:加太真鯛230

リール:カルカッタコンクエスト201

ライン:PE3

オモリ:40号

ロッド:アルバトロスファーストライト180ML

リール:カルカッタ800F

ライン:PE3

オモリ:40号


【最後に】

エトウのオヤジさん身体お大事にしてください。


・置き竿で2本出してみましたが、手持ちの誘いを止めるとトラギスかレンコダイの餌食になりました。

二兎を追ってもダメですね。


・竿は長さ180のより230の方が誘いが大きくなりアマダイには使いやすいと感じました。

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

新年一発目のボート釣りに行ってきました。

 

場所は観音崎。

 

バスを降車し観音崎を望むとちょうど朝日が昇り始めたところ、これだけでも来たかいがありました。

 

東京湾を眺めながら深呼吸します。

 

 

台風の爪痕がまだ残っています。

まだ補修できていません。

 

予算がないのかな。

 

 

京急ホテルからつながる観音崎の景観、観光客が沢山来るシーズン前までに治したいですよね。

 

おやじさん、さとしさんに挨拶をしてどのポイントに入るか考えます。

 

ゆっくりと準備して離岸。

 

アジを狙いお土産確保してから赤い魚を狙いたいところです。

 

 

魚探をセットして数分すると、野焼きの臭いがします。

 

誰か何か燃やしてるのかな、臭いなー!!

 

魚探の画面が消えています?

 

後ろを振り返りバッテリーが入っているタックルボックスを見ると

 

タックルボックスから煙がモクモク(*'▽')

 

燃えてるの俺かよ。

 

もしやバッテリーか!

急いで電源ケーブルを外します。

 

バッテリーケースが発熱で溶けています。

 

アチチ、アチチ(>_<)

 

急いでチンチンに熱くなっているバッテリーをケースから外します。

(単三ニッケル水素×10本直列)

 

濡れることだけ気にすれば問題ないと考えていました。

 

不吉な予感・・・。
 

ポイントはホテル沖の深場を選択、アンカーを入れて狙い通りアジが釣れました。

 

しかし、アンカーが少しずつ流されいき止まりません。

20~30mくらい流されて根の上で止まりした。

 

ここじゃねーよ。

 

アンカーを引き上げてもう一度入れなおします。

 

少しずつ流されてまた同じところに止まります(=_=)

 

更にもう一度アンカー入れなおしますがまた同じ場所まで流されて止まります。

 

だめだこりゃ(^_^;)

 

ロングハリスを下す時に仕掛けに巻き込まれて

 

ポチャン

 

誤って竿受けを奉納・・・( ゚Д゚)

 

 

岸よりに観音崎の王者(変態)k-aoruさんがいます。

 

いつも安定感のある釣り師、最近私の中ではマジシャンです(笑)

 

 

ハリスを切られるので気になっていましたが犯人はこいつ。

 

怒ってどんどん膨らんできました。

顔は可愛いが厄介なやつ、あっちへいけ!

 

 

場所を変えたいのでアンカーを抜こうとしましたが抜けません。

 

ボートを潮上に漕いで外そうと試みましたが全然ダメ((+_+))

 

潮流が速くアンカーがはまり込みボートと自分の体重、ロープは重くてどうにもなりません。

 

しかたなく潮が緩むまではここでやることに、根の上なので釣れるのは時々カサゴ、ベラ。

 

最後の1時間は泳がせを出してみましたがノーフィッシュ。

 

片付けをしながらオキアミでプリンちゃんに遊んでもらいます。

 

 

潮が緩み風向きも変わるとアンカーは嘘みたいに簡単に外れました。

 

アンカーを上げ切ってさあ帰ろうと着座すると

 

なんですとー!!

 

オールが片方ありません。

 

オールも奉納かよ。

 

アンカー上げに夢中になってオールが流されたことに全く気がつきませんでした。

 

どうしようか考えている間もボート流されています。

 

ここは観音崎オール1本では帰れません。

 

このままいくと東京湾の藻屑に・・・(^^;)

 

冷静になってボート屋に電話するとつながりません('◇')ゞ

 

早く出てくれーと願っていると2度目の電話でおばちゃんが出てくれました。

 

場所を伝えるとすぐ来てくれると返事をもらえました。

 

おばちゃんオール見えてるかって、オールの心配かよ(笑)

 

おやじさんがオールをもってきてくれました。

助かりました、ありがとうございますm(__)m

 

オールを受けとって急いでボート屋へ帰還、新年一発目のボート釣りいろいろとハプニングがありました。

 

お祓いでも行ってこようかな。

 

その前に釣具屋に行って竿受けだ(笑)

 

【釣果】

アジ 3

カサゴ 2

 

【釣行記録】

日時:2018年1月6
場所:観音崎
船宿:なかねボート
天気:晴れ
風:午前中北寄りの風3~5m/s程度

午後 南寄りの風1~2m/s程度
波:凪

ポイント:正面
潮汐:中潮 満潮8:00 干潮13:28
潮:澄み潮
水温:-
同行者:なし

 

【タックル】

①ロッド:アルバトロスファーストライト180ML

リール:幻風201

ライン:PE2

オモリ:サニーカゴFL+80号

 

②ロッド:ライトゲームBB-190S

リール:カルカッタコンクエスト201

ライン:PE3

オモリ:サニービシFL80号

 

③ロッド:加太真鯛

リール: カルカッタ800F

ライン:PE3

オモリ:40号

 

【最後に】

・なかねボートのおやじさん、さとしさん、おばちゃんいろいろとご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。

 

・海上では連絡手段が命綱であること実感しました。

電話をしたときにスマホのバッテリー残量は20%切っていました。

次回から予備のバッテリーを持ち込みたいと考えます。

 

魚探用バッテリー発熱の原因は?後で考察したいと思います。

 

・アンカリング、観音崎の場合は通常のイメージよりもかなり潮上で投入するのがポイント。

流されながらどこかに引っかかれという感じで、手前で止まった場合はロープを出して調整する。

 

・笑い飛ばしていますがお店の備品を無くしたことで費用は発生しています。

(念のため読まれたかたが勘違いしないように書いておきます。)

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

2年連続で新春タチウオ釣りに参加してきました。

 

船宿は小川丸にお世話になりました。

 

年末から連戦のタチウオ釣行、気合十分です。

 

今年は12名、左右艫から6名ずつの座席です。

 

汗汗の釣りが続いて写真を撮り忘れました・・・。

 

久里浜沖現着。

 

少しずつ船団が出来上がってきていますがまだ探り合いのような感じで魚の姿は見えません。

 

 

徐々に太刀魚船団が出来上がってきます。

 

 

早々に2本取りますが後が続きません。

 

この後すぐに高切れ150mロスト

また新品のPEが・・・( ゚Д゚)

 

次に棚へ仕掛けを入れようとするとぎりぎりで棚まで届きません(>_<)

 

20mのPEを分けていただき巻き直すことで棚に入れることができました、

シーラブさんありがとうございました。

 

船中あちこちで高切れはあったみたいです。

 

しかし舞台は更なるディープゾーンへ突入、予備のレオブリッツに交換します。

 

 

いろいろと誘ってみますが活性が上がらず回りもポツリポツリとしか釣れていません。

そのためこれがいいという誘いが全く見えてきません。

 

時間だけがどんどん経過、考えても答えがでない状態が続きます。

 

最後まで粘りますが

 

チーン終了~♪

 

タチウオって、時間帯で釣れるパターンが変化して難しい魚ですが、面白いですね(^^♪

 

 

皆様本年もよろしくお願いいたします。

 

幹事の大吟醸さんいろいろとご尽力ありがとうございました。

 

 

【釣果】

タチウオ 6

 

釣ったタチウオはかみさんの実家のお年賀となりましたので料理はありません。

 

【釣行記録】

日時:2017年1月3
場所:大津
船宿:小川丸
天気:晴れ
風:風速5~10m/s前後

波:うねりあり

ポイント:久里浜沖150~190m
潮汐:大潮 満潮6:18 干潮11:29
潮:澄み潮
水温:?
同行者:右舷 関根さん、k-aoruさん、大吟醸さん、姉さん、ブライアンさん、Yさん

左舷 いけぼさん、シーラブさん、buru、芋焼酎さん、ユタさん、紋次郎さん

 

【タックル】

ロッド:ライトゲーム CI4 82H190

リール:シーボーグ200J → レオブリッツ300J

ライン:PE2号、PE4号

オモリ:100号、80+20+15号

 

【最後に】

・今回は終始パターン全く掴めず。

小川丸のもう一艘と並走しているときにその船の胴の間に乗船していた女性の真似をしたら1匹取れました。

このときは非常にスローな誘いだった。

 

・活性のあった時間帯に高切れ対応で時間をロス。

釣果をあげていくには地合いタイミングを逃さないことがポイントだと感じた。

 

・船宿指定80号ですが、150m超える場合は100号必須、場合によっては120号があったほうがいいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。