2014年03月22日(土)

viva嘘・偽善、ようこそ世界へ

テーマ:「まこっちゃ」の感謝

以前、『人』という題の詩を書いたことがあります。
(→【ダムの決壊】 -【詩】 2003年1月22日)
こんな詩です。




『人』


手を差しのべてくれたのは誰?
私を受けいれてくれたのは誰?
ひとりでは どうにもならなかった
私の背中を軽く押してくれたのは誰?

今度は私も誰かの背中を軽く押そう
私を見守ってくれた、
  たくさんの温かい眼差し

私のところまで下りてきてくれたのは誰?
一緒に並んで
  同じ世界を眺めてくれたのは誰?
大勢の人に 支えられて生きてきた
私が支える人は誰?

今度は私も誰かに手を差しのべよう

今度は私が見守って、
 たくさんの温かい眼差しに育まれた

 二つの温かい目になろう




この詩を書いてから10年以上が過ぎましたが、
やはり今でも、この思いは変わりません。


息子が生まれた時には、『ようこそ世界へ』 という記事を書きました。
もしも、愛とか優しさが嘘や偽善だというのなら、
僕は、そんな嘘や偽善に支えられて生きてきましたし、
僕も、そんな嘘や偽善で息子をこの世界に迎えたい。


いつか、息子自身がそれを見破り、
息子自身の価値観と考え方で生きていくようになる日が来た時に、
「息子をこの世界に迎える」という僕の役割にも、一応の終止符が打たれるのでしょう。
その日を楽しみにしながら、でも、その時が来るまでは、
かつて僕がしてもらってきたような嘘や偽善で息子と向き合い、息子を支えていきたい、
と、僕は思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「「まこっちゃ」の感謝」 の記事
2011年03月10日(木)

自分本位宣言

テーマ:「まこっちゃ」の感謝

頼ろう。
もっと、わがままになって叱られよう。
怒られよう。


もっと迷惑極まりない人間になって、
筋なんかぜんぜん通らなくなって、それでも生きて、
感謝しよう。
たとえ“困ったやつ”でも、
罪悪感に押し込められながら重圧感をまとって生きるより、そのほうが遥かにましだろう。




だから、もう
ありったけのごめんなさい!!!
そして僕は、これからもっと好きなように生きる。


僕を応援してくださる方々に、心から感謝しながら。
その方々に、この先、どう思われることも覚悟しながら。


ただし、どう思われても僕は決して忘れない。
感謝。


きっと僕は、いい人生を歩みます。




「何がいい人生なのか」
なんて、野暮なことは訊かないでくださいね。
僕が「僕はいい人生を歩む」と思っている、それだけのことです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年03月06日(日)

間違ってない

テーマ:「まこっちゃ」の感謝

ありがたい。
こんな僕のために時間を割いて、
助けてくれる人がいて、
教えてくれる人がいて、
心配してくれる人がいる。


その人たちに支えられて、今の僕がいる。


相変わらず頑固で、自信を持てないでいるけれども、
根っこの部分では間違ってなかったのかな、・・・と思える自分がいる。
今の自分も根本的には間違っていないのだろう、と図々しくも思っている。
(個々のことに関しては、謝ってばかりだけど。)




僕を育ててくれる世界に感謝して、
明日も、気を取り直して前へ進もう。
皆様のお蔭です。
本当に、ありがとうございます。


そして、いつも勝手なことばかり言ってごめんなさい。
もう少し広い視野で物事を見ることができるよう、心がけます。
こんな僕ですが、これからもどうか宜しくお願い致します。

AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
2010年03月07日(日)

他力本願

テーマ:「まこっちゃ」の感謝

この一週間、いろいろなことがあった。
本当に、多くの人に支えられ、生かされていると思う。


いろいろな接点、
いろいろな次元、
いろいろな場面で、
この頑固な僕を、励まし、手を差し伸べてくださった方々に、
衷心より感謝申し上げます。
これからも僕は、懸命に生きていきます。
この命、決して無駄にはしません。
引き続き、末永く、まこっちゃをよろしくお願い致します。


また、今後も、至らない点が多々あるかと思います。
せっかく貴重な助言を頂いても、僕のほうが頭が固くてそれと気づかず誤解して、
見当違いな反応を返してしまうこともあるかもしれません。
そういう時も、
もし可能ならば、どうか、
僕にも理解できるようにご教授頂ければ幸いです。




身の程をわきまえ、他力本願(本来の意味に近いほうで)を胸に刻み、
これからも精一杯生きていきます。
一緒に生きていきましょう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2009年08月21日(金)

僕は甘ったれていた

テーマ:「まこっちゃ」の感謝

僕は、たくさんの支えの中で生きている。


でも普段は、そのことも忘れ、
「自分は自分なりに懸命に生きている」
なんて思ったりして。
期待を無視し、
心配を踏みにじり、
気配りをあざ笑って、不義理を続けている。


言い訳ばかりしながら、
たくさんの支えによって与えられた時間を使い、
こうして書き物をして、誰かの役に立ったつもりになっている。
そういうことができるのは誰のおかげなのか、知らないわけではないのに、
僕は何をやっているのだろう。


何も、面と向かって改まって「ありがとう」と言うことはないのかもしれないが、
「元気?」とか、身を案じる言葉くらいかけてもいいと思う。
でも、もう夜になってしまった。
きっと寝ている頃だろう。今日は、もうタイミングを逃した。
タイミングを逃したのも、自分がその程度の気持ちしか持っていなかったからだ。




咎められても、冷たい人間だと思われても、仕方ない。
明日からは、もう少し、心ある言動のできる人間になろうと思う。
これでも一応、自己嫌悪の塊だった頃に比べれば、
「お蔭様で、こんな自分です」
と言えるようになった。


そうなれたのも、たくさんの支えのお蔭なのだ。
僕は、支えてくれた人たちに何ができるかを、もっと具体的に考えよう。
その人たちに対しては、一般論とかじゃなくて具体的にだ。
具体的に考えたら、タイミングを逃さずに行動しよう。
その人たちが、そうして具体的に僕を支えてくれたように。


・・・でも今は、タイミングを逃したばかりで、
だから、ここでこうして一般論を書き綴っている。
言葉にするだけでも、何もしないよりはマシだろう。
何度も同じ言葉を繰り返せば、自分の心にも刻まれる。
具体的な行動の取れる自分を、少しずつでも確実に広げていきたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008年07月14日(月)

感謝しつつ進め

テーマ:「まこっちゃ」の感謝

返したくても、返せない。
そもそも、返す方法がない。


一生かかっても返せないだろう。
どうすれば返せるのか、どうすれば返せたのか、
その糸口さえも見つけられずに、一生を終えていく。
だから、
返すことにこだわっていても、一生を無駄にするだけだろう。


せっかく与えられたのだ。
心の底から感謝しつつ進め。
そして、いつの日か、
別の何かを与えられるようになればいい。




太陽の光を浴びたら、花を咲かせて応えよう。
世界中のどこを探しても、
浴びた光を太陽に返そうとする花など一つもないのだから。


太陽の光を存分に浴びて、満開の花を咲かせよう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月15日(水)

無償の愛は居酒屋にあった

テーマ:「まこっちゃ」の感謝

今まで僕が出会ってきた人たちが、
たまたま、いい人たちだったのかもしれない。
もっと単純に言えば、単に僕の運が良かっただけなのかもしれない。
そもそも、日本に生まれた時点で、少なくとも経済的には恵まれていた。


だから、その分を差し引いて考えなければいけないのだろうけど、
それにしても、僕は今、心から、
「人間って素晴らしい」
と思う。




先月、アルバイトを辞めた。
その最後の日に、職場の人たち(アルバイトの先輩)と居酒屋に行った。
僕が、その席で、
感謝の気持ちと申し訳ない気持ち、それからまた機会があれば会って(成長した自分を見て)もらえたら嬉しい、という話をしていたら、
意外な反応が返ってきた。


「また会えたらもちろん嬉しいけど、まこっちゃ君の人生にとってそれは大して重要なことじゃなくて、いよいよこれから本当にまこっちゃ君の人生が始まるんだと思う。これからいろいろ大変なことが待ち受けてると思うけど、ここで働いたことが少しでもまこっちゃ君の自信になってくれたら、それが僕たちにとってはすごく嬉しいことなんだ。」


その言葉には、仕事も人間関係もなかった。
ただ、僕のこれからの人生のためだけにくれた言葉だった。
自分でもよくわからないまま、泣かされてしまった。
泣いてしまうほどつらい思いをしながら働いていたわけじゃなくて、
本当に、みな親切で、働き甲斐があって、いい職場だったのに。


真剣に悩みながら僕に仕事を教えてくれた人。
なかなか溶け込めずにいた僕を引き込んでくれた人。
僕のくだらないノリにも付き合ってくれた人。
ミスをして落ち込んでいた時、前向きな励ましとフォローをしてくれた人。
僕の欠点をきちんと指摘してくれて、僕のスキルアップを後押ししてくれた人。




僕が恵まれた環境にいたことを差し引いてでも、これだけは言いたい。
人間って素晴らしい。
悪い人間のほうがニュースになるし目立ってしまうけど、
無償の愛は、何も聖書の中ではなく、日常生活の中にたくさん転がっている。


今日も、人知れず放たれた無数の小さな無償の愛が、
この世界に満ち溢れている。
感謝してもしきれない。


いつか僕も、せめて今までに受けてきた愛と同じだけの愛を、
この世界に返していきたい。
本当にありがとう。
これからも精一杯、楽しみながら生きるつもりです。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年09月22日(金)

当たり前なこと

テーマ:「まこっちゃ」の感謝

当たり前なことが、とても、ありがたい。


日が昇る。日が沈む。
月が夜道を照らす。
雨が降る。


踏みしめられる大地がある。
いつでも吸える空気がある。
こうして感じる心がある。
今、自分は生きている。




当たり前なことのありがたみは、
それが当たり前でなくなった時、よくわかる。
人が特別なことを求めてしまうのも、
最終的に、当たり前なことのありがたみを知るためではないだろうか。



数々の当たり前なことへ、
心よりありがとう。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年08月09日(水)

叱り上手

テーマ:「まこっちゃ」の感謝

叱ってもらえなくなったら、終わりだ。
叱ってもらえることは、とてもありがたい。
かけてもらった言葉を糧に、もう一度、一歩を踏み出せる。
そのチャンスが与えられた、ということなのだから、ありがたいことだ。


叱り上手の人って、すごいと思う。
今の僕には、まだ、とても真似できない。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。