1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年08月23日(土)

世界と一体であること

テーマ:「まこっちゃ」の目標

世界と一体であることを知り尽くした時。
それは、僕が、死に対する恐怖から解放される時。
(→『続・死が怖い理由』


その時から、僕は、世界と一体であるところの生を生きるようになる。
また、そのような生き方である限り、
自分の幸せを優先 してよいのだ。


まずは、共感していこう。
もし世界と一体でないのなら、一体になるための第一歩。
もし世界と一体であれば、そのことを知るための第一歩。
・・・それが、共感したい ということであるはずだから。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年04月17日(木)

自分の感覚に従えばいい

テーマ:「まこっちゃ」の目標

機械的に捉えて、感覚的に動く。
そのためには、まず、論理に振り回されないようにしなければ。


・・・ああ、もう既にいけない。
「しなければ」と思い込んでいる時点で、
論理の歯車に巻き込まれてしまっている。


そうではなく、自分がしたいことをしたいようにやるのだ。
「しなければいけない」という客観的状況を機械的に捉えた上で、
実際にどうするのかは、自分の感覚で決めていく。
・・・そうでなくっちゃ。




「そうでなくっちゃ」?
これもまた、禁句だろうか?


いや、そんなことはない。
問題は、自分自身がどう感じているか、だ。


どんなに機械的に見える言葉でも、
自分の感覚から発せられた言葉なら、それは感覚の言葉だろう。
他人がどう思うかなんて関係ないし、
どういう状況かを判断しようとする必要もない。
ただ、自分の感覚に従えばいい。
それだけのことだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年01月02日(木)

僕だけがわかる行動

テーマ:「まこっちゃ」の目標

2013年の最初の記事は、どんな内容だったかな
と思ったら、『ベロニカは死ぬことにした』 だった。
ちょうど一年前くらい。


隣の人の邪魔になるとか考えるのはやめなさい。




行動に移す時だ。
肝心なのは、自分の生を生きることであって、
その行動について隣の人に理解されようとすることではない。


極論すれば、自分だけがわかっていればいい。
そもそも、隣の人がどう思うかを自分が決めることはできないのに、
それをどうにかしようと考えること自体が傲慢だ。


・・・いや、傲慢だとかそんなことも、どうでもいい。




今日も日差しが暖かい。
昨日は風が強く、外は寒かったけど、今日はどうだろう。


今年は、僕だけがわかる行動の年にしよう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年12月29日(日)

柳のごとく(2013年版)

テーマ:「まこっちゃ」の目標

あまり逆らわないことにしよう。
理不尽に思えても、自分に実害がない限り、
甘んじて受け入れる。


自分の思考が及ばないところで、物事が運んでいく時がある。
当たり前だ。
既に、自分の思考が及ばないところで始まっている。
自分で始めたわけではない。
だから、ありがたく感謝して先に進もう。


焦りは禁物。
少しずつ、肩の力を抜いて、休みながら、息抜きしながら。
10年前の自分があったから今の自分があるように、
10年後の自分があるのは、今の自分があるからだ。
きっと、10年後には、そのことが理解できるようになるだろう。




2006年に『柳のごとく』 という記事を書いていたが、
読み返してみると、ひどく肩肘張った内容で、
「柳のごとく」には程遠い。


でも、7年前の僕がこんなことを考えていたのだ、と思うと
不思議な感じがする。
ちょうど僕もここ最近、過去の自分を振り返ってみようと思っていた矢先だったから。


改めて、『ダムの決壊』 や、この『考えすぎ』 を読み直してみる。
その時は、今なのかもしれない。
いつやるか?今でしょ。
・・・ちょうど、今年の流行語大賞にもなったことだし。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2013年12月14日(土)

命の連鎖を断ち切る

テーマ:「まこっちゃ」の目標

今日、夢を観た。


昨日の夜、なかなか寝付けなくて早朝に目が覚めてしまい、
気持ちの整理が付かず、今日は朝から混乱気味だった。
気づけばベッドに倒れこんでいて、そのまま昼頃まで眠り込んでいた。


印象的な夢だった。
いつか絵にして残したい、と思うような。
たぶん、描いても僕以外の人には、ただの一本の木が生えた月夜の丘にしか見えない。
でも、僕は、その場所で何者かにこう告げられた。

「命の連鎖を断ち切れ」




夢から醒めて、記事にして残そうと思った。
でも、途中で気づいた。
字面だけ見るとトンデモナイ意味になってしまう・・・。

「命の連鎖を断ち切る」

何の補足もせずにこう言えば、危険人物だと思われてしまう。
そもそもニュアンスが違うのだ。


どう説明すればよいか・・・。
自分なりに考えていた。
たぶん、こういうことだろう(が、また後で訂正するかもしれない)。




「命の連鎖を断ち切る」のは、あくまでも個人的なことであり、
自分以外の命は対象ではない。
また、自分の子孫を残さないという意味でもない。
そのような物理的な意味ではなく、
「繋がり」という意味での連鎖を断ち切る、ということである。
親から子への連鎖を断ち切る。
それを自分から、みずからの意志でやる。


そもそも自力で、自分だけで生まれてきた人はいない。
自覚の有無にかかわらず、親が存在しない人はいないのだ。
人は誰しも、必ずその「繋がり」を持って生まれてくる。
その「繋がり」の力で生かされる。
そこまでは、あらゆる面で絶対に必要なのだ。その個人的な「繋がり」が。


しかし、それは育てられ、成長したその人自身が、後に断ち切らなければならないものだ。
例えば、受けた恩も返さず、時には命じられたことも守らず。
ただし、ここで大切なのは親を否定することではない。
大切なのは、「繋がり」を断ち切っているか、ということである。
みずから「繋がり」を断ち切った上で、受けた恩を返し、命じられたことを(自らの意志で)守ろうとするのであれば
何も問題はない。




現実に、世界中で、命の連鎖は続いている。
これからも続いていくことだろうし、
これからも続けていこうとして、皆、生きている。


その「繋がり」は、受け身の繋がりではない。
各々が、みずから繋いできたからこそ、命の連鎖は続いている。


命の連鎖を続けるために、一度、命の連鎖を断ち切る必要がある。
それでも残る連鎖だからこそ、続ける価値がある。
通過儀礼と言ってもいい。
・・・つまり、そういうことではないかと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年02月03日(日)

今日やれるだけのことを

テーマ:「まこっちゃ」の目標

今日やれるだけのことを、やろう。


所詮、世界の中で僕は小さい。
やれることは、たかが知れている。
しかし、この自分は自分しかいない、かけがえのないものだ。
短いながらも生きてきた、今までの時間とその中で
出逢った人たち、住んでいる町、毎日の生活と家族と友人。会社の同僚。


そのお蔭で、今まで僕は生きてこられた。
この途方もなく大きな世界の中で、小さくてもかけがえのない僕が生きてきた歴史を
もっと信じてやろうじゃないか。


きっと、何かやれることがある。
まだ今の僕には見えていない僕の役割がある。
小さくても、大切な役割だ。
世界を構成する歯車の一つだ。1ピースだ。




落胆したり、カッカしたり、投げ出したりしながら、
それでも毎日、再出発するんだ。
もともと始まりも終わりもない世界で、
何かを終わらせるのも
何かを始めるのも
結局は自分自身なんだから。


だから、
今日やれるだけのことを、やろう。
何も大それたことをやろうとする必要なんか無いんだ。
時が満ちれば、いつか大それたこともやらなきゃいけなくなる日が来るかもしれない。
だから、今は、やれるだけのことをやればいいんだ。


1秒、1秒、自分の心と相談しながら再出発するんだ。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2012年11月29日(木)

幸せにならなければいけない。

テーマ:「まこっちゃ」の目標

僕は幸せにならなければいけない。
・・・そう思うようになった。




やっと、気づいたのだ。
僕の両親が、僕の兄を失ったこと。
本来ならば兄に注がれていたはずの視線まで、
兄が他界してからは、僕に注がれてきたこと。


もちろん、兄と僕は違う。
そんなことを混同するような両親でもない。
でも、
現実に、日常生活の中で、
兄がいなくなった分だけ僕と接する時間が否応なく増えたことは
明白な事実だ。
その時間のなかで僕は育ち、今の僕がある。


だから、僕は、兄の分まで生きなければいけない。
兄の代わりにはなれないが、
僕は僕として、兄の分まで生きる務めがある。
兄を失った両親の痛みには代えられないけれども、
少なくとも、その分だけ僕は余計に幸せにならなければいけない。


やっと、自然にそう思えるようになった。




ひさしぶりに、『プライベート・ライアン』を観たくなった。

いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)
2012年08月16日(木)

僕なりの知行合一

テーマ:「まこっちゃ」の目標

周りの方々に散々ご迷惑をおかけしておきながら、
こうして宣言してしまうのは、正直、どうかと思う。
でも実際、自分で決めたことだし、
この際、包み隠さず書いておこうと思う。


僕は、あえて中途半端なところに踏みとどまる。
そうやって生きていく。




自分が中途半端なせいで、
周りの方々には、たびたびご迷惑をおかけしている。
そのことは重々承知しているつもり。


それでもなお、僕は、
前提を固定したくない。
情報落ちを避けたい。
多様なアプローチができるよう、間口を広げておきたい。
その結果として、
きっと、世間から見れば
「中途半端なところに踏みとどまる」ことになってしまうだろう。
そのことは甘んじて受け入れよう。


また、人によっては、
「具体的な経験を積んでこそ、多様なアプローチができるようになる」
という考え方もあるだろうし、
その考え方に照らせば、僕のスタンスはとても頭でっかちに見えるだろう。
しかし、そのことも甘んじて受け入れよう。




僕は、僕なりに、
「知る」ことと、「行う」ことに徹する。
どちらか片方だけではいけないし、
また、目の前の現実に照らしながら、実際的でなければいけない。


前提を固定せず、
情報落ちを極力避け、
多様なアプローチができるよう、なるべく広い間口を維持しながら、
「知る」、そして、「行う」。


何度バランスを崩しても、
僕は、この世界を知りたい。この世界で生きていきたい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年01月01日(日)

わがままな目標

テーマ:「まこっちゃ」の目標

相変わらず、多くの人に助けられながら生きていくのだろう。


正直、どうしても申し訳なく思ってしまう。
情けない気持ちにもなる。


でも、感謝して、ありがたく頼りながら、生きていくことにする。




尊大な奴だと思われるかもしれない。
ひんしゅくを買うこともあるかもしれない。
それでも僕は生きていきたい。


責任は僕にある。
時には、取りきれない責任も出てくるかもしれない。
けれども、兎にも角にも僕のせいだ。
だけど、それでも僕は生きていきたい。


それで帳消しにできる、なんて思わないけど、
感謝する気持ちだけは忘れずにいきたい。




傲慢かもしれないけど、
僕は、これから頼れる時は頼り、感謝しながら生きていきます。
こんな僕ですが、本年も何卒、よろしくお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011年11月25日(金)

自己正当化、かもしれないような宣言

テーマ:「まこっちゃ」の目標

妥協しない。
納得したふりをしない。


全部、一気に解決することなんてない。・・・そんなことはわかってる。
だから、そういう時は「保留」しておく。
解決したことにしてしまうのと、「保留」しておくのでは、
大違いだ。


変に、自己嫌悪を避けるようなこともしたくない。
だけど、自己嫌悪が過ぎれば悪い結果を生みやすい、
・・・ということも、ちゃんと理解しておかなければいけない、と思う。
その上で、なお、
自己嫌悪してしまう場合だってあるだろう。
そのこと自体は、決して悪いことではないはずだ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。