1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014年08月31日(日)

今年、僕は生まれ変わる。

テーマ:「まこっちゃ」の反省

今まで、逃げているつもりは無かった。
でも今思えば、「逃げ」の気持ちがあったかもしれない。


自分の人生を、自分で背負おうとしてこなかった。
・・・というか、自分で背負う「覚悟」と「気概」が欠けていた。
そう、今までの僕は、ずるかった。


今年、僕は生まれ変わる。
何かを得れば、別の何かを失う。
けれど、僕は失う勇気を持つことにした。
何を失ったかは、きっと後になってからわかるだろう。
でも僕は、そのことを怖れない。
・・・そして最終的には、自らの死も怖れない所まで、辿り着いてみせる。




人間は、変わる生き物である。
変わることと、忘れることが、
人間を絶え間なく成長させてくれる。


僕は変わっていく。
でも、僕は変わらず僕だ。
僕がそう思えるのは、過去の自分を忘れているからでもあり、
こうして『考えすぎ』 というブログの形で残っているからでもある。


単に変わっていくだけでなく、ちゃんと成長しているのかどうかが問題。
・・・だけど、それは、僕自身にはわからない。
自分の付加価値は、自分で決めるものではない
きっと、5年後、10年後、それとも30年後か、
周りが判断してくれることだろう。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年01月07日(火)

鈍感力が必要

テーマ:「まこっちゃ」の反省

上司に言われた。
「もっと、鈍感力をつけたほうがいいな」と。
・・・いや、
「鈍感力が足りないな」だったかな?


どういう言い方だったかは忘れてしまったけど、
要は、今の僕に必要なのは鈍感力だ、ということ。




検索してみたら、
2011年に『鈍感力』 という記事を書いていた。
僕自身、鈍感力の必要性を知らなかったわけではない。


でも、それができないのは、
判断と実行 が根本的に異なっているからだ。
鈍感力が必要だと判断できることと、
鈍感力をつけられることは、まったく別ものだ。




改めて、つくづく思う。
僕に欠けているのは、行動力だ。


・・・って、また、こうやって「判断」しちゃってるんだもんな。まったく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年01月06日(月)

長い目で

テーマ:「まこっちゃ」の反省

肩肘張ってたな、と思う。→『未来へクリック』


・・・なんていうか、
「もう、今回で最後にしよう」とか、
「まだ、始まったばかりだ」とかって、
そう言ってる時点で、もう、意気込んでしまっているんだよね。


別に、意気込むことも悪いことじゃない。
それも僕だ。
そんな僕について「肩肘張ってたな」と思うのも僕。




たぶん、こういうのは繰り返すんだろう。
いつの日か、いつの間にか、繰り返さなくなるかもしれないし、
そうなる前に、僕の生が終わるかもしれないし。
どうなるかわからないけど、あまり肩肘張っても疲れるだけだ。
・・・と、最近は思う。


と言っても、
「どうせ、また繰り返すし」と、投げやりになっているわけではないよ。
脱却したい。


でも、現実に脱却することと、「脱却したい」と切望することとは
きっと相容れない。
それに、ありがたいことに、今すぐに脱却しなければいけないわけでもない。
猶予が与えられている。
例えば、「脱却しなければ殺す」と誰かに脅されているわけではないし、
今すぐに脱却しなくても、きっと明日も来週も僕は生きている。


だから、もう少し長い目で見てみてもいいんだと思う。
また繰り返すかもしれないけど、それは目先の話であって、
もっと長い目で。
短い人生ではあるけれども、そこにすべてが詰まっている。
当然、今すぐにすべてが埋まるわけじゃない。
だから、もっと長い目で。




・・・長い目って、どのくらいだろう。10cmくらいかな。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年01月04日(土)

自分に合ったカテゴライズ

テーマ:「まこっちゃ」の反省

何かと何かを区別する。
あるいは、同じとみなす。


その線引きや、分類の仕方を
自分に合った形にしていく。
それが、成熟するということなのではないか
と、最近思う。


成長ばかりを自分に要求する時期は、もう終わった。
これからは、成熟していくことも考えたほうがいい。
そもそも現実の時間が限られていることは、僕自身がよく知っているはずだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2014年01月04日(土)

欠けているのは、行動力だ。

テーマ:「まこっちゃ」の反省

僕に欠けているのは、行動力だ。


判断力は、まだあるほうだと思う。
優柔不断だが、
時間をかければ、そこそこ判断はできるつもり。




・・・と思いながら、自分のブログを「行動」と「判断」で検索してみたら
『存在の種類』 という記事がヒットした。
2年くらい前に書いている。


この記事の中では、「行動」と「観察」を対置させている。
「判断」と「観察」では意味合いが違うし、
「観察」に比べれば「判断」のほうが若干「行動」寄りだと思うけれども、
まあ、言いたいことはだいたい同じだろう。


ただし、一つ大きく違うのは、
(記事を読むと、結局のところ)2年前は行動に踏み切っていなかったのに、
今は、行動する方向に舵を切ろうとしているところ。




僕は、僕なりに行動しようとしている。
「観察する存在」で安住するつもりもなければ、
そこそこ判断力があればいいや、と思っているわけでもない。


少しずつだが、僕は「行動する存在」にシフトしつつある。
そもそもそれが自然な在り方なのだ、ということを肌で感じつつ。


僕がどんな人間か、なんて
僕は知らないし、僕にはわからない。きっと、わかる必要もない。
羊は自分が何者かを知らなくても生きている。
知ろうとしないほうが生きやすいのだ。


もっとも、生きやすくするために知ろうとしないのは、本末転倒だと思う。
でも、知ろうとするあまり生きにくくなったら、もっと本末転倒だ。
まず生きなければ始まらないし、
それに、行動してみたほうが、きっと、楽しい。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013年06月30日(日)

未来へクリック

テーマ:「まこっちゃ」の反省

体調を崩して「悶々とする」のは、
もう、今回で最後にしよう。
かけてしまった迷惑よりも、これから先のことを見ていこう。


「あまり完璧を求めようとするな」
と、異口同音に言われるけれども、
僕自身、そんなに完璧を求めようとしていたつもりはない。・・・つもりだった。


・・・結局、人の意見を素直に聞けないだけだったのかもしれない。
「自分のことがわからない」と言うくせに、
わざわざ時間を割いて教えてくれたことに対しては身構えてしまい、
ほとんど聞く耳を持っていなかった。


いろいろ言ってくれる人がいることは、本当にありがたい。




まだ、始まったばかりだ。


もっと欲張っていこう。
感謝しながら、信じて進もう。
一緒に生きていこう。
よく相談しよう。


まずは、感謝とともにやるべきことを、
やれることから一つずつ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年08月19日(日)

少しでも自覚的に

テーマ:「まこっちゃ」の反省

ムキになったり、
正当化しようとする。
よく、子供がそういう態度をとる。
それを指摘されると、さらにムキになって否定しようとする。


僕も同じだ。
つくづく大人じゃない。
なまじ、子供よりも言葉を知っていて詭弁を弄することができる分だけ、
余計たちが悪いかもしれない。




もっとも、
『正当化しなければ始まらない』 とも思う。


でも、せめて自覚的でありたい。
常に自覚的であることは難しいかもしれないが、
無自覚のまま単純に自分を正当化することは、
自分で自分を騙すことにも繋がる。


自分自身を欺いたまま、それに気づきもせずに過ぎていく時間は、
非常にもったいないと感じる。
受容できる範囲内で、少しでも自覚的でありたい。
この世界を知りたい。
しかし、そのために与えられている時間は限られている。


「受容できる範囲」も、少しずつでも広げていきたい。
今の僕には、一番難しいことだけれども。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012年02月01日(水)

踏み出せるまでが遅い

テーマ:「まこっちゃ」の反省

問題を、問題として自覚するだけでなく、
身をもって実感し、
具体的な解決や改善のために別の方法を現実に試してみる
に至るまでの閾値が、
僕の場合、異常に高いらしい。


ほんの、ちょっとした切り替えで済むことが多々ある。
その、「ほんの、ちょっとした」ことが、
僕にとっては難しい。


どうすれば気持ちを切り替えられるのか、でよく悩む。
周囲の状況が変わらなくても、自分の気持ちだけ切り替える
ということができた試しがない(気がする)。




ただ、そのお蔭か、
気づいた時の衝撃(感)は、人一倍大きいんじゃないかと思う。
その衝撃が、脳裏に深く刻み込まれる。
僕の人間性は、そうやって遅ればせながら成長してきた。


本当に成長できているだろうか。
一進一退を繰り返している気がする。
小学生の頃よりも後退しているように思える時もある。


でも、僕は、こうして生きている。
生かされている。
こうしてばかりいられない。


ありがとうございます。
これからも頑張ります。
何卒、引き続き宜しくお願い致します。

いいね!した人  |  コメント(12)  |  リブログ(0)
2011年11月28日(月)

自分だけが気づいてないことがあるんだろう。

テーマ:「まこっちゃ」の反省

たぶん、自分だけが全っ然気づいてないことがあるんだろう。


例えばだけど、
「なんでもかんでも自省するのもいいけど、
あんまりそんな態度でばかりいられたら、
せっかくの楽しい場も白けちゃうよ」
とか。


僕の場合、
そういうことに無頓着というか、あんまり重きを置いてないから、
場の空気を多少悪くしちゃうことだって必要なことなら仕方ない、
・・・って感じで、そんなに気にしてないことが多い。
でも実は、けっこう大事なことだったりする。


普段、僕は、それに気づいてないから平気でいられるし、
そこで自己完結しちゃってるわけだ。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2011年11月27日(日)

大きな夫になる。大きな部下になる。

テーマ:「まこっちゃ」の反省

「これが僕なんです」
と言ってしまえば、それで終わってしまうことだけれども、
いま思えばつくづく、僕は小さかった、と思う。


・・・なんて言うと、まるで「もう小さくない」と言っているみたいだけど、
僕は相変わらず小さい。
ただ、ようやく、もう少し人間として大きくなろう、とは思うようになった。
ようやくだ。




僕が、納得できなければ気が済まない人間であることに変わりはない。
きっと、これは死ぬまで変わらないんじゃないかと思うし、
変える必要もない、と思っている。


でも、それだけでは小さいままだ。
無理に「納得したふり」をする必要はないと思うけれども、
場面によっては、もっと大きな振る舞いができても良い。
もう30歳になる。
いい加減、そういう振る舞いができることも必要な年齢だろう。


大きな夫になる。
大きな父親になる。
大きな息子になる。
大きな部下になる。


「大きい、とはどういうことか」
なんて定義が問題なんじゃなくて、
大きい自分であろうとしているかどうか、が大事なんだろう。




初心はなるべく忘れないつもりだ。
納得できないことは、決してそのままにしたくない。
でも、これからは、
いつまでもそこにこだわるのは止めて、いったん保留して、
大きく構えていくことにしよう。


『選択の条件』 や、
『今、自分が信じることを』 でも書いたように、
覚悟を決めて、そうなろうと心に決めた。
もし、おかしな方向に行ってしまっていたら、どうぞ僕を笑ってやってください。
できれば、そういう時は教えて頂けると有難いですが。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。