誘いの店 グリモワール

ヴァンガードのデッキレシピ・ノベルなどを展開!
カードゲーム全般手を出してるしゲームもやってるから
どんな記事やノベルが飛び出すかは分かんねえ!

こちらのキャラクター画像の一部は

『COSMIC WORLD -RPG企画室』様の素材を使用しています


2015/7/13

以下のスキルの略称を用います。

カウンターブラスト(CB) ソウルブラスト(SB) カウンターチャージ(CC)

ソウルチャージ(SC) リミットブレイク(LB) ジェネレーションブレイク(GB)


2015/8/30

ツイッターの方にあげられたフリーアイコンの使用を開始しました。

全て自作ではない画像であることをここに明示します。  by鎖龍


グリモの作品名一覧と連載日

毎週水・金に更新

・失意

・ЯIDE THE VANGUARD


毎週火・木に更新

・ヴァンガードデッキ講座


毎週土に更新

・ゆるりグリモワール


毎週日に更新

・進め!チーム・グリモワール

NEW !
テーマ:

ベラル地方・・・・・・各地方のポケモントレーナーが集い、

それぞれの思いを胸に、各々力を研磨する

全世界きっての修行の土地。

この地方に集うポケモントレーナーは

チャンピオンをめざし、力不足を痛感した者。

ただひたすらに力を追い求める者。

そしてその力を追う者を笑う者・・・・・・

そんな者達が今日もまた、バトルに明け暮れる。

 

「んー・・・・・・」

 

「ヒスイ、どしたの?」

 

「ジバコイルに覚えさせる技の中に

めざめるパワーを勧められたんだけどさ。

このめざめるパワーってどういう風に

タイプとかが決められてんのかわかんないんだよな。」

 

「あはは、まぁ難しいかもね。」

 

「ポケモンが持つめざめるパワーって

どのように秘められたタイプが決まるんですか?」

 

「めざめるパワーには16タイプの力があるんだけどね、

その決定方法はポケモンが持つ個体値によって決まるんだ。

HP,A,B,C,D,Sの6ステータスの個体値が奇数か、偶数かで

めざめるパワーのタイプが変わってくる。

まぁこれは解説するよりも表を見てもらった方が早いね。」

 

めざめるパワー早見表

 

「見方は・・・・・・まぁそのままだね。

特に解説する必要もないかな、って思うんだけど。」

 

「H,A,Bが奇数なら一番左の列を見て、

そこからC,D,Sの個体値を確認することで

どのめざめるパワーが分かるということですね。」

 

「いや、別にめざめるパワーくらい

育て屋の中にいる人が教えてくれるじゃん。」

 

「こういうメカニズムは知っておいて損はないよ、ってこと。

じゃあたとえば、めざめるパワー氷が使えるポケモンにおける

理想の個体値はそれぞれいくつになるでしょーか?」

 

「え?いや、それは・・・・・・えーと・・・・・・あれ?」

 

「メカニズムは知っておくべきというのはこういうこと。

めざめるパワーがそのタイプだからと言って

個体値を妥協していいってわけじゃないんだよ?

個体値の条件さえ満たしていれば

めざめるパワーのタイプは希望通りになるんだから。

ただその上での理想個体は知っておくべきということ。」

 

「ちなみに、答えは?」

 

「まぁ、答えを出すよりも先に考え方から教えておこうか。

個体値の最大数は31だよね?つまり理想とする個体値は

なるべく31の奇数であるということになるわけ。

だから基本的には奇数が多く、そして偶数を少なくすればいい。」

 

「つまり、奇数が5つある左列の上から2番目・・・・・・」

 

「それをやっていいのはSに一切振らないポケモンだけ。

いい?個体値における31と30というのは

努力値を振らない状態なら基本的に実数値は変わらないんだよ。

でも努力値を4振った場合、

個体値31ならステータスは1上がるけど個体値30は上がらない!

ちなみにこれは努力値を極振りした場合にも響いていて、

個体値31が極振りした数値と個体値30が極振りした数値は

最終的に1の差ができてしまうんだよ。

そしてポケモンはこの1の差で素早さが逆転する可能性が

大いにあるわけだから妥協していいわけがないよね。」

 

「なんだよ、じゃあ一体どれに・・・・・・」

 

「思ったんだけど、Aの奇数っていらないんじゃないの?

両刀型ならまだしも、めざめるパワーを採用しようとしてるなら

大半は特殊アタッカーでしょ?」

 

「そのとーり♪両刀型ならともかく、

基本的にめざめるパワーを厳選しているなら大半が特殊型。

まぁポケモンによってはサブウェポンで物理を採用する場合もあるけど

大抵の場合は無視していい箇所になる。

ってことで、理想はH,C,D,Sが奇数でA,Bが偶数。

個体値としては31,30,30,31,31,31

もしくは31,0,30,31,31,31ってことだね。」

 

「成程な・・・・・・じゃあジバコイルに必要な

めざめるパワー炎の理想を調べてみるか。」

 

「めざめるパワー炎の場合、

C,D,Sの個体値は偶数、奇数、偶数と決められてるから

後はH,A,Bの個体値で理想を見つけるわけね。」

 

「簡単だな。H,Bが奇数。Aが偶数のこれだ。

つまり、31,30,31,30,31,30と言う組み合わせか

31,0,31,30,31,30になるってことだ。」

 

「分かってきたじゃん。」

 

「よし、じゃあめざめるパワー炎を持つ

コイルを・・・・・・ってあれ、この個体を作るのって

普段の理想個体よりもはるかに難易度高くないか・・・・・・?」

 

「何をいまさら。AorC抜けの5Vの場合、

A,Cの個体値は無視して問題ないわけだから

6Vの親と5Vの親とかでも難しくはないさ。

でもめざめるパワーの場合は

6か所すべてが細かく指定されてしまっているわけで、

それが少しでもブレたらめざめるパワーのタイプが変わる。

理想個体を作るよりも難易度は高いし、時間もかかる。

まぁバッチリの理想個体を作るのに1時間でできればいい方でしょ。」

 

「つ、つらいわね・・・・・・」

 

「っ・・・・・・て、ってかさ。

めざめるパワーなら何でもいいんじゃないの?

別にわざわざ炎タイプとかに限定しなくても。」

 

「それを語るのは二流ってやつさ。いい?

全てのポケモンには覚えられるタイプの範囲がある。

炎タイプのポケモンは水タイプの技を使えないし

鋼タイプのポケモンは炎タイプの技を使えない。

めざめるパワーはそんなタイプの壁をぶち破るんだよ。

だからタイプがなんでもいいってわけじゃない。

それに、めざめるパワーは所詮は威力60しかない技。

炎タイプが炎のめざめるパワーなんていらないし、

電気タイプが電気のめざめるパワーなんていらない。

適当なめざめるパワーが

普通にそのポケモンが覚える技の劣化では意味がない。」

 

「それでいて、そのポケモンが

普段苦手としているタイプのポケモンに弱点が突けるように、

ということですよね。サンダースが氷のめざめるパワーを持つのは

相手にできないガブリアスなどの地面タイプに対策するため。

ジバコイルは対面では突破しにくい鋼タイプ突破のため

炎タイプを選ぶべき、といったところですね。」

 

「そういうことだね。まぁ理論は自分が

筋道立ててしっかりと説明できるものがあるのならいいんだけど、

適当に決めればいいってもんじゃない。

ちゃんと役割を考えて使うものだよ。」

 

「・・・・・・なぁ、めざめるパワーって

どういったポケモンが使うんだよ。

ジバコイルの場合は技が足りないから使ってんだけど。」

 

「ん?大抵の場合はそれが理由だよ。

そのポケモンが覚える技が少なくて幅が狭い時は

めざめるパワーを採用して技範囲を広くする。

ジバコイルの場合は

メインウェポンのかみなり、ラスターカノン

交代用のボルトチェンジという3枠は埋まるけれど

変化技にも攻撃技にも有用なものがないから

めざめるパワーを入れるんだろ?

さっき少し話題に出たサンダースの場合も

メインウェポンのかみなり、交代用のボルトチェンジ、

変化技で有用なあくび、この3枠は良しとしても

残りの1枠に入れる技がないから

めざめるパワーを入れる。

もちろん相性補完ができるというのも理由だけど、

基本的には技スペースが余るから。」

 

「でもフシギバナとかは別に

めざめるパワーがなくても技は足りますよね?

でもなんでメガフシギバナはよくめざめるパワー炎を

採用しているんですか?」

 

「フシギバナの場合は技の幅を広げることで

起点にならないようにするのが優先事項なんだ。

フシギバナは普通に覚える技だけでも

確かに技は埋めることができるんだけど、

めざめるパワー炎を入れることで

鋼タイプへの役割を持つことができる。

耐久が良い分、打点が足りないからね。

ハッサムのつるぎのまいとかを積ませないようにするために

採用されることが多いんだ。」

 

「まぁいい。そうと分かれば早速厳選だ!

育て屋に行ってくる!!」

 

(めざめるパワーで求められる個体値は6か所。

あかいいとを使って5か所の個体値を確定させても

不確実であることには変わらないから

通常の厳選と比べて圧倒的に時間がかかるんだよねー・・・・・・

ヒスイ、それ分かってんのかな?)

 

「ちなみに、個体値ジャッジには

卵を20個孵化した後にバトルツリーのパソコン付近にいる人に

話しかけることで解放されるようになるよ。

ジャッジに書かれているコメントによって個体値が分かるから

チェックしておこうね。」

 

さいこう→31

すばらしい→30

ダメかも→0

 

「他のコメントが出てる時点で

大半は理想個体とは言えないポケモンだね。

もちろん、Aが偶数であれば妥協で構わない場合とかは

Aに他のコメントが付いている分には問題ないけど

基本的にはさいこうとすばらしい、というコメントしかないのが

一番望ましいんだ。Aが偶数である場合というのも

Aを使わないなら個体値0の方がいい(混乱のダメージを少なくする)。

そのため上記3つのコメントは覚えておくようにね。」

 

***

 

前回の宿題の答え合わせ

 

ボアからの宿題

Q.以下3パターンの状況において、

相手のポケモンが『こだわりスカーフ』を持っていると

断定できるのはどれか答えよ。

なお、自分・相手共に個体値は31とする。

 

パターン①

こちらのキノガッサ(ようき・S極振り)がスカーフを持っていたが

相手のマルマインに先制された

 

パターン②

こちらのガブリアス(ようき・S極振り)がスカーフを持っていたが

相手のテッカニンに先制された

 

パターン③

こちらのアブリボン(おくびょう・S252)がスカーフを持っていたが

相手のファイアローに先制された

 

「まぁそれぞれパターン別に素早さを見ていけば分かるね。

まずはパターン①

キノガッサのSは70で、最速スカーフの場合実数値は201

この数値と言うのは最速のS130族を抜くことができる調整だね。

S130族は最速で実数値200になるから

それを見事に1だけ抜くことができるわけだね。

でも、今回の相手はマルマイン。素早さは150で

努力値を極振りするだけで222と

S70族のスカーフくらいなら軽く抜けるんだ。

だからパターン①の場合は

相手のマルマインをスカーフとは断定できないね。」

 

「次にパターン②だね。

ガブリアスは最速スカーフで254の実数値。

対するテッカニンは最速で233でスカーフでは349

つまりスカーフでないと抜けないんだよ。

だからパターン②はスカーフと断定できるね。

まぁ、かそくとかでスピード上がってるとか

そういう例まで用いれば別なんだけどさ。」

 

「最後にパターン③だね。これは完全にひっかけ。

アブリボンの最速スカーフなら290と言う数値を叩き出すし、

ファイアローもスカーフを巻いていなければ

数値的には先制できるわけがないんだよね。

でも、ファイアローは特性『はやてのつばさ』で

素早さ関係なく先制攻撃を打ってくる可能性がある。

対面の場合、ファイアローが先制したところで

スカーフか特性かが分からない以上、

相手がスカーフとは断定できないね。」

 

「ということで、宿題の答えは②でした。

じゃあ、来週までの宿題出すよ。」

 

ボアからの宿題

相手のポケモンはハッサムがバトル中、

控えにポケモン(不明)が1匹いる。

自分のポケモンはゴローニャ(リージョン)がバトル中、

控えにバクフーンが1匹いる。

自分のゴローニャがロックカットを使用し、

相手のハッサムはどくどくを使用した。

この場合、次に自分が取る選択はどれであるべきか。

 

1.エレキスキン適用のすてみタックルを放つ

 

2.エレキスキン適用のだいばくはつを放つ

 

3.バクフーンに交代する

 

4.ロックカットをもう1度使う

 

5.じしんを使う

 

6.諦める

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。