関東地方は今後の地震活動に厳重注意!

テーマ:

千葉東方沖、房総半島南東沖-南沖で

変化が起き始めていますね…

 

今後の地震活動に警戒!
 

短時間、短期間、、また数か月以内に顕著な地震活動の変化が起きるものと予想します。
 

小さくてもM5後半~6台の地震が発生する可能性が極めて高いし、今後の地震活動状況によってはM7以上も考えられる。

※個人見解です。

 

更に新たな活動にシフトしたと考えられた場合、具体的な所見を添えて、直ちに更新します。

AD

7日前の先週の日曜日に久しぶりにブログを更新しました。

 

更新の理由はブログ内容の通り、

地震活動が活発化する可能性が高いのではないか…

と判断したからです。

 

以前から指摘しているエリアの幾つかにおいて、

ここ数月、平穏であった地震活動が活発化の様相です。

 

伊豆東部~伊豆大島近海(大島西側)においては群発性の地震活動となってきました。

 

千葉東方沖を含む関東一円、北海道~岩手の太平洋側の地震活動に1~2ヶ月、

要注視、要注意となってきました。

 

ケースとして、伊豆大島近海での断続的な地震活動の継続、千葉東方沖の地震活発化が進行する、また、甲信越地方や秋田県内陸部、栃木県北部~南部、茨城南部~埼玉南部、東京湾周辺が一斉に、若しくは、このエリアの過半以上のエリアで地震活動が活発化した場合は、東日本、関東地方に被害を及ぼす規模の地震発生が迫っていると考えるに越したことはありません。

 

ここ暫く間違いなく、地震に対する注意レベルを上げるべきです!

 

現時点においても、関東一円、伊豆・東海、等、過去に指摘しているエリアについては、

M5後半~M6台、M7前半の地震が起きても全く矛盾のない地殻変動の変移ですので、

どうぞ、日頃の備え、心の準備を怠らないようにお願いします。

 

チェック体制を強化して監視していきますと同時に、

更に顕著な変異が確認できれば、速やかにブログ更新します。

 

 

 

 

AD

伊豆東方沖、伊豆大島近海の地震活動が活発化しています。

 

やはり、地震活動リスクが上昇しているタイミングということでしょうか。

 

あと数日、注意期間です。(個人見解)

AD