ブログでご縁をつないでいただいた方と心暖まる交流をさせていただいています。



不定期かもしれませんが、出来るだけ更新していきますので、よろしくお願いします。



記事の更新・コメントへのお返事など遅くなるかもしれませんが、



ブログは定期的にチェックしていますので、「いいね」を残していただければ、



嬉しいです!





「愛」




どのようにして愛はお前にやって来たのか?




日の照るように 花吹雪のように




祈祷のように それはやって来たのか?-言ってごらん








ひとつの幸福が輝きながら天から降って来て、




大きく翼をたたんだまま




私の花咲く心にとまったのです・・・・・








リルケ

  • 20 Sep
    • 能楽を演じるという事〜実盛を観ながら

      秋も深まりつつある、今日この頃。来月の発表会(秋季大会)を間近に控え、練習に熱が入る日々でございます・・・ (なんて、書いてみたかっただけ)実際は初めて人前で謡うということで、緊張しております。一緒に謡う方の足を引っ張ったら、どうしよう?!とか。長時間の正座になるので、立つときにひっくり返ったりするんじゃないかしら?とか・・・色んな場面を想定して、ドキドキしております。  お師匠さんにいただいた扇子。これで一所懸命謡います!昨日加賀市で開催された「薪能 実盛」を見てまいりました。片山津温泉の「ホテルアローレ」という柴山潟を見下ろすお舐めの良いホテルでの薪能。さぞ気持ちが良いだろうと思っていたら、生憎の雨でホテル内の会場での開催となりました。 会場の準備に時間がかかるということで、開演時間が1時間遅れましたが、待ち時間に窓際の席でコーヒーとケーキを頂きながら、読書したりして。 それはそれで楽しかったです♪ 佐野祐於さんの演じる「実盛」は立ち姿が優美で、舞をしても、謡を謡っても哀れを感じさせる実盛だったと思います。まさに「幽幻」の世界に誘われました。 いつも思うのですが、演じる方はどんな事を考えながら演じていらっしゃるのでしょうか?私も能舞台の上に立てば、少しはお気持ちが理解出来るのだろうか?なんて事を考えていました。今回の「実盛」の上演は地元のNPO法人の方が尽力されて実現したそうで、 加賀市に受け継がれてきた能楽の文化を絶やしてはいけないと強い使命感で実行されてそうです。 修羅能の代表作「実盛」が物語の舞台である加賀市で演じられるのは初めてだそうで、貴重な機会に見る事ができて良かった!今後もこういう機会を作っていただきたいと思いました。上演に尽力された方々に感謝申し上げます。

      6
      テーマ:
  • 12 Sep
    • 県立音楽堂15周年記念「ランチタイムコンサート」邦楽と洋楽のコラボ♪

      まだまだ残暑が厳しい日が続きますが、ふと気づくと空が高くなって来たような…季節は確実に秋に移り変わっています。心なしか、吹く風も秋の気配が感じられますね  開館15周年を迎えた石川県立音楽堂の「ランチタイムコンサート」に行って参りました。開館記念という事で、金沢お得意の邦楽と洋楽のコラボレーション的なプログラム。 今回は能楽師・渡邊荀之助さん、鳴物の藤舎呂英・藤舎夏実さん、笛の藤舎眞衣さん、OEKの主席チェリストルドィート・カンタさん、ピアニストの鶴見彩さんの演奏でした。 チェロとピアノで演奏されたドビュッシー「月の光」とカサドの「愛の言葉」が、とても美しかった。カンタさんのチェロが良い音。選曲は中秋の名月にちなんで、月の曲を選んだそうです。 コダーイの「チェロ・ソナタ」は初めて聞きましたが、良い曲ですね~続いて、鳴物を加えたピアソラの「ル・グラン・タンゴ」の演奏も良かった・・・  そして、まさかのアンコール(プログラムに無かった!)の「リベル・タンゴ」は、能舞や藤舎眞依さんの笛も加わってのフルメンバーでの演奏でした。これが凄かった!!鳥肌立ちました。やっぱり、この曲好きだわ❤️一時間余りでしたが、充実した演奏会でした。

      5
      テーマ:
  • 07 Sep
    • スピッツ「醒めない」ツアー@金沢

      前回のアルバムから、急激なスピッツ愛に目覚めまして(笑)、「小さな生き物」がとても好きで、今だに高速を運転しながら聴いたりしています。約2年半前の前回ツアーの金沢公演で、スピッツツアー初参戦しました 醒めない(初回限定盤)(DVD付)4,980円Amazon 小さな生き物3,146円Amazon新しいアルバム「醒めない」も早速購入して、聞き込んで?でのツアー参戦です。 まずは、「みなと」からスタート。その時点で観客総立ちです。その後は以前の曲なども挟みながらも、「醒めない」からの曲を中心にした選曲でした。 マサムネさんのとぼけたMCやメンバーとのやり取りも挟みながらの2時間半!途中休憩?なのかな、一旦舞台をはけてツアーTシャツに全員が着替えての再登場からの3曲の演奏でした。 アルバムの中で私の大好きな「子グマ!子グマ!」があり、嬉しかった~ HPで聴けるオンラインラジオのよると、この曲、意外と評判良いみたいですね。 「ハチの針」も演奏して欲しかったわ。マサムネさんの優しい中に鋭い風刺を含んだ歌詞が好きです。  全24曲の演奏。ほほ立ちっぱなしで聞いていたので疲れましたが、楽しかった 結成30年を迎えるスピッツ。「永遠に続けたい」というマサムネさんの言葉を信して、また金沢に来てくださいね。

      5
      2
      テーマ:
  • 04 Sep
    • 石川県立音楽堂開館記念コンサートで、MANSAIボレロ!

      9/3は石川県立音楽堂開館15周年記念のスペシャル・コンサート。井上道義氏指揮のオーケストラ・アンサンブル金沢とのコラボレーションによる狂言師・野村萬斎さんによる「ボレロ」の上演でした。 今回は邦友会の優先予約が上手くつながって、かなりの良席での鑑賞となりました。 ラヴェル作曲の「ボレロ」といえば、今までも沢山の方が踊ってらっしゃいますが、何度か実際の舞台も観た事もあり、私にとってシルビィ・ギエムの踊るボレロが最も印象深く、感動した舞台でしたが・・・今回のMANSAIボレロはそれを上回る舞台だったと思います! 明かりを落とした舞台で静かに始まる太鼓のイントロ・・・そして煙が立ち込める中で突然後光が差し、舞台中央奥から狩衣を纏った萬斎さんが!まるで、異世界へと導かれたようでした。 ボレロを踊る萬斎さんは狂言師というより、何かに取り付かれた人ではなくこの世のものではない気配。辺りを炯眼する瞳は、まるで目に見えない光線を発しているかのようでした! 狩衣の白い袖をまるで翼のように振る姿は伝説の生き物天狗なのか、朱雀なのか・・・とても人とは思えなかった。 ラストに向けて盛り上がってゆくと、指揮の井上氏がふいに振り返り、萬斎さんの方を向いて指揮し始めると、オーケストラの演奏もそれに応えるように何やら怪しげな雰囲気に。 そしてラストの跳躍!!まさかの演出に会場の観客全員が息を飲んだと思います。最後は鳴り止まぬ拍手の中、萬斎さんがカーテン・コールでご挨拶されました。彼が人であることを確認したように誰もが思ったのではないでしょうか?ふっと和やかな笑の気配がありました。 ・・・そんな昨日の舞台から、もはや丸1日経とうとしていますが、私の脳裏には萬斎さんのボレロが忘れがたく、何度もフラッシュバックのように繰り返し再生されています。 金沢でMANSAIボレロを観る機会に恵まれて本当に良かった・・・(感涙)   

      3
      テーマ:
  • 29 Aug
    • 富山市ガラス美術館へ

      関西在住のおばが久しぶりに里帰りすることになり、いとこと何処かへ連れて行ってあげたいね、という話になりました。時間的にあまり無かったので、近くてまだおばが行った事のない場所ということで・・・久しぶりに「富山市ガラス美術館」に行ってみようという事になりました。 富山市ガラス美術館は、富山市の繁華街・西町に昨年(2015年)新しくできた美術館。市立図書館との複合施設として、大和デパートの跡地に建設されました。  建築家の隈研吾さん設計のとてもモダンな建物です。ガラスの板が貼り付けられたような外観は「立山連峰」を現してるのだとか・・・。 中は広々とした吹き抜けになており、柱がありません!とても広々とした居心地の良い空間。 真ん中にエスカレーターはありますが、1階づつ交互に配置してあり、螺旋階段のようですが、必ず一度フロアに降りるような造りになっています。 6階には常設展示の「グラス・アート・ガーデン」があり、こちらは撮影可です。このグラスガーデンが素晴らしい!  富山の四季をイメージした作品だそうですが、繊細なのに大胆なガラスの造形は何度見ても飽きさせません。特に「フロートオブトヤマ」という作品が好きです。神通川で実際に使われていた船をモチーフにしています。  企画展も充実しており、初めて訪れたおばといとこも大満足のようでした。 2階にあるギャラリーショップでは、お洒落なガラス小物を扱っています。同じ階に、金沢の不室屋さんがカフェを出店しています。お麩のスイーツや軽食もあるので、窓際の席では市内を走る路面電車を見ながら、お麩のスイーツを楽しめます^^

      2
      テーマ:
  • 22 Aug
    • 石川県あるある…「夏でもおでんが食べられる」

      石川県を代表するB級グルメといえば・・・①金沢おでん②金沢カレー③八番ラーメン の3つではないかと、個人的に確信しております(笑) おでんは普通寒い季節の食べ物です。熱いおでんをハフハフ言いながら食べるのが定番ですよね? しかし。 石川県のおでんは、夏でも食べられます!金沢市の有名店は1年中「おでん」があります! 暑ーい夏に、汗をダラダラ流しながら、食べるおでんも乙なもんやよ(ですよ)? 石川県あるあるネタを投稿しんけ!▼石川県限定あるあるスタンプ自分の地元のあるあるネタを投稿しよう

      7
      テーマ:
  • 13 Aug
    • レベルが高い金沢の回転寿司。

      東京に住む娘夫婦が孫を連れて帰省しています。大の魚好きの娘のリクエストでお寿司を食べに行きました。 こちらは金沢駅西の人気店「金沢まいもん寿司」さんの支店、「金沢まいもん寿司」八日市店さん。 左手上から、穴子天ぷら。白身ざんまいは三種の白身魚の握り。水茄子の握り。これ美味しかった! 左手下の段は、富山産白エビの軍艦巻き。金箔が乗っています!能登産のバイ貝の握り。コリコリした食感が堪らない。 マグロざんまいは、大トロ中トロ赤身の三種盛り。口の中で蕩ける大トロ、贅沢や〜♪ 岩のりのお味噌汁やデザートまで食べても、一人五千円でお腹いっぱいになります。 人気店なので食事時には行列が出来てますが、中休みはないので午後4時頃なら空いてます。 新鮮なネタのお寿司が満喫できる金沢まいもんすしさん。回転寿司の常識が覆るかも?是非一度行ってみてくださいませ。 http://www.maimon-susi.com/

      6
      テーマ:
  • 10 Aug
    • 能楽を見るということ、演じること

      突然ですが、わたくしこの秋お能の発表会に出ることになりました! 謡のお稽古を始めて三年目。今は「田村」のお稽古をしております。 お師匠さんにいただいた昭和46年の謡本。和紙を使ってあり、昔ながらの和綴じのご本です。このご本を使って大切にお稽古を続けてゆきたいと思います。 初めての発表会で、右も左も分からないのですが、先輩方の足を引っ張っらないように精進致す所存でございます♪

      5
      テーマ:
  • 09 Aug
    • カンパニーデラシネラ「ロミオとジュリエット」@金沢21世紀美術館

      小野寺修二さんが主催される「カンパニーデラシネラ」。以前から一度見たいと思っていましたが、金沢での公演が実現すると聞いてから、楽しみにしていました。 この公演はシェイクスピアの「ロミオとジュリエット」をベースにした作品ということで、ダンスだけはなく台詞ありのパフォーマンス。子どもが見ても楽しめるようにと作られたそう。この5月から全国の小中学校で公演を重ねて、44回目の上演になるそうで、金沢での公演が千秋楽でした。 まず初めに感じた印象は電子音のような音や古いシャンソンなどの音楽の使い方が斬新で面白い。舞台には白いブロック(発泡スチロールかな?)とテーブルあるのみ。時に赤い敷物を敷くこともありましたが、剣などの小道具は使っても大きな道具はほぼ未使用。台詞とダンスというか身体の動きで、心の中を表すバランス?が絶妙な感じで、見ていて無理が無い。もちろんジュリエットがバルコニーで言う「ロミオ、ロミオ。どうして貴方はロミオなの?」定番の台詞はあったけれど、他の台詞はほぼオリジナルだったような。照明や箱庭能ような小道具を駆使した演出は、最小限の道具で最大限の効果を発揮していたと思う。まるで箱庭を覗き込んでいるかのような、不思議な世界観。観客の想像力を試しているかのような「みたて」を使っているのは少しお能に似ているような。短い時間の中でぎゅっと凝縮されたパフォーマンス作品でした。ジュリエットを演じた崎山莉奈さんは、地元石川県のご出身だそうでダンスの先生らしき方やお友達が沢山見に来ていらっしゃいました。アフタートークで小野寺さんはじめ出演者のお話をうかがいましたが、皆さん劇中ではあんなに雄弁だったのに、素顔は話し下手な方が多いのか言葉少なめとポツポツと話す姿を見が印象的でした。 金沢21世紀美術館で撮影したフラッシュモブはこちら。https://www.youtube.com/watch?v=mRpoSWQ8qKQ&feature=share

      3
      テーマ:
  • 07 Aug
    • 能楽をみるということ、あれこれ雑記②

      さる8/5に、白山市松任城址公園で「白山薪能」の演能がありました。三十回も続いている伝統ある薪能です。 事前に能楽講座があり、そちらにも参加させていただいて予習もばっちり。現役の能楽師さん達のお話をお聞きして、薪能の見どころ、楽しみかたを伝授していただきました。「能楽」というとお能ばかりのように思いがちですが、実際は狂言も含まれます。能の間に狂言をはさむこともあり、能と狂言は切っても切れない?関係です。 当日はとても暑い日で夕方になっても気温が下がる気配がなく、熱帯夜の到来を予想させました。お能の衣装はとても厚いので、演じる方は大変だろうなと思いながらの観能です。火入れ儀式も終わり、まずは狂言「二人袴」から始まりました。 この演目は息子と父親が一つの袴を分け合って履くという滑稽な内容です。観るのは二度目でしたが、今回の方が断然楽しめました!途中で二人が袴を裂いてしまう場面があるのですが、観客にも大受けしていました。 能「杜若」は「伊勢物語」の東間下りを下敷きにした演目です。在原業平が読んだ和歌が重要なポイントになっています。後半、シテ方が杜若の精となって舞う舞が、なんとも幽玄な趣なのです・・・「草木国土悉皆成仏」と謳われます。それまでは喧びく鳴いていた蝉の声もピタリと止み、闇の中に浮かび上がった舞姿は、野外での演能ということもあって、自然と一体になったような不思議な心地。思わず夢幻の世界に引き込まれたのでした。  地元紙の記事より。

      3
      テーマ:
  • 04 Aug
    • 能楽を見るということ、あれこれ雑記①

          何故こんなに能にはまってしまったのか、自分でも謎なんですが。。。 石川県立能楽堂で、毎年夏の土曜日の夜に開催される「観能の夕べ」。今年も7/2から始まっています!野口英世さんお一人を伴えば、気軽に能楽が楽しめます^^ 先日もお師匠さんがシテを務めらるので見に行ったところ、偶然にも隣席にスイス人の女性が座られました。最近は海外の方の鑑賞も増えていますね。この日も満席でした。 同年代の方のようだったので、勇気を持って話しかけました!(エライw)以下の会話は、身振り手振りやスマホ片手に手に辞書を引きながらの会話です。 彼女は日本各地をお一人で2週間かけて旅行されているということ。名古屋・岐阜・長野などを回って、金沢が最後の滞在地だそうです。 能を見たことがあるのか?とお聞したところ、スイスで1度あるということでした・・・なんとスイスでも能が上演されているんですね!! その日は偶然能楽堂にいらしたようで、今から能の上演があると言われて見ることにしたそうです。ラッキーだったわ、というような事を仰っていました。 能楽堂には英語でも解説が用意してあるので、海外からの方も気楽に楽しめる環境が整っています。 偶然ニースの話になり、先日のテロの事が話題になりました。「美しい街で起こった事件が、とても残念だ」と仰っていました。激しく同意です。 偶然にも隣席となった方と色んなお話ができて、とても楽しかった。 異文化コミュニ二ケーションにも役立つ?能に、益々ハマりそうです(笑)

      4
      2
      テーマ:
  • 26 Jul
    • 松竹大歌舞伎東コース、金沢公演「松浦の太鼓」他

        またまたお久しぶりの更新となってしまいました・・・。 その間にも、観劇やコンサートには行っていたのですが更新する気力が無かったのです 今年は例年になく歌舞伎関係の公演が石川県で多く有り、5月の猿之助・壱太郎さん出演の舞踏公演「異性の愛」に続いて、歌舞伎づいている石川です。 10月には小松芸術劇場うららで、猿之助さん出演の歌舞伎公演があり、その次の週に海老蔵さん出演の「勧進帳」が予定されています。 11月には金沢歌劇座で勘九郎・七之助さん兄弟の「錦秋特別公演」があり、続いて愛之助さんの「松竹舞踏特別公演」連獅子他があるそうです。 行きたい公演が多過ぎて、嬉しい悲鳴!! 歌舞伎座の毎月の演目も面白そうだし、いよいよ歌舞伎熱が高まりそうな今日この頃です。 さて、松竹大歌舞伎の東コース・金沢公演に行って参りました。まずスーツ姿の染五郎さんのご挨拶があり、ご当地ネタで大いに受けてました。 「巡業は できれば金沢一ヶ月」「金沢に 22世紀 歌舞伎座を」ご自身で作された俳句も披露され、最後に「音楽堂邦楽ホール大好きー!」と仰ってました。 壱太郎さんの「晒三番叟」に続き、「松浦の太鼓」は染五郎さんの松浦鎮信、歌昇さんの大高源吾で演じられました。赤穂義士外伝というべき物語で、討ち入りの場面こそ出てきませんが、吉良邸の隣に住む大名・松浦邸での物語です。染五郎さんが陣羽織で馬に乗って出てきた途端、何故か会場から笑いが・・・ 染五郎さんの松浦候は軽妙洒脱で人情に厚いお殿様振りが堂にいった感じ。おじ上の吉右衛門さんから教えていただいたそうですが、歌舞伎の芸の継承はこういう風につながってゆくんだなあと感慨深いものがありました。昨年見た「阿弖流為」のイメージが強かった染五郎さんですが、今回は別の面も見られて良かった俳諧の宗匠・宝井其角役の嵐橘三郎さんが、源吾やお縫と殿様の間を取り持つ重要な役柄でこのお芝居のキーパーソンなのかなと。なかなか渋い役者さんですね♪登場人物の心情は細やかに描かれていますが、義士ものの暗さはなく、明るいお芝居でした。 最後は染五郎さんと壱太郎さんによる「粟餅」。こちらも軽妙洒脱で楽しい踊りですね。途中「六歌仙」の人々の様子を踊ったりするのは、やはり俳句繋がりなんでしょうか? 今回は花道にも近く良い席で観劇できて、大満足の時間となりました。「いよ!高麗屋」と声を掛ける方がいなかったのは、少し寂しかったかも? #歌舞伎 #染五郎   

  • 15 Apr
    • 我が家の犬がなった意外な病気とは

      九州の地震の被害が心配な朝ですが。今年で12歳になった我が家のわんこ。2、3日前から左目の下が腫れてきて目を塞いでいる?と思ったら、まるで怪我をしたかのように浅黒くなり、血のようなものが滲んできました。 こんな感じです… 動物病院で診察を受けたところ、なんと、原因は「歯周病」! お医者さんによると、「歯周病の悪化みたいなもので、それが皮膚を破って膿が出ている状態。抗生物質を1週間飲ませるとかさぶたのようになって収まるけど、また体調が悪いときやストレスが貯まると再発する可能性もある。かさぶたが出来たら、歯を抜くという手術もできるが費用が数万円かかる」とのこと。ちなみに、老犬にはよくある症状だそうで・・・ まさかそんな事になっているとは!と、家族一同大変驚きました。 犬にも歯周病がることは知っていましたが、まさかこんな症状があるとは。無知な飼い主家族はそんなことは想像もつかず、何となく元気が無いなあ?くらいに思っていました。きっと痛かっただろうに、ごめんね、わんこ。 とりあえず、家族で話し合い経過を見て手術していただくことにしました。早く治ると良いのですが・・・。

      5
      テーマ:
  • 12 Apr
    • NiOR(ニオール) ギャラリーのようなパン屋さん

      次々と新しい飲食店が開店する金沢周辺ですが、また一つ気になるパン屋さんがオープンしました! 建築中からおしゃれな白い建物が気になっていましたが、開店して驚きました・・・美容院かと思っていたら、まさかパン屋さんとは! 店内もアートギャラリーのように、おしゃれな内装です。レイアウトや棚、飾ってある絵などもセンス良いですね。 外から見える窓側に、若い外人さん?職人さんらしき方が粉を打っている様子がうかがえます。中には大きな窯がありました。 実はこの日は、二回目の来訪でした。前回は2種類しかパンが残っていなかったので、それぞれ1個ずつ買いましたが、今回はそれなりに選び甲斐がありました。 こちらで売られているパンは、どちらかというと「リュスティック」のような生地を楽しむパンが主のようです、まだ種類も少なめですね。 「ル パン コンブレ セレアル」「インテグラーテ ピノーリ エ ウーヴァ」フランス語なのかな?名前からして、敷機が高い・・・(笑) 前回買ったパンが美味しくて、また食べたくて来てみたというのもあったのですが、今回は店頭に無かったので、違うパンを数種類購入です。 「トラディション抹茶」「トルドゥ ド サラザン」「パヴェ ノワ」などと一緒に、レジ横のガラスケースにあった「パンオショコラ」などを。  「トラディション抹茶」は、トラディション生地にベルギー産チョコと国産の抹茶を練り込んだものだそう。皮は少し固そう?なのですが、中の生地はしっとりしています。抹茶の味が主張しすぎず、チョコとの相性が抜群ですね!ワインにも合いそう。1cm程にスライスして食べました。「トルドゥ ド サラザン」そば粉の入ったパン、そばの風味が良いですね。見た目が黒っぽいので手に取るのは勇気が要るかもしれません。ボソボソしているのかと思いきや、意外としっとりとした生地で食べやすい。ハーフで350円なのですが、大きめで食べ甲斐あります。    「パヴェ ノワ」トラディション生地にくるみが入ったパン。ナッツ類が入ったパンが好きなのでこちらも文句無く美味しいです。  ベースのトラディション生地のパンに作り置きしてあった「切干大根のカレー風味」をサンドして食べました。相性合いますね~ 自宅から比較的近いので、これからも買ってみたいと思います。お惣菜系パンやデザート系がメインのお店が多い中で、ハード系が充実したパン屋さんが出来たのは嬉しいですね。これからが楽しみです。 住所:石川県野々市市白山町392 076-256-2021定休日:水・木      

      6
      テーマ:
  • 06 Apr
    • 石川と富山のお花見スポット

      北陸の桜の見頃は、この数日になりそうです。昨日、金沢城・石川門の下を車で通りましたが、ライトアップされた桜が綺麗でした。兼六園の桜はそろそろ散り始めていますが、まだまだ見頃のスポットがたくさんありますよ。 私のお薦めスポットをご紹介します。石川県は・・・①兼六園・金沢城公園周辺(散り始めていますが、桜の絨毯も素敵ですよ)②卯辰山(ドライブしながら、山を一周するだけで花見が楽しめます)③加賀市・熊坂川堤(昔ながらの川べりに咲く200本の桜は見応えあります) 石川県の花見スポットに関しては、こちらがわかりやすので参考までに。 富山県では・・・①富山市・松川べり(川べりの桜が圧巻です)撮れたてホヤホヤの松川べりの写真。 いかがでしょうか? ② 〃 ・呉羽山(市街地から車で10分程の丘、新幹線の撮影スポットあり)③高岡市・古城公園(美術館や動物園もある家族でも楽しめる公園) 石川・富山のおすすめスポットの立地が似ているので、我ながら笑ってしまいました。川べり、城址、山が美しい桜スポットなのでしょうね。

      8
      テーマ:
  • 01 Apr
    • 金沢城の桜とオペラケーキ

      昨日は仕事帰りに野暮用で金沢城の近くまで行きましたが、 いもり堀や21世紀美術館周辺のソメイヨシノが5部咲きほどになっていました。 今週末が見頃かもしれませんよ~ 兼六園の無料開放が4/2(土)から始まりますし、夜間のライトアップもありますので、こちらも楽しみですね! 久しぶりに、しいのき迎賓館内のポールボキューズでお茶しました。 2階のレストランはなかなか行けませんが、1階のカフェでは向かい側のいもり堀を眺めながら、軽食を楽しむことが出来ます。 数種類から選べる飲み物とケーキのデザートセットが850円です。 今回は「加賀棒茶のガトーオペラ」を選びました。 「オペラケーキ」はパリのオペラ座近くにある「ダロワイユ」が初めて作ったケーキだとか。 チョコレート、スポンジ生地、コーヒー風味のバタークリーム、チョコレート・ガナッシュを順に重ね、一番上のグラサージュまでで7段の層で作られている複雑で繊細なケーキなんですよね。 写真では分かりにくいのですが、トップに金粉が乗っています。 どの辺が加賀棒茶なのはかは分かりませんでしたが、やはりこちらのケーキは美味しい! オペラケーキについてはこちらを参考にさせていただきました。 辻口シェフの「ルミュゼドゥアッシュ」のオペラケーキも紹介されています。

      8
      テーマ:
  • 30 Mar
    • 謡のお稽古、ついに三年目に突入

      宝生流の謡のお稽古を始めて、今月で丸二年が経ちました。 始めた当初は、「勢いで申し込んだけど、果たしていつまで続けられるのかな?」と自他共に危ぶまれつつ(笑)、なんとか三年目に突入しました! 今の「紅葉狩」で習った曲も六曲目になりました。 「鶴亀」「羽衣」「橋弁慶」「土蜘蛛」「竹生島」「紅葉狩」 結構色んなタイプの曲を習ってきていますね・・・今春なのに、何故か秋の季節の曲を習っていますが。 お稽古は毎週1回でだいたい15~6分間くらいでしょうか。短いようですが、お師匠さんとマンツーマンなので、集中力を要する緊張する時間です。 毎回のお稽古を録音させていただいているので、それを聞いておさらいしてから次のお稽古に行くようにしています。 亀の歩みのようになかなか上達せず、まだまだ初心者から脱していませんが、 ここ数カ月でようやく声の出し方が分かって来たような・・・気がしています!(遅いって?) 先日内輪のおさらい会に出るようにお師匠さんに言っていただいたのですが、娘の出産と時期が重なりそうなので、今回は参加を辞退させていただきました・・・残念! 毎年夏と冬に開催される恒例の「観能の夕べ」リーズナブルな料金で鑑賞できます! 金沢は能楽の上演が盛んなので、月初めの日曜日には兼六園内の能楽堂で「定例能」があり、その他にも毎週のように各会のおさらい会があります。なるべく多くお能を実際に観る機会を作るようにしています。 飽きっぽい私が二年も続いただけでも内心驚いていますが、これからも長ーく細ーく続けていきたいと思います。 二十年くらい続けられたら、少しはモノになるだろう。なんて、気長に考えています。老後の楽しみという事で・・・(笑)

      6
      テーマ:
  • 17 Mar
    • 談ス~森山未來、大植真太郎、平原慎太郎

      2016年 3ヶ月連続で更新中 森山未來さんが10月のトークショーでも話されていた3人のダンサーによるパフォーマンス「談ス」金沢公演を見て来ました。 言葉で会話をするように、身体を使って自由に対話をするということがテーマなのかな?などと思いつつ、3人の身体能力に驚かされたり時に笑わされたり。 音楽も1曲のみ、小道具はチョークやフィギュアや、 お互いの衣装(この使い方に注目です!)のみのシンプルな演出。 ダンスってもっと自由でフレキシブルで良いんじゃない? 人間の身体って、こんなに自由でもっと「縛り」をとっぱらって動かそうよ。 という、3人のダンサーの声が聞こえてきそうな気がしました。 開演のアナウンスで、未來さんが竹内の「みそまんじゅう」や「きんかんなまなま」をネタにされていて、観客の笑いを誘っていました。 (地元民にしか、分からないネタだったかも~) 終演後に大植真太郎さんのサイン会があり、公演プログラムにサインしていただきました。 そして握手も! とても暖かくして大きな手でした~ 終演後の舞台は撮影可という事でした↓ 上のスクリーンは、ダンスしながら撮影したものを写してました。何が書いてあるんだろう?上から移して欲しいね。 ピンぼけですが・・・ 未來さん作、小道具のチョークとフィギュアで作った作品? 談スの公演は、この後3/29の沖縄公演まで続きます。

      7
      テーマ:
  • 04 Mar
    • 「わたしのマーガレット展」

      地元のデパートで開催中の「わたしのマーガレット展」へ。 少女漫画誌のマーガレットは今年創刊50年を迎える伝統ある?雑誌。 池田理代子さんの「ベルサイユのばら」が掲載された雑誌でもあります。 50年で伝統あると言えるのかどうかは別として、漫画雑誌として半世紀もの間出版し続け、様々な名作を生み出してきた雑誌であることは間違いないですよね! 私は近所に住んでいた5歳年上の従姉妹と本当の姉妹のように育ったので、彼女の影響を大いに受けました。彼女が読んでいたものは自動的に読んでいたと思います・・・漫画好きの従姉妹に影響されて、子どもの頃から漫画が身近にありました。今思えば、漫画に関しては恵まれた環境だったかもしれないですね(笑) 従姉妹は「アタックNo1」や「エースをねらえ!」などのスポーツ系漫画や「つる姫じゃー」「伊賀カバ丸」などのギャグ漫画が好きなようでしたが、私が好きだったのはお姫様が出てくるとか、普通の女の子がモテモテの男の子に好かれるというような恋愛漫画が好きだったような気がします。 「少女コミック」「なかよし」「りぼん」「LaLa」「プリンセス」等々色々な漫画誌を読みましたが、 その中でも「マーガレット」に掲載された漫画にはかなり思い入れがあります。 マーダレットを最も読んだのは、1970年代から80年代。 特に池田理代子さんの「オルフェウスの窓」は、連載当時夢中になって読みました。 あの頃のマーガレットは週間でしたので、毎週の発売日が待ちきれなくて! 発売日には、学校から書店に直行していました。 家に帰るのが待ちきれなくて、途中の神社で読んだり、歩きながら読んだりしていましたね。 「希林館通り」「いつもポケットにショパン」なども、懐かしい作品です。 今回はそれらの作品の原画と共に、マーガレットが漫画の歴史の中で果たしてきた役割というような解説もあり、掲載年に沿って展示してありました! 最後のコーナーは、池田理代子さんの原画が多数展示されていました。修正液の跡が見えたりして、ああ、こんな風に描かれていたんだなぁと感慨深いものが。そしてベルばらのオスカルとアンドレの等身大のフィギュア!(正直言って、これは引いた…) わたなべまさこさんや西谷祥子さんなど初期に活躍された漫画家さんの作品なども懐かしく見ました。 会場入り口をかざる、歴代の表紙たち。壮観だわ。

  • 22 Feb
    • 2016年グラミー授賞式

      先日行われたグラミー賞授賞式を見ていて感じたことを書いてみます。 まず冒頭のテイラー・スイフトのパフォーマンスは貫禄充分でしたよね!素晴らしかった! まだ若干26歳のテイラー(なんと長女と同じ年^^;)ですが、既にグラミーでは常連さん。 私が彼女の歌を最初に聞いたのも、2008年のグラミー賞での演奏でした。 白いドレスを着た可憐な美少女がカントリーを歌っている、みたいなイメージでとても惹かれました。 その後、CDを買って聞き込んだことは言うまでもありません。 今では色んな意味で成長し、押しも押されぬBIG ARTISTになった彼女ですが、あの時の可憐な少女の面影はどこかに残して欲しいなと思うのは、ファンの勝手な願いかもしれませんね^^;  そして、圧巻だったのがLady GAGAのデビット・ボウイ追悼パフォーマンス。 https://youtu.be/3fGBZhsa4VU 大写しになった、ガガ様の顔のプロジェクションマッピングから始まった9曲メドレー。 ナイス・ロジャースとの共演もあり、さすがガガ様な演出満載の数々。 山本寛斎さんがボウイの為にデザインしたマントには、「出火吐暴威(デビット・ボウイの意)」と書かれていました。 ガガ様のボウイへのリスペクト振りが伝わってきますね。  グラミー授賞式で毎年楽しみなのが、未知のアーティストのパフォーマンスを見ることができること。 今年は「Little Big Town」というカントリーの部門でノミネートされたグループが気になりました。 2人の女性ヴォーカルと男性2人の4人のグループです。かなり長いキャリアがあり、落ち着いた大人のカントリーといった雰囲気。 ブルネットのリードヴォーカルの女性が私好み https://youtu.be/JYZMT8otKdI もう一つ「Alabama Shakes」という、まだ若いメンバーのグループ。 fanckyなのに、どこかノスタルジーでソウルフル。とても耳に残るサウンドでした。 演奏した「Do'nt Wannna Fight」のメロディーが気に入り、Apple Musicで探してヘビロテ中です。 ヴォーカルの女性は、マツコデラックスさんのような雰囲気なのですが、糸を引く納豆のような?ヴォーカルで聞かせます(笑)。 https://youtu.be/x-5OX7CO26c?list=PL1iKKG2InMPhfoLOtVxEY17gjrQ0bucgQ ぜひ御一聴あれ!

      5
      テーマ:
AD

プロフィール

bunny

性別:
女性
血液型:
典型的なO型
自己紹介:
楽しいこと、美味しいものが大好きなエピキュリアン。 北陸在住、東京オリンピックの年生まれ。 ...

続きを見る >

読者になる

ランコム ローズ マガジン

金沢のお土産なら、これ♪
AD

最近のコメント

1500円以上の注文は送料無料♪


金沢ブランドの香水♪梅の香りです
金沢オードパルファム(ピュアミスト) ~金沢の香り~ 30ml EDP・SP

ボンヌママンのマロンクリーム♪
【こだわりの食材】フランスの中でも果物の宝庫といわれる ロット地方で採れた新鮮な栗とバニ...

美味しいもの、イロイロ♪


佐清(すけきよ)さんになって、綺麗になりましょう^^;



チョコレートは、やっぱりロイズ♪




<br>
クリスマスケーキ<br><br>クリスマスには欠かせないおいしいケーキやスイーツが盛りだくさん♪
<br>
指輪・ネックレス<br><br>お互いのスタイルに合わせたアイテムをクリスマスにプレゼント♪
<br>
子供へのプレゼント<br><br>喜ぶ姿が見たいから♪Xmasにプレゼントしたいお子様向けプレゼント
<br>
厳選ブランド<br><br>クリスマスプレゼントにもらって嬉しいブランド物が勢ぞろい
<br>

ランキング

総合ランキング
554870 位
総合月間
363769 位
気まぐれブログ
16739 位
中部
5761 位

ランキングトップへ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。