1分で読める!超ショート笑説

ショートコントみたいな超短編小説です。


テーマ:
わたくし高校生。多感な時期と人は言うが、なにをもって多感なのか・・・おそらくこのことだろう。


ズボンのテントが納まらない!のだ。


大変なことになってしまった。


家の親父が、うまそーに飲んでる「スーパーミラクルみなぎる力!夜の帝王ドリンク」をこっそり盗んで飲んで、からというもの、ボクの下半身の一部が異常をきたしている。


現在、ボクは引きこもりだ。


布団から出れないし、そのわけも恥ずかしくて、家族にも相談できないでいる。


いったい、どうすればいいんだ。


とにかく、コイツをこのテントを納めなくてはならない。それが先決だ。


バイト先の先輩に、思い切って相談したら、なんと同じ悩みを抱えていたらしく、ていうか同じバカをやったらしく、専門医を紹介してくれた。


そこは、とあるマンションの一室にあった。


「桃栗クリニック」


ほんとうに、大丈夫なのか?


インターホンを押すと、黒いシックなセーターに白衣をジャケットのように着こなした。ショートカットの女医が顔をだした。


「どうぞ」


中へ入ると、病院らしく、しっかりと医療器材が調度品のようにならんでいる。


「座って」

「あ、はい」

「あら、立ってるほうがよさそうね」


「あの、親父のスタミナドリンクを飲んでからこうなんです」

「・・・なるほどね。ちょっと刺激が強すぎたみたいね、副作用のようだわ」

「ですよね」


「君、高校生だよね」

「あ、はい」

「治療は、ん万円するけど。もちろん払えないわよねぇ」

「ええ、ん千円しか」

「じゃあ、カラダで払ってもらおうかしら」


「ええっ!いや、あの、ちょっと先生!なにを・・・」
(ココはご想像におまかせします)


ああ、なんという副作用、ならぬ福作用。ありがたき幸せ!



その後・・・・・・



某薬局店員 「あのねえ、あんた高校生でしょ。こんなもん必要ないでしょ」


ボク    「そこをなんとかっ!」


某薬局店員 「そう、土下座されてもねえ。コレは未成年に売れないんですよ」



ズボンは納まったが、ボクの気持ちは納まりそうに、ない!






----Fin----


****************

あなたからのコメントお待ちしています。

おもしろかったら応援ポチおねがいします。

         ↓

短編小説 ブログランキングへ
にほんブログ村 小説ブログ ショートショートへ
にほんブログ村








AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

笑説家・豊川晃生さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。