文学座附属演劇研究所公式ブログ

1961年開設、文学座附属の俳優・演出家・スタッフ養成所


テーマ:

先週、文学座アトリエの会『弁明』を終え、研修科発表会『お気に召すまま』がアトリエ入りしました。

 

 

 

 

生徒全員で仕込み。

 

アトリエは作品によって客席や舞台が変わるので、今回はどんな舞台になるのかお楽しみです。

 

 

そして、アトリエで稽古。

 

 

 

 

本番まであと約3週間。

 

是非観にいらして下さい。

 

 

 

■研修科発表会
『お気に召すまま』
作:ウィリアム・シェイクスピア 訳:小田島雄志 演出:靏田俊哉
日程:2016年10月14日(金)~16日(日)
10/14(金)       19:00
10/15(土) 14:00 19:00
10/16(日) 14:00

14日19:00~、15日14:00~は、Aキャスト/ 15日19:00~、16日14:00~は、Bキャスト

場所:信濃町 文学座アトリエ
入場料:1000円

予約受付 2016年9月27日(火)11時~
◇電話予約 03-3351-7265
◇WEB予約 シバイエンジン
●お申込みフォーム送信後すぐに、ご入力いただいたメールアドレスに自動返信メールが届きます。
<お申込み内容のご確認>など大切な情報を記載しておりますので、 事前にlt.kenshuka.ticket@gmail.comのメールが受け取れるようご自身で設定をお願いいたします。
尚、lt.kenshuka.ticket@gmail.comは自動返信メール専用です。お問い合わせには応じられませんのでご了承下さい。


※満席となり次第、予約を締め切ります。

お問い合わせ 03-3351-7265
 

詳細はこちら

http://www.bungakuza.com/newinstitute/performance.html

 

 

また、これまではご入場の順番を当日のチケット引き換え順としていましたが、受付開始時間前よりお客様にお並びいただき、さらにお待ちいただく時間が年々長くなっていることがあり、行列ができることに関係者一同喜び感謝の思いでおりますが、お待ちいただく場所などの問題もあり、夏場冬場はお客様に大変不便をかけることになりますので、誠に勝手ながら今回より当日の入場の順番は、事前の予約の順番とさせていただきます。

ですので、開演の45分前~30分前(開場)までにチケットのお引換をお済ませいただければ、事前の予約の順番でご入場いただけます。

誠に勝手ではございますが、ご協力よろしくお願い致します。

 

詳しくは下記をご参照ください。

 

 

当日のご入場の順番について
開場時の客席への入場は、事前の予約受付順となります。
※当日のチケット引換順ではありません
※早く席に着きたい方は開演30分前の開場までにチケットの引換をお済ませ下さい。
※開場時間を過ぎてからのご来場は予約順入場を解除、来場順となります。
※文学座パートナーズ倶楽部・支持会の皆様は優先入場となります。

尚、当日のチケット引換の受付は開演の45分前開始となります。
受付開始時間にお越しください。ご協力お願い致します。

 

 

 

 

文学座附属演劇研究所のLINE公式アカウントでは、研究所の情報を配信しています。将来受験を考えている方、研究所に興味のある方は是非登録を!

◆研究所公式LINE◆
友だち追加数

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

稽古場発表会『俳優についての逆説』を終えた56期本科。

 

1日休んで通常授業が再開。

 

先日は、文学座のマネージメント部署である映画放送部の福田洋平による特別講義を行いました。

 

今回は夜間部より。

 

 

 

 

 

昼間部。

 

 

 

1コマの特別講義。

 

内容はマネージメントの仕事のこと、そしてマネージャーから見た俳優や現場のお話。

 

俳優にとって演出家や監督、スタッフ、共演者との関わりはもちろんですが、マネージャーとの関わりはとっても大切なこと。

 

とはいえ、マネージャーの側からの話はなかなか聞く機会がないので、生徒達は新鮮な話に興味津々でした。

 

将来俳優として仕事をしていく上での心構えとなるお話も多く、後半は生徒による質問。

 

講義が終わった後も個別に質問をする生徒も。

 

俳優を職業として具体的に考える時間となり、生徒達の意識がまた1つ変わるきっかけとなりました。

 

 

 

文学座附属演劇研究所のLINE公式アカウントでは、研究所の情報を配信しています。将来受験を考えている方、研究所に興味のある方は是非登録を!

◆研究所公式LINE◆
友だち追加数

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

9月18日。

 

夏休み前から稽古をしていた稽古場発表会『俳優についての逆説』本番でした。

 

 

 

写真は、稽古の様子。

 

ただし、本番も場所はこの稽古場で、生徒達も特別に衣裳を着て行うわけではありませんので、本番もこんな感じです。

 

宮本研さんの『俳優についての逆説』という本をテキストに、生徒が2人ずつ行うパートがあり、メインは生徒1人1人が自分で書いた3分間の芝居の発表。

 

小道具も衣裳もなしで、何もない空間で自分の言葉と体で3分間を0から作り上げるのが、この稽古場発表会の肝です。

 

作・演出・主演を自分自身が行うという3分間。

 

通常の演技実習、発表会では、既成の台本、テキストを扱っているので、この『俳優についての逆説』の3分間は、まさに生徒1人1人の個性が一番表れます。

 

「演ずる」ということと、「演出される」ということの経験しかない生徒にとっては、「書く」「構成する」ということに初めて挑戦するわけで、本科1年間のカリキュラムの中で最も楽しく最も苦しい稽古だったかもしれません。

 

俳優としての自分を、色々な角度から見つめ考えるきっかけになったことは確かかもしれません。

 

ともあれ夏休みを挟んでの、自分を見つめ自分の表現について孤独に考える期間は終了しました。

 

今週からは気を抜く間もなく、次回発表会『女の一生』の稽古が始まります。

 

『女の一生』はアトリエでの発表会。是非観にいらして下さい。

 

 

 

そして、おまけ。

 

『俳優についての逆説』稽古期間中に行った授業『リズム』です。

 

 

 

 

4月の入所してしばらくして行った『リズム』の第2回目。

 

久々の『リズム』

 

『俳優についての逆説』では、個人個人で稽古を背負うことが多いので、あえて稽古の中盤でグループで行う『リズム』を行いました。

 

リフレッシュも兼ねての授業となりました。

 

 

 

文学座附属演劇研究所のLINE公式アカウントでは、研究所の情報を配信しています。将来受験を考えている方、研究所に興味のある方は是非登録を!

◆研究所公式LINE◆
友だち追加数

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。