文鳥屋店主 敬白

~商品案内その他もろもろ~


テーマ:

 PCNF社が廃業してしまうらしいので、そのお知らせです。

 

 USA、アメリカ合衆国のラウディブッシュの鳥用ペレットなどを輸入して、日本向けにパッケージしなおして流通させているのが、PCNF(ペットケアニューフーズ)という関西の会社なんですが、最近、流通が安定しないのでおかしいな?とは思っていました。ただ、先週にも入荷していて、特に案内もないので一時的なことだと思っていたのですが、今日、卸売会社のラインナップから前ぶれ何もなしに消滅していて驚きました。

 で、おくればせに調べたところ、情報サイトの『インコ生活』さんがすでに5日の記事で廃業情報を載せられていました(コチラ)。・・・今頃気づくなんて。

 

 ラウディブッシュのペレットは、当店育ちの子たちに副食で与えてるので(ペレットに慣れさせておくため)、なくなるとこまるのですが、そもそも生産が不安定なら、直輸入品の供給も時間の問題のように思われます。

 とりあえず当店では、ケイティ(アメリカ)・ズプリーム(アメリカ)・イースター(日本)・NPF(日本)の選択肢から、イースターのインコセレクションを定番として取り扱う予定です。

 

 ペレットは、製品によって味や形状がちがって、変えると食べなくなったりするから、なやましいです。

 

 

【補記】

 PCNFを介在としたラウディブッシュのペレットと言えば、昨年、某卸売会社から他の商品を仕入れた際に、製造が2、3年前のものを大量におまけとして送ってきて、どうしようかとこまって、泣く泣く捨てたことを思い出しました。あれ、製造年月日が打刻されているのですが、消費期限とか賞味期限がわからないんですよね。
 賞味期限は、おいしく頂けるめやす、なので、その日付を過ぎても(劣悪な環境で保管しない限り)問題ないですし、そもそも賞味期限の設定はメーカーによって、何となく決めてしまっているもので、ほとんど意味が無いです。ただ、何もないと判断のしようがないです。鳥がおいしく頂いているか、敬遠するようになってるか、しっかり確認はしていないでしょう?
 PCNFのラウディブッシュの場合、アメリカから仕入れたものを日本で小分け包装していたらしいのですが、おそらくそのパッケージした日付けを製造年月日にしているはずです。となったら、何年も前のものは、本当の製造はさらに古いはずで、与えて平気なものか判断できませんでした(人間がかじってもわからない)。で、試供品として配ることも、自分で消費することも出来なかったのです。

 いろいろもったいないです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 暑い日が多くなってますが、文鳥のみんなは元気です。

 ヒナ換羽中の「ナイ」↑は、現在少々ナーバスで反抗期になってます。それだけ頭がいいんですけど、頭がいい子は♀の可能性大、と店主は思ってます。アイリングも案外ぶ厚くならないので、♀かな、が現在の予想です。

 1羽♂の「バタ男」(水の交換をするときなどバタバタ騒ぎすぎるのであだ名をつけました)は、換羽が終わって男前になってます。桜夫婦の♂も換羽がほぼ終わり、♀の方も順調に進んでいます。白夫婦は、♀が換羽を終えて純白の美しい姿になり、現在、♂の方が換羽の最盛期になっています。シルバー夫婦の♀「ベル」は着々と換羽中、♂「ギー」は、換羽を終えて凛々しい姿に生まれ変わっています。

 水浴びを盛んにして、みな体調良好で助かります。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 手乗りヒナ「ナイ」の近況です。

 ヒナと言うより、専門用語的には「中雛(ちゅうびな)」の段階でしょうか。もっとも、この「中雛」は養鶏、家畜としてのニワトリを肥育する時の用語なので、文鳥のヒナのどの成鳥段階を「中雛」と呼ぶかは、別に決まってないと思います。そこで、自立(ひとり餌)後~ヒナ換羽終了あたりとしたいのですが、なかなかヒナ換羽しない子もいるので困ってしまいます。

 困っていてもしょうがないので、とりあえず、生後4か月を過ぎたら、ヒナ換羽しなくても「中雛」を卒業して「若鳥」、その頃になってさえずりの練習(ぐぜり【口舌り】)をしなければ♀、としようと思います。

 で、早めにヒナ換羽に突入した「ナイ」ですが、性別はまだ不明です。このような↑目つきが悪く見え、クチバシが赤くなりそうなので、♂と予想したいのですが、母が卸売段階で♂とされていた文鳥なので、それに似てボーイッシュな女の子の可能性も捨てられません。

 しばらく、どちらか悩んで楽しめそうです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。