言葉と歌と子どもたち

子どもから大人まで作文を教える「ぶんぶん教室」を主宰。作文の苦手を「大好き」に!
「書く楽しさ」「考える喜び」を伝え、のべ10万人の作文を指導。弾き語りママ・シンガー初段です♪


テーマ:

ウチのアホ息子が言った。

「何これ!?白い油が固まっていて気持ち悪い!ゲー!」


夫が作った夕飯のおかずのフライパンを覗き込んで息子が言った。

料理から時間がたち、鳥肉の脂が白く固まっていたらしい。


当然夫は言う。

「いやなら、食うな!」

すると息子。

「俺は、思ったことを素直に言っただけ。なのにお父さんはいつも、俺の気分を悪くさせるようなことを言う」と。


アホか。


いつものことだからか、反抗期でキレ気味の息子に、この時夫はあまり言い返さなかったらしい。それもどうなの?という話題は別にして。しかし息子はその後もぶつぶつ言っていた、、、らしい。



*******



「ね、おかしいでしょ?お母さん」と娘。


この一幕は、私がいないときに起こったこと。

後で娘が教えてくれた。

娘は、もっとひどい状況になったら、一言言ってやろうと待ち構えていたようだ。

彼女の一言は、いつも的を射て冷静だと、私は娘ながらに買っている。

言葉の選び方、伝え方、客観的視点、落ち着いた話し方、いつもすごいなぁと学んでいる母(私)である(汗)


******



「素直がいい。正直がいい」と、私たちは学校教育でも、家庭でも言われて育っている。

でも果たしてそうか?


アホ息子は、確かに思った通りを言った。素直である。

しかしそれは、夕飯を作ってくれた父親に対して、言うべき言葉じゃない。

思うことは自由だが、問題はその先の表現にある。


せっかく作ってくれたのだ。お前のために。

「気持ち悪い」と言われたらどんな気持ちになるか?

相手の目線。これだけを想像することができれば、違った表現になっていく。


素直な気持ちを伝えていけないのではない。

自分で確認した気持ちを、相手にどうやって伝えるか考える。

そのとき、自分が伝えたい意味は「何か」を考えることが大切だ。


「気持ち悪い」と伝えて怒らせたいならそれでいい。

食べたくないならそれもいい。


でも、息子は食べるつもりだったし、実際食べた。

きっと食べるという前提が彼の中にあった。

だからこその気持ち悪いだったのだと想像はできる。


そこが抜けているのだ。

「作ってくれてありがとう。お腹すいたからいただきます。だけど脂が固まっているけど、大丈夫?」

彼はいつもその前提や相手への配慮が抜けてしまう上に、そのまま「気持ち悪い」と言うから、始末に負えない。



「素直」というのは悪だと常々思う。


これは息子のことだけではない。

気持ちを素直に伝えることが大事だと言うことは、確かにそうだ。

しかし、伝えなくていいこともある。

そして伝え方を相手目線で工夫するべきことが、実際の社会では多いだろう。

それがコミュニケーションの大事なところだ。

伝えることの難しさの一つでもある。


「素直がいい」は、子どもの世界だけの話なのだ。

息子にも大人になるまでに、このことはしっかり伝えていかなくては。

たとえ親の言葉を聞かずとも、伝えていかなくてはいけない。

世間さまが教えてくれることもあるが、それでも伝えていかなくてはいけない。


「素直に思ったままものを言う」は、感情の垂れ流しだ。

垂れ流しは公害だ。


今さら大人に言うことでもないけれども、実は息子に限らず、素直のまま伝えるのがいいと信じているコドモオトナが、周りに結構多いのだ。

驚くべきことだが。


どうしてそういうの?

思ったからぁ。。。


脱力(-.-)



ぶんぶん教室の作文課題に「もしも、思ったことが全部口から出てしまったら・・」というものがある。

子どもたちは、いろんな言葉やいろんなシチュエーションを例にして、考えていく。

もしも、こう言ったらどうなるか?とシュミレーションしていく。

そうして、思ったことを全て言うのは、素直に言うのは、恐ろしいことだと自ら学んでいく。


その繰り返し。


息子のための課題だな、これは。

**********


思考する。

論理的に書く。

そのことの難しさ。

面倒くささ。

しかし、今大事なこと。


ペタしてね


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ぶんぶんちゃんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。