ぶんのブログ

価値観を変えれば変えるだけ人は成長すると思う。


テーマ:



ぶんのブログ



↑こんなことやってます






旅の持ち物は人それぞれだと思う。



ちょうど、『無人島にひとつだけ持って行けるとしたら、何を持って行く?』の答えが人それぞれである。



『最高の人生の見つけ方』という映画でも主人公が、俺は旅をしてもコピ・ルアックというコーヒーだけは欠かせないと言っていた。



そこで、僕なりに旅の7つ道具を選んでみた。






①シュラフ(寝袋)

まずこれさえあれば空港でも、道端でもどこでも寝ることができる。

ちなみに僕はこれを使っている。


photo:01





montbell製

独自の裁縫で、伸び縮みする優れもの。

僕は、スペイン巡礼の為に買ったので、スペインの気候に合わせて

【快適睡眠温度域】6℃~

【使用可能限界温度】-2℃

で、コンパクトで最軽量のものを選んだ。

シュラフによって値段もまちまちで、5万円ぐらいで-31℃まで対応しているものもある。

自分の旅先によって選ぶと良いだろう。



②雨具(レインウェア/防水スタッフバッグ)

雨対策としては、雨具は必須。

バックパックカバーもあれば重たい傘は不要。

僕は信頼のゴアテックス製のレインウェアを上下持って行った。

さらに、貴重品やパスポート、電子機器は防水のケースに入れておいた。

また、ずっとバックパックを背負っていると汗もかくので、背中からの浸水も防ぐ必要がある。僕はバックパックの中にバックパックより少し大きい防水のスタッフバッグを入れて、その中に全ての荷物を入れていた。

これはかなり便利だった。

photo:02





紐で縛るタイプもあるが、こちらは出し入れ口を3回折り返してバックルで留めるタイプ。こっちのほうが防水性が高いのでオススメ。



意外にバックパック自体が防水のものは少ないように思う。

こういうもので、水や砂塵の侵入を防ぐのもアリだと思う。

バックパック内が浸水したり、浸砂したときの落ち込み様はどえらいものがある。



③クレジットカード

旅での盗難は結構ある。

盗難の際、現金は取られたらそれで終わりだが、カードはカード会社が保障してくれる制度もある。

また嵩張らないことも魅力。

どうしても心配なら、お金の引き出し限度額を低めに設定しとくと良い。

また、盗難の際にすぐ連絡できるように、カード会社の連絡先も持っておこう。



でも、最近海外のATMがクレジットカードをそのまま食べてしまう事件があるようだ。

お金を引き出そうと、カードをATMに入れると、機械が故障して、カードを呑み込んだまま停止してしまう。

僕みたいに無知な観光客の殆どは、どうしたらいいか不安になると思う。

その点、注意が必要だ。



まだ、途上国では使えないことが多いことも考えておかないといけない。



少なくとも僕は、窓口で列車の切符や、インターネットで航空券を購入する際にすごく重宝したので7つ道具に入れた。



どっちか片方しか使えない場合もあったので、VISAとMASTERの2枚は必要だと思う。

僕は奮発して、手厚い海外旅行保障もついているゴールドカードを持って行った。



④音楽プレーヤー(iPod shuffle)

photo:06





ゴツい音楽プレーヤーは邪魔になるし、故障も気になる。

でもiPod shuffleは落としても踏んでも壊れないし、リーズナブルなのである程度雑に扱っても罪悪感がない。

また、軽くてクリップでどこにでも留める事ができるので便利。

ただ、画面で聴きたい曲を選べないことは難点だが、たまに、見ている最高の景色とその雰囲気に合う音楽がマッチしするときがある。それらの要素がちょうど五線紙の上に乗った時の一体感や臨場感には、並の世界遺産でさえも勝てないだろう。





⑤地球の歩き方

photo:03





旅する土地の治安、観光名所、のある程度の把握は欲しい。

ただ、重いので必要なところだけちぎっていく。

予備知識があるのとないのとでは、旅の広がりは相当違ってくると僕は考える。

どの国にも、観光客が立ち入ってはならない犯罪多発地帯がある。



旅は《生きてこそ》だと考える僕は、やっぱり予備知識を入れて行くことをオススメする。



いろんなガイドブックを読んでみたが、やっぱり『地球の歩き方』が一番良いと思う。



しかし、以前いろんな大使館に電話して聞いてみたのだが、『地球の歩き方』の表紙は海外の窃盗団の間でよく知られていて、それを持っている人はカモられるという話をしてくださった。



ガイドブックを持ち歩きながら、キョロキョロするのはやめたほうが良さそう。



先程も書いたが、各国の大使館に電話すれば、リアルタイムの治安状況を教えてくれる。必要なら、気候なども詳しく書いてある書類を送ってくださるので、心配な方は連絡してみるのも良いと思う。

国土交通省の観光庁のホームページも役に立つかも。



⑥クロックス

photo:05





カラーも豊富。



サンダルよりは嵩高いが、クロックスが丈夫で良い。

東南アジアの海底には、謎のウニ。鋭い岩場や、貝殻が多い砂浜では底が厚く、丈夫なサンダルが必要だ。



どうしても歩くことが多い旅になる。

靴ばかり履いていると、蒸れたりする。ふと立ち寄った休憩所で靴下も靴も脱ぐだけで、かなりリラックスできる。

また、想定外の場所で海や川に出くわした時、サンダルがあると濡れるのを気にせず、心おきなくはしゃぐことができるという利点もある。



⑦大きめのストール

僕は『MASTER&Co.』というブランドの大判ストールを使っている。

photo:07







寒い機内や店内で羽織ったり、

砂ぼこりが多いところではマスク替わりに凄く威力を発揮する。

また、日傘代わりにも使えて、用途がすごい!

陽が強いところでは、日焼け止め、サングラスもあっても良いかもしれない。





とりあえずこんな感じ。

整理すると、

①シュラフ

②雨具

③クレジットカード

④音楽プレーヤー

⑤地球の歩き方

⑥クロックス

⑦ストール


でした!



他、お守り、リップクリーム、深夜特急、、あげればいっぱい持っていきたいものはありますが、ないと不安なのが以上の7つでした。



これが、僕の《旅の7つ道具》です。



僕のこの薄っぺらい内容のブログを読んでくださり、ありがとうございましたm(_ _)m

でも、経験者として、僕のこの不定期なブログが誰か様の旅の後押しになれば嬉しい。







旅をして、歩むごとに、自分自身の習って来た世界の虚偽が見えると思う。

photo:04













今回僕がブログを書こうと思ったキッカケが、素敵な関東人、青木優さんの企画でした。彼のブログやアクションは、僕にすごく響きます。



良ければ、是非観てください!!

どんな最高のガイドブックや宗教本よりも、僕は好きです。



青木優 HIBILOG






☆青木優さん企画!


いろんな人の《旅の7つ道具》は、こちら!






Twitter ぶん ‾∠‾




















AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ぶんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。