嬉野温泉旅館大村屋~若旦那ブログ~

佐賀県は嬉野温泉にある老舗旅館のブログ!
http://www.oomuraya.co.jp/


テーマ:

久々に二日酔い。

昨日は同じ嬉野の某旅館の社長さんにご馳走になり

いろんな話を聞かせていただきました。

その人は全国の旅館連盟の会長をやってらしてとても忙しそう。

明日は北海道に日帰りらしい。

旅館の話もだけど、嬉野で初めてエレキバンドしたのは社長さん達だって。

昔から嬉野の旅館の息子は音楽好きが多いって言ってた。


そして、かなり飲まされました。。

家路がきつかった。

赤坂から世田谷までフラフラ。

そんなに具合は悪くなかったんだけど

人の熱気とか電車の揺れで気持ち悪くなった。

たえられず三軒茶屋からタクシーで帰った。

帰ったら吐き気をもよおしてトイレへ。

しかし、出ない。

妹から水をもらいなんとか気分は良くなって

トイレ横の脱衣所で妹と二人座って話してたら

なんかしらないけど、さらに気分が良くなって

妹に水をかけたくなって

妹のおなかのしたに水をかけた。

僕、爆笑。妹、失笑。

そのあと、千愛に電話したくなって、した。

その後はいつの間にか妹の部屋で寝て、4時頃急に目がさめて

僕の部屋で寝ている妹を見つけ、起こした。

二人とも眠くて変なテンションだから笑い転げお話の国。

いや~迷惑な男だった、自分。

きょうのうた NAIMA/John Coltrane


じょhn

コルトレーンが最愛の奥さん、ネイマに捧げた名曲。

人を愛することの幸福感と同時に危うさも感じられる。


この曲を聴くと何故だか村上春樹の小説の世界が頭に浮かぶ。

あの無国籍でぼんやりしてて、危うい感じが同じ匂いを醸し出している。


コルトレーンのサックスはテンポの速い曲も良いが

こういうバラードになると最強。


是非。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

5月25日は渋谷AXでトライセラトップスのライブを見に行った。

これで4回目のトライセラトップス。


始まる前に生ビール2杯を飲んで準備完了。


やはり彼らは僕の音楽のツボを突いている。

前半と後半の演奏は過去4回の中でも最高に良かった。

でも、中盤でMCが長すぎてダレたのがちょっとどうかな~と思った。


和田さんのMCは他のミュージシャンの中でも上位に入るくらい

カミカミで面白いが、長すぎるときついということが分かった。


とは言っても良いライブでした!


和田さんに影響され、我が妹も何か新しい道が見えたみたいで

兄としては応援してやりたい。



きょうのうた トランスフォーマー/トライセラトップス


torai

万物は常に流転している。今日の自分と明日の自分は違う。

髪も髭も伸びるし、細胞だって日々成長なり老化なりしている。

そんな万物流転の世界で変わらないものは「歌」であったり

「言葉」である「情報」。

僕らの情報の捉え方は変わるかもしれないがその「情報」自体は変わらない。


常に流転している僕らは流転しないものを生み出し

時に迷ってもその変わらないものを目印に歩いていく。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

友達に誘われてスネオヘアーのライブを見に行ってから

久しぶりに自分の音楽をちゃんと録音したいと思っている。


スネオヘアーは男一人でやってる。

だけど、バックにミュージシャンを付けてバンドで演奏してる。


ライブを見ながら『友達に手伝ってもらえばレコーディングできるなぁ』

っとライブそっちのけで考えてた。


元は音楽やりたくて東京にきて

何度かライブやったり、サークルバンドでオリジナル曲をしたりはしたが

ちゃんとCDには残してない。


これはおっさんになったら後悔するぞ。


なのでレコーディング経験があるダスク雄と鵜にメールした。

10時間3万でプロに録音してもらえるそうなんで

何度かスタジオ入ってから録音したいな。


CDできたらお知らせします。



きょうのうた There’s Danger in Your Eyes,Cherie/セロニアス・モンク

seroni

お父さんからぱくってきたジャズCDであるこの『Thelonious Alone in San Francisco』は

1959年にサンフランシスコの音響の良い集会堂にて吹き込まれた。

ピアノソロのレコードだから「吹き込む」という表現はおかしいかもしれない。

しかし、モンクのピアノはサックスやトランペットのように聴こえるのだ。

バンド演奏のときとは違いリズムのタイム感が独特。悪く言えばリズムが一定ではない。

その束縛のなさからでる自由な雰囲気がサックスやトランペットのように聴かせるのだろう。

それと同時にどこか寂しげな空気が吹き込まれている。


昔話を語るおじいちゃんのようにどこか寂しげで話すリズムも不安定。

それが僕を心地よくさせる。


是非。



AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

一昔前、旅館なんかの宿帳に「無職」と書く人は

お金を落としてくれるお客さんとしてたいそう厚いおもてなしをされたそうだ。


働かなくても生活できる人は決まって金持ちだった。

地主とか貴族とか、結構戦前はそういった人達が多かったみたい。


しかし、戦後そういった人達はいなくなった。

み~んな働く時代になった。

定年になっても天下りしてでも働いている。


今の時代、無職とかいうと人格まで否定する人もいる。

ニート、フリーターもそう。


だけど、そういった人達が餓死したとかいうニュースは聞いたことが無い。

ということは、なんとか食っていけてるのでしょう。


ここは290円でおいしい丼食える国だ。



僕らの世代はバブルも経験し、その後の不景気も経験した。

経験したというか親を見ていた。


そんな時代の中で大人やメディアからは「個性が大事」「ゆとりが大事」「夢を持て」と言われる一方で

「良い学歴」「良い就職」「良い給料」「安定」と言われた。


このギャップがニートとかフリーターを生み出してる一つの原因なんじゃないかな。


個性とか夢って本当にその人が心のそこから

やりたこと、やらずにはいられないことだったら

他人から言われなくてもやると思う。


あと、捨てるものがない人は強い。

家族とか好きな人とか今の生活レベルとか

捨てるものが多いと夢なんて追えない。


中途半端の夢とか個性を持ってる人に

「個性を大事に」とか「夢を持て」とか言うと

変に調子に乗ってしまうよ。


僕もその一人です。


・・・・・何を言いたいか分からなくなってきた。。


まぁ、言いたいのはそんな個性とか夢とか経済とか

言う前段階としてもっと大事なもんがあるんじゃないの?

ってことです。


もっと人と人とが触れ合いましょう。


この考えの裏にはいろんな意味が含まれている。


まず、都会の人口一極集中をやめる。

人が多すぎると人が嫌いになります。


体を動かしましょう。

サラリーマンが多すぎる。PCに向かうよりおいしい食物を作りましょう。

農業、林業、漁業も大事な国力となります。


『バカの壁』の養老孟司氏は

「国民全体で参勤交代を義務化しよう!都会にいるサラリーマンは一年うち一ヶ月間くらい田舎に行って

体を使って働く。頭ばかり使わずに体を使えばリフレッシュにもなる。TOKIOの鉄腕ダッシュみたいに。」


これは凄い大胆な意見だけど、ようするに都会と田舎の両立が大事ということでしょう。


都会で机に向かっている人間ばかりになったら

誰が米を作るのかっという話になる。


人と人とが衣食住の中でもっとふれあい

自分たちで食べるものは自分たちで作り

助け合って暮らしていくことが人間らしい気がする。



きょうのうた 男の子と女の子/くるり

otoko


いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

遠距離恋愛をしてもう2年が経ちました。


本当に多くの人に支えられてここまで来たと痛感します。


手紙とか写真とか、見返して思うことは

『まだ2年しかたってないのか』ということ。


自分の体内時計では3~4年は経っている。


彼女が今年大学1年になったから

少なくともあと4~5年は遠距離。

実際はもっと長くなるでしょう。


その間に僕がフラれる可能性も大いにあるけど

先は長い。


不安はないといったら嘘になる。

でも、不思議とあんまりないのです。

付き合い出した当初からそう。


彼女を好きになった時の感覚は

小学5年の時にビートルズを好きになった時の感覚と凄い似ている。


『これだ!!』


『見つけた!!』


出会うべくして出会った。そんな感覚。


そして、ビートルズもあの人も次から次に新しい発見・驚きがある。

それが常に生まれている限り安心なのです。


不安なのが僕の今後。

一人の人間としてもっとしっかりしなければいけないと痛感しております。


大学1年でキラキラしてる彼女にそう教えられました。



きょうのうた 春風/くるり

haru

『揺るがない幸せが、ただ欲しいのです』

そう歌われるこの唄はヴォーカル岸田氏が奥さんに送ったといわれる曲。


だが、歌詞は抽象的。それがとてもわかる。

幸せな時間ってあとで思い返してみると

とても抽象的で曖昧で春風のなかに包まれていた気がする。


今日は雨が降ってるけど、あの日、春風のなかは

温かくて ぼんやりしてて まぶしくて 心地良い風があった。


そんな日を想う歌。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここ何日か。

首の違和感が取れない。

去年、バイクと接触事故した時のやつが今頃でたのかもな~。


ムチウチ?


ネットでムチウチのこと調べてみると

これはなかなか治らないらしく。


鍼治療が一番よいらしい。


鍼かぁ~さすのは好きだけど、さされるのはなぁ~。


どうしたらよい?



きょうのうた LANDED/ベン・フォールズ


ben

ベン・フォールズ、ソロ2作目『Songs For Silverman』より


バンドの頃からソロ1作目と比べとてもどっしりと落ち着いてるアルバム。

一見地味なんだけど聞けば聞くほど曲のあちこちに転がってる宝石を見つけることができる。

宝石も高価なものじゃなく、少女が大切にしてるおもちゃの宝石のようなやつ。


少女はどこへ出かけるにもビーズで出来た長方形の箱を持っている。

箱の中には5つ小さなおもちゃの指輪が入っている。

少女の誕生日には父が必ず小さなおもちゃの指輪をプレゼントしてくれる。

今、少女は5才。

だけど、その指輪はもう増えることが無い。

だから、少女は今日も大切にビーズで出来た長方形の箱を握り締めている。

大切に。大切に。


いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

大型連休も終わり、今日から大学。

連休のほとんどを長崎の連合いのところで過ごした。

僕はコロッケ、焼きそば、吸い物、アスパラガスのバタ炒め何かを作り

連合いはグラタン、酢の物、牛乳カン等いろいろ作ってくれた。

8日中6日は自炊したのかな。


連休前から自炊はまたちょくちょく始めていたし、掃除も気づいたときにはするようになった。


そんな最近。

料理って面白いって思うようになった。


さっきも卵とじ丼と鳥の吸い物と新たまねぎのサラダを作ったけど

なかなか自分が思った通りの味にならない。


特に吸い物。


だしのとり方、塩一振りで味が大きく変わってしまう。


それこそ、使う醤油や水でも違うのだろうけど

おいしい料理の一番の決め手は味付けだろう。


食材によってはあまり味を付けない方がよかったりして

「よか塩梅(あんばい)」=良い味加減が難しい。


料理がうまい人がうらやましい。

料理がうまい人は片付けもうまい気がする。


数ある食材、道具、時間を全体把握できるのであろう。


その全体把握の際たるもんが家事。


料理、洗濯、掃除、ゴミだし・・・。

どれもめんどくさがってなかなかやらないけど

最近、僕はやりがいを感じれるようになった。


まだまだうまくはいかないけど、生き方の練習だと思って頑張ろう。


汚かったキッチンが綺麗になるとイライラしてた心も「す~」っと晴れる。

それ「晴れ」は一時かもしれないけど、その一時のために僕は汚い排水溝を洗うのだ。



きょうのうた スピーチ・バルーン/大滝詠一


なんてこの人の声は夏の氷水のように透き通っているんだろう。

さらにしゃがれたロックも歌えるのだから驚きだ。


この『スピーチ・バルーン』は漫画の吹き出しという意味があるそうだ。

なるほど、歌詞は懐かしい風景が曽和絹江の水彩画のように広がってる。


もう遠すぎて何も映らない


思い出の音楽も言いそびれた言葉も君も

この曲が一時の間、僕らの元に戻してくれる。

ootaki

1981年発売で大滝詠一初のロングセラーアルバム。

今ではJポップに金字塔とまで言われているアルバムである。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

塩田志田焼の里博物館でのライブ、終了しました!

昔、実際に陶器を焼くのに使われていたレンガの「釜」の中で歌いました。

本当に大きな釜でちょっと薄暗くて涼しい。


写真撮るの忘れたのが悔やまれるけど

とても雰囲気がよくてビートルズがアマチュアの時にやってた

キャバーンクラブみたい。


自然なリバーブがかかってて

マイクなしで生演奏しました。


初めて一時間近く歌うとさすがに

疲れます。


でも、いい経験になりました。

そして、やっぱり田舎の人は良いなぁ~と思った。


ライブの後、相方と武雄に行ってプリクラ撮って

嬉野の轟の滝で水遊びをしました。

水が冷たくて最高。


天気もかなり良くて、これが「平和」というものかと感じた。



きょうのうた ばらの花/くるり

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
やっと春らしい天気。

長崎では帆船祭りが行われています。
昨日は花火も打ちあがり、ビールもおいしく頂きました。

長崎に来て2日目だけど、地方都市独特の雰囲気がとても落ち着く。
福岡ではこの雰囲気は出せない。

よか街で余暇~。

こんな駄洒落もはさみつつ
さよならを。


きょうのうた 素顔のままで/Billy Joel

心地よい日に聞きたくなる音。
運命のような音。

びり
1977年に発売され大ヒット。これをきっかけにビリーの名は世界中にメロディーと共に飛び立った。
このアルバムから『ストレンジャー』『素顔のままで』がヒットし、グラミー賞も受賞。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。