嬉野温泉旅館大村屋~若旦那ブログ~

佐賀県は嬉野温泉にある老舗旅館のブログ!
http://www.oomuraya.co.jp/


テーマ:

すこ~し動き出しました。

昨日は星野リゾートの1次面接。

そして、ソニーミュージックの書類選考突破。


まだまだ先はあるけど、

我ながらスロースタートだと思いながら、

動き出しただけでも進歩かなと思う。


そんな中で今日から九州に帰ります。

今回は長崎に直行。


誰かおいしい居酒屋があったら教えてください。

では、準備をしま~す!



きょうのうた 遠くへ行きたい/永六輔 中村八大

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日は久我くん、こうじ、五井淵、雄二郎と

渋谷でシロップのライブを見たあと、サイゼリアに行った。


ステーキとビールジョッキ2杯。


シロップのライブは初めてだった。

やってくれた曲たちはやはり凄い。

ただサポートギターがうるさくで萎えたことは否めない。

もったいない。


音楽を続けていくのは大変なんだなっと実感。

五十嵐さん、頑張って。


今日も仲間と飲む。

欧米の人はお客さんが来る時は

家具の配置とか変えるって聞いたから

変えてみようかな。


その前に掃除しなきゃ。


それではまた。




きょうのうた At the Mercy/Paul MacCartney


神秘的で崇高なメロディーに心奪われる。

「なすがままに 混沌とした道に身を任せよう この重荷に誰が耐えられようか」

そう歌われる曲は『Let It Be』の現在進行形とも言えるだろう。

ただ、メロディーは『Let It Be』よりも宗教的でダーク。

いや、暗い部屋に光が射し込もうとしてるメロディーといったほうが適切かもしれない。


感想でリズムが変わり盛り上がる所は何度聴いても心が解放される。

ただ、サビの『At the Mercy』が『あんた、マーシー(田代まさし)?』に聴こえるのが難点。

空耳アワー。


paul

去年発売されグラミー賞にも3部門ノミネートされた

『Chaos and Creation in the Backyard』より。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ライブも終わり、今度は5月4日の嬉野でのライブに向けて

動き出します。


なんせ持ち時間が1時間。

声、出るのか不安です。


こんどはカバーも混ぜつついろんな人に

楽しんでいってもらえるようにしたい。


金魚にお二人も

まっちゃんも

是非来てください。


話は変わり、、、。


最近は寝不足。

いろんなことを考えてしまい寝れなくなる。

まぁ、主に卒業後のこと。

就職とか、実家に帰ることとか

自分がやりたいこととか。


ただ考えてるだけでは何も変わらないけどね。

ただ考えちゃう。


自分の身の置き場がない感じがして

落ち着かない毎日。


ほんとに何やっても落ち着かない。



きょうのうた In My Room/宇多田ヒカル


1999年に発売され社会現象とまでなったアルバムの3曲目。

この曲のベストアクトはMステでのアクトだと思っている。


来月には4thの発売も決定している宇多田ヒカル。

改めて1thアルバムも聴きなおしてみると素晴らしい音で新鮮。

しかし歌詞をよんでいると、やはりまだ高校生だったんだなと感じる。

レベルが低いとかではなく、言葉のチョイスがね、そう感じさせる。


utada


『In My Room』は逃避の歌だ。


どこまでも広い世界があって

その1点にポツンと私の部屋がある。


ドアを開けることも閉めたままにしておくことも できる。


夢も現実も

うそもホントも

目を閉じれば同じ


外はいろんなものが飛んでいて

目も頭も体も疲れた。


きょうはそんな日だ。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ついに明日は一之江eM TENでのライブです。

J.ALFREDOの久我氏と一緒に歌います。

時間は18時から。

場所は・・・・


+地下鉄 都営新宿線 「一之江」駅 (新宿~約30分・本八幡~約10分)
 「一之江駅」環七口(A1出口)を出て、環七通りを葛西方面へ約10分、
 吉野家のすぐ手前隣にあります。


少し緊張してきました。

練習不足な点は否めないけど

J.ALFREDOの久我氏の曲はもちろん、僕の曲も

どの曲も良い。


それだけは自信持っていえます。


是非

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

大学の図書館で新聞を見てたら

武雄市長の記事が載ってた。


全国最年少市長、誕生。

とのこと。


僕の高校の先輩。


武雄中学、武雄高校、東京大学卒業後、総務庁(現総務省)入りし、

以降、沖縄開発庁、内閣官房、内閣府、高槻市役所等にて勤務。

その間、唐津市役所市政アドバイザーも勤める。


元・高槻市市長公室長(企画部長)、前・総務省大臣官房秘書課課長補佐

東京大学、元総務省大臣官房秘書課長補佐、大阪府高槻市長公室長という

僕らには現実味のない肩書きが並んでますよ~。


樋渡啓祐氏という名前で36歳。

武雄市長になってやりたいことを書き出したら

200も出てきたらしい。


ブログもやってるみたいhttp://hiwa1118.exblog.jp/


なんだか若くって勢いがあって

経験も実績も凄い。


政策はこちら

http://briefcase.yahoo.co.jp/bc/hiwa1118/lst?&.dir=/&.src=bc&.view=l


こんな新鮮な人が我が街、嬉野にも現れて欲しい。


ただ、勢い余って街本来の姿を壊すようなことだけにはなって欲しくないな。

正直、今までの武雄のような、まちづくりは止めて欲しい。

僕の高校3年間が詰まってるから。




きょうのうた さらば恋人/境正章

sarba

1971年発表の歴史に残る名曲。

作詞、北山修。作曲、筒美京平。という名人タッグ

唄は元、スパイダーズ。鎌倉の坊ちゃん、境正章。


痩せることのないメロ。

2時間の映画が作れそうな詩。

境正章の甘く切ない声。


個人的にはBメロのB♭からコード進行とメロに打ちのめされた。


是非。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

民主党の河村たかし議員

kawa






この人、、、


うちのお父さんに似てる。。


uchi

               ※一番右の人です。






きょうのうた Water/blue king brown

kou

タワレコを何かいい女性ヴォーカルとハモンドオルガン聴きたいな~と

うろうろしてて見つけたCD。

最初はジャケットがかっこいいし、紙ジャケというとこに惹かれ

聴いてみるとこれまたかっこいい。


blue king brownはオーストラリアはメルボルン発のバンド。

Rock~Funk~Reggae等々、とにかく色々な音楽的要素がミックスされ、とにかく「ファンキー」。

Vo.ナタリーの声はハスキーでセクシー。

パーカッシヴなラテンロックの"Water"、オーガニックなRoots Reggaeの"Reason Why"このハモンドには高揚させられる。激しいパーカッションとハモンドによるFunk"Better Spent"では高揚感溢れる展開やソロパートの掛け合いも圧巻。Club MusicファンからRock/Pops好きまで幅広くお薦めです。




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日と明日でまた1つエントリーシートを仕上げなくてはいけん。

今度はビクター・エンターテイメント。


くるり、トライセラトップスなどがいるレコード会社。


課題レポートが難しい。

「音楽ビジネス業界の今後と、その中で私がやりたい事、変えたい事」

レポート用紙3枚。


やりたいことははっきりしてるんだ。

それは単純すぎて動機にならないかもしれない。


ただ、僕は自分が良いと思うものを人に聴かせたり

見せたりしてるときが一番楽しい。


ソニーのエントリーシート書きながら気づいた。


最初は音楽制作が志望だったが

エントリーシートに、私が私らしいと思えるときを書きなさい

っていうのがあって


それを書きながら


自分は音楽制作よりを営業のほうが合ってるんじゃないかって思った。


昔から好きなくせに

曲もたくさん作ってるくせに

音楽的な知識とか楽器や機材のこともよく分からない。


だけど、友達をウチに呼んで飲んでる特とかに


『これ良いでしょ?』

『ここがたまらないんだよ~』


とか言ってる時、本当に楽しい。

生きてるって感じがするんだよ。


だから、自分は制作よりも宣伝向きなのかもって思う。


こういうブログで

文章で

書くのはまだまだ。


文章で音楽や写真や人を表現できる人になりたい。


さぁ、今からビクター、書くぞ!



きょうのうた プラネタリウム/Bump Of Chicken



静かで 狭くて 薄暗い場所

そこで僕は光を見た


消えそうなくらい 輝いてる

僕しか知らない光


それは僕の光であり

君の光でもある


生きていこう


最後には負けるんだ


だからか、僕は光を作る


静かで 狭くて 薄暗い場所で


そこから君と僕は光を見る


夢を見る


pura

2005年発売『プラネタリウム』


Bump Of Chickenは『ユグドラシル』で1つのドアを開いた

バンドであること、Bump Of Chickenであること、伝えたいこと

そういったことを確かな核心を持って1つのドアを開いた


サウンド面ではアコースティックなものが増えた

藤原基央が作る曲の変化が種であろうが

メンバーのスキルアップと上記で述べた

核心がそうさせるのかもしれない


Bump Of Chickenは1つのドアを開いた

だからといって別の場所に行くわけではない


新しいドアが開き

新しい光がドアの向こうから

入ってきたのだ


彼らは変わらない

あの部屋にいる


時が経てば

また1つドアが開き

新しい光が入ってくるだろう





いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

生まれて初めて会社にエントリーシートを送った。

会社はソニー・ミュージックエンターテイメント。


無理だとは知ってるけど

この1週間、少しづつ書いたんだよ。


・学生時代に勉強したこと

・あなたが学生時代に最も熱心に取り組んだこと

・ビジネスの提案

・私らしいと思えるとき

・このスペースを使ってあなたを表現しなさい


この5項目をずっと

あぁでもない

こうでもない

つって書いたんだよ。


・このスペースを使ってあなたを表現しなさい


っていうとこが一番難しかった。

でも、かなりインパクトあることしちゃいましたよ!


そのスペースを切った。。。

切り絵した。


ソニーの人は良い方にとってくれるかな??



きょうのうた I'd Have You Anytime/George Harrison


静かなアコギとスライドギターが僕らをスコットランドの深い森の中へ誘う。

そこを少し歩くと不思議な国のアリスに出てきそうなビクトリア王朝風のお城があり、

その中から楽しそうな宴の音が聞こえる。

これから何かが始まる。それだけはなぜだか分かる。

生きてくこと。そして、すべては過ぎ去る。だから、音楽が鳴る。

all


ジョージとボブ・デュランの共作でこの曲は名盤、1970年発売の『All Things Must Pass』の1曲目。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

久々の授業。

1限、2限だけ。

明日は4限だけ。


なんかいいような悪いような。


本をたくさん読んだり、卒論を練ったり

友達と話したり、散歩したり


凄い自由。

憧れてた。


でも、実際なってみると居心地が悪い。

所在無い。

禁欲なきところに快楽なし

っとはよく言ったもんで

自分に厳しくしないとダメだ。

机と座椅子買って落ち着ける場所もできた。

これからは「学」を掲げてみよう。

tukue

きょうのうた Oh My Love/Jonh Lennon


とても「和」を感じさせる。そんなメロディー。そんなリリック。

ジョンとヨーコの共作ゆえであろう。

詞はヨーコが流産した子供に向けて書かれたと聞くと

また感じ方が変わる。

ima

1971年発売『イマジン』に収録。

ジョージが弾くオブリガードがなんとも最高なこの曲。

ぜひ。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は全国的に入学式が行われていたようですね。

おめでと。


3年前の自分を見ているようで甘酸っぱい。


桜、武道館。 僕の入学式。


そんな僕もあと一年で卒業。

授業も週に2回と少なくなる。


そんなことを考えながらリリー・フランキーが出てたトップランナーを見た。


勇気が出た。


インターネットとか周りの空気とかに流されすぎてた気がした。


別に流されることは悪いことじゃない。

この世に生活してるんだから

世の流れとか常識とかはもちろんあって

それに逆らうことは難しい。


だけど、流されちゃいけないものがある。

それを忘れかけてた。


自分が何をしてる時が一番輝けるのか。


それを忘れるとこだった。


あの桜と武道館のなかで感じた気持ちが蘇るような。

そんな仕事をしたい。


家業を継ぐために田舎に帰ってからもできる。

そんな仕事をしたい。


それにはまだまだ時間がかかるし、どうしたいいのか分からない。

とりあえず関係のある仕事に就くことだろうか。

急がなきゃ。急がなきゃ。


でも、ゆっくり。ゆっくり。



きょうのうた Roly Poly/The Little Willes

ritoru


ウェスタン・スウィングの王者、ボブ・ウィルス&テキサス・プレイボーイズの代表的なレパートリー。

The Little Willesはノラ・ジョーンズ(ヴォーカル、ピアノ)が組んだ新バンド。メンバーはリー・アレキサンダー(ベース)、ジム・カンピロンゴ(エレキ・ギター)、リチャード・ジュリアン(ギター、ヴォーカル)、ダン・ライザー(ドラム)。ウィリー・ネルソンなどカントリーウェスタンの名曲のカバーやオリジナル曲で構成されている。


とても心地よいアルバムである。ドライブ、酒、家事。いろんなTPOに対応する。かといって決してBGMで終わらずメロディーは頭に残り、ワンコーラス聴いただけで一緒に歌える。そんな素晴らしい音を作り出している。


今、多くの音楽は隙間のない音楽が多い。

それは無限の音が録音できる機材があるからだ。

80年代以前は録音できるトラック数も少ない(4トラックをミキシングして

1トラックに移したりすれば解決するが、取り戻しができなかったり、音がやせたりする)。

だから、必要な音だけがある。


このアルバムは隙間のある音楽。

このバンドが作る「間」は僕らを心地よくする。


この「間」は僕みたいな奴では作れない。


ぜひ聴いてください。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。