Bizブルログ

ITを駆使するアナログ人間ブルの熱血IT論&ブックログ☆

某外資系コンサルタント会社の自称エリートコンサルタント♪

Bizブルログは、ITを駆使するアナログ人間ブルの熱血IT論&ブックログ☆

某外資系コンサルタント会社の(自称)エリートコンサルタントが、ITとビジネスを、語るブログ。

テーマ:

マッキンゼーのエリートはノートに何を書いているのか


私もコンサルタントなので、日々スキルアップに取り組むなかで出会った本。
ノートの取り方というのは、あまり人から教えられるものではなく、
みなそれぞれ自己流があるように思う。
当社でもメソッドがあるものの、今回はマッキンゼー流を学んでみた。

結論としては、当社の方法論とも共通項が多く、いろいろな裏付けがとれたことが収穫である。

=====
私はこの本から何を得たいのか:
①短い時間でも理解が深められるメソッドはあるか
②私はノートをうまく使えていない(仮説)という状態からの脱却
③「問題解決」とはそもそも何か

■私が留意すべきポイント
・アウトプットを前提としたノート構成を意識する。
ヒアリング段階では余計なフィルタをかけずに、ありのままを書き留める。
事実と意見を混在させない。意見をフィルタし、事実を理解する方法を身につける。
本当にそれが正しいのか、正しいとしたらなぜか。私を納得させるように深掘る。
余白の美:余白があることでかえって主張が協調される。
時系列でトレンドを追う。変化のある部分に着目して原因を追う。

問題の種類は2種類
・私たちの目につきやすい、すでに起こっている問題
・私たちの目につきにくく、隠れた問題
 →あるべき姿に照らし合わせて、顕在化させる

3つの心構え
1.仮説を考えながらノートをとる
 →問題のありか(Where)を特定する。あたりをつけて検証。
2.アウトプット志向
 →最終成果物を意識して書く。
3.ストーリーラインで考える
 →全体をみて、現状を理解し、このあとどう変化するのか、の流れを意識する。

■問題解決の4つのステップ
Step1:本質的な問題は何か?何が真の問題(イシュー)なのか定義する
・自分の身の丈になるまで、報告書を読み込む。
・集めた情報をWhere(問題のありか)、Why(原因)、How(対策)に分類する。
※まずWhereから。そもそもの問題定義が違っていれば、WhyやHowをいくらだしても、真の問題解決にはならない。

Step2:仮説は何か?仮の解決策を考える
・Whereをさらに事実(雲)、解釈(雨)、行動(傘)に分類する。次元の異なる話をごっちゃにしないこと。
・ラベル=仮説(見出し)を作ってみる。ワンメッセージの質問形式。
 ex)A商品の都市部での売上を伸ばすべきか?
・事実、解釈、行動でグルーピングするとイシューが見えてくる。
・仮説をもとにストーリーラインを書いてみる。
・問題解決全体の設計図を作る。

Step3:仮説を検証する
・事前に質問リストを作っておく。
・フォローの質問をして、質問を進化させる。一問一答にならないよう、得られた回答を深堀りして検証する。
・なぜ?を5回繰り返す。

Step4:アウトプットをまとめる(=プレゼン資料、報告資料)
※この段階では、アウトプットはほぼ組み立てられている。
※NGパターン:大量のデータを分析して解決策が見えてきたが、どうまとめようかこれから考える。
・サマリーを常に意識する。
 ピラミッドストラクチャーの親にあたるボックス
 単に要約ではなく、スピードとインパクトのあるフレーズを作る
 箇条書き的なサマリーシートを作るトレーニングをすべき。

いちばん上に”主張”を持っていく。
その主張を「それを導き出された理由」「根拠となる事実」で下から積み上げる。
3の累乗を意識してまとめる。3、6、9、12、

ノートをとる3つの目的
・思考のインデックス化
・情報や考え方の共有
・次のアウトプットのベースにする
 ※アクションの根拠が見えること。相手の視点で書き、相手が理解できること。

思考を明確にする図解
1.グルーピング:わかりやすい切り口
2.マトリックス:わかりやすい軸(切り口)
3.ビジネスシステム:流れにまとめたもの

自分を高める、成功を目指すために
※成功者に聞く→定量データで分析。
・成功のために、いちばん大切にしていること。
・将来の夢は?
・なぜその夢を実現したいの?
・夢の実現のためにどんなことをしているのか。
・毎日どんなことを習慣化しているか。
・朝は早く起きているか。
・週末はどんなことをして過ごしているか。

=====
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

「頭のいい人」は、シンプルに仕事する!: 人生のクオリティーが画期的に上がる本 (知的生きかた文庫)

タイトルが気になり購入した本。
名前のとおり仕事術に関する本で、いろいろな示唆があった。
考え方・思想的なアドバイスもさることながら、具体的なツールやテクニックの紹介もあり、バランスのよい本だと思う。
今の自分の仕事の進め方にすこし自信を失っている人に、一読をお勧めしたい。

私の明日への糧として、備忘録的に記す。
=====
「いい人」に甘んじるのは、自身のなさの裏返し。マイウェイを行くくらいでちょうどいい。

■仕事の見極め
重要な2割を見極める。重要じゃない8割を捨てる。

①こなす仕事:自分でがんばる仕事
②さばく仕事:人に任せる仕事
③はしょる仕事:やらずにすませる仕事

■シンプル仕事術
常に全体像をとらえておく
ゴールを決めて逆算
種目別にデキる人を探して、真似る。
すべての仕事にデッドラインを入れる。

集中するために自分だけの儀式を持て。
・好奇心を持てるか
・心身ともにベストコンディションか
・環境がよいか
・競争意識が働くか
・気持ちの切り替えができるか

細切れに分解して、簡単にできるところから集中的に練習する

■段取り
段取りの天敵(6つのM):ムリ、ムダ、ムチャ、ムラ、モレ、ミス
優先順位をしっかり決める。「緊急」の仕事よりも、「重要」な仕事が優先

TODOリストの活用
・今日すべきTODO
・今週すべきTODO
・今月すべきTODO
・今期すべきTODO

走りながら考える人になる。
「引き際」をあらかじめ決めておく。

■シナリオの考え方
常に3つのシナリオを用意しておく。
1.こうなってほしいシナリオ(Should-be forcast)
2.こうなるはずだシナリオ(Would-be forcast)
3.ひょっとするとあるかもしれないシナリオ(Could)

①ゴールを決める
②オペレーション:予算・コスト・スケジュールetc
③評価:定量、定性の両面から評価
④優先順位
⑤選択:判断のタイミングをはかる

直観力を高める。ピンとこないなら、やめるのが正解。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

夢は宣言すると叶う


タイトルに惹かれて手にした本。
読み進めながら、自分には明確な将来像がないことに気付く。
これを読み、自分の夢について考えてみようと思わせてくれた良書。

最初、図書館で借りた本だったが、
ずっと手元に置いておきたいと思い、書店で買い直した。
そのくらい、私の人生に影響を与えそう。

自分の夢が明確な方は、夢の実現にむけた方法論を得るため。
明確でないない方は、夢を明確にするための考え方を得るため、
ぜひ一読をおすすめする。

=====
■理想の自分をイメージする
Being(こうなりたい)が明確になれば、Doing(すべきこと)も定まる。
90歳の自分をイメージできているか。

■今の自分を知る(分析する)こと
強みと弱みはなにか。
他人に提供できるバリューはあるか。
〇〇については、一番と言えることはなにか。
今年の目標を決めて、日々行動しているか。

■アファメーションとは
Affrmation:(直訳)断言、肯定
自己宣言、前向きな自己宣言、自己暗示、肯定的自己宣言などと表記される。

◇アファメーションに書くべきこと
①理想の自分
②理想の環境
③欲しいものリスト
④会いたい人リスト
⑤他人の幸福

これらのアファメーションを声に出して(宣言する)、潜在意識にすりこんでいく。

◇注意すべきこと
・私は〇〇です。の文体で書く。
・未来の自分を過去形、現在進行形で表現する。
~したいはNG
~です。~した。~している。と書く。
・「ネガティブワード+ない」は、ポジティブポジティブワードに置き換える。
ネガティブワードの印象が強く残ってしまうため。
・具体的にブレイクダウンする。
 私は英語がペラペラ。
 →私は外資系のエグゼクティブと英語で商談している。
 私は大金持ち
 →私は年収1億円
・文体は短くシンプルに。
余計なフレーズ、条件を入れて、夢に制約を持たせるべきではない。
・目標は本音の10倍くらい大きく掲げる。
そのうえで、夢を細分化する。

■セチヤモデルの実践
(セ)成功するまで、(チ)違うことを、(ヤ)やり続ける。
失敗したからといって諦めず、成功するまでいろいろな方法を試してみよ、ということ。
・私は成功するまで、違うことをやり続ける。
・私は戦術が豊富。
・私は次々とアイディアが浮かぶ。
=====

巻末にアファメーション文例が700も記載されており、考え方の参考になる。
とはいえ、やや抽象的で汎用的なフレーズの印象なので、
自分自身の夢をしっかり考え、自分の言葉で考えることに意義があると思った。

私自身は、あまり明確な夢や目標設定してこなかったが、
これまで、願ったことがけっこうな確率でかなったと思っている。
これは、ポジティブな性格と言霊を信じて、よく口に出していたからだと思った。
その根拠が裏付けられたような気がするので、改めて長期的な夢、目標設定をし、
一度きりの人生をより有意義にしたいと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか (PHP新書)


いま英語を必死に勉強している。
そんななか大石氏の書籍だったので、英語が苦手な自分が社会で生きてくヒントを得るために手にとってみた。

結果からいうと、これは就活を控えた学生向けの本なので、学生はぜひ一読をおすすめしたい。
また、私は4月の新入社員研修を担当することになったので、学生の置かれている状況を理解する意味ではとてもタイムリーな読書となった。


=====
■資格をとるなら難易度の高いものを1つ
偏差値50程度の大学卒(学歴)の人が、難易度中程度の資格をたくさん持っていてもシグナリング効果(シグナルを発して好印象を持ってもらえる効果)はない
学歴のない人は、難易度の高い弁護士・公認会計士・司法書士くらいを取らないと意味が無い。

難易度・偏差値はこういうサイトで確認できる
<http://shikaku-fan.net/rank.php>

■MBAは、ライセンスではなく「学歴」である。
MBAそのものに価値はなく、一流大学(ハーバード・MIT等)での取得以外はシグナリング効果はない
MBAをとっただけの人への企業からの印象は悪い。2年間の業務ブランクがあり、かつ取得したことによる自己満足や給料への期待値が上がってしまっているので、使いにくいやつという逆のシグナリング効果も。

■ポジショニングですべては決まる
自分の立ち位置をどこにするかが重要。
勝てる見込みのある、自分でも戦える場所をみつけて、挑戦すること。それは日本国内にこだわるべきではない。

英語と多少の実務経験を積み、自分のポジションを見つけたら、そこで自分を磨くしかない。
簡単に手に入る”答え”はない。
=====

さて、私は社会人14年目に突入してしまった。
自分のポジションを、グローバル、国内、社内の視点で改めて見つめなおす。
視点を変えて、生き残る。明日からまた挑戦だ。

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

キラー・リーディング  「仕事脳」が劇的に回り出す最強の読書法 (JBシリーズ)


読みたい本はたくさんあるんだけど、時間がなくて読めない
「速読でもマスターしようかな?」と思い悩んでいた時に出会った本です。

読書テーマ:身につく読書をするための5つの方法
=====
速読×多読×省読→キラー・リーディングのコツ

①キラーワード・キラーフレーズを探し出す
他人が使いたくなる、パクリたくなるようなすぐ使えるフレーズを探しながら読む。

②テーマを絞って読み進める
「オートマン機能」で、能動的に検索するように。
ヒントを得たら、それを活かす方法をしっかり考える。
オリジナリティ、クリエイティビティを常に意識する。それが付加価値。
自分に足りてない「穴」を意識して、それを埋めるつもりで読む。

③省読する
必要のない部分を切り捨てながら読む。
今必要のない、”あとで使えそう”はあえて捨てる。
「はじめに」と「目次」で、言いたいことのほとんどは理解できる。

④同じ本を3回読む
1回め→情報を必要部分と不要部分に腑分けする
2回め→付箋の部分と必要と思う部分を読む
3回め→アイディアや感想をメモしながら読む

⑤本の内容をインテリジェンスする
考える習慣、総括する習慣、メモする習慣、でキラー・リーディングできる。
本の内容を実践し、インテリジェンスとなる。

=====

前記事の『10分間リーディング』という同じような本を読みましたが、共通項が多かった。

「はじめに」と「目次」が重要で、ワードを探す・拾うように読む。
そして、読んだ内容を「まとめる」ことで身につく。

今度の読書スタイルに大きく影響しそうだ。実践していこうと思う。

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇