Bizブルログ

ITを駆使するアナログ人間ブルの熱血IT論&ブックログ☆

某外資系コンサルタント会社の(自称)エリートコンサルタント♪

Bizブルログは、ITを駆使するアナログ人間ブルの熱血IT論&ブックログ☆

某外資系コンサルタント会社の(自称)エリートコンサルタントが、ITとビジネスを、語るブログ。

テーマ:

英語もできないノースキルの文系はこれからどうすべきか (PHP新書)


いま英語を必死に勉強している。
そんななか大石氏の書籍だったので、英語が苦手な自分が社会で生きてくヒントを得るために手にとってみた。

結果からいうと、これは就活を控えた学生向けの本なので、学生はぜひ一読をおすすめしたい。
また、私は4月の新入社員研修を担当することになったので、学生の置かれている状況を理解する意味ではとてもタイムリーな読書となった。


=====
■資格をとるなら難易度の高いものを1つ
偏差値50程度の大学卒(学歴)の人が、難易度中程度の資格をたくさん持っていてもシグナリング効果(シグナルを発して好印象を持ってもらえる効果)はない
学歴のない人は、難易度の高い弁護士・公認会計士・司法書士くらいを取らないと意味が無い。

難易度・偏差値はこういうサイトで確認できる
<http://shikaku-fan.net/rank.php>

■MBAは、ライセンスではなく「学歴」である。
MBAそのものに価値はなく、一流大学(ハーバード・MIT等)での取得以外はシグナリング効果はない
MBAをとっただけの人への企業からの印象は悪い。2年間の業務ブランクがあり、かつ取得したことによる自己満足や給料への期待値が上がってしまっているので、使いにくいやつという逆のシグナリング効果も。

■ポジショニングですべては決まる
自分の立ち位置をどこにするかが重要。
勝てる見込みのある、自分でも戦える場所をみつけて、挑戦すること。それは日本国内にこだわるべきではない。

英語と多少の実務経験を積み、自分のポジションを見つけたら、そこで自分を磨くしかない。
簡単に手に入る”答え”はない。
=====

さて、私は社会人14年目に突入してしまった。
自分のポジションを、グローバル、国内、社内の視点で改めて見つめなおす。
視点を変えて、生き残る。明日からまた挑戦だ。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

キラー・リーディング  「仕事脳」が劇的に回り出す最強の読書法 (JBシリーズ)


読みたい本はたくさんあるんだけど、時間がなくて読めない
「速読でもマスターしようかな?」と思い悩んでいた時に出会った本です。

読書テーマ:身につく読書をするための5つの方法
=====
速読×多読×省読→キラー・リーディングのコツ

①キラーワード・キラーフレーズを探し出す
他人が使いたくなる、パクリたくなるようなすぐ使えるフレーズを探しながら読む。

②テーマを絞って読み進める
「オートマン機能」で、能動的に検索するように。
ヒントを得たら、それを活かす方法をしっかり考える。
オリジナリティ、クリエイティビティを常に意識する。それが付加価値。
自分に足りてない「穴」を意識して、それを埋めるつもりで読む。

③省読する
必要のない部分を切り捨てながら読む。
今必要のない、”あとで使えそう”はあえて捨てる。
「はじめに」と「目次」で、言いたいことのほとんどは理解できる。

④同じ本を3回読む
1回め→情報を必要部分と不要部分に腑分けする
2回め→付箋の部分と必要と思う部分を読む
3回め→アイディアや感想をメモしながら読む

⑤本の内容をインテリジェンスする
考える習慣、総括する習慣、メモする習慣、でキラー・リーディングできる。
本の内容を実践し、インテリジェンスとなる。

=====

前記事の『10分間リーディング』という同じような本を読みましたが、共通項が多かった。

「はじめに」と「目次」が重要で、ワードを探す・拾うように読む。
そして、読んだ内容を「まとめる」ことで身につく。

今度の読書スタイルに大きく影響しそうだ。実践していこうと思う。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:


10分間リーディング


読みたい本はたくさんあるんだけど、時間がなくて読めない
「速読でもマスターしようかな?」と思い悩んでいた時に出会った本です。
=====
■読み進めるうえでの注意事項
・読む時間は1冊10分と決める
・第2のタイトルを付けてから読む。
 私が(     )するための(     )のポイント
 →ゴール(目的)を決めてから読み進める。

・「Read」よりも「Search」するように読む
 ①人名(固有名詞)
 ②数字
 ③造語(新語)  を拾うようにして読む。

・この本から得ることは1つと決める

 テーマがひとつに絞れないときは、別のタイトルをつけて2回読む
 1冊10分だから、それでも20分のエコリーディング

・目次はじっくり読む

・はじめには買う(借りる)前に読む
・同じジャンルの本を10日連続で読んでみる
 ex)会計、統計など

・専門書よりも読みやすい本を選ぶ
 ジュニア向けなど(岩波ジュニア新書、岩波アクティブ新書、青い鳥文庫)

・記録は毎日5分づつ読み返す
・1日1つ、引用句を使ったスピーチをつくる

・ブログなどにアウトプットする
記事はハンバーガー形式で書く
①冒頭:自分が読むときに感じた疑問や目的を中心に書く
②本文:10分間リーディングで探し出したポイントを抜粋して書く
③結論:ほんの感想やまとめ、意見など

=====
目からうろこでした。
私は最初のページから順番に読んでいくし、目次なんか読み飛ばしていました。
そして、読み終えたあとは、感想以外は特になにも残らず、
時間とともに忘れて、本の内容を実践できていなかったと思います。

これから、この本の内容を実践して、10分でも内容が身につく読書を実践しようと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

勝者のルール


読書のきっかけ:友人が私にぴったりだとくれた本。一度読んで、本棚に眠っていたが、このままで勝ち組になれるのだろうか?という漠然とした不安に、もう一度読んでみようと思った。

読書の目的:私が今の会社で勝者になるキッカケを見つけること。

=========================
■勝者になるために私に足りてない能力
・始めた仕事をやり遂げる力
・行動が結果に及ぼす影響を予測する力
・経験から学ぶ力

□やる気を鍛えるエクササイズ
・やる気を起こしてくれる言葉を家の目立つところに貼る
・ひとり言をポジティブな言葉に変える
・いちばんストレスのたまる仕事を真っ先に終わらせる
・悪口・不満を口にしない
・自分にとって楽しいことを10個あげてみる

■「時間を味方につける」ために私がすべきこと
・楽しいことをするための時間をつくる
・休養を計画のなかに織り込む
・問題は小さな芽のうちに摘み取る
・先延ばしを撃退する
・いいアイディアが浮かんだら、即実行する
・きちんと時間をとってスケジュール管理すろ
・ものを溜め込まない
・やるべきことを先にやる
・禁止事項のリストをつくる(失敗した原因≒すべきでないことを整理)
・優先順位を上司と共有
・大切な人と接するときは時間をケチらない
・自分にとって大切なことを優先する

■切迫感を持って今すぐ行動する
・切迫感が人を前進させる
 →今すぐ実行する人が成功者になれる
 →時間を最大限に活かせるようになる
・切迫感を持った時が、準備が整うとき

□切迫感を行動に変えるために私がすべきこと
・最初の一歩を踏み出す(これができれば後は流れに乗れる)
・全体を細かなステップに分ける習慣をつける
・努力の成果がでやすいところから始める
・5分以内にできることは、今すぐ済ませる

・最も快調な時間に自分のエネルギーを投入する
・毎晩、翌日すべきことをリストアップする

■望んでいる人生を手に入れるために私が自問すべきこと
・私が望んでいる状況とは何だろうか?
・望んでいる状況を手に入れるために私は最善を尽くしているだろうか?
・規律と粘り強さを持って取り組めているだろうか?

■勝者が知っている人生のルール
・いい考えがいい人生を導く
・私自身が向上すれば、私の人生も好転する
・成功の90%は、前向きな姿勢から始まる
・人生の幸福は、私の対処の仕方次第である
・常に成長し、学習し、向上していかなければならない
・相手にとってなくてはならない人物にならなくてはならない
・友人や同僚の選択に注意する
・常にチャンスを掴む姿勢でチャンスを掴みにいく
・積極的に行動する
・不平を言うのをやめる
・もっと望んでいる物を手に入れるために、今ほしいものをあきらめる
・自尊心を高く持つ
・感謝することを習慣にする


夢は実現できる
挑戦しないなんてもったいない

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

学び続ける理由 99の金言と考えるベンガク論。


読書のきっかけ:いま英語を勉強中だが、身についているのか自身ももてず、なかなか気持ちが乗らない状態になってしまったので、なにかヒントはないかと見つけた本。

読書の目的:人の例を参考に私が学ぶ目的をみつける。ブレない強固な動機づけが欲しい。

=========================

■なぜ一生学び続けるのか
・人生の残りの時間で自分は何をしたいのか?
・いまからでは無理だろうと思うか、今からでもやろうと思うか、
 10年後の自分に大きな差が出る。
→私は35歳だが、なりたい自分を声に出し、英語ができるようになって成長した自分を思い描くのだ。

■学習時間をつくり出す
・時間を見つけるなんてできない。時間が欲しければ作ることだ。 (作家 チャールズ・バクストン)
・時間がないことを言い訳にする人は、時間があってもやらないもの。
・見つければ細切れでも時間はつくれる。他の楽しそうなことに流されて、時間を浪費していないか?
→時間は捻出するものだ。心がまえ一つで、時間はつくれるのである。
 平等に与えられた時間を無駄にするか、役立てるかは自分次第。

■学び方
・1万時間かかえられれば、誰もが専門家になれる。
 君は何時間かけられるか?2000時間?3000時間?1万時間?
→1日2hだと、2000時間に到達するのに、1000日(約3年)必要。1万時間は約10年。
 1日2hを6か月(180日)続ければ、360hも勉強に割いたことになる。結局は、1歩1歩の積み重ねなのだ。

・はじめは人が習慣をつくり、それから習慣が人をつくる。 (詩人 ドライデン)
→最初は苦労して習慣化する訳だが、いつしかその習慣が自分を高めてくれると信じて行動してみる。

・無機質で無意味なことばを覚えるより、意味があり、イメージしやすいことばのほうが人は覚えやすい。
→前後関係や理屈を理解して、理論をうまく覚えるべし。無意味学習より有意味学習。

・記憶は、入力ではなく、出力を前提に考えたほうがよい。脳と気持ちの整理術。
→まとめノートを作成するべし。

■学習意欲を高めるには
・2つ以上の科目を並行したほうが。やる気は継続する。

・意欲=<期待> × <価値> ※かけ算である。
期待とは、自分にはこれができそうだという自信のこと。
価値とは、これをやることは、自分にとって意味があると思えること。
このどちらかが0だと結局ゼロ。
期待と価値をともに大きくするようにすればよい。

・一瞬のやる気は持てても、それを継続させることが難しい。

■教える技術と精神
・教えることは二度学ぶことである。
・やってみて、言って聞かせて、やらせてみて
 ほめてやらねば、人は動かじ (山本五十六)
→人に教えることで、本当に自分が理解できているか確認できる。理解が浅いところも顕在化する。


いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇