2017-07-23 21:49:53

あるがままで良いのだ!

テーマ:ブログ

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日は仕事が大変忙しく、昼休みにも近くの町へ用事で行っていたので、昼に泳ぐ事ができませんでしたが、夕方に一時間ほど時間が空いたので近くのプールに泳ぎに行きました。泳いだ後にまた仕事を少しして、夜は瞑想修業の教室をしていました。とっても時間的には忙しかったのですが、気持ちは結構余裕でした。「あれもしなきゃ。これもしなきゃ」ではなく、「時間ができたからこれをしよう」という感じでしたね。

 

最近私はどうもまた自分が変わってきたように思います。前は何をするのにも「○○のために」という理由なり目的がありましたが、最近は仕事をするにも「○○のために」という気持ちが無くなってきました。自分にはこういう能力がある。そして心身の不具合や痛みで困っている人が来る。自分の能力を発揮すれば、大概の人は回復または大幅に改善する。お互い楽しくて幸せだからそれをする。」という感じで淡々と毎日を過ごすようになりました。

 

少し前までは「これが自分の使命」と思って仕事をしていましたが、今はそれすら思わなくなりました。何故そのように思うようになったのかは分かりませんが、別に目的意識が無くても良い仕事は出来るものです。その方がもっと良い仕事ができるような気もします。筋トレや水泳にしても、最初は「糖尿病を治す為に。自分の健康のために。」というはっきりとした目的意識がありましたが、今はただ筋トレや水泳が楽しいからやっています。

 

それが良い結果を生むのですが、その結果を求めるためにやっているのではなく、結果が後からついてくるという感じです。私は今までの教育のおかげで、つい最近まで、「しっかりと目的意識を持ち、その目的を達成する事がよりよい人生を創っていく。」と思い込んでいました。それが今はただ生きていること自体の素晴らしさを体現するというか、感じていくために毎日があるのではないかと思っています。

 

この「○○のために」というのは凄く人間的な目的です。宇宙や大自然は「○○のために・・・」という目的意識はありません。ただそこに存在して、必要な営みをしているだけです。例えばキリンやカバが目的意識を持って生きているとは思いません。ただ生まれてきたから生存のために生きているのです。自然の動植物、宇宙の恒星や惑星、彗星や銀河なども目的意識があってそこにあるのではないのです。ただそこに存在してその営みを行っているだけです。

 

今のところこの宇宙では人間だけが「○○のために」とか「こうでなければいけない」などの目的意識を持っているのですね。でも自然の摂理からすると、私達はこの世界に人間としてボコッと生まれてきただけなのです。私達が自然の動植物と同じように生きられたら心を病むという事は無いでしょう。人間的な目的意識のために色々な競争や争いが生まれたり、またそのために心を悩ましていることが多いのです。

 

でも合掌瞑想をしていると、その目的意識というもの自体が無くなっていきます。そして宇宙と同じなのだということが実感されるようになります。これは二年半、ほぼ毎日瞑想をして私自身が気づいたというか、変わってきたのです。あるがままでいいのだと思えるようになってきたのですね。これは本当に最近のことです。

 

それまでは人生をよりよくするため、心を磨いて幸せになるために瞑想をすると思っていました。ところが実際に瞑想を続けていくと、私はすでに幸せなのだということに気付いたのですね。それに今まで気付いていなかっただけなのだと分かったのです。この宇宙でボコッと人間として生まれて、自分が持っている能力で生きている。その生きていること自体、またはこの宇宙に存在している事自体がすでに幸せだったのだと思えるようになったのです。

 

これは感じる事はできても理解する事はできません。「ああそうか生きているだけで幸せなのだ」と理解しても、心はちっとも幸せにはならないでしょう。でも感じると理由や理屈抜きに幸せになります。何と合掌瞑想とは偉大なものかなと思いました。私の教室に来る人もみなさん目的意識を持って瞑想を始めます。私も指導するに当たって「合掌瞑想すると、このようになるよ」とその効能を言っていました。

 

最初は「健康になるために」とか「心を鍛えるために」とか瞑想をするのに目的が必要だったのです。でも最近そんな目的意識などは全く必要なくて、一足飛びに自分が宇宙であり、そして自然であり、それだけですでに幸せだったのだと理由理屈抜きに実感する事ができる方法だったのだと分かったのですね。禅で言う「心身脱落」です。

 

人は何か目的がないと何もしないという習性があります。お金になるとか、健康になるとか、何か餌になることがないと何もしないのです。だから何かをさせるのには餌をちらつかせなければなりません。それが間違いだったのだと気付く事ができたのですね。そんな目的意識など吹いて飛ぶような、一足飛びの幸せの実感というか、自分の存在の意味というものが合掌瞑想を続ける事で感じられるのです。

 

今まで私は「自灯明」とか「自力本願」というのは、自分で人生を切り開き、自分の力で生きていくことと思い込んでいました。そして他力本願というのは「仏様助けてください」とお任せするものだと理解していました。禅では散々自力本願を自分で自分を助け生きていくと教えられてきました。確かにそれは間違いではないのだけれども、私は目の前で起こる除霊の結果を客観的に見て、自分の力以外に何か目に見えない大きな力があるのだという事を実感してきました。その力を私は「天」と呼んでいます。

 

人間もそうですよね。目に見える身体という物体より、目に見えない心という実体の無いものに大きな力があるのです。それでは自力本願とはどういうことだろうということになります。何でもかんでも自力でするというように教えられて、そのように理解してきましたが、そうではないと思うのですね。

 

NHKテキストの禅の本である「正法眼蔵」を読んで、その答えが分かりました。結局自力も他力も同じなのです。小猿と子猫の話が出ていて、危機が訪れると小猿は母猿に飛んでしがみつきます。そして母猿は小猿を連れて危機から逃げるのです。母親にしがみついているのは小猿の力です。一方子猫は母猫が子猫の首根っこを咥えて危機から逃げます。子猫は何も自分の力を使ってはいません。

 

小猿はしがみつくのに自分の力を使っているので自力本願と言えます。そして子猫は自分の力は使っていないので他力本願ですね。でもその両方に共通して言えるのが、実際に助けているのは母親であるという事です。それを正法眼蔵では「仏」と言っているし。私は「天」と言っているのですね。だから自力も他力も結局は同じ事なのです。小猿と子猫の母親と同じ、その大いなるものが必要なのですね。

 

私が感じた幸せというのはこの「仏」と言うか、「天」という大いなるものを実際に感じてその中で生きているのを実感したからだと思います。幸せになるために心を磨く修行をするのではなくて、自分はすでに幸せだったのだと気付くのですね。そして自分があるがままにこの世で生きられるのです。でもこれを感じるのにはそれなりの修行という努力は必要です。人生をよりよく生きるのに目的意識は必ずしも必要ないのだと今の私は思っています。最近はあるがままに毎日の仕事や生活をしていて何の支障もありません。そしてそれだけで良いのです。

 

でもこれで全て心は平穏で解決という訳ではありません。今日も私のスマホの電池に問題があって、なかなかスマホが立ち上がらない事態になりました。私はメチャクチャ焦りましたね。それまでの幸せ気分など一瞬で吹き飛びました。人間の心というのは全く厄介なものです。でもこの焦りもまあ私のあるがままなのです。そしてそれでも良いと思えるようになりました。

 

「何が起こっても泰然としていなければならない」というのは、これも人間の目的意識です。「修行したからにはこうでなければならない」と言っているのですね。これはしんどい話です。「生まれたからには努力して社会的に立派にならなければいけない」と言っているのと同じです。そうではなくて、あるがままで良いのだと思えることこそ、私にとってはありがたかったです。余分な力は要りません。これこそ「心身脱落」です。永平寺を開山した曹洞宗の祖、道元禅師の言う

 

「身も心も放ち忘れて、仏の家に投げ入れて、仏の方より行われて、それに従いもていく時、力も入れず、心も費やさずして、生死を離れ仏となる」

 

ですね。これはそのまま「仏」でも良いし、「天」でも良いし、「宇宙」でも良いのです。坐禅ではなく合掌瞑想をしてこれを実感したのは面白い事です。すぐには分かって貰えないかもしれないけれど、本当は力を入れず、心も費やさずに、私達はこの大宇宙の中で堂々とあるがままでいいのですよ。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

仏光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。