2017-05-16 04:32:17

自分の外に自分の幸せを依存させない

テーマ:人格、人間力

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

昨日は第3月曜日でプールも体育館も休みでした。ゆっくり体は休まったと思います。体は鍛えるだけではなくて、休ませる事も大切ですね。筋肉は鍛えた後、休んでいる時に発達すると私は思っています。今日はまた昼休みに筋トレに行く予定です。おかげさまで体の調子はここ10年で一番良いような気がします。しかし、私も歳を取るにつれて体が劣っていくのは分かっているので、それはそれで受け入れていくつもりです。いくら今は健康でも、私は何時かはこの健康を失う事を今から知っています。

 

四苦である生老病死の老ですから、これからは誰もが逃れる事はできません。受け入れるしかないのですね。日本人男性の平均年齢まで生きたとしても、後二十数年しか私には生きている時間が残っていません。自分の体は自分のものではないので、自分の思い通りにはなりません。自分の意志に反して老いたり、病気になったりします。だからこの世で唯一自分のものである自分の心の境涯をできるだけ高めて死にたいと思っています。それが私が幸せになる道です。

 

多くの人は幸せになるのに、何かを得たら幸せになると思っています。例えばもっと多くのお金を得れば幸せになるとか、立派な家に住めば幸せになるとか、立派な肩書きを得れば幸せになるとか、権力を得れば幸せになると思ったりしています。しかし頭の中にこういう世界観を築いているいる間は人は幸せにはなりません。

 

何かを得て幸せになるというのは、自分の幸せが自分が得ようとしているものに依存している事になります。だからせっかく苦労をして「これを得れば自分は幸せになる」と思っているものを得たとしても、それを失う恐怖も同時に得ることになるのです。自分の幸せが自分以外のものに依存していると、それを失う時に胸が張り裂けそうな苦を味わう事になるのですね。

 

また財産とか社会的地位とかはいつまでもあるとは限りません。自分の外にあるものは何時かはそれを失う可能性があります。例え自分が欲するものを得たとしても、その時は幸せですが、もっと幸せになろうとまた他のものを得ようとするのです。一時は幸せを感じてもすぐにもっと欲しくなります。要するにもっと幸せになろうと、また他のものに自分が依存しようとしていくのですね。こういう依存の繰り返しをして、いつまでも心が満たされる事も無く一生を終える事になります。

 

大金持ちになっても不幸に過ごしている人が居るのは、こういう理由からです。自分の外にあるものに自分の幸せを依存させると、いつまで経っても幸せにはならないのですね。本当の幸せを得るには、自分の幸せをいつも自分に付き添って離れないものの中に求めなければならないのです。例え何があっても自分から絶対に離れないもの。それが自分の人格とか人徳です。

 

これは死んでも自分に付き添って離れることはありません。本当に幸せになるには、自分の内なるものに幸せを求めるというのがお釈迦様が気付いた事なのですね。だから自分のうちなるもの、結局は自分の心を育てる事によって究極の幸せを得ることができると説いたのです。究極の幸せ、それを仏教では「涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)」と言います。

 

涅槃寂静とは、どこまでも心は静かで穏やかな心の境涯です。自分の外にあるものに自分の幸せを依存させていると、それを守ろうとしてあたふたしながら生きていかなければなりません。涅槃寂静からは程遠い心の状態です。どこまでも静かで穏やかな心で過ごすためには、自分の内なるものに幸せを求めていかなければならないのです。物質的なものはつつがなく食べていけるだけのものがあればよいのですね。

 

もし自分が何か「これを得れば幸せ」と思っているならば、自分は幸せにはならないと今から思っておいて良いです。本当に幸せにはなりませんから。私は外資の社長になって、その時自分がこれを得れば幸せと思っていたものを全て手にする事ができましたが、結局は幸せにはなりませんでした。今の方がその時とは比べ物にならないほど幸せです。

 

内なるものの中に自分の幸せを築いていると、例え自分が今持っている物を失ったとしても、自分の幸せを失う事はありません。ただ自分の内なるものに幸せを求めるのには、それなりの心のトレーニングをして、それに気付かなければなりません。頭で理解しているだけでは絶対に幸せになれないのです。

 

お金や肩書きや権力を自分のものと錯覚していると、それを失った時にそれらは自分のものではなかったことに気づきます。何があっても、もし自分が死んでも自分から離れないもの。それが自分のものです。自分の人格、自分の人徳が自分のものなのです。

 

これらは自分の心の境涯と言い換えることができます。だから生きている間に自分の心の境涯を高める以外に、自分が幸せになることは無いのですね。自分の外にあるものに自分の幸せを依存させるのではなくて、自分の内なるものに幸せを求めていきましょう。それが自分が幸せになる道ですね。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

仏光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。