2017-05-14 22:07:35

ゼロに近い存在

テーマ:宇宙

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

 

ごく最近ですが、合掌瞑想をしながら私はまた新たに一つのことに気づきました。それは、私の人生を振り返ってみて色々な問題がありましたが、その全てが人がらみの事だということです。人生の問題の殆どは人が絡んで起こるものなのですね。人間は社会動物ですから、どうしても人と絡んでいかないと生きにくいのです。単独で行動するヒョウやトラは、自分のテリトリーを守る以外に他のヒョウやトラの事など考えもしないし、一人ぽっちでも全然寂しくは無いのですね。繁殖期以外は、単独で大自然の中を生きていけるのです。

 

ところが社会動物の人間はそうはなかなか行かないので、色々な問題を同種の人間に絡んで抱えるのですね。家族の問題、職場の問題、学校の問題、社会の問題、国家間の問題など全て人が絡んで起こる問題です。私の庭の石や草木が私に対して思い悩まなければならない問題を起こすという事はありません。天体もそうです。月や太陽や冥王星が私に迷惑をかけるという事もありません。それどころか私は月や太陽や多くの天体の恩恵を受けて生きています。

 

私は色々な人の話を聞く立場で、また色々な人の問題を聞いて来て、時々一人で八ヶ岳に掘っ立て小屋を作って、誰にも関わることなく、心の修行をしながら自然を相手に暮らしてみたいという衝動に駆られる時があります。臨済禅中興の祖と言われる白隠和尚も自分が禅をやり過ぎてどの医者に診てもらっても治らないノイローゼになった時、京都の山奥に一人で暮らしている白幽老人という人が素晴らしい治癒能力を持ち、またその治癒方法を教えると聞き、山奥まで会いに行って本当に助けてもらいました。

 

白幽老人は「世の中の人間はこういう真理に基づいた人間の心の回復方法や病気の治し方を理解しようとしない。だから私は世の中が嫌になってこうして一人山の中に住んでいるのだ」と白隠和尚に言いました。私が八ヶ岳で人と関わらず生きてみたいと思うことを、本当に白幽老人はやっていたのですね。山奥なら白隠和尚みたいに藁をもすがる思いで助けを求めて来る人しか来ませんから、白幽老人はそれで良かったのでしょう。

 

今まで八ヶ岳に行きたいと思っても、わたしはそのような事を実際にはしませんでした。世を捨てて山奥に行ったら私の持っている力は世の中で全く活かされませんから。でも世の中一般の常識とか良識とか科学と言われているものが、全て真理だと思い込んでいる人には本当に手を焼きます。

 

本人は自分ほど世の中の規範に沿っていて正しい人間は居ないと自分でも気付かない潜在意識の中で思っていますから。「かわいそうに」と思う反面、「どうしたら分かるのだろう?」とほとほと困ってしまいます。普段は良い人の心の奥底に潜む自分勝手さを見て、それが重なると八ヶ岳に行きたくなっていたのですね。まあ別に八ヶ岳でなくてもいいのですが、私の場合は八ヶ岳なのです。

 

ところが数日前に朝の合掌瞑想をしている時にはっと気付く事がありました。それは人間とか人間社会だけが宇宙の全てではないということです。人間や人間社会だけに心を向けて怒ったり嫌になったりしていても切りが無いのですね。ノーベル賞級の宇宙物理学者が声をそろえて言うのが、星や岩石やガスや塵や、もちろん人間も含めて原子でできているものは宇宙全体の5%に満たないということです。後の95%の宇宙については今のところ何も分かっていないのですね。

 

無数にある星や銀河を含めて5%未満ですから、人間や人間社会などは宇宙全体の元素という観点から見ると殆ど0に近い存在です。その0に近い存在に一生心を悩ましながら私達は生きているのですね。「あの人がこう言った。この人がこんなことした。」と果てしなく0に近い人間が、これまた果てしなく0に近い人間社会の問題について死ぬほど心を悩ましているのです。

 

私はこのことに気付いた時に、人間や人間社会に心を悩ましたり、嫌な感情に取り付かれたりするのは本当に馬鹿らしい事だなと心底思いました。人は人に受け入れられよう、認められよう、評価されよう、人より勝ろう、人にどう思われているのかなどと、一生をかけて「ああでもない、こうでもない。」とやっていますが、夜空を見上げて、そこに実際に存在する宇宙全体から見ると、相対的にほぼ0に近い自分という存在が、ほぼ0に近い人間社会に対して必死になって色々思いながら「ああでもない。こうでもない。」とやっているのですね。

 

それに気付いた時に、私は人間社会に生きてはいますが、心はいつも八ヶ岳になりました。人絡みで色々あってもほとんど気にならないのです。そうなると心は本当に平穏ですね。同時に人に受け入れられる、認められる、評価される、人より勝るとか劣る、人にどう思われているということが、いかにもちっぽけな事に思えるようになりました。そんな事より生きている間にもっと自分の心を自由にして、思いを馳せなければならないことが宇宙規模ではいっぱいあるのです。

 

果てしなく0に近い存在でも0ではありませんから、自分ができる事は一生懸命しなければなりません。ただ人に受け入れられる。認められる。評価される。勝るとか劣る、人にどう思われているということだけに心を砕いて生きていくのは、本当にちっぽけでもったいない一生の使い方なのです。

 

一生懸命自分の使命を果たした後は、実際は人の評価などはどうでも良いのですね。頭で私が言っている事を理解しても決してそうは思えないだろうと思います。しかし、これに気付くとどこに居ても心は本当に平穏になります。理解する事と気付く事は次元の違う話なのです。「ハイ、宇宙から見るとなるほど人間はちっぽけな存在ですね。フニャ」と多くの人が示す理解程度の底の浅い話ではないのですね。たぶん私は私が死ぬ事もちっぽけな事だと思えるようになると思います。宇宙規模では果てしなく0に近い私という存在が0になるだけですから。

 

一生懸命この世での自分の使命を果たした後は、潔く0になればよいのです。多くの人は死ぬまで人間がらみの問題で心を悩ます事でしょう。認められる。認められない。評価される。評価されない。人より勝っている。劣っているで、怒ったり、喜んだり、悲しんだりすることでしょう。それもその人の自由です。でも、人の世だけが全てではなくて、私たちが宇宙規模で果てしなく0に近い存在であるということに気付くことも、これまた一生を平穏に過ごす宇宙の真理に基づいた心の智慧です。

 

何か人絡みの問題で心を悩ます時、いったん人を離れて、心を自由にして、実在するもっと大いなる存在に心を馳せる事も大切ですね。そのことを理解するのではなく気付くのには、中村和尚から教えてもらった合掌瞑想法が最適な方法だと私は思います。実際に私はそれで二日前にこの大切な事に気付いたのですから。本当にありがたい事です。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

仏光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■Re:ありがとうございます

>ひとみンさん

また気付けて良かったです。お互い苦しい時にはこの真理を思い出しましょうね。

合掌
仏光

1 ■ありがとうございます

ずっと、ずっと、ずぅっと…

自分を縛り、
悩ませ、
苦しめてきた問題でした

何がいつもこんなに苦しいのだろうか
腹がたつのだろうか

どぉすれば
自分救ってあげられるのだろうか

じぶんが変われば全てが変わる

理屈ではわかっていながら
行動に移すのは至難の技でした

先日の満月の夜

月を見に近くの河原へ足を運びました


月光を浴びながら
遠い、遠い光り輝く月を眺めながら

その周りで煌めく無数の星たちを眺めながら

何と、自分の小さな存在であることよと
何と、小さき事で悩み続けてきたことよと

あの日と同じ気づきを
もう、忘れかけ薄れかけてた弱い心に
沁み入るblogをありがとうございました

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。