2017-04-16 22:22:40

不安をなくす「信」

テーマ:ブログ

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

今日は日曜日で、朝から社団法人の修行をしました。遠くから自分が自分の健康状態についてとても不安に思っている人が来られました。その人は心に関する知識はとっても豊富で、私の話している事は全て理解されています。それでも自分の不安を払拭する事ができないのです。要するに理解するというのと、自分のものとして得るというのは根本的に次元の違うことです。心は理解した通りには動かないのですね。

 

不安に思ってもしょうがないと理解していても、心は不安なのです。そして考えれば考えるほど不安に思うのですね。一晩中考えても朝になれば考え始めたスタート地点に戻っています。同じ考えがぐるぐる回っているだけで、何も解決しないのですね。その人は、そこまで分かっているのにいつまで経っても心は不安なのです。

 

基本的に本など読んで知識に答えを求めても何の解決にもなりません、自分の不安を消すために不安に駆られて知識で何とかしようとするのですが、それはあくまで知識で、いざというときには殆ど何の役にも立ちません。知識があるけれども知識が自分を助けてくれる事はないのです。

 

それでも平時は自分は分かっているつもりで、普通にしていられるのですが、いざとなった時にはワナワナしてしまうのです。その時に知識が何の役にも立たない事を知るのですね。不安は人間にはつき物です。「こうなるのではないか?ああなるのではないか?」と不安に思います。それは自分を守ろうとする防衛本能が不安を掻き立てるのです。

 

最悪の状態を想定して、それに備えようとするのです。しかし自分が心配に思っていることの90%は実際には起こりません。人生で本当に大変な事は、殆どの場合何も予期していない時に起こります。だから色々想定して備えている事ではなくて、全く想定していない事が想定していない時に起こるのです。するととたんに心は乱れるのですね。「どうしよう」とワナワナになってしまうのです。

 

私もこれだけ修行をしていても、その時は心が乱れます。違いはその心の乱れをいつまでも引きずらなくなったことです。起こってしまった事はしょうがないので、一番適切と思える処置をとった後は、結果を天にお任せします。これが私の不安に対する対処法です。それ以上のことは私にはできないので、後は天にお任せするのですね。

 

その結果は自分が期待しているものと違うかもしれません。でもその時に、「自分は一生懸命対処したのだから、天が結果をそう決めたのなら、それが自分にとっては将来良い結果なのだろう」と思うようにしています。そしてその後に出てくるいろいろな問題に対しても、一つ一つベストと思われる対処をした後は、結果を天にお任せします。

 

そのような話を来られた不安に悩んでいる人にもお伝えしました。その人の話を聞いていると、その結果の部分で天にお任せし切れないのが不安の元だと分かりました。自分が何とかしようとしてもがいている間にどんどん不安になって行くのですね。「ああなったらどうしよう。こうなったらどうしよう。」と不安が膨らんでいくのです。

 

私は自分が一生懸命対処した後は、天にお任せするというところを信じられるか否かで不安が解消されるか、しないのかが決まると思います。もがいて色々考えながら、また自分を助けてくれるかもしれない人にすがりながら、どんどん不安の深みにはまっていきます。だから神仏と呼ぶのか、天と呼ぶのか、それはその人の自由ですが、最後の結果はお任せするという「信」がある方がよほど自分が救われます。

 

その救われる最低条件が、自分がベストと思われることを一生懸命することなのですね。結果は天が決めてくれます。自分の人生を振り返ってみると、その時は「最悪」と思われたことも、何年も経てば「あの時そうなっていて良かったな」と思えることがいっぱいあるので、その時その時の結果に一喜一憂する必要は無いのですね。もし自分が期待していない結果であれば、その時はじっと耐えるしかないのです。

 

「雌伏の時」と思ってじっと弱音を吐かずに耐えるのです。雌伏の時というのは獅子がじっと耐えて次のチャンスを待つという意味です。そういう心構えでいるとそれほど不安に悩む事は無くなっていきます。じっと次のチャンスを待つ時も、天を信じて自分ができる事を一生懸命していると耐え易いですね。

 

よく仏教では「自分は生かされている」と言います。もし本来の意味で自分が誰かに生かされているのならば、自分を生かしている誰かがいるはずです。その誰かを信じるのですね。それが結果は天にお任せということになるのです。仏教をかじって言葉尻だけで「私は生かされています」と言いながら、実際は自分で生きていると思っている人が多いです。だから不安になるのですね。

 

言葉尻だけではなくて本当に生かされていると思えるようになると、不安は消えていきます。そう思えるようになるのには、実践の場で自分で不安に思う自分の心と戦わなければなりません。そしてその中で強い心が養われていくのです。坐禅だけしてれば良いというものではないのですね。あくまで実践の場で自分の心と戦わなければならないのです。そして「天にお任せ」と本気で思えるようになれば不安はなくなっていきますね。それが私が不安から逃れて、心を常に平常に保つ方法です。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

仏光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。