2017-04-10 21:13:43

悲しい、悲しい愛別離苦

テーマ:生死を明らめるは仏家の一大事なり

仏光さんの心と体の学校Webサイトはこちら

先ほど北海道から家に帰ってきました。札幌空港を午後2時に飛行機は離陸しましたが、夕方に少し仕事が入ったので家に帰るのがちょっと遅くなりました。今回は従兄弟に会いに行って本当に良かったと思います。前回は脳の緊急手術の後で、全く意識のない状態の時に行きましたが、今回は意識の混濁があるものの、私が会いに来た事が良く分かったみたいです。

 

ただ状況は厳しくて、身の置き所がないほど体の調子が悪く、じっとしていられない状態でした。またのどを切開しているので話す事ができません。従兄弟の弟も私に会いに来てくれていて、20数年ぶりに小さい時に兄弟のように育った三人がそろいました。私は子供の頃、一緒に近くの田んぼでドジョウやカエルを獲って遊んだ事や、3人で10円を握り締めてよく行っていた近くの駄菓子屋さんの話などをしました。

 

すると、意識がはっきりしていないのに、病気の従兄弟は一瞬意識が戻ったのか本当に嬉しそうに笑顔を浮かべてくれました。従兄弟の奥さんはここ数週間で笑顔を見せたのは今日が初めてだと言っていました。一緒に遊んで楽しかった子供の頃を思い出してくれたのですね。私は従兄弟が笑顔を見せてくれて本当に嬉しかったです。これだけでも静岡から札幌まで行った甲斐がありました。

 

従兄弟の奥さんから、今日担当医から今後の治療方針の話しがあるから、一緒にミーティングに出て欲しいと頼まれて、奥さんと一緒に担当医の話を聞きにいきました。昨日の夜に、奥さんと従兄弟の長男と一緒に夕飯を食べた時に、これからの話をしてみんな今後ことには同じ意見でした。

 

担当医の話はやはり従兄弟は回復の見込みがないので、これ以上放射線などの治療を続けて行っていいものかとの話でした。私と奥さんは、すでに覚悟はしていましたので、「緩和治療に切り替えてください」と話しました。回復の見込みがないのに無駄に苦しむような治療は要らないと私は思っています。それよりか苦しみをとってあげて、心穏やかに過ごせる時間をより多く作る事が本人にとって一番良いことだと私は思っていました。また心肺停止時の延命治療も不要である事を伝えました。

 

従兄弟の奥さんは、私が担当医との話に出席してくれて、本当に良かったと言ってくれました。一人でこのような重い決断の話をするより、本人に近い親族の私が一緒に決断を伝えた事で、少しは気が楽になったのだと思います。私は自分がこれで良いと思う話を担当医にしましたが、悲しみがこみ上げてきて涙が止まりませんでした。仏道修行で生も死も全部分かった上で、それでも悲しくせつなかったです。

 

これがお釈迦様が言う「愛別離苦」ですね。愛するものと別れなければいけない苦が愛別離苦です。四苦八苦の中の一つに数えられる人間の基本的な苦です。まさしく今日が私にとって愛別離苦でした。人間が逃れようのない苦ですね。だから生死のことは全部分かっているのに悲しくて涙が止まらないのです。

 

最後、従兄弟の手を握って別れを惜しみました。私は病室を出る時に元気を出して「バイバイ」と言って従兄弟に手を振りました。本人は目が殆ど見えていないようですが、耳は聞こえているので指でベッドを叩いてバイバイしてくれました。これで従兄弟に会うのは最後でしょう。今日の午後から緩和ケアーが始まるので、薬で殆ど意識のない状態になると思います。まだ何とか意識のある従兄弟に会えた事と言い、担当医との話しと言い、本当に絶妙のタイミングで従兄弟に会いに行く事ができたと思います。

 

帰りの飛行機では疲れたのかいつの間にか寝ていました。機内の着陸準備のアナウンスで目が覚めましたが、雲の上のきれいに澄んでいる青空を見て、「向こうに行ったら、おじいちゃんとおばあちゃんによろしく伝えてくれよ」と心の中で従兄弟に話しました。彼は私のメッセージを、僕らが子供の頃に面倒を見てくれたおじいちゃんとおばあちゃんにちゃんと伝えてくれる事でしょう。長く生きるとこのような人の死を受け入れなければならないのです。今でも涙が止まらないほど悲しいですが、兄弟のような従兄弟が心穏やかに人生最後の時間を過ごせることを心から祈っています。

 

合掌

 

仏光

仏光さんからのお願い

下二つのアイコンのクリックをお願いします
 

人気ブログランキング参加中。クリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログランキング

ブログ村ランキング参加中。こちらもクリックをお願いします

禅僧 仏光さんの心の相談室-バナーブログ村

 

仏光さんのfacebookはこちらです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

仏光さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

3 ■Re:仏光さんへ

>saki-tama5252さん

ありがとうございます。

合掌
仏光

2 ■仏光さんへ

親しい人との別れは、自分の半身をもぎ取られるかのような痛みです。従兄弟さんは仏光さんに遠いところお見舞いに来てくれたことを感謝しているし、もし自分に何かあっても仏光さんに任せておけば大丈夫だと安心していると思います。どうか心穏やかな時を過ごせますように・・・

1 ■奇跡が起こるかも知れませんよ。

最後の最後まで諦めずに病と闘って欲しいものですね。北朝鮮情勢雲行き怪しくなってきました。私はもう十分に生きていますが、幼児(子供)や若者だけは万一のことを考えて生きて欲しいものですね。
ぺぺ爺。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。