不動産物件の魅力を引き出す写真撮影!プロが教えるノウハウ&テクニック

不動産の写真の撮影ノウハウや、集客に繋がる活用法を教えます。もちろん撮影代行もしています。マンション、アパート一戸建てを問わず、撮影の基本は共通です。アメブロには不動産業者の方のブログも多いので、読者登録歓迎です。


テーマ:
ちょっと時間が空いたので、あらためて。

不動産写真で大事なことはなんでしょうか?

逆に「良くない」ことから考えると、分かりやすいですね。

良くない=住みたくない、家のことです。

・狭い

・暗い

・傾いている


こんな部屋には「住みたくない」ですよね。


でも、なぜか実際には、

狭い、暗い、傾いている、

写真が未だに多いことも事実です。

わざわざ「住みたくない」部屋に見せてしまう。

もったいない。


目指すは、「住みたくなる」部屋。

「狭い、暗い、傾いている」の反対です。


つまり、

・広い

・明るい

・真っ直ぐ


です。

そんな写真を目指しましょう。


そしてもう1つ。

ピンボケしてる、ブレている

写真。

これは、そもそも写真として問題があります。


ピントバッチリ、手ブレ無し!は、

広い、明るい、真っ直ぐと並んで、大事です。


これらを合わせ、計4つのポイントが、

不動産写真で大事なことです。


この「たった4つ」のポイントをクリアすれば、

それだけで充分、アピール力のある写真になります。

是非、試してみてください。





ご質問やご相談はコチラから!

問い合わせフォームへ

【公式サイト】
不動産物件撮影.com


不動産物件の魅力を引き出す撮影ノウハウ&テクニック
テーマ別記事一覧





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は「明るく撮る編」の第三弾として、

「後から補正する」をテーマにお届けします。

 

 

以上、「後から補正する」をお送りしました。

 

 

次回以降は、この流れで撮影現場の話を一旦離れ、

パソコンを使ったカンタンな画像補正について、

シリーズでお伝えしていきます。

 

 

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

ご質問やご相談はコチラから!

問い合わせフォームへ

 

【公式サイト】
不動産物件撮影.com

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 
 

※このブログに掲載している記事は、
 オリジナルの研修テキストをベースにしています。
 このテキストを使った座学&実技の出張研修を、
 原則的に法人様を対象にして開催しておりますので、
 宜しければ、ご検討下さい。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 

 

不動産物件の魅力を引き出す撮影ノウハウ&テクニック
テーマ別記事一覧

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は「明るく撮る編」の第三弾として、

「現場の環境で対処する」をテーマにお届けします。

 

 

以上、「現場の環境で対処する」をお送りしました。

 

次回は、撮影した後、パソコンを使った補正方法を紹介いたします。

 

 

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

ご質問やご相談はコチラから!

問い合わせフォームへ

 

【公式サイト】
不動産物件撮影.com

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 
 

※このブログに掲載している記事は、
 オリジナルの研修テキストをベースにしています。
 このテキストを使った座学&実技の出張研修を、
 原則的に法人様を対象にして開催しておりますので、
 宜しければ、ご検討下さい。


= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = 

 

不動産物件の魅力を引き出す撮影ノウハウ&テクニック
テーマ別記事一覧

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)