ぶきようだから映画感想はチラシのウラへ

映画好きの映画感想を書くブログという名のチラシのウラ
極力ネタバレ無しに短く簡潔にするようにします。

あと一個人の感想だと言う事を忘れず


テーマ:

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

 

 

 


原作は93年に放送された『ifもしも』というオムニバスドラマのうちの1エピソード
アニメ版は『まどかマギカ』や『化物語』でおなじみシャフト

まだ『君の名は。』の歴史的ヒットが記憶に新しいうちに公開されたこの作品。
ニュースサイトとかでは「君の名は。のヒットに続くか!」なんて触れ込みも多かったり。
(実際共通する箇所が多かったり・・・w)

そして公開されるも、瞬く間にネットで酷評の嵐・・・!
真意を確かめるべく自分も早々に観てきました。




以下感想、ドラマ版アニメ版の結末までネタバレあり。




80点
とても面白かった・・・!

ただ君の名は。みたいにストレートに分かりやすいエンタメ作品と違い、
全く正反対なアプローチの作品に仕上がっていた。

なのでよく分からなかったという人が出て来るのも仕方ないかなぁと思いつつ・・・
しかし決して中身が無いとか駄作とは違うと断言する!



この映画は

「お互いに思いを打ち明けられずにいる男女が、
 もしもボックスを手に入れifの世界を突き進むも
 そこは結局ifであり現実ではない。
 そして最後に手にした本当の現実とは何だったか」

を描いたジュブナイル映画の快作であった。


◆1993年ドラマ版

原作の『ifもしも』は話の途中に分岐点が存在し、
展開Aと展開Bの2つを描くというシリーズのルールがあるお話です。

ヒロインのなずなちゃんは一学期の終わりに望まない転校が決まってしまい、
最後に思い出を作ろうと密かに思いを寄せる主人公典道とその友人の祐介
この2人が水泳50m勝負をすると聞き勝った方と花火デート(本当は家出)をしようと決める。

(ここ分岐点)

ちなみに同時進行で、花火は下からと横からで平べったいのか丸いのか
どう見えるのかと言う話も進行する。

展開A
典道は足をケガしてしまい勝負に負ける。
なずなは祐介にデートも持ちかける、
祐介も密かになずなの事を思っていたけど、子供特有の素直になれず逃げてしまい男友達と花火に行きます。
裏切られてしまったなずなは典道とバッタリ会う、ここでなずなが本当は典道と行きたかったと打ち明ける。
しかしなずなは母親に見つかり無理やり連れ帰されてしまう、典道はなずなを裏切った祐介に腹を立てぶん殴る。
もしも自分があの勝負に勝っていたら・・・

展開B
典道が足をケガする事なく勝負に勝つ。
なずなは典道にデートを持ちかける、
2人はバスに乗り込み駆け落ちである事を明かす、その後2人きり駅のホームで時間を過ごす。
最終的に戻ってきて学校のプールに忍び込み2人プールで楽しく遊びする。
最後になずなは「今度会えるの二学期だね、楽しみだね」と言い残し去っていく。

と、ここまでが93年ドラマ版のザックリとしたお話。
タイトルである打ち上げ花火とはひと夏の淡い恋の事を差し、
下から見るか?横から見るか?は展開Aと展開Bでどう見えるかを指す。

しかし花火は下も横も見え方は同じ、どこから見ても丸い。
そうどっちの展開に転んでもなずなの転校は変わらず同じ・・・、
ひと夏にパッと打ち上がり咲いて散った恋のお話というとても素晴らしい作品だった・・・。


◆2017年アニメ版

アニメ版ではドラマの展開や台詞や画面の画角など細かいところまで再現している。

展開Bの2人きり駅のホームで時間を過ごす辺りまではほぼ一緒の内容。

ドラマ版は展開ABのルールを分かってる前提で描かれているが
アニメ版でいきなり過去の分岐点に戻ったりしてはおかしい、
そこで「もしも玉」というアイテムが出て来る。
(劇中では玉としか呼ばれないけどパンフにてそういう名前がある事が判明)

もしも自分があの勝負で勝っていたら・・・、ここで玉を使うと
展開Bへと進む、一見するとタイムリープして過去に戻っているかの様に見えるが、
実はここが現実の世界で無い事を知る。

現実とは違うifの世界へと進んでいた。
なのでこの作品、厳密にはループ物とは少し違う作品なんですよ。
もしも玉はドラえもんの秘密道具、もしもボックスと同じような物と思えば分かりやすいかな。


ドラマでは駅のホームから帰る展開だったのが、
ここでなずな母に見つかり、急いで電車に乗り込みさらに逃げるif展開へと発展していく。

このまま東京まで逃げようか、
東京で2人で暮らそうか、
水商売とかで稼いでいこうか、
それとも芸能界入りでもしようか、

と典道となずなは色んな“もしも”の話をする。

何度か玉を使用しどんどんifの展開へと突き進んでいく、
進むに連れて世界がどんどん現実とかけ離れた異世界へと変化を遂げていく。

この異世界描写こそアニメならではの演出、
シャフトならではの面白い仕上がりとなっている。

その後ある事が起こり、もしも玉が弾けて壊れる、
すると粉々になった玉の破片にはいくつものif展開が映し出される。

もしも祐介がなずなとデートに行っていたらこうなっていたかも知れない。
もしも典道となずなが東京まで行っていたら・・・
もしも典道となずなが2人で東京で暮らしていたら・・・
もしも典道となずなが・・・

たくさんのifもしもが映し出された破片、その一つを典道はキャッチしてた。
そこに映し出されていたのはお台場で2人が楽しそうにデートをし、キスをする姿が映し出されていた。

崩壊していくifの異世界で2人はキスをする。
打ち明ける事の無かった恋心が成就する。

そしてifの世界が終わり現実に戻ると
二学期が始まった最初の学校の風景だろうか、クラスの出席を取っている。

そこには典道となずなの姿が無い。

映画はここで終わるのだけど
 

最後に2人が居ないと言うことは最後にifではなく叶えた現実が

2人お台場に向かった事の証明では無かろうか?

この辺はかなり開けたオチなので色んな解釈が出来そうだ。



◆第3のifもしも

ドラマでは展開AもBもなずなと結ばれる事は無く、恋が成就する事なく終わる話であった。

このアニメ版が第3のifもしもだったんだ!結ばれなかった2人が結ばれるifもしもだったんだ!

「ドラマ版のその結ばれない甘酸っぱいひと夏の恋だからイイんじゃないか!」
というドラマ版派の人からするとかなり蛇足な気がしなくもないけども・・・w


◆なぜ酷評の嵐か

この作品ドラマ版から既に台詞で語らず描写だけで語る映像作品ならではな作りであり、
アニメ版もそんなドラマ版に最大限リスペクトを贈り、多くを語らず画だけで語っている。

台詞などでの説明はほぼ無く
「これはこうなんだろう」と解釈していかないとアッという間に置いていかれる。

そうなってしまった人たちが中身は無いなど

有らぬことを書いてネットで広まってる気がする・・・。

とは言え確かに分かりづらい作りの作品にしてるのも確か。
アニメ版でいくらでも分かりやすい作りも出来たはずだが、
『君の名は。』との差別化を図る上で意図的にこういう作りにしたのかも知れない。

『君の名は。』と『打ち上げ花火』はどちらもプロデューサーが同じ川村Pですし。


◆他アニメ版のイイところ
菅田将暉と広瀬すず、2人の演技は素晴らしいと思った。
あまりアニメっぽくは無いけど、キャラと合ってるしこれでも全然アリ。

特に広瀬すず、なずなが母親に連れ帰らされるシーンの緊迫した演技は凄い。
そこらのハンパな俳優だったらこのシーンかなり悲惨な事になっていたはず。


◆逆にダメなところ
やっぱり絵がいつものシャフト過ぎて、普段アニメを見ない層からは受けが悪そう・・・w
なずなちゃんがあまりにも戦場ヶ原さんにしか見えない問題などなど。

 

ifの異世界シーンがシャフトならではの面白い仕上がりとは言ったけど、

『まどかマギカ』ほどは行かず、いつものシャフトに比べるとまぁ物足りなく感じたり、、、

でもこの作品ではこのくらいのバランスが良かったのかなぁ。

それとちょっと問題なのが、自転車に乗る引きのカットでキャラがCGになるんだけど
そのキャラのモデルがちょっとどうかと思うレベルでクオリティが低い・・・w
あとフルコマで動かすの辞めるべき・・・

あと「もしも玉」の存在が特に言及されないのもどうかなぁと思いつつも、
ドラマ版のルールを都合よく解決させるためのアイテムなので何とも仕方ないのかなぁ・・・w




とりあえず、
序盤はちょっと冗長気味に感じるけど、
if展開が始まってからどんどんとのめり込んで、
最後こういう話だったんだと分かってから一気に好きになった。

このシーンがどういう意味を持つのかをちゃんと考えて観て、自分なりに噛み砕いて解釈したところ、

かなりしっくり来て、長々と書いた通りとても面白かった。


電車の歌のシーンとか、なずな父の死とかまだちょっと
噛み砕き切れてない箇所もチラホラあるのでまだ評価の変動はあるかもなぁ。

とりあえず1回観ただけなので拾いきれてない所もありそう、2周目行こうかな。


あと、酷評派の人たちも認める主題歌、劇中歌
これは本当に最高でした。DAOKOさん米津玄師さんとてもイイ仕事してました。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『テラフォーマーズ』

最近傑作級の映画をバンバン見ていたのでそろそろ危ない橋が渡りたく観てきました



原作は未読でしたが映画公開記念でKindleにて
1巻が期間限定無料でしたのでそれで拝読しました。

映画は原作1巻分の話なので丁度良かったすね


簡単に映画のあらすじ説明すると

火星を住める星にするためゴキブリと苔を火星に放つ
(ゴキブリの黒い表皮が太陽光を吸収するのに良いとかで)
 ↓
人が住めるようになってきたのでゴキブリ駆除に向かう
 ↓
火星の環境で異常進化したゴキブリに襲われる
 ↓
そんなこったろうと思って駆除に向かった宇宙船バグズ2号の乗組員は全員昆虫の力で戦える手術してたぜ
 ↓
割と刃が立たなくて全滅寸前まで追い込まれる
 ↓
果たして生きて地球に帰ることが出来るのか?

って話





以下感想





20点

いやぁ何というか・・・
そもそも原作が実写化に向いて無さ過ぎるんだよなぁと思いました。
これは誰が監督したところでこのくらいになるんじゃなかろうか

基本的に話は原作通りで、テンポもそれなりにスイスイ進んでくれている。
余計な改変も最小限にほぼほぼ原作通り実写化させた結果これなんだなぁと

ただツッコミどころが多い・・・



まず第一に言いたいのが日本のVFXのクオリティがいつまでこの程度なのか問題

ゴキブリのビジュアルは結構好きだけど
動きが重力を感じさせない変な動きがほんと多くとてもよろしくない・・・

宇宙船にGが大量にへばりついてカサカサ~と這いずり回るところも
G達の動きは常に均一でGとGが重なってもただレイヤーとレイヤーが重なっただけみたいな
雑な仕事が見えたり・・・

でも人間メンバーの昆虫人間のデザインは結構カッコよく見えた、山田孝之のユスリカとか好きでした。



あとダメなポイントで役者の妙な大仰な演技
小栗旬演じる博士とか特に酷い、原作はもっとクールなキャラだったのに面白キャラになってる


この映画の脚本が中島かずきさんなんですよねぇ
劇団☆新感線に舞台作家や
アニメではグレンラガン、キルラキル、クレしんロボとーちゃん、
それと仮面ライダーフォーゼの脚本の方です。

この人はどちらかと言えばギャグとテンションと勢いで突っ走るのが持ち味の人なので
テラフォーマーズみたいな作品と中島さんとじゃ食い合せが悪いんじゃないかなぁと・・・

小栗旬博士や大仰な舞台演技の登場人物達は中島さんの味付けなのかなぁ・・・?

ちなみに中島かずきさんご本人のツイッターを見ると、テラフォーマーズの宣伝を一切されてない・・・これは・・・(笑)



あとはユスリカが水を浴びると復活する設定のためか、やたらバグズ2号内に水が用意されている。

それ自体はまだ許せるとしてもその後の机に置かれている水の入ったコップが落ちるシーン
その前のシーンでバグズ2号は上空から落下し地面に激突する大事故があったはず、なのに水が溢れる事無く机の上にそのままだっただと・・・!?(笑)


バグズ2号乗組員は原作だと各国の色んな奴がいるところ、全員日本人設定に変更
なのに山P演じる武藤仁が冒頭英語を喋ってた、あれはなんなんだ・・・(笑)

あと原作でも昆虫の能力をナレーションで説明が入るけど
それをそのまま原作通りナレーションの説明が入るのは映画としてはなんともウーン

結局昆虫の能力を出せないまま死ぬ登場人物の昆虫の説明もナレーション入るがアレは必要なのか・・・?(笑)




これらツッコミどころを改善したところで面白くなったかと言えば疑問・・・

原作通り実写化と上に書いたけども、自分は原作を1回読み通しただけで原作ファンでは無い者の意見なので

もっと原作ファンを虜にさせた原作のエッセンスを読み解いて、その魅力となってるポイントを
もっと高い志しと原作愛を持ってして忠実に再現すればこの映画も傑作になり得たのか・・・?

予算とか技術力とか、日本の映画ではここら辺が限界なのかな
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
『ズートピア』








100点

しょっぱなから点数言うけどもう文句のつけようが無い大傑作・・・
そして全人類に見せるべき映画だ、世界平和の足掛けにもなり得るほどの映画だ

そして最高のバディムービーに仕上がってます。





以下感想





まず冒頭の世界観説明からもう端的に簡潔にテンポよく描かれてここからもう巧みで上手い。

この世界でも昔は肉食動物が草食動物を襲い食らう、弱肉強食の世界でしたが
知恵をつけ文明が発展し共存し生きる世界となりました。

ちなみに初めて肉食と草食の共存関係はズートピアから始まったらしいです、
まさに動物たちのユートピアに相応しいエピソードを持つ都市。


しかしどうやらこの世界は弱肉強食が無くなった変わりに
カースト制度のような差別社会のが生まれてしまったようで

上位カーストに肉食動物、
下位カーストに草食動物、
と言った感じの世界である。



主人公ジュディは警察になる夢を持っていたのだが、
警察官は肉体派の肉食動物ばかりがなる職業なので、
か弱いウサギは警察になった例は無いという。

動物達の持つ資質で将来が決められるような世界である。
しかし努力家のジュディは草食動物史上初となる警察学校を卒業、晴れて警察官になるという夢を叶えるという。

ここだけ抜き出しても映画に出来そう!
なんかピクサーがよくやってたテーマだ


ここまで開始10分ほどの話である、とにかくテンポが良く、
それでいて内容がギューギューに詰め込まれているのでとにかく目まぐるしく楽しい!


ジュディと詐欺師キツネのニックとのバディがとても楽しい!
ニックがなぜジュディと組むことになったかは実際に見て欲しい、
ジュディの頭のキレっぷりと鮮やかさには脱帽するはず!


他にもこの世界での常識と観客側での常識のズレがまた笑いを誘う、
この世界でも動物達は服を着ていないと「きゃー!裸ー!」となる(笑)

動物は何も着てないのが当たり前の観客からは
「あれ?!もしかして今ここエッチな場面?!」と頭がクラクラしてくる

マ○ガスカルなんかはもうポルノビデオになるのかな。

まだほぼ序盤部分しか触れてないけどもうコレより先は実際に見てみてほしい



あとジュディ役の上戸彩と、警察署受付のクロウハウザー役のサバンナ高橋
タレント起用だけどこの動画を見て分かる通り・・・めちゃくちゃ声優が上手い!!
他重要キャラ達もベテラン声優が固めてるので吹き替えも安心して楽しめる。

そして何より今作は差別や偏見をテーマに扱い、
老若男女誰もが共感し考えさせてくれるストーリー
伏線の丁寧さ、一切飽きさせないテンポの良さ、そして何より映像の完成度、
誰が見ても楽しめる大傑作間違いなしの作品です、ディズニーはほんとに恐ろしい・・・。



ちなみにここのアイスキャンディーを囓るハムスター達が最高にキュート
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。