兵庫県内の一戸建て住宅3戸を改装し、住み込みで大量の大麻草を栽培したとして、近畿厚生局麻薬取締部神戸分室は17日、神戸市垂水区旭が丘、無職グェン・タン・フォン容疑者(39)らベトナム国籍の男女5人を大麻取締法違反(営利目的栽培)などの疑いで逮捕し、大麻草1443本を押収したと発表した。

 全国の麻薬取締部では過去最大級の押収量で、末端価格1億円以上の乾燥大麻を製造できるという。室内には扇風機やライトが設置され、家全体が「大麻製造工場」になっていた。

 発表によると、グェン容疑者らは3月28日~5月12日、同区と兵庫県明石市、多可町の2階建て住宅で、それぞれ密売目的で大麻草を栽培した疑い。

 3戸は借家などで計22室あり、グェン容疑者らは、このうち寝室や台所などを除く16室で鉢に植えて栽培。園芸用の照明や反射板のほか、扇風機やストーブ、換気扇などを備え、日照時間や光量、温度、湿度が調整できる状態だった。住宅街などにあり、屋外まで異臭が漂っていたとされる。

 押収した大麻草は最大約1メートル50まで成長。捜索の際、室内は大麻草でジャングルのようになり、床も足の踏み場がなく、容疑者の一人は茂みに隠れていたという。

石川議員を午後にも聴取へ 小沢氏の共謀立証可否を確認 陸山会事件で特捜部(産経新聞)
<津波ハザードマップ>沿岸自治体の半数、未策定(毎日新聞)
<口蹄疫>大阪の高校生民泊受け入れず 北海道・十勝(毎日新聞)
「普天間」早期解決、元米国務副長官が強調(読売新聞)
介護する側を守る法とシステムの確立を(医療介護CBニュース)
AD