フレブルに合ったドッグフードはどこにあるの?

添加物はないほうがいいな
アレルギーがあるし
自然なものは?

愛犬家のみなさんこんにちは


皆さんの買っている犬はいろいろな犬種があって、それぞれが魅力があってかわいい存在だと思います。


皆さんのワンコで一番の気がかりは、やはり「健康」ではないでしょうか。


今はペット病院も増えて専門性も進んできています。獣医さんも得意な犬種、得意な治療方法があって、おかげで私たちのワンコも寿命が伸びてきました。


しかし、ペット病院の治療代もばかになりません。人間より高くつく時も少なくありません。


できれば病院に行くことなく元気で暮らしてくれればなによりです。


家庭で健康をコントロールできる一番のポイントは、やはり「ドッグフード」です。



food




毎日ワンコが口にするものこそ、飼い主が最も関心を寄せるべきポイントです。


現在たくさんの種類のドッグフードが出回っています。


それぞれうたい文句はすばらしいのですが、ほんとうのところどうなの?と思っておられる方もたくさんおられるでしょう。


犬種別、年齢別、栄養補助食品までたすと1万種類を超えるドッグフードすべてを体験することはできません。


情報を集めて、いくつか実際に食べさせてみて、初めて良かったかどうかがわかります。


私は現在フレンチブルドッグを飼っています。大変個性的な犬です。ドッグフードでは試行錯誤を繰り返してきました。





food2




いまだ試行錯誤の繰り返しです。


フレンチブルドッグ向けとして書きますが、もちろん他の犬種にもあてはまることですので、すべての愛犬家の皆様に参考になればうれしく思います。



  フレブルに合ったドッグフードってどんなもの?  へ


テーマ:

フレンチブルドッグの胴回りを大きくしたくて馬肉トライ。の続き

生きとし生ける動物たちが来るべき冬に備えて蓄える秋。

 

食欲が増し、エネルギー満タンになる秋。

 

前回は馬肉で胴回りを大きくしようとしてたのに。

 

こんな時に食事制限をしなければならなくなくなるとは。( ̄∇ ̄+)

 

犬を飼う人は定期的に昔の写真と今を見比べるといい、と以前も言いました。

 

私も定期的に見るようにしています。

 

すると意外な発見をすことがあります。

 

「だいぶ老けて来たな」

 

「毛ヅヤが悪くなってきたかな」

 

「こんな姿勢だったっけ」

 

など、毎日見ていると気が付かないことがわかると、ワンコにとって非常にプラスになるものです。

 

 

ですが今回は写真を見るまでもなく、おかしいと思いました。

 

何が?

 

そう、完全に太った感があるんです。

 

前回の目標である胴回りをしっかり大きくするのとはちょっと違った方向に言った感じ。

 

ぶよんとこんもりとでも言うべきか。

 

馬肉が悪いとは思いません。

 

馬肉でこんな肉の付き方をするとは思えないからです。

 

6頭のうち、スリムがちだったフォーンと高齢になったパイドの、以前はあった腰のくびれが完璧に消えていたのです。

 

原因はわかっています。

 

最近食べさせている「カークランド・ラムアンドライス」で間違いありません。

 

カークランド自体は気に入っているドッグフードですし、品質も満足しています。

 

ただどうしても、それまで食べさせていたワンフーに比べると高カロリーになります。

 

その結果、フレンチブルドッグがイングリッシュブルドッグに近づいた感が増したのです。

 

馬肉とカークランドのコラボがすごい化学反応を起こしたのか?(;^_^A

 

 

最近イングリッシュブルドッグを見ることがあり、あのずんぐりむっくりした体形も悪くないと感じました。

 

それもあって、多少太ってもあえて放っておいたのですが。

 

どのブヒも大なり小なり腰骨や関節にトラブルを持っていますが、太ることによってダメージが倍化したのです。

 

散歩中歩き方がおかしいので獣医さんに診てもらうと、

 

「さすがに太りすぎが原因ですね」と言われました。

(注)この子ではありません。この子はいい感じです。

 

人間でもそうなんですが、犬も急激なダイエットは体に悪影響を及ぼします。

 

私としては全体の食事量を減らすことなくスムーズに体重を落とす方法を探しました。

 

そこで見つけたのが、「おから」です。

 

 

「おから」の存在は以前から知っていました。

 

おからは豆腐を作るときにできる搾りかすです。

 

かといってクズではなく、カルシウム、カリウム、炭水化物が含まれ、とくに食物繊維は豊富で、腸内環境を整えるにはもってこいの食材です。

 

知人のミニチュアダックスが長年おからを食べていて調子がいいということも聞いていました。

 

ただ、デリケートさにおいては他の追随を許さないフレンチブルドッグです。

 

何でもやりすぎは良くありません。

 

フード全体の10分の1ぐらいから始めて、様子を見ながら割合を増やしていこうと思います。

 

 

本来ならばこの時期、よく食べさせ、良く運動させるのがベストなんでしょう。

 

高齢のパイドは長い距離や長時間の散歩が無理になってきています。

 

どうしても食べることでの調整になります。

 

おからを使ってしばらく様子を見ようと思います。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。