金満血統王国信者

馬券購入のヒントになるデータと日々の出来事などを好き勝手に書いてみたいと思っています


テーマ:

今となっては買いたくてもショップでは手に入らない近鉄バファローズグッズ。

所持している関連商品ももしかしたら価値が出るかもしれません。

自分の裁量ですが『価値がある!』と思われるモノから少しずつ紹介していきたいと思います。

 

第5回はコレ

 

2000年バファローズカレンダー

(一応未使用・保存状態はあまりよくありません)

 
2000年カレンダー
 

まぁ見ての通り、表紙は(左から)

タフィ・ローズ(若いっ!)

中村紀洋(若いっ!)

フィル・クラーク(若い?)

当時のパ・リーグを代表する最強クリーンナップトリオが務めております。

逆の言い方をすれば1999年の近鉄はコレしか売りにできることがなかったとも言えます・・・

(この年はローズが本塁打・打点の二冠王)

 

これはサークルの先輩

オミ~ズさん

から頂戴したもの。オミ~ズさんが勤務する会社が近鉄系列だった頃、営業用に配布されていたらしいのですが

(私が近鉄ファンであることを知っていたので)

「俺が持っていても仕方ないから欲しければあげるよ」

と、持ってきてくれた一品。即決で

『ありがとうございますっ!!』

といただいたのですが、

勿体なくて部屋に飾るなんてとてもできない

と、当時住んでいた部屋の収納に大事にしまっておきました

 

・・・

そのハズだったのですが

滅多に掃除や片付けなんてやらない

あの頃の性格が災いし、

完全に荷物に潰されてバッチリ折り目がついてしまっております

(T.T)

 

あぁ、あの頃の自分が情けない。

それでも汚れや色あせ・キズがついていないのでまだ救いがあったといえるかもしれません。

 

しかしながら持っているのはこの2000年Ver.だけ。

歴代のカレンダーを全部コレクションできていれば紹介順ももっと上位だったのですがなにしろ1つしかないもので・・・・・。

それでも「非売品」扱いであることと、「今となってはどうしたって手に入れることができない」一品。

 

試合を録画したVTRを見ても同様なのですが

『みんな若いなぁ~』

としみじみ見入ってしまいます。

 

価値が出る出ないは別問題として、

こういうものを保管しておくと、より歴史を目で感じることができます。

 

2000年のカレンダーなので当然ながら使いようがないのですが

このカレンダーも宝物として大切にとっておこうと思います

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今となっては買いたくてもショップでは手に入らない近鉄バファローズグッズ。

所持している関連商品ももしかしたら価値が出るかもしれません。

自分の裁量ですが『価値がある!』と思われるモノから少しずつ紹介していきたいと思います。

 

第4回はコレ

 

バフィリードとゆかいな仲間たち

(ぬいぐるみ)

 

1997年本拠地が藤井寺球場から大阪ドームへと移転になった際に新たにマスコットとなった

バフィリード

(愛称バフィ)

 
バフィリード(ジャケット)

 

↑は「2004年大阪一人旅」の時に購入したジャケット着用Ver.

 
バフィリード
 

こちらがマスコットになった当初のユニフォームVer.

さらにさらに

 
バフィ2体

 

この人形だけは自分で購入した分

○庭君土産で買ってきてくれた分

合わせて2体。

ジャケットVer.と合わせると都合3つのバフィが私の手元に

 

続きまして表題にありますように

ゆかいな仲間たち

ですので当然仲間もいます

 

ヒロイン

ファルルリーナ

(愛称ファルル)

 
ファルルリーナ
 

ホームゲームの時には

バフィ

ファルル

は大抵球場内に出現したキャラ。近鉄ファンでなくともその存在を知っている人は多いかと思います。

 

しかしながら

ゆかいな仲間たち

はまだ存在します。この先のキャラはあまり知られていないのではないでしょうか。

 

カペロット

(愛称カペロ)

 
カペロット

 

ここまで紹介しておいて恥ずかしい話なのですが

王国の仲間の中でどんな設定のキャラだったのか

完全に忘れてました

(調査の結果、お人よしで愛嬌をふりまく人気者という設定だったみたいです)

ちなみに私自身球場内で着ぐるみなどで登場したシーンを一度も見たことがありません

たぶん存在していたと思うのですが、(パンフなどに書かれている)絵とこのぬいぐるみ以外で見ることはできませんでした

 

同様にもう1人(匹?頭?)

バルバロック

(愛称ロック)

 
バルバロック
 

設定上は

他のマスコットよりも2倍くらい体の大きさがあり

気はやさしくて力持ち。王様のような存在

だった記憶があります。ロックに関しては異様に体が大きかったのでなんとなく設定も覚えてました。

しかし、カペロ同様原寸大の?姿を見ることは一度もありませんでした・・・。

ちなみにぬいぐるみは他のキャラと大きさがほぼ同じです。残念。そこまでリアルにはなってませんでした。

 

で、なぜこれが4番目のお宝として判断したのかといいますと・・・

ゆかいな仲間達まで揃えて持っている人はあまりいないのではないか

と思ったから。近鉄ファンはもちろんファンでなくてももしかしたら

バフィは持っている人が多いと思われる

なぜならビジター球場の売店でも気軽に入手可能だから。場所によってはファルルも売っていた気がします。

しかし、

バフィリード

ファルルリーナ

カペロット・バルバロック

 

下に行けば行くほど売っている場所が限定され、入手困難になること

キャラ的にマイナーなイメージは拭えず、近鉄ファンなら知っていてもファンじゃなければ

カペロットバルバロック?誰それ

と一蹴されてしまう可能性が高い。自分で言うのもなんですがそれくらいマイナーなマスコットだったと思います。

 

余談ですが私の持っている

ゆかいな仲間たちシリーズ

購入場所は

すべて大阪ドームのショップバフィ

ただし、

バフィ(ジャケット・ユニフォーム各1ずつ)とファルル

は私が自分で購入

バフィ(ユニフォーム1つ)

○庭君土産

今となっては貴重(と思われる)

カペロロック

は以前勤めていた会社の同僚TJユーキさんが大阪に行った時に土産として買ってきてくれたもの

(最初は『金を出すから買ってきて』と頼んだのだが「せっかくだから土産としてどうぞ」とプレゼントしてもらいました)

現在はもうお互いその会社を退社してしまい音信不通となってしまいましたがバファローズが消滅した今となってはかなり大きな土産となりました。もしどこかでもう1回出会うことがあったら改めてお礼が言いたいなぁ~。

とまぁこんなかんじで入手時期や経路はまったくバラバラ。保存状況も時期によって様々ではありますが

 

通常ではもう2度と手に入らないお宝

 

大事な宝物としてとっておこうと思います。

念のため調べてみましたら、オリックス・バファローズとして合併した時に

バフィ・リードという商標だけはオリックスに譲渡

されているようです。その他は・・・

近鉄バファローズ消滅と一緒にキャラ自身も消滅・・・・・

悲しい末路をたどった模様 (T.T)

 

※完全な余談になりますが

競馬ゲーム(主にウィニングポスト←血統の勉強になりますよ~)で馬名をつける際に

牡馬には「バフィ」

牝馬には「ファルル」

冠号として拝借しております

(ウィポ限定ですが)クラブ法人はたいてい

バファローズ

と命名したり、勝負服は

昔のバファローズのユニフォームをイメージした配色

にしたり、ゲーム内でもかなり

バファローズに敬意を表し、いろいろと勝手に名前を借りています

(これは違法ではないですよね??)

 

 

最後に

全員集合でハイ・ポーズ!

 
全員集合

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今となっては買いたくてもショップでは手に入らない近鉄バファローズグッズ。

所持している関連商品ももしかしたら価値が出るかもしれません。

自分の裁量ですが『価値がある!』と思われるモノから少しずつ紹介していきたいと思います。

 

そんな第3回はコチラ

 

梨田昌孝監督バブル人形

 


梨田監督バブル人形

 

これが手に入った理由は偶然といいますか運がいいといいますか。

もともと所有していたのは私ではありません

 

関西圏在住の先輩

おとっつぁん

の友人が所持していたそうで、おとっつぁんの仕事仲間や知り合い数人で大阪ドームに野球を観に行った時に

関西に縁が無いのになぜか近鉄ファンの後輩がいる

という話をしてくれ、

ならばよかったらどうぞ

というようなかんじでその方(恥ずかしながら一度も面識もありませんしお話したことすらない方です)からとっつぁん経由でいただいた一品です。

 
梨田監督バブル人形②
 

というわけですので、この商品が

どこかで売られていたものなのか

非売品で価値のあるものなのか

もわかりません(苦笑)

バブル人形

はこの他にも中村紀・ローズ・岩隈など

特定の日に大阪ドームに行けば先着○○名に無料プレゼント

というカタチで配布されたものもあり、おそらくその中に梨田監督Ver.もあったと思うのですが

果たしてこれが配布されたものなのか、別で販売されていたものか

外箱にもそれとおぼしき記載もないので特定できません。

 

いずれにしても

無料

で頂戴してしまった一品。こういう事情ですので当然

私に譲ってくれた方は近鉄ファンではない

という推測はできますが、

じゃあなぜ所有していたのか?

となるとそこまではとっつぁんからも伺ってませんしわかりません。それにしてもタダであげるっていうんですから心やさしい方か思いっきり太っ腹な心の持ち主

球団が消滅した今、改めて感謝の気持ちでいっぱい

です。

ありがとうございました。大切な宝物として保管しておきたいと思います。

 

※ファンではない人には別に価値を感じないかもしれませんがコレを貰える話があった時は本当に嬉しく、ただただ感謝の気持ちでいっぱいでした。もちろんタダで頂戴するだけでは申し訳ないという気持ちもあったのでささやかではありますが「2004年大阪一人旅」の時に気持ちばかりの手土産を持参し、おとっつぁん

ありがとうございましたと伝えてください

と託したことだけは一応報告しておきます。

(貰い逃げしたわけではありません)

できれば直接お礼を言いたかったのですが一度もお目にかかれなかったことは残念でした。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今となっては買いたくてもショップでは手に入らない近鉄バファローズグッズ。

所持している関連商品ももしかしたら価値が出るかもしれません。

自分の裁量ですが『価値がある!』と思われるモノから少しずつ紹介していきたいと思います。

 

第2回はコレ

 

北川博敏選手直筆サインボール

 
北川サインボール

 

このボールを手に入れた経緯は

2004年夏、大阪近鉄が合併により球団消滅がほぼ避けられない状況になったので

最後の記念にと大阪ドームへ野球を観戦に一人旅

をしたところまで遡ります。

 

大阪ドームの脇に

ショップバフィ

というオフィシャルショップがありまして、そこで近鉄グッズをいろいろと買っておこうと思ったのですが

ファンが買い漁ったのか

球団がやる気が無くて製造を打ち切っていたのか

5~6年前に○庭君と来た時に比べグッズが全然なくて棚がスカスカ

 

オイオイなんだよ~

 

と思いましたが、形に残せるものは少しでも買っておきますか。とばかりに少しだけお買い物。

で、その時に(記憶が間違っていなければ)

3,000円お買い上げ毎に1枚

選手の直筆サインボールが抽選で当たる応募用紙を配布

(誰のサインかは選べませんでした)

していまして、いくらこのショップで使ったかは一応伏せておきますがとりあえず

応募用紙を2枚ゲット

この枚数に見合った金額を使ったということです(苦笑)

その場で必要事項を記入し、応募箱に投函。

 

で、その時の1枚が当たったようで

11月くらいにいきなり郵送で届いた一品であります。

正直言ってこんな応募をしていたことすらもう忘れていまして

 

最後の最後に近鉄からのご褒美だ~

 

と、ただただ手放しに喜んだ記憶があります。

あの日肝心の試合は近鉄の惨敗

それでもこんな大きな見返りをいただいたのですから

会社に無理言って強行スケジュールの中ほんの少しだけ連休を貰って大阪まで行った甲斐があった

と、

努力が決して無駄ではなかったことの証明

としても残る思い出の一品です。

※当時のスケジュール

(金曜日)

仕事終了後、夜行バスで大阪へ

(土曜日)

昼は市内散策。夜大阪ドームへ野球観戦

(日曜日)

午前中阪神競馬場訪問(非開催中)。午後新幹線でリターン。

 

北川博敏選手といえば

あの2001年優勝を決めた試合

代打逆転サヨナラ満塁ホームラン

を打った選手としてあまりにも有名。

 

2004年の近鉄は大塚ローズが退団している為

中村紀洋

岩隈久志

J・パウエル

礒部公一

知名度のある選手がだいたいこれくらいしかおらず、

サインボールが当たった

というだけでけっこうな幸運だと思うのですが

サインが北川選手だった

(しつこいようですが誰のサインかは選べなかったので)

というのは本当に運がよかったと思います。

 

これもまた私の一生の宝物です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今となっては買いたくてもショップでは手に入らない近鉄バファローズグッズ。

所持している関連商品ももしかしたら価値が出るかもしれません。

自分の裁量ですが『価値がある!』と思われるモノから少しずつ紹介していきたいと思います。

 

第1回のグッズはコチラ

 

故・鈴木貴久氏が現役時代使用していたバット

(真っ二つに折れてます)

 


鈴木貴久氏使用バット

 

所持しているお宝の中では唯一といっていい本当に価値のありそうなものです。

 

なぜ折れているかといいますと

本当に試合中に使っていて折れたバットだから

 

写真だけではわかりませんがいただいた時はグリップの部分が滑り止めのスプレーでベトベトになっていました。今は固まってしまいましたが。
 


バット拡大①

拡大部分
 


バット拡大②

グリップエンド

 

余談ですが

このバットが折れたと思われる試合とその打席

が収められたビデオテープ(TV中継の録画)もあります。たぶん。

(どのテープに残っているかはテープを再生してチェックしないとわかりません)

 

鈴木貴久選手といえば第2期いてまえ打線を支えた選手。2000年で現役を引退。その後2軍コーチとして若手の指導にあたっていましたが2004年5月17日急性気管支炎のため40歳の若さで急逝

 

ファンを自負する私としても

このバットだけは価値云々の問題ではなく何があっても手放したくない一品

です。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。